家づくりサミット

先週、今週は出張とイベント続き、夜も会合が多く、ちょっと疲れ気味です。
明日は上棟式、来週は北海道に出張、6日は海上エコツアーとしばらくは多忙な日々が続きます。
仕事は仕方ないけど海に行けていないのは辛いです。(涙)

そして一昨日は「あたり前の家」ネットワーク主催による家づくりサミットが開催されました。
コミュニティはもちろん参加者の数々のブログでも取り上げられていますが、盛り沢山であり過ぎたことは否めません。
プログラムのひとつ、ひとつの企画は良かったと思いますが、時間が足りなかった事が大きな反省点だと思います。
それでも専任スタッフもいないのに、これらを企画、運営し最後までまとめた関係者の皆様のお力には敬服いたしました。
反省点は関係者一同で洗い出し、次回に生かせればよいと思います。
毎年参加をしている、同じような会でも回数を経て成熟しつつあるものと、盛り上がりに欠けるものもあります。
最初からそんなにうまくいくものではありません。
これも一種のお祭り的な部分ですし良しも悪しきも塩地事務局長が工務店で無い事、この事が特徴のあるサミットになったのだと思います。
また、ここの強みはSNSであり今も活発なやり取りがあります。
そして今回このSNSから数人がボランティアで参加された事には大きな意義があります。
どんな事でもデジタルとアナログをうまく使うことが情報収集の鍵だといつも思っていますがこれが実践された例ですね。
そのSNS(デジタル)から実態を知りたい、工務店に会ってみよう(アナログ)という方が現れました。
バーチャルとリアルな体験はここならではの事だと思います。
来年はそんな方達がもっと増えて、ユーザー同士の繋がりが深まるかもしれません、いやそうなるでしょうね!
工務店同士は懇親会でそんな繋がりが多くあったと思います。
そんな盛り上がりがあったその場での数人のプレゼンに耳を貸す事が出来なかったのは私も含めて、反省しています・・・・。
とは言え昨年から「あたり前の家ネットワーク」の活動に参加させて頂き、ここならではの視点に気付いています。
それはここでは語りませんがご興味のある方は家づくりコミュニティに参加を頂ければユーザー、プロの区別無く、感じられると思います。
覗くだけでも面白いですし、自分にとってのあたり前の家が見つかるヒントもあるかもしれません・・・・。
とにかくテンコ盛り過ぎたけど私は、とにかく楽しかったです。
関係者の皆様に再度、御礼申し上げます。

c0019551_2031397.jpg

事務局長 塩地さん 
あたり前の家の活動報告、今後の展開について
1960年生まれ 同じ年です。
昨年まではこのひとの考える工務店観は、理解不能だった????
今年はだいぶ、わかってきましたが・・・・(笑)
工務店の救世主となるべく一生を捧げてくれると信じています。(爆)

c0019551_203671.jpg

野辺さんの基調講演
初めて聞く工務店にとっては、聞いた事のない切り口だったはず。
しかし時間の都合で突然飛ばしに飛ばしまくり・・・こちらも汗
ちょっと気の毒でしたがSAREX、地域マスター工務店の存在は
ちょっぴりわかってもらえたようでした。

c0019551_216998.jpg

高樹沙耶さんと、「あたり前の家」ネットワーク会長 中川誼美さん
沙耶さんの舘山の暮らしの紹介と中川の女将の家づくりの考え方を
交えてのフリートークでした。
女将さん節は相変わらず、沙耶さんは肩肘張らずの自然体

c0019551_2051251.jpg

建築家の善養寺幸子さん
彼女の話しを聞くのはこれが2回目です。
小林光さんの「エコハウス私論」出版記念のディスカッションの時には
国交省の役人を相手に討論し、歯切れよく話し、訴えており感心しましたが
今回はそれが全く感じられませんでした。
討論はお得意でもお1人で喋って伝える事は得意で無いようでしたね。

c0019551_815661.jpg

小池百合子さん
やはり政治家らしく話の構成はうまく、最初は引き込まれました。
しかしこれも政治家らしい玉虫色の部分もある事を感じました。
質問を並べて、同時に答えるもこれもちょっと答えにならない玉虫色
それでもあれだけ理路整然と答えられれば、多くの賛同は得られると思います。
どの方向にも微笑み返し、年上ながら可愛い人でした。

c0019551_2153484.jpg

小池さんの話が押してしまい野辺さん、野池さん、三浦さんによる
工務店ウォッチャーによる朝まで生討論は時間が無く、塩地さんも
乗せられずに、噛み合わなかったけど仕方が無いでしょうね。
月に1回以上は何かしらお会いしている良く知るこの御三方です。
それぞれからこの会は何ぞや?定義は何だ?と引き出せただけでも
良かったのでは・・・・(笑)
彼らの疑問にきちんと答えられる参加工務店は少なかったと思いますが
それなりに答えを持っている工務店もいたはずです。


