住宅着工3割減に


c0019551_13284075.jpg
遅ればせながら日曜の朝日新聞の一面です。
業界内では建築基準法改正直後から大騒ぎ、業界誌も関連記事一色でしたが、
徐々に一般のメディアでも取り上げられるようになりました。
少しづつですがやっとこの事態がユーザーにも知られてきたような状態です。
とにかく建築確認がおりません、特に木造3階建など構造計算が絡むと
深刻な事態になっています。
弊社でも木造3階建の計画が数件あり、お客様への説明をしておりますが
着工時期の予定が立たずで全てをご理解頂くのは無理なようです。







本当に工務店の存続が危うくなる程に大変な事なのですが、それは国交省が建築関連中小企業の資金繰り支援まで始めた事からもわかります。
経済産業省の中小企業庁が特別相談窓口を設けて、セーフティー貸付制度の導入を決めました。
特定の金融機関で無担保、担保不足に融資や元金返済据置期間延長など通常ではありえない対策です。

厳格化を狙った法改正は良いとして設計者(施工者)を信頼せず書類のあら探しに終始している現状を早く是正して円滑に進むように
して頂きたいと思います。
と思えばまたまた構造偽装事件が昨日、発覚しました。
同じ世界で生きているとはいえ、そんな人間が後を絶たないのです。
どうしてなのか?何とも言いようがありません・・・・・
by tanaka-kinoie | 2007-10-16 10:31 | 建築、仕事 | Trackback(2) | Comments(12)
トラックバックURL : http://sandaime.exblog.jp/tb/7192155
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from OMソーラーの家「東京町家」 at 2007-10-16 14:32
タイトル : アネハ問題は金融問題
中里さんの基準法改正に怒るという記事を基に書いています。 新設住宅着工戸数 マンション分譲住宅着工戸数 建築基準法改正の不手際で、建設業界が大混乱している。 その怒りは中里さんに譲って、もう少しこの問題を掘り下げてみようと思う。 まずは上記表(クリックすると大きくなります)をご覧ください。 中里さんが怒った7月よりも8月は更に被害が拡大している。 まずは持ち家(戸建て注文住宅が中心)で約1/3の職人が、これから仕事にあぶれる。 マンションはもっとひどく、約2/3の建設労働者が仕事に...... more
Tracked from 中里のひとり言 at 2007-10-16 18:46
タイトル : 家が建たない!
昨日の朝日新聞朝刊の一面です。(写真をクリックすると大きくなります) 7月の住宅着工戸数は前年比23.4%減、8月は何と!43.3%減。 平均33.3%の落ち込みです。 どんな産業でもいっきにこれほどの落ち込みは、恐慌時以外ないでしょう。 住宅業界にとって大変なことです。 これが一官僚によって現場の準備も整備されないまま、強行に建築基準法が改正され行政が先走った結果です。 今やっと2階建ての家は認可が降りだしましたが、職人、流通業界、工務店、設計事務所などの住宅関連では...... more
Commented by tokyomachiya at 2007-10-16 14:31
アネハ問題の後はエンドウ問題ですか・・・懲りない業界ですね。
こんな一部の不心得者のために、業界全体が白い眼で見られるのはかないませんね。
今回はアネハの時のように業界が腰を引くことなく、早急な原因解明と偽装建物の特定化及び公表、そして処分を自力で行い、毅然とした態度で臨んで欲しい。
それなくして業界の信頼は守れません。
非難囂々の国土交通省が集中砲火を避け、政策の正当性を誇示するために仕掛けられた第二のアネハじゃないでしょうね。
国土交通省は、いったいジョーカーを何枚持っているのでしょうか?
Commented by satoshi_irei at 2007-10-16 15:33
構造事務所で店をたたむところが増えていると聞きました。
Commented by kazuo-nakazato at 2007-10-16 18:44
どんどん吼えましょう。そして窮地に陥った官僚や工務店をSAREXのメンバーが
フォローする、なんて出来たらいいですね。
Commented by tanaka-kinoie at 2007-10-16 22:36
迎川さん
懲りない業界の中にいる我々はどうしていけば良いのでしょうか?
世の中悪い事や悪い人間が基準になっていく・・・・・
我々も迷惑ですが結局は一般消費者にお金の負担がいき、災難が降り懸かることになるのですから。
Commented by tanaka-kinoie at 2007-10-16 22:37
伊礼さん
構造事務所は、これから締め付けが余計に厳しいと思います。
意匠設計も、これからは大変になりますね・・・・
Commented by tanaka-kinoie at 2007-10-16 22:40
中里さん
同感です。
やっと一般の方にも浸透してきましたが、まだまだだと思います。
とにかく意味が無い、締め付けには断固として抵抗して吼えたいと思っています。
Commented by 塩地博文 at 2007-10-17 15:41 x
住宅や建築にかかわるスキャンダルは、相当のストックを行政は持っています。締め付けは加速するでしょう。この状況は、「あたり前の家」ネットワークの存在理由も問われています。精一杯やるしかないですね。
Commented by okkikeda at 2007-10-17 23:23
今回の法改正は、厳格に審査内容を決めて審査すると言う法律です。
審査を厳しくする法律ではありませんね。私も、意味のない締め付けに
大しては断固抵抗するつもりです。工務店の実力を見せつけましょう!
Commented by tanaka-kinoie at 2007-10-18 17:35
塩地さん
締め付けの加速はユーザーの為にも良い面は多いと思いますが、我々の廻りにいる、ものづくり的な面での高い技術を持っている工務店には
アナログ派が多いのも事実です。
情報発信どころか情報入手にも、うといのです。
締め付けでそんな彼らがいなくなり、ものづくりてきな家が無くなり
商品化、規格化だけの家になるとしたらどうなるのでしょうか?
200年住宅が別の方向に走る危険性もありますね。
Commented by tanaka-kinoie at 2007-10-18 17:36
池田さん
さすが良いこと言いますね。
少し別々に動くようになったけど目標は同じ、お互い工務店としての
技量、実力を見せていきましょう!!
Commented by fuRu at 2007-10-18 18:58 x
TBありがとうございます。
私の記事は、みなさんの記事とはちょっと違った角度から書いています。
もちろん、無意味な締めつけは断固として反対です。
ここはみなで声を合わせて発言する必要がありますよね。
一方、そのよう事態になったのは信頼関係というものの価値観の変化が土台としてあるということを見逃してはいけないと思うのですね。
田中さんたちが自分のところで施工した住宅の温度測定のデータを持ち寄ってを議論している姿は、設計者として、住宅に関わる一人として大変刺激的なのです。信頼とは何かということについて真摯に向き合っておられると思いますし、そういう工務店に仕事をお願い出来るというのもありがたいことですね。
Commented by tanaka-kinoie at 2007-10-18 19:14
furuさん
コメントも入れずでスイマセン
違った視点ごとの意見、発言は興味深いものがあります。
今度はユーザーの意見も欲しい所ですね。
データーも冬のが揃えば公開していきます。
<< ご当地名物 世の為、人の為、自分の為、工務... >>