カテゴリ:動植物( 93 )

芍薬が届きました。

毎年、お願いしている大谷芍薬園の芍薬が昨日会社に届きました。
例年ですと5月の連休前に送って頂くことが多いのですが今年は注文をするのが遅れてしまいました。
それでも今年は春の寒さもあったのか例年と変わらないものを送って頂きました。
今朝は万回にちかく花弁が反り返るくらいの勢いで大輪を咲かせています。
残念ながら普段の生活の中では身近でこんな大きな花に接することは滅多にありません。
その分、毎年楽しみであり、これが届くと夏が始まるのだと毎年感じています。

c0019551_10350874.jpg
会社の社訓と並ぶこの位置が
最近のベストポジション
漆の額と良く合います。




c0019551_10343863.jpg
板金屋さんの手業による
銅板の壺です。
芍薬の大輪に良く合います。
胴のイオン効果なのか?
ガラス花瓶よりも長持ちします。
大きさも色合いもまた良く合うのです。





by tanaka-kinoie | 2017-05-12 10:35 | 動植物 | Trackback | Comments(0)

会社の雑木スペースの今

会社の雑木スペース
植樹してから5年半が経過しました。
一番目立つ場所でありながら殺風景なここを何とかしくて5×緑を植えたりしたけど枯れてしまい・・・・

たまたま、ご縁の出来た高田造園さんに相談するとこんな小さなスペースでも雑木を賑わすことが可能との返事。
数年で2階窓まで伸びるとの言葉に半信半疑でしたが、いよいよ自分のデスク前の窓を遮光出来るぐらいまで
に成長してきました。
冬は落葉して淋しいですが春からの芽吹きの勢いは強いです。
花は桜と車輪梅が咲き サクランボも鳴ります。
コナラのドングリもいつか実れば嬉しいです。


c0019551_19022071.jpg 
 
 これが当初の姿です。
 貧弱な苗が10数本

c0019551_19160824.jpg  

 根入れは30センチ程度
 奥行きも45センチ程度しか
 ありません。


c0019551_18555872.jpg


 現在の様子
 立派な雑木スペースです。
 木陰が出来ます。
 大島桜の幹の太さは7㎝ぐらいに
 なりました。



 
 






c0019551_18560688.jpg


 デスクを振り返って窓の外を見れば
 こんな感じ


c0019551_18561219.jpg 



 ちいさくて酸っぱく
 美味しくはありませんがこんな
 スペースにサクランボが鳴るとは
 思っていなかったです。
c0019551_18562028.jpg



 だいぶ熟した実もあります。













c0019551_18562688.jpg



 シャリンバイの花も咲き始めました。
 
 
 次はコナラにドングリが鳴るのでは
 と期待しています。
































by tanaka-kinoie | 2017-05-10 18:58 | 動植物 | Trackback | Comments(0)

わが社の桜咲く


わが社のちいさな雑木スペースにも桜が咲きました。今にも開きそうなツボミも沢山ありますので今年もサクランボがなってくれると思います。
(甘味の無いサクランボ・・・・)
ソメイヨシノに比べて出だしが遅いオオシマ桜は白めの花弁
大きな葉っぱは桜餅にも使われるようです。
遠目には元気の無い、茶色いの枯れた葉っぱを付けているのはコナラです。
そばに寄るとこちらも新芽がめぶいています。
夏にはこんな小さいスペースながらも賑やかに生い茂って緑少ない周辺を潤してくれます。

c0019551_15091219.jpg

c0019551_15093516.jpg














































c0019551_15100486.jpg




by tanaka-kinoie | 2017-04-05 14:53 | 動植物 | Trackback | Comments(0)

雑木スペースのサクランボ

会社の雑木スペースも植樹してから3年半が過ぎました。
当時のスケッチの樹種にはなぜか無かったのですが・・・・(笑)
桜3本が勢力を強めており現在は窓上まで伸びています。

c0019551_1629337.jpg

桜3本が勢力を強めており、現在は窓上まで伸びています。


c0019551_16294330.jpg

今年はコナラの勢いも強くなり、コナラも窓上に
伸びそうな勢いです。

c0019551_1629517.jpg

右側が桜
左側がコナラ
c0019551_1636745.jpg

そして窓から手の届きそうなところに熟したサクランボが
生っています。
鳥に食べられる前に危険性を顧みず
トライするかどうか・・・・(笑)
c0019551_16361629.jpg
c0019551_16461100.jpg