写真にはありませんが、この後は懇親会でコミュの方達と生の話をしました。
次々に紹介される方々と深い話までは出来なかったのが少々、心残りです。
又、懇親会会場でプレゼンもありましたがここでは、耳に入らずで発表者の方には失礼をしてしまいました。
それからは山の上ホテルの地下になだれ込み三次会
ここでW○林さんとの3人の話しがまた有意義であり、新たな自信を持ち、武者奮いさえしたのでした。
お茶の水駅前で待ち伏せする塩地事務局長を振り切り、帰宅しました。
なんと言ってもその10数時間前にも実は一緒にいたのですから・・・(笑)
by tanaka-kinoie | 2008-06-27 18:00 | 見学会、住まい教室、他 | Trackback(1) | Comments(6)
トラックバックURL : http://sandaime.exblog.jp/tb/9123044
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from OMソーラーの家「東京町家」 at 2008-06-28 01:25
タイトル : てんこ盛りな、あたり前の家サミットに参加して
御茶ノ水のニコライ堂の前が第二回あたり前の家サミット会場。 6月25日ここでてんこ盛りサミットが開催された。 何事にも貪欲で欲張りな塩地事務局長・・・食あたりを起こさなければいいが。 全体の印象は、やっぱり幕の内弁当。 演目を半分くらいに絞り込んで、もっと掘り下げた方が理解しやすかったと思う。 高樹沙耶さんを目の前で見ようと10時30分に勇んで会場に駆けつけたが誰もいない!(笑) こんな広い会場に、工務店関係者を中心に建材メーカーやマスコミを含め多くの方々が参加。 普段、家づくりコミュニ...... more
Commented by satoshi_irei at 2008-06-27 22:20
田中さん達が一番仕事で盛り上がっていた頃に
若い女の子にうつつを抜かしていました(笑)。
中山さんと大澤さんも同罪です!!
それにしても塩地さん(このオヤジが)が1960年生まれというのは
脅威です・・・・10歳くらい目上の方かと思いました(笑)。

Commented by tokyomachiya at 2008-06-28 01:24
お疲れ様でした。
塩地さん、シルエットで撮るとヒッチコックですね。(笑)
本当に楽しめた幕の内サミットでした。
期待していた朝まで生討論はパネラーの方が役者が上でしたね。
忙しくて睡眠時間も少ないのに、夜遅くまで盛り上がりました。
Commented by tanaka-kinoie at 2008-06-28 11:32
伊礼さん
>若い女の子にうつつを抜かしていました。
いきなり、これではサミットで何をしていたのか誤解を受けますよ。(笑)
まあ、そちらも魅力的でしたがトップを走る工務店の話はやはり大きな刺激でした。
自分流の家づくりは形になってきましたが、経営論無しでは意味がありません。
その辺の話でしたので後ろの明るい笑い声とは裏腹に三者顔を突き合わせてのひそひそ話になりました。(笑)

Commented by tanaka-kinoie at 2008-06-28 11:35
迎川さん
お疲れ様でした。
ヒッチコックは自分の映画に一度しか登場しません。
その点、事務局長はプレイングマネージャーと言う所ですかね。(笑)
まだまだ来週も、諸々続きますのでお互い休養、節制も必要ですかね。
Commented by NOBEX at 2008-06-28 13:32 x
三代目。お疲れさまでした。顔馴染たちに4もう聞いたよ」と野次が出るのかな、と思いやや期待してていたのですが、野次を飛ばす時間もありませんでしたね。ワインバーではそんないい話をしていたんですか。僕は殆ど眠くてよく覚えておらず、エイヤーとラーメン屋に向いました。さすが、節制を知っている三代目。モイスマンをかわすとは偉い。
Commented by tanaka-kinoie at 2008-06-28 17:38
nobeさん
お世辞でも何でもなく、やはりわかり易く頷けましたよ。
経営は経験と勘の鋭さであると確信したのと、これからどの規模で生きるのをと悩んでいる所にW○林さんの話は大きくヒントになりました。
うちも、もう少しで●●が何とかなります。
それからどうするを考えている最中です。
抽象的過ぎてわかりませんね。(笑)
<< 「篠崎の家」上棟 「市川 国分の家」見学会終了し... >>