2017年 04月 16日 ( 1 )

『中里の家』構造見学会終了

土曜日に『中里の家』で構造見学会が開催されました。
午前に3組、午後に3組と構造見学会としては盛況でお客様とのやりとりからも断熱や構造に対しての関心の高さがうかがえました。
快適性、省エネ性、安全性はもちろん
家の性能とZEHも含めて認定住宅等のインセンティブも検討しながらの家づくりも求められています。
ローン控除、住宅取得贈与、火災地震保険の割引、タイミングにより補助金取得などなど
なにがお客様のベネフィットとなるべくコンサルを行い、事前の説明とコンセンサスが重要となっています。

東京は土地が高額であり敷地面積は小さめです。
利便性の良い土地ですが建ぺい率いっぱいに建築をしても今回は長期優良住宅の面積の規定に届かず認定低炭素住宅としています。

c0019551_08060938.jpg耐震等級3+免震装置1階は内部間仕切りに筋違いが多く入っています。
c0019551_08072174.jpg断熱はセルローズファイバー防露計算により内部結露防止に透湿抵抗値の高いシートを張ってあります。
c0019551_14333273.jpg

c0019551_14354849.jpg2階のリビング吹き抜け付近制震装置のミューダム
使っています。

c0019551_14361124.jpg一般的には構造材の現しが出来ないのが準耐火構造ですが今回は燃え代を検討した設計で150角の桧の柱を出しています。
c0019551_14362527.jpg
c0019551_14364101.jpg

北側の吹き抜けを見上げる電動開閉型の天窓があり通風採光も促します。


c0019551_14365534.jpg


斜線制限により複雑な形となりましたが天井の高い子供室です。



by tanaka-kinoie | 2017-04-16 08:02 | 見学会、住まい教室、他 | Trackback | Comments(0)