カテゴリ:スキー( 7 )

スキーの手入れ

昨年11年ぶりにスキーに復帰して春先に2回程行きましたが今シーズンは12月に2回程滑る事が出来ました。
マテリアルを一新するのは無理でしたがウェアーとスキーは譲ってもらい、ブーツは昔お世話になっていた専門店で購入しました。
生半可に競技スキーなどやっていた為に半端なマテリアルでは満足出来ない事も困ったものです。
それでも安全に楽しく、そしてスピードを出すとなればあまりケチれません。
ストック、その他は昔の物を使いながらですが何とか準備が出来ました。
仕事は忙しいですが今シーズンは少し繰り出そうと思っています。
そんなことでスキーの手入れも復活させてWax掛けとサイドエッジを研いでみました。

c0019551_1515758.jpg

Waxだって馬鹿になりません
競技スキーヤーは多分、年間に数万円は
出費しているはずです。
昔のものですがフッ素入りの高級タイプを
贅沢に使っています。
雪温に応じて種類を使い分け、時にはMIX
をした配合をしていましたがもうそこまでの
必要は無さそうです。
とはいえクリーニングWaxをしてから滑走用
Waxを塗るので2回塗りです。
c0019551_152582.jpg

サイドエッジを研ぎます。
工具と多少の技術が必要です。

c0019551_1522055.jpg

ファイル(ヤスリ)をガイドに取り付けて
削っていきます。
滑走面のエッジを1度垂らしてあるので
88度で研げば89度の仕上がりです。

c0019551_1522798.jpg

ファイルさえ切れればこんな感じで
サイドエッジは削れていきます。
その後はオイルストーンを使ってバリを
取ります。
まずまずに仕上がったと思います。
滑るのが楽しみです。

by tanaka-kinoie | 2017-01-11 15:02 | スキー | Trackback | Comments(0)

10年ぶりにスキーに行きました。

このシーズンからスキーに行け無くなったので10年ぶりですが (忘備録としてもブログは役に立ちます。)
連休の2日、3日に家族3人で奥志賀高原に行ってきました。

スキーというカテゴリもあるのですがここに投稿するのも6年ぶりになります。

c0019551_1284845.jpg


当然スキー板は10年以上のもの
黄色は選手専用モデル ジャイアントスラローム用のフィッシャーのサンドイッチスキー
赤はスラローム用のディナスター

c0019551_1285981.jpg

ブーツも競技専用モデル ラングのL10ワールドカップ
当時としては最高に調子の良いブーツでこれで成績が上がった
シーズンもありました。
フェイスブックで樹脂の劣化がやばいよとのアドバイス
が沢山ありましたので後輩にブーツを借りていきました。
c0019551_129816.jpg


スキー用品を探していたらこんなものも出てきました。
当時流行ったミラー加工のUVEXのヘルメット
中のパッドはボロボロで廃棄しました。
c0019551_1295475.jpg



標高1500mの白樺の林
サクラも咲き始めだったり新緑の山に久しぶりの高原の空気を
吸う事が出来ました。


>c0019551_1211972.jpg


志賀高原まで自宅から約300キロ
朝4時に出発して渋滞もさほどなく、9時前に現地に到着しました。



c0019551_12105446.jpg


2日間共に快晴で雪も緩んでいましたがゲレンデの状況は
さほど悪くは無かったです。
最近はジョギングはしていませんが階段を使う事を心掛けている
からか子供を抱えて滑ってもさほど筋肉痛にはなりませんでした。




春スキーも悪くなかったですが来年はシーズン中の良い雪で
スキーを満喫したいと思いました。
来れるかな~(^_^;)


「日本の木のいえ情報ナビ」造作キッチン特集で弊社が取り上げられています。

○WebマガジンA House of Colla:J26号「暮らしに寄り添う工務店の家具づくり」が発刊をされました。

○WebマガジンA House of Colla:J22号「工務店と建築家」が発刊をされました。

○WebマガジンA House of Colla:J19号「住まい手バス見学会」が発刊をされました。

○WebマガジンA House of Colla:J3号「東京に暮らす心地よさを求めて」が発刊をされました。

○WebマガジンA House of Colla:J8号「家をたてる家をまもる」が発刊をされました。

○WebマガジンA House of Colla:J11号「土地の意識を変えた3:11」が発刊をされました。

○WebマガジンA House of Colla:J15号「大工のつくる家具」が発刊をされました。













by tanaka-kinoie | 2015-05-07 07:02 | スキー | Trackback | Comments(2)

