カテゴリ:未分類( 13 )

ミライセッション 2017

c0019551_12120511.jpgジャパンホームショーの新建ハウジング主催の
家づくりのミライ session3『つくる』で小泉誠さん
とトークセッションをさせて頂きました。

c0019551_12120862.jpg




 新建ハウジングと協同出展している『わざわ座』 
弊社も座衆(つくり手)として参加をしています。
 つくり手としてデザイナーの小泉誠さんと私と35分づつ個々に
 お話をせて頂き、それからトークセッションと言う形でした。
 司会は十数年来のお付き合いのある新建ハウジングの三浦社長
 
 


c0019551_12121166.jpg  35分の時間を超過していましたが
  ものづくりの思いのたけを全て吐き出しました。(笑)

c0019551_12121855.jpg 
 


司会の三浦さんの質問に明確にお答えが出来た自信はありませんが
 プロも住み手も町場の工務店でここまでやれるのかと思わせる、
 ぎゃふんと言わせるようなレベルを目指して素材を吟味して技術
を魅せる手わざを意識していることをお伝えしました。
「大工の手」のスツールの小泉さんのデザインは奇をてらうことも無い
 フォルムでどこでも馴染む素形だと思います。
 工務店の日常使いの材料で普通につくれるものでありながら広葉樹使い
 をすればそれも似合い、重厚な物にもなります。
 そんなお話もさせて頂きました。

c0019551_14232529.jpg 
 
 
 わざわ座の出展
 全国の工務店が同じデザインのクッションスツールを材、張地を
 自由に使った31点が並んでいます。
 











c0019551_14232935.jpg


















c0019551_14234679.jpg


 屋台と呼ばれていますが屋根つきの開放型の
 小さな展示ブース
 山長商店
 堀商店
 小泉道具店
 エクレアキッチン
 が出店してました。

by tanaka-kinoie | 2017-11-22 14:16 | Trackback | Comments(0)

見学会のしつらえ

『中里の家』 見学会が終了いたしました。

週末の2日間とも猛暑でも断熱性能の良さにより移設する為にリビングがエアコン無しでもサーキュレーターを使って
個室2台のエアコンのみで十分しのぐことが出来ました。

とはいえ音や見た目の感覚的な涼しさの演出もいくつか試みました。

c0019551_19171812.jpg


クリスタルの削り出しの花器SHALLOWS
ダイニングテーブルの上に飾りました。
道端にあったカタバミを挿しただけですが
不思議と様になります。
ガラスならではの涼しげな演出です。
テーブルのアメリカンチェリーに映えます。

c0019551_19173650.jpg


12年前に購入した久保裕子さんの作品
上から見れば水面の中に金魚が泳いで
いるように見えます、
不思議なガラスの文鎮です。

c0019551_19175345.jpg


篠原風鈴本舗の江戸風鈴
近頃はうるさいと言われることもある聞きます
が透き通ったガラスならではの音色は涼しさを
感じますね。

c0019551_19181347.jpg

これはオリジナルの手拭から作った団扇です。
こちらは実用品その物・・・・(笑)
暑い中ご来場者の方々にすぐにお渡しをしました。
もちろん販促で配られているような物ではありません。
竹でつくられている手作りの房州団扇です。
浴衣の帯に差せるように長めの柄でお願いをしています。



by tanaka-kinoie | 2017-07-11 10:21 | Trackback | Comments(0)

中里の家

7月8日(土)、9日(日)に完成見学会を開催する『中里の家』の進捗状況です。
木工事がもう少しで終わり、足場も外れます。
この複雑な屋根は足場が無いと地上から見ることは出来なくなるので上がってみました。
これを実現する、木造の架構の技術と板金の技術
絵に描いた餅にならぬようにならずに実現できるのは己の技術レベルを知った上での設計施工であるからです。

