湯立坂の銅御殿

少し先になりますが小石川植物園の近く、白山で家づくりが始まります。
現地を訪れた帰りに湯立坂と銅御殿(あかがねごてん)の事を知りました。
付近を知らぬまま茗荷谷に向かう坂を上がっている途中に野村不動産のマンション計画反対と文化財保護を訴える看板があります。
このマンション計画には隣接する銅御殿と付近の景観を守ろうと住民達の反対運動が数年前からあるそうです。
この銅御殿は国の重要文化財に指定され90年以上も前の大正4年に建造された贅を尽したお屋敷で母家の2階が遠くからも
見え、屋根、壁が銅で葺かれているのがよくわかります。
大磯の吉田茂邸もそうでしたが、古い建物を保存して守ろうとするのは大変な労力とお金が掛かります。
しかしこの銅御殿の事を調べる程に保存して後世に残していくべき建物だと感じています。
公開される事もあるようです、チャンスがあれば内部も拝観したいですね。

c0019551_21144621.jpgc0019551_2114786.jpg
湯立坂上に立つ銅御殿 母家の2階緑青は迫力があります。

c0019551_2113582.jpgc0019551_21152721.jpg
左:門は楠の一枚板の扉と四谷丸太(高井戸産)の門柱             右:野村不動産のマンション予定地 右上に銅御殿があります。



「住まい教室のお知らせ」 締切りました。
「家づくりとお金の話し」 ~坪単価の安さに惑わされないために~
開催日時 2月10日(日) 13:30~15:00程度 
開催場所 江戸川区西小岩3-15-1 田中工務店 3階展示室

「ガレージのある家」見学会のお知らせ 予約制
開催日時 3月 8日(土) 10:00~20:00  初日のみナイター見学会
       3月10日(日) 10:00~16:00
開催場所 江戸川区松江

○仮称 「坪井町の家」完成見学会のお知らせ 予約制
開催日時 3月22日(土) 10:00~17:00  
       3月23日(日) 10:00~17:00
開催場所 船橋市坪井町
設   計 伊礼智設計室
施   工 田中工務店
※詳細は後日掲載致します。

<お問合せ、申込みは下記へ>
Eメール info@tanaka-kinoie.co.jp
TEL   03-3657-3176
FAX   03-3657-3110
by tanaka-kinoie | 2008-01-23 20:21 | 建築、仕事 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://sandaime.exblog.jp/tb/8058809
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by にわっち at 2008-01-26 22:02 x
昨日は大変お邪魔しましたm(vv)m。

とても心の痛むお話しですね。。
なんとか、残ってくれると良いのですが。。

Commented by tanaka-kinoie at 2008-01-27 18:04
にわさん
こちらこそ、お土産まで頂きましてありがとうございました。
また色々とお世話になりますのでよろしくお願い致します。
Commented by fuRu at 2008-10-22 15:36 x
今日、この銅御殿の内部を見学することが出来ました。
とにかく作りが素晴らしい。
当時の一流の大工さんは超人的な力を持っていたとしか思えません。
ほんとに凄いお宅でした。
Commented by tanaka-kinoie at 2008-10-28 21:54
fuRu さん
貴重な体験をされましたね。
とっても羨ましいです。
こんな建物が公開もされずにそのままになっているのは何とも寂しい限りです。
材料も大工の腕も生かせるような、オーナーがこの頃はいたのですね。
<< 木造建築の防火 建築知識2月号発売 >>