ashes and snow

c0019551_1382957.jpg
c0019551_15385492.jpgc0019551_15343898.jpg

行こう行こうとそのままになっていた
お台場ノマディック美術館で開催中だったashes and snowは気付いた時には最終日となっていました。
多分凄い人だろうな~と思いながらもお台場へ向かったのですが・・・・・・



c0019551_15424265.jpgc0019551_15424947.jpg
予想通り、とぐろを巻いた恐ろしい行列が・・・・・・諦めました(涙)
と言う事で鑑賞を断念してノマディック美術館の建築探索に切り替え。
建築家 坂茂の設計の仮設美術館です。 ニューヨーク、サンタモニカから、お台場で3ヶ所目となります。
坂さん得意の紙管を利用した構造体に152個の現地調達されたレンタルの貨物コンテナで構成された壁面 
斜めに張られたコンテナ上部の白いシートは夜は行灯になります。



c0019551_13481036.jpgc0019551_13481826.jpg
チケットが無くてもミュジアムショップには入れました。 結局、高価な写真集を買ってしまいました。
最終日限定で映像のDVDやしおり、携帯ストラップ、シールなどウン千円相当がおまけだったのがせめてもの救いでした・・・・・・・



「けやきの見える家」完成見学会のお知らせ
日時:7月28日(土)、29日(日) 10:00~16:00
場所:江戸川区南篠崎
構造:木造3階建て OMソーラーの家
設計・施工:田中工務店
設計協力 : k+y アトリエ

予約制の見学会になります。詳細・お申し込みはこちらから。
by tanaka-kinoie | 2007-06-25 13:02 | 見学会、住まい教室、他 | Trackback(1) | Comments(8)
トラックバックURL : http://sandaime.exblog.jp/tb/6380866
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 駿河木の家日記 at 2007-06-26 06:08
タイトル : ノマディック美術館
一昨日、【グレゴリー・ゴルペール ashes and snow】を見にノマディック美術館へ行ってきました。 カナダ出身のアーティスト、グレゴリー・ゴルペールはもともと舞台アーティストだったそうです。 15年間、インド、エジプト、ミャンマー、南極、ボルネオ等等世界各国を訪れて、人間と動物との交流を収めたた作品の展覧会が行われました。 東京お台場に出来た巨大な仮設美術館。この設計は、紙芯建築で有名な「坂 茂(バン シゲル)」氏です。 鉄製貨物コンテナが約10メートルの高さまで積...... more
Commented by okkikeda at 2007-06-25 21:29
うっかりしていました。今月中かと勘違いしていました・・・。
坂茂さんの仮設はまだしばらく残るのかな。。
そうそう、藤森照信さんの帰国展も今月末までです。
こちらは見学してまいりましたが、なかなかグッドでした!
Commented by kameplan_arch at 2007-06-26 00:37
実は先日、こそっと(←誰に?)行ってきました。
外観のイメージと内部のギャップが「坂茂」ワールドで良かったっすよ。

ケンチクは材料だけじゃないと思い知らされました。
Commented by surugaki at 2007-06-26 06:06
先日、グレゴリー・ゴルペールの撮影の様子がテレビ放映されましたが、まさに衝撃でした。うっかりです。
写真展を田中さんとうちの社員のブログで知りましたが、手遅れでした。(涙) 坂茂さんの紙管の建築は、
ハーノーバー万博の日本館で始めて知りました。静岡で講演され時に、紙管を使った難民テントの作り方
や旧38条を取得した話をされていました。建築に携わる者のあるべき姿を感じました。手遅れながら、
跡地に伺ってみます。
Commented by tanaka-kinoie at 2007-06-26 08:29
ikedaさん
坂さんの仮設美術館は、まだ残っているのでは・・・・
解体作業が見たいですね。
藤森さんの帰国展、時間があれば行ってみます。
Commented by tanaka-kinoie at 2007-06-26 08:47
kameplanさん
ご無沙汰です。
行ったんですか~ 羨ましい
素材の使い方でどうにでも見せられる所は料理にも似ていますね。
それこそVHにも近い事が言えるのでは無いでしょうか?
Commented by tanaka-kinoie at 2007-06-26 08:49
surugakiさま
まだしばらくは残っているのでは無いでしょうか?
内部は無理でも、周辺からでもご覧になる価値はあると思いますよ!!
Commented by シロシロスルガ at 2007-06-27 09:31 x
凄い込みようですね。私は、最終日一日前に行きましたが、これほどではなかったです。土曜は炎天下、日曜は雨でしたね。こういった環境化での仮設の美術館の内部状況がどうなっていたのか・・・自分で体感してみたかったです。
Commented by tanaka-kinoie at 2007-06-28 19:41
シロシロスルガ様
何しろ数時間待ちって感じでしたよ。
その上、雨ですからね。
ミュジアムショップに通じる、出口からちらっと見えた内部は迫力ありました。
映像と音楽を体験して見たかった・・・・
<< けやきがついに お隣は選べません。 >>