「台形の家」水廻り

3月末に終わりました「台形の家」の水廻りの紹介です。
直角部分が少ない事や900モジュールなどシビアな寸法を要求される部分が数多くありました。
こう言った図面上だけでの判断が難しい場合には私が現場に出向き指示をする事が良くあります。
どんなに設計がしっかりしていてもきちんとした図面があっても現場での感覚はとても大事な部分です。
工務店の設計では実施設計が十分に出来ない事がままあります。
工期も無く、現場が待ってくれないとすれば現地で最適な判断をする能力が監督はもちろん、大工にも必要です。
今や大工も腕が良いだけでなく意匠的にも綺麗に納めるセンスも必要だと思っています。
現場毎に設計、監督、大工全員で現場検討会をするのは、そう言った感覚を養って欲しいからです。

c0019551_21392148.jpg

キッチン廻りは省スペースなので我々もお客様もかなり悩みましたが
セパレートタイプにして、伊礼さんの設計のキッチンを参考に
引き出しも大きく取っています。
最近は引き出し用金物も性能が良いので鍋、釜などを重量物を入れても問題はありません。


c0019551_21424058.jpgc0019551_2143128.jpg


c0019551_21434892.jpg



こちらも悩んだ洗面台廻り
洗面器を大きくとのご希望も多く実験室用流しを使う事もありますが
今回は奥行き的に納まりません。
そこで初めて選んだオーバーカウンター式の洗面器は容量も
比較的大きく、フレーム式よりも見た目がスッキリです。
大工作りの二面鏡収納+カウンターはソリッドパネルに
ウレタン塗装仕上げです。


c0019551_2144027.jpg


c0019551_21452577.jpg

浴室は言わずと知れた自社設計でも定番になった
J-スタンダードハーフバスです。
by tanaka-kinoie | 2007-05-07 19:53 | 建築、仕事 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://sandaime.exblog.jp/tb/6027588
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 塩地博文 at 2007-05-08 23:23 x
すっきりで贅沢、ノウハウを出版しませんか?
いい出版社知っています(笑)
明日、船橋の漁師さんに直接会って、イベントの詳細を詰めてきます。
Commented by tanaka-kinoie at 2007-05-09 19:55
塩地さん
いつかはシ○ケ○さんのようにスタイルブック的な物が出せれば良いと思いますが・・・・・
来週の打合せよろしくです。
<< 三大サンド制覇(笑) 波乗り・BBQ >>