住宅の性能を測る

自動車、パソコン、デジカメなど購入の目安になるのが価格やデザインの他に、スペック・性能だと思います。
ところが人生で一番高額な買い物である住宅にはスペック・性能等の表示が殆ど無いのです。
c0019551_1351525.jpg
品確法の性能表示制度から等級を示している所もありますが全てが最高等級
だからと言って=良い家だとは限りません。
ただ、せっかく国が示した性能のものさしを否定する事も無いので、我社なりに
良い部分を利用しお客様に表示したいと思っていました。
そこで作ったのが田中工務店 「性能ガイドブック」です。
性能表示の10分野の中から下記の4つをピックアップし、うちの家づくりで
こんな方法、材料、設計でおこなっている内容を11ページにわたり示した
ガイドブックです。
初めてお会いしたお客様に、これらのご説明ツールとして使っています。

●構造性能・・・・・・・・・・地震や台風に耐える性能
●温熱環境性能・・・・・・冬暖かく、夏涼しく過ごすための性能
●空気環境性能・・・・・・健康的なすまいのための性能
●耐久性能・・・・・・・・・・長くつかってもらうための性能

性能表示の等級制度は実測値では、ありません。
それら基準にのっとり材料・工法の選定をし設計、施工をすれば
その家がある等級になると言うだけです。




耐震性能、耐久性能の実測は出来ませんが残りの2つはいつでも実測可能です。
論より証拠、測ったものは真実であり比べようも無いのですから!!

c0019551_14522518.jpg

空気質の測定器(ホルムアルデヒド検知器)


c0019551_1454465.jpg
弊社が得意としている温熱環境性能も測定をはじめました。
計測は実際に生活をしている弊社施工の2軒の家にお願いしています。
夏、冬の最盛期に2週間程度データーロガーを設置させて頂き、暑いとき、寒いときの
データーの収集を行います。
夏・・・・外気温湿度、リビング、寝室、子供室等
冬・・・・外気温湿度、OM集熱温度、リビング、寝室、トイレ、脱衣室等

部屋事の温度差が少ない、OMソーラーの家は特に冬のヒートショックがありません。
そんな意味でも寒いといわれるトイレ、脱衣室の測定は必須です。
スタートが遅れたので夏の最盛期は逃しましたが、今冬も同じ家でご協力を
して頂きます。


温湿度ロガーとデーター取り込み用コミュニケーションベース
ロガーのみ設置します。
来年に春には弊社施工の家がどう言った温熱環境なのかをお伝えする
事が出来ると思います。
by tanaka-kinoie | 2007-08-29 20:09 | 建築、仕事 | Trackback(1) | Comments(8)
トラックバックURL : http://sandaime.exblog.jp/tb/6831624
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from OMソーラーの家「東京町家」 at 2007-08-31 10:58
タイトル : 記録的な暑さを記憶する
今年の夏は、私も生まれてはじめて経験する気温40℃の世界。 これって体温より高いんですよね。 体温だってこんな温度になったら頭はボ~ッとしてふらふらになるでしょう。 体の中からではなくて外からこんな温度になったら・・・。 早速東京町家の住人たちが、この夏の記憶を記録に止めていた。 お三方とも、エアコン無しでこの記録的猛暑に挑んだOMソーラーのファイターだ! この記録公開は練馬の9坪ハウスにお住まいのココノマさんが始めた。 それを追う様に同じ練馬のあずきハウスさんが記録公開。 所沢の雑木...... more
Commented by tokyomachiya at 2007-08-31 10:57
お仕着せの『性能表示制度』より、田中式安全快適に住み続ける性能表示・・・いいですね!こんな物は自分が必要と思うものでつくっていかないと使い物になりませんから。
東京町家の住まい手が自主的に始めた温熱測定TBさせて頂きました。
Commented by yusuke-i77 at 2007-08-31 18:27
性能ガイドブックは必要ですよね、お客様に説明もしやすそうだし。
うちは、一軒だけお願いして、測定させてもらうことにしました。
温度/外気・OM集熱  温湿度/リビング・寝室・洗面を予定しています。
Commented by kazuo-nakazato at 2007-08-31 21:58
よさそうな性能ガイドブックですね。
N氏は忙しすぎて私のほうまで手が回らないようで、創建舎はいらないいんじゃない!、というお言葉でした。
でもこういうことが工務店にとって武器になっていくと思います。
Commented by tanaka-kinoie at 2007-09-01 22:32
迎川さん
その通りだと思います。
ただどうせあるなら国のやり方も少し念頭に入れて作ってみました。
でも一番説得力あるのが住まい手のデータですよね!!
Commented by tanaka-kinoie at 2007-09-01 22:34
yusukeさん
見た事、ありましたっけ?
今度感想を聞かせて下さい。
データーは長い目で考えて測定していくしか無いけどいつか財産になると思いますよ!!
Commented by tanaka-kinoie at 2007-09-01 22:36
中里さん
何かと役に立っています。
これからページも少しづつ増やしていく予定です。
創建舎が手に入れたらまた恐ろしく仕事が増えるのでは!? (笑)
Commented by N氏です at 2007-10-01 23:44 x
創建舎のNさん、大変申し訳ありません。
田中さんの言うように、恐ろしく仕事を増やさないためにも、まあ来年くらいにぼちぼちつくっていきましょう。
Commented by tanaka-kinoie at 2007-10-02 08:32
N氏様
最近の○○○主義で行く、良かったです。
私も全く同感でそれが自分(会社)の適正規模だと思っています。
性能ガイドブックはこれに実測が加われば鬼に金棒だと思います。
うちも恐ろしくとは言いませんが、キャパオーバーの状態・・・・・
色々考えないといけない時期に来ています。

<< 構造見学会のお知らせ NewHouseに掲載中です。 >>