ANDO建築

神戸はANDO建築が多いようです。
今回はせっかく明石に行くのであればと予め目を付けてい建物見学です。
NHKのドキュメントでも放映された有名な4m×4mの家ですが昨年、この家の隣に双子の木造が建ったと聞き、余計に興味をそそられていました。
西明石から宿泊先の舞子までの神戸線の車窓から発見しましたので会議終了後に現地へ赴きました。

ANDO建築の美意識、同じ形が反復され、素材のコントラストで構成された双子の展望台です。

何と海側にメタルジョイントのボルトが丸見えになっています、ひぇー
構造的には?
止水は?
建築基準法での木造の最高高さは?
どの工法?
と施工側からの疑問ばかり湧いてきてしまいましたがなるほど美しい住宅です。

ここってビーチも私有地なのでプライベートビーチです。


c0019551_20542648.jpg


c0019551_20485091.jpgc0019551_20491071.jpg


c0019551_2055596.jpgc0019551_20552464.jpg


c0019551_2056585.jpgc0019551_20561525.jpg



c0019551_20565872.jpg



ブログランキングに参加しています、人気blogランキングで三代目は何位?
なるべく毎日更新続けますのでよろしくお願いします。。
OMソーラーの家『東京町家』も応援お願いします。
by tanaka-kinoie | 2005-03-03 20:28 | 建築、仕事 | Trackback | Comments(11)
トラックバックURL : http://sandaime.exblog.jp/tb/948811
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by hinata_gkc at 2005-03-03 21:33
可愛らしいサイズですよね♪
見てるだけでいろんな事を考えさせられる建物って感じです。
僕は結構好きかな♪
Commented by tokyomachiya at 2005-03-03 21:59
田中さん完璧に病気です!病名「建築症候群」
明石といえば、普通は「双子のたこ」が立って歩く姿を見に行くでしょう。Andoさんだって、それを建築的に具現化しただけですから。
ところで、蛸は足8本なんて言うけど、大きな間違え。
実は足は6本で手が2本なんです。
その手の見分け方なんですが、立って歩いている蛸を見つけたら、棒で頭を殴る。痛っ!って頭に持っていった2本が手です。
参考までに。
Commented by boro9239 at 2005-03-03 23:25
田中さん、すごい度胸ですね!
オー○○ソーラーの世界でANDO建築は禁句ですよ!(笑)
とはいえ僕はANDO建築の洗礼をもろに受けてしまった世代です。
見たい!
Commented by tokyomachiya at 2005-03-04 00:17
boro9239さん、それは大きな勘違いです!
昔、異人館通りにAndo建築を早朝見学に行った時、結露が流れて床まで濡れているのを見て、これはOMソーラーで解決しなくちゃと思いました。
Andoさんの空間性、精神性が、結露とか断熱とかと言うことで非難の対象になるのは、違うと思いました。OMソーラーを付ける事で、普通の建築程度の温熱環境を創り出せれば、そんな非難から開放され、空間の質で話が出来ると思うんですが・・・。
Commented by shin_kondo at 2005-03-04 10:18
田中さん、私もNHKを見ましたが、2つ並んでいるのは知りませんでした、住まいとしてどうとかではなくて、ちょっとしたオブジェって感じですね。
たしかに、木造のほうは興味をひきますね、中(構造)も見られるといいんでけど・・・
Commented by 中里 at 2005-03-04 14:29 x
「嵐の時は怖いのを覚悟して住んでください。」と施主に言った建物ですね。
施主は安藤さんに頼んだことも含め、太っ腹な方なのでしょうね。
となりの木造は安藤さん設計なのでしょうか?
Commented by tanaka-kinoie at 2005-03-04 18:26 x
私は病気でしょうか? 
ミーハー気分でANDO建築を見に行った訳ではありません。
地方に行けば地域の特性、気候風土、分化に根ざした仕事に関係する建物を見るのは楽しみですし建築屋としての性分です。
今回はたまたまANDO建築が近くにであっただけです。
神戸での仕事は有意義な物でありましたが時間に余裕が無い中、これを見れた事で少しは観光的な要素が生まれ気が紛れた事は確かです。
工務店の親父である事には変わりませんが創る側の気持ち(設計者)を造る側(工務店)が理解していきながら独自の形を築いていきたいと思っています。
当面は建築が好き、仕事が好き、好奇心一杯でいきたいのです。
隣にある木造はもちろん安藤さんの設計です。
Commented by hinata_gkc at 2005-03-04 19:36
ぼくはどちらかと言うとミーハー気分で建物みてます(-v-)b
みなさんが「あの建物はいいよ~」って言ってくれなければ
自分では見向きもしない建物ってありますから。

それにしても田中さん、いいシャッターチャンスでしたね。
雲もない青空がすっごく綺麗♪
この建物で、この写真が取れただけでも羨ましいです…
Commented by tanaka-kinoie at 2005-03-04 21:39 x
吉野さん、そう言われればそうですね。
自分で撮って気付きませんでした(笑)
日中曇っていたのにこの時は晴れていたんですよ。
ラッキーでした。
Commented by studio-tsumugi at 2005-03-08 00:35
たぶん実物を見たら私も田中さんと同じ疑問符???が
頭の上でいっぱい飛ぶと思います。雑誌で見ただけで飛びましたから。
みんなで三回の端っこに乗ってジャンプしたら揺れるのかな~?
やってみたい。
Commented by tanaka-kinoie at 2005-03-08 17:25 x
tsumugiさん、現場での不安定感はありませんでしたが同感です。
住宅と考えずに展望台と考えれば少しぐらい揺れた方が面白いかも(笑)
実物見ると本当にびっくり、究極の真壁です。
<< 見学会開催します! ご冥福お祈りします。 >>