c0019551_20083791.jpg




玄関前のポーチ天井は杉板です。
延焼ライン内で防火制限がありますが
下地を不燃にして板張りを可能にしています。











c0019551_20091800.jpg




3階の子供室は屋根そのものの複雑な
形状です。























c0019551_20103736.jpg




3階廊下からリビング側の吹き抜けを見る。

屋根の一部になるので開閉式の天窓を
設置しています。




















c0019551_20105922.jpg



3階への階段
屋根勾配内でぎりぎりにあがって
いきます。























c0019551_20112109.jpg



ガルバリウム鋼板一文字葺き
 
北側、道路と2面の斜線に掛かるために
ピラミッドのような形状の屋根です。

右手の北側は天窓
左手には非常用進入口があります。






c0019551_20114182.jpg




 3階なので非常用進入口が必要です。












c0019551_20115586.jpg



屋根は2段になっています。
こちらは上部の屋根
寄棟形状は屋根換気がとり難いですが
新型の換気棟を使っています。
 









c0019551_20121047.jpg



 上部の屋根から下部の屋根を見る




c0019551_20123100.jpg こんな感じで急激に屋根が折れます。























by tanaka-kinoie | 2017-06-07 20:13 | Trackback | Comments(0)

定期点検 2件

週末に定期点検を2件行いました。
9月で10年目を迎える『けやきの見える家』と7年目の『根岸の家』
どちらもOZONE家づくりサポートの中の工務店コンペで弊社を選んで頂いたものです。

私の代になり、現在のような家づくりを始めてから10年少々
お客様からのご意見、定期点検時に気付いたこと、新製品の登場などで施工方法も使う素材も少しづつ変えてきました。
この2軒の家を比べてもたった3年の違いで定番部材の種類や素材を変えています。
これから10年一区切りを迎える家々が多くなってきますので定期点検で新たな気付きがあると思います。


c0019551_20293513.jpg



『根岸の家』

台東区の根岸は住宅密集地
路地に面した角地で比較的恵まれた
条件とはいえ狭小地での木造3階建て
の建築でした。

3階には個室とサンルームに
ここにも見える小さな花台があります。
屋根上での耐久性を考えて人口木を
使いました。

















c0019551_20315916.jpg



玄関は路地側にあります。
元々セットバック前では自転車が
すれ違い出来る程度の道幅でした。

c0019551_20361401.jpg



屋根は瓦棒葺き
この頃から芯木は人口木にした為に釘抜け
は無し
雨樋もタニタスタンダードで当然の事
劣化はありません。
雪止め、雨樋、棟 問題なし
ここは3階建てとは言え比較的上がり易い
勾配です。
狭小地では空間をぎりぎりに取るので
きつい勾配の屋根も多くなります。
とはいえメンテナンスを考えれが上がれる屋根
が理想です。


c0019551_20362840.jpg



下屋に設置された花台
人口木で製作されています。
金物やビス類は全てステンレス
溶融亜鉛鍍金も悪くないのですが
ステンレスが安心です。
c0019551_20364608.jpg



階段下まで有効に使える
引出し式の収納

c0019551_20370084.jpg



ロシア唐松の床は色濃く
なりいい経年変化をしています。

c0019551_20371494.jpg


畳下の点検口から床下のチェック
白蟻がいないか
漏水がないか
腐朽はないか



c0019551_20372826.jpg


床下は掃除機も掛けているので
竣工当初の綺麗な状況でした。


c0019551_20185294.jpg
午後からは『けやきの見える家』

バルコニーの正面には欅の大木があります。
これをリビングの借景にしない手は無い
敷地条件でした。






















c0019551_20190045.jpg




 ケヤキ側から見る
















c0019551_20190739.jpg





























c0019551_20192887.jpg



 太陽光駆動のOMソーラーを
 搭載しています。
 関節痛であった奥様には足元の
 冷えが大敵と言う事で導入して
 喜んで頂いています。

この頃の雨樋はパナソニックのアイアン丸
全て塩ビ製品の物よりも耐久性はあると
思います。









c0019551_20192156.jpg




 床下は根岸の家同様に綺麗でした。













c0019551_20194494.jpg




見積もり時に予算オーバー
子供室の床をフローリングを貼らずに
唐松化粧合板を使いました。
ベニヤと侮るなかれ違和感なく馴染んで
経年変化も良い感じです。





















c0019551_20193677.jpg



大型建具の調整をしています。
吊りの引戸は調整が楽ですが1.5間の
引違い建具の鴨居が下がっていました。



by tanaka-kinoie | 2017-06-06 08:23 | Trackback | Comments(0)

