2017年 10月 31日 ( 1 )

クニルプスの折りたたみ傘

5年?ぐらい前から持ち歩いているドイツのクニルプスの折りたたみ傘
クニルプス(Knirps)とは、ドイツ語で「折りたたみ傘」という意味を持つそうです。
開閉の機能性、デザイン、耐久性では今のところはこれを超えるものは見当たりません。
以前は取扱い店が少なかったと思いますが今は雑貨、小物、インテリヤショップなどでも良く見かけて多種多様に選ぶことが出来そうです。
イギリスのザ・アンブレラと言う感じではありませんが折り畳みとしてはとても良い傘だと感じています。

偶然にも松屋デザインギャラリーで開催中の「Knirps 折りたたみ傘の発明」を拝見することが出来ました。

c0019551_165559.jpg


愛用のクニルプス
使用頻度は高いと思いますがいつも持ち歩いています。
5年以上経っても複雑な構成の折りたたみ傘の骨などが
フレームなど歪むようなことも全くありません。

c0019551_1651494.jpg
c0019551_1652135.jpg


多種多様な種類がありますがデザイン性も良い物が
増えたように思います。

c0019551_1652761.jpg


相当の数のパーツで構成されているのですね。

c0019551_1653391.jpg


開くだけでなく、閉じるのもワンタッチで可能です。
片手で操作できるので便利です。
ここだけの技術なのでしょうね。

c0019551_1654075.jpg
c0019551_1654623.jpg
c0019551_1655332.jpg


我々がつくる建築も多種多様な部材をを用いますが
これだけの機能を持つ傘には繊細なパーツが必要な
事が良くわかりました。
丈夫な傘ですが壊れた時にこれからパーツ交換が可能か
どうか?
それが完璧であれば完璧ですね。



by tanaka-kinoie | 2017-10-31 15:07 | 小物 | Trackback | Comments(0)