8年目の定期点検

昨日は梅雨の晴れ間の定期点検でした。
平成13年竣工、記念すべき弊社のOM第一号の住宅です。
8年目を迎えて、私も同行して諸々のチェックをさせて頂きました。
何と言っても現場監督からハンドリングBOXの組み立てまでおこなった思いで深い現場です。
追い込みを迎えた最中には9.11のテロ事件もあり、当時は色々な思いが交錯しました。

c0019551_19301569.jpg

うちでは珍しい真壁です。
構造材は、細田材木店の西川材
天井は吉野杉の赤身
内壁は中霧島壁
外断熱と中々、手間の掛かる現場でしたが
大工を常時3人、時には7人入れて上棟から
3ヶ月と10日で完成見学会を行った恐ろしいほど
早く終わらせた現場でした。
c0019551_192984.jpgc0019551_19291660.jpg
c0019551_19473770.jpgc0019551_1948093.jpg

タモの框は、以前の家から転用した物。
敷台は栗材です。

この天井は逃げが無く、大工も苦労していましたが
寸分の隙間もありませんでした。


c0019551_202639.jpg













この数年であたりはマンション群となりましたが
こんな中にも手入れの行き届いた小さな庭が
あり、ほっとします。
c0019551_204448.jpg




「市川 国分の家」完成見学会のお知らせ(申込制)
開催日時 6月 21日(土) 10:00~20:00  初日のみナイター見学会
       6月22日(日) 10:00~16:00
開催場所 千葉県市川市中国分
by tanaka-kinoie | 2008-06-14 18:24 | 建築、仕事 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://sandaime.exblog.jp/tb/9045411
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kazuo-nakazato at 2008-06-15 19:35
8年目の点検もあるのですか、すばらしいですね。
定期点検のスケジューリングに今困っています。

この頃は北棟ダクトではなかったのですね。
Commented by tanaka-kinoie at 2008-06-15 21:28
中里さん
うちも同じで定期点検は、やはり大変で調整に手間取っています。
この時は屋根を伸ばして建築で北棟のような形を作りました。
<< Picnic Folding ... こりゃ迷います・・・ >>