ブラックチェリー材 テーブル

7月8日(土)、9日(日)に完成見学会が行われる『中里の家』
そのお家の為におつくりしたブラックチェリーのテーブルがほぼ完成しました。
本日はそのテーブルの高さと塗装の種類、脚や天板の出隅のRの角度などの打ち合わせを行いました。
弊社では家づくりをされて頂いた方には徳値でテーブルをご提供しています。
家づくりにかかわった大工がつくるテーブルはお客様にも喜んで頂いています。
完成見学会でお披露目となりますので是非お越しください。

c0019551_17560630.jpg


幅は92cm 長さは182cmと大きなテーブルです。
脚が天板外側に位置するので内寸が大きく、
椅子が3脚入ります。
周辺が空けば8人掛けとして使えます。

















c0019551_17574395.jpg



天板と周辺の框には目透しと言う手法で隙間があります。
デザイン的な部分と万が一木の反りむくりで隙間が空い
ても目立たないという利点があります。

















c0019551_17580677.jpg



小泉誠さんデザインのR定規です。
材の出隅(角)をR加工する際のにRの大きさを
決める目安がこれでわかります。
0.5R~6Rまであります。













by tanaka-kinoie | 2017-06-04 17:58 | Trackback | Comments(0)

大工の手 『わざわ座』新作テーブル

弊社で製作をして先日、ジャパンホームショーに展示をした 『わざわ座』 の新作テーブルKM・6
綺麗に写真を撮って頂いたので改めてここで紹介をします。

c0019551_8471979.jpg


ジャパンホームショーの展示の画像です。
大きさはW:1680×D:800×H:700

c0019551_847328.jpg
c0019551_8474089.jpg


脚はミズメ桜
天板、底板は杉Jパネル30mm
オスモフロアクリアーを2回塗りをして
仕上げに段ボールで軽く磨きました。



c0019551_8474858.jpg


引出しはウォールナットのkitokiトレーが
6ヶ並びます。

c0019551_8475567.jpg
c0019551_848169.jpg

Design: koizumi Studio
製  作: 座衆 田中工務店

by tanaka-kinoie | 2016-11-09 08:47 | Trackback | Comments(0)

わざわ座 ジャパンホームショー

先日開催されたジャパンホームショー
わざわ座ブースの展示の様子です。
今回は地元の名産、ゆかりのある布を使って座衆工務店各々がオリジナルの座を使ったクッションスツールをつくると言うテーマ。
フォルムが同じとはいえ、組み方も材の種類も座も違う、38脚のクッションスツールが並んだ姿は圧巻でした。
弊社は2脚のクッションスツールと新作テーブルを作成しました。
平日でプロ向けのジャパンホームショーですが一般の方々がご覧になっても十分楽しめる展示が『わざわ座』はもちろん、それ以外でもありました。
来年はうちのお客様にもお声掛けしてみたいと思います。

c0019551_197543.jpg

会場構成ももちろん小泉誠さん
白い段ボールを積んで並べて間仕切った全体を
更に38脚のスツールで囲んだ展示ブース
c0019551_1971314.jpg

相当数の展示の中でも際立っていました。
c0019551_1971945.jpg

多くのお客様に来場を頂きました。
これで座衆工務店に加わって頂ける方も
増えると思います。
c0019551_1972774.jpg

それぞれの座衆が趣向を凝らして製作した
38脚のクッションスツール
c0019551_197385.jpg


弊社の展示スツール
座の布地はリサイクル素材の使い方が上手な
gunungの手によるもの。
ピンクの麻入りの帆布とパッチワーク
脚はブラックチェリーの端材でつくりました。
結構目立っていました。



c0019551_1974581.jpg

新作テーブル
デザインをした小泉誠さんからも出来栄えと
材料使いにお褒めの言葉を頂きました。
脚は弊社秘蔵のミズメ桜
2枚のJパネルとの相性も良かった。
もちろん竹平大工の腕の良さもあってこそ
Jパネル天板は前日に私めが天板の2度塗りをして
磨きました。
自分も製作に携わって感が少しあります。(笑)
グッと良い雰囲気となりました。
c0019551_1975215.jpg

話は変わってエクスナレッジのブースです。
一番手前の置いていただいておりました・・・・(笑)

by tanaka-kinoie | 2016-10-30 17:36 | Trackback | Comments(0)

