2007年 02月 10日 ( 1 )

「台形の家」 舳先屋根

瑞江「台形の家」の屋根が終了しました。
複雑な小屋組みであるのは先日お伝えした通りですが屋根も同じです。
それでも板金技術を駆使して綺麗に納まっています。

c0019551_20111133.jpgc0019551_20111881.jpgc0019551_20112588.jpg
台形型屋根に北側斜線が掛かった為に舳先のように尖った屋根です。
黒の部分に斜め加工したOM集熱ガラスが載ります。


c0019551_20392717.jpgc0019551_20393535.jpg
見た目、雨掛かりなど色々と検討した結果、蓑甲的に納める事になった部分です。
普通、蓑甲はけらば側ですが特殊形状の為に軒先側がこんな感じです。


c0019551_20514982.jpg


屋根の舳先とも言える尖った鼻先です。
私も一緒に検討してもっとも苦労した部分ですがこの複雑な形状をこれだけ
綺麗に納めた板金屋に拍手です。
OMソーラーの集熱部分を長く取る為に北棟ダクトを付けています。

究極の都市型住宅は弊社にお任せ下さい!
自信あります・・・(笑)
by tanaka-kinoie | 2007-02-10 20:09 | 建築、仕事 | Trackback(3) | Comments(14)