今年は結構生りました。
まだまだサクランボの味には程遠いですが
来年も期待しています。

とは言え枝払いをしなければなりませんね。

by tanaka-kinoie | 2016-05-24 16:20 | 動植物 | Trackback | Comments(0)

連休の芍薬

毎年、お願いをしている知人の『大谷芍薬園』の芍薬
母の日のプレゼントでもありますが会社にもお願いをしています。

c0019551_2157113.jpg

今年は連休中のお客様の正面に飾ってみました。
打ち合わせコーナーからのお客様目線はこんな感じです。
評判は上々、いつもよりも打ち合わせがスムーズで契約に
早く結びつくような気がします。(笑)


c0019551_215789.jpg


みどりの日までもってくれると嬉しいのですが
by tanaka-kinoie | 2016-04-30 21:58 | 動植物 | Trackback | Comments(0)

会社の雑木スペース

会社の雑木スペースに今年も桜が咲き始めました。
ソメイヨシノよりも少し、控えめな白い花
オオシマザクラです。
今年もサクランボがなってくれるとくれると良いのですが
相変わらず枯れたような葉っぱで出遅れているのがコナラです。
やっと芽を出したような状態です。
緑の少ない周辺ですのでこんな小さなスペースですが今年も賑やかになってくれると嬉しいです。

c0019551_1859498.jpg
c0019551_18595823.jpg
c0019551_190384.jpg
c0019551_190978.jpg

by tanaka-kinoie | 2016-04-02 19:00 | 動植物 | Trackback | Comments(0)

最後の一輪

c0019551_19143579.jpg


娘に見てもらいたいとお願いをした自宅の芍薬も一輪を残すだけ
今年も母はもちろん、お送りした方々にも喜んで頂きました。
という自分もこの時期を楽しみにしています。
毎年の事ですがあっと言うまに芍薬の季節が終わり、夏の始まりとなりました。

大谷芍薬園











6月20日(土)、21日(日)に船橋市飯山満で完成見学会を開催します。





「日本の木のいえ情報ナビ」造作キッチン特集で弊社が取り上げられています。

○WebマガジンA House of Colla:J26号「暮らしに寄り添う工務店の家具づくり」が発刊をされました。

○WebマガジンA House of Colla:J22号「工務店と建築家」が発刊をされました。

○WebマガジンA House of Colla:J19号「住まい手バス見学会」が発刊をされました。

○WebマガジンA House of Colla:J3号「東京に暮らす心地よさを求めて」が発刊をされました。

○WebマガジンA House of Colla:J8号「家をたてる家をまもる」が発刊をされました。

○WebマガジンA House of Colla:J11号「土地の意識を変えた3:11」が発刊をされました。

○WebマガジンA House of Colla:J15号「大工のつくる家具」が発刊をされました。

by tanaka-kinoie | 2015-05-20 19:15 | 動植物 | Trackback | Comments(0)

今年の芍薬

c0019551_20533644.jpg


1年経つのは本当に早いものです。
GWが終り、母の日もちかく今年も大谷芍薬園から芍薬が届きました。
母の日にお願いをしたのがきっかけで2年前からは会社にも届けて頂いてます。

毎年のことながら大谷芍薬園ならではの珍しい芍薬が入っているのも楽しみです。
黄色の花の年もありましたが今年はこの一重咲きの薄紅色の花が気に入りました。






今年も母は喜んでくれました。
「日本の木のいえ情報ナビ」造作キッチン特集で弊社が取り上げられています。

○WebマガジンA House of Colla:J26号「暮らしに寄り添う工務店の家具づくり」が発刊をされました。

○WebマガジンA House of Colla:J22号「工務店と建築家」が発刊をされました。

○WebマガジンA House of Colla:J19号「住まい手バス見学会」が発刊をされました。

○WebマガジンA House of Colla:J3号「東京に暮らす心地よさを求めて」が発刊をされました。

○WebマガジンA House of Colla:J8号「家をたてる家をまもる」が発刊をされました。

○WebマガジンA House of Colla:J11号「土地の意識を変えた3:11」が発刊をされました。

○WebマガジンA House of Colla:J15号「大工のつくる家具」が発刊をされました。













by tanaka-kinoie | 2015-05-08 20:46 | 動植物 | Trackback | Comments(0)