夏休み

今年はなぜか
あっという間に明けてしまった夏休み・・・・・
あまり家族サービスも出来ず、娘の喜びそうな海にもつれていけませんでした。
とはいえ波乗りは二日連続で千葉へ
まずまずの波を掴み、ストレス発散は出来ました。

c0019551_161023100.jpg

滅多に波は立ちませんが
日本のドーバー海峡と言われる銚子の屏風ヶ浦
混雑必須ですが・・・・・
ロケーションはどこにもない美しさです。
c0019551_16103596.jpg

波はこの奥にたっています。
誰も人がいないような場所ですがいきなり多くの
サーファーが現れます。



c0019551_16135173.jpg

1日だけの家族サービス?
妻の要望でホテルのAfternoon Teaへ虎の門ヒルズの
Andaz Tokyoへ

決して安くはありませんがこれ1つで飲み物もフリー
数時間のラクジュアリータイムを過ごせるのなら
高くは無いかと思います。













2段式のティースタンドに彩りも綺麗なたくさんの
スイーツやスコーン
ここはサンドイッチでは無く、軽食としてエクレアが
盛られていました。
味はもちろんですが見た目も楽しめます。



c0019551_16133834.jpg

スコーンって正直特に美味しいものでは無いと
思うのですがクロデットクリームで決まりますね。
あまったクリームは舐めつくしました・・・・(笑)
by tanaka-kinoie | 2016-08-18 16:32 | Trackback | Comments(0)

「青戸の家」 玄関

式台のある玄関と言えば和風の大きな家が思い出されますが、都内の小さな敷地での仕事では別の意味で式台を利用します。

基礎の高さは通常は400㎜以上で施工をしていますがそうなると道路から玄関までの高さは
400㎜+20㎜(基礎パッキン)+120㎜(土台)+28㎜(厚合板)+15㎜(フローリング)+200㎜(敷地高低差)=783㎜となります。
今回はその寸法では道路から玄関まで階段を設けても容易にあがり切れないことから基準法最小基準である300㎜として道路から玄関までの高さを683㎜としました。
基礎を低くすると点検等で床下に入り難くなりますが基礎内部を掘り下げて床下空間は350㎜程度は確保してありますので心配はありません。

玄関ポーチの広さと階段とのバランスを考えた結果、1段のみの階段として玄関内に式台を設けたと言う訳です。

c0019551_2317114.jpg


1m×1.2mのちいさな玄関ですが良材を使っています。

框はミズメ
式台は贅沢にクリ材の亀甲なぐり。
フローリングは無地の唐松
天井までとおった手摺棒は無垢楢材の削り出しです。

小さいけど上質な材料使いでどれも経年美が楽しみな材料
で揃えました。

c0019551_238574.jpg



この「青戸の家」の見学会は来週です。
お申込みを受け付けておりますので是非ご覧ください。

2/13、2/14葛飾区区青戸で狭小地3階建の完成見学会を開催します。
by tanaka-kinoie | 2016-02-06 08:22 | Trackback | Comments(0)

スキー復活?

昨年5月の連休に家族で10年ぶりのスキーに行きました。
今年は少しづつ復帰していこうと思い、まずは一番重要なブーツ
20年以上前からお世話になっているプロトタイプで新調しました。
当時もロワシェル、アッパーシェルのフレックス調整はしていたとはいえ、最近のブーツでフレックスが数値化されていることを知ってビックリ。
少し硬めの120にしました。
今年はウェアーも手に入ったし友人から板も譲ってもらったので仕事の合間を見つけて出来る限り、家族で滑りに行きたいと思っています。

c0019551_19463684.jpg


アトミックブーツ選手用
シェルの調整とインソールもつくりました。
c0019551_19465929.jpg


裏側のカーボンが特にかっこいいです。
インナーブーツを履いてからシェルに脚入れします。
慣れれば結構楽ちんそうです。
c0019551_19471361.jpg


仲間は競技スキーヤーなので一般スキーヤーよりも
サイドカーブはきつめ曲がり難スキーをお持ちです。(笑)

でもR21なら昔でも経験あるので何とか曲がれそうです。


とはいえ仕事が順調であってこその遊びだと思います。
来月の見学会には是非お越しください。

2/6、2/7江戸川区大杉でOMソーラーの家の完成見学会を開催します。

2/13、2/14葛飾区区青戸で狭小地3階建の完成見学会を開催します。


by tanaka-kinoie | 2016-01-23 20:00 | Trackback | Comments(0)