会社の雑木スペース

会社の雑木スペースもにわかに鮮やかな緑が広がってきました。
先日はオオシマザクラ?も咲き、今はサクランボが実を付け始めました。
いつまでも葉が落ちずに枯れてしまったのかと思っていた樹木がありましたがコナラだったようです。
葉が落ち無いのはコナラの特徴らしく新葉が出てくると共に落葉して今はご覧の通りです。
いつかドングリの実がなれば嬉しいです。

c0019551_9584351.jpg
c0019551_9591085.jpg

小さなサクランボの実が今年もなりました。
c0019551_9593668.jpg

昨年は赤くなってから食しましたが甘さなどは全く
感じませんでした。
今年は昨年より数も多いし、どんな大きさ、味になるかも
楽しみです。
「日本の木のいえ情報ナビ」造作キッチン特集で弊社が取り上げられています。

○WebマガジンA House of Colla:J26号「暮らしに寄り添う工務店の家具づくり」が発刊をされました。

○WebマガジンA House of Colla:J22号「工務店と建築家」が発刊をされました。

○WebマガジンA House of Colla:J19号「住まい手バス見学会」が発刊をされました。

○WebマガジンA House of Colla:J3号「東京に暮らす心地よさを求めて」が発刊をされました。

○WebマガジンA House of Colla:J8号「家をたてる家をまもる」が発刊をされました。

○WebマガジンA House of Colla:J11号「土地の意識を変えた3:11」が発刊をされました。

○WebマガジンA House of Colla:J15号「大工のつくる家具」が発刊をされました。








by tanaka-kinoie | 2015-04-27 10:00 | 動植物 | Trackback | Comments(0)

会社の雑木スペース

c0019551_16325564.jpg


会社の雑木スペースにも春が訪れています。
数本ある遅咲きの桜は満開となり、落葉しない広葉樹も芽吹いてきました。
この落葉しない広葉樹は冬に間も茶色の葉が残って見た目が悪くて
気にしていたのですがコナラではと教えて頂きネット検索してみました。



以下はwikipediaより
落葉樹だが、秋に葉が枯れた時点では葉柄の付け根に離層が形成されない
ため葉が落ちず、いつまでも茶色の樹冠をみせる。
春に新葉が展開するころに枯れた葉の基部の組織で離層が形成され、
落葉が起きる。

とありました。

c0019551_1633687.jpg


遅咲きの桜はオオシマサクラとか?
染井吉野よりも白色に近い色合いです。


昨年はサクランボもなりました。

c0019551_16331594.jpg
c0019551_16332346.jpg
c0019551_16333240.jpg

こんな感じでまだ茶褐色に葉が残っていますが新芽が出ると
同時に葉が落ちます。
c0019551_16333963.jpg

良く見ないとわかり難いのですがこんな小さな芽が
あちこちに出てきました。


いつかドングリがなる事を期待しています。


○4月25日(土)に葛飾区四つ木にてOMソーラーの家の構造見学会を開催します。(予約制)



「日本の木のいえ情報ナビ」造作キッチン特集で弊社が取り上げられています。

○WebマガジンA House of Colla:J22号「工務店と建築家」が発刊をされました。

○WebマガジンA House of Colla:J19号「住まい手バス見学会」が発刊をされました。

○WebマガジンA House of Colla:J3号「東京に暮らす心地よさを求めて」が発刊をされました。

○WebマガジンA House of Colla:J8号「家をたてる家をまもる」が発刊をされました。

○WebマガジンA House of Colla:J11号「土地の意識を変えた3:11」が発刊をされました。

○WebマガジンA House of Colla:J15号「大工のつくる家具」が発刊をされました。







by tanaka-kinoie | 2015-04-09 16:25 | 動植物 | Trackback | Comments(0)