トニー・ザイラー逝く

c0019551_21564898.jpg
1956年のコルティナダンペッツォ冬季五輪でアルペンスキー史上初めての三冠王と
なったトニーザイラーが先日、亡くなりました。
現役時代は知る由もありませんが母親が彼のファンであり、俳優に転向してからの
映画「黒い稲妻」や「白銀は招くよ」などを見た事はおぼろげながら覚えています。
(両親は志賀高原のスキー場で知り合い、結婚しました。)

さて冬季オリンピックのアルペンスキーでの三冠王は他にはジャン・クロードキリー
だけです。
現在のアルペンスキーはスーパー大回転も加わって四種目となり、競技ごとに
専門的な要素が強く、三冠はおろか二冠さえも相当難しい状況。
今後の五輪での技術も日程的にも三冠王は、まず無理でしょう。
それほどの偉業を成し遂げた訳です。
スウーェデンのステンマルク、イタリアのトンバ以来、二冠も出ていません。
日本人はと言えば回転ではトニーザイラーについでの銀メダルは猪谷千春です。
それ以来ワールドカップでの入賞はあってもアルベンでのメダルはありません。
最近、上村愛子と結婚した皆川賢太郎が前回の冬季五輪で4位になりましたが
今年の冬季五輪ではメダルの可能性は?・・・・・・

ちなみに私も43歳までアルペン競技をやっていましたが、この数年は競技はおろか
スキー自体も全くやっていません。
そろそろ復帰したいと思っていますが・・・・・・
by tanaka-kinoie | 2009-08-29 21:56 | スキー | Trackback | Comments(2)

今年は何とか雪上に・・・・・

先週末は菅平の大松山で冬季国体国民体育大会冬季スキー競技会東京都大会が開催されました。
ようは東京都の国体出場選手の選抜大会です。
C組(35才以上)で知り合いが二人国体出場を決めました。
東京は元ナショナルチームも出る激戦区、彼らは国体でも優勝が可能な実力者、必ず上位に食い込みます。
以前はこの大会の出場を目標にやってきましたが、この数年競技はおろかスキーもしていません。
残念ながら競技は諦めましたが今年はスキーに少しは行けるかもしれない・・・・・

トリノオリンピックも来月開幕です。
SL(スラローム)では佐々木、皆川、湯浅が今期のワールドカップでも好調ですので十分メダル圏内にいます。
猪谷千春以来のアルペンスキーでのメダルを取って欲しい!!
不慮の事故から復活したヘルマン・マイヤーも多分最後のオリンピック、頑張ってくれる事を祈ってます。

c0019551_9202927.jpg
GS(大回転)の練習風景です。
私ではありませんが、いつもこんな風な滑りを目標にしています。
by tanaka-kinoie | 2006-01-20 09:20 | スキー | Trackback(2) | Comments(9)

たまには趣味も大事ですが・・・

ブログでは私的部分を多く出そうと思っていましたが仕事が忙し過ぎて趣味のスキーも禄に出来ません。
自分的にもつまらないのでマテリアル編でスキー登場させました。

c0019551_10565117.jpg
板、ストック、ブーツ類 
右の2台が選手用のGS(ジャアンントスラローム)の板、左の短いのがSL(スラローム)です。1分以上のコースを滑る事もあるので技術、体力(筋力)の勝負ですが年齢の衰えを道具に頼ろうとしています。
一番弱いのは限定〇〇本、製造なんて言葉です。(笑)
道具一流、腕三流と言えるかもしれません。
量販店では手に入らない物が殆んどですので浅草橋のプロトタイプで購入しています。

ブログランキングに参加しています、人気blogランキングで三代目は何位?
「OMソーラー」「東京町家」も応援して下さい。
by tanaka-kinoie | 2005-01-19 11:12 | スキー | Trackback | Comments(2)

早速趣味のコーナー

c0019551_17365347.jpg


デュアルラインの構造です。
アルミ板の下にインラインスケートの車輪があり上部にスキーのビンディングが付いています。殆んどずれないので現在スキー界で主流のカービングで回転していきますが、うまく傾きが作れないと思い通りに曲がれません。
by tanaka-kinoie | 2004-12-26 17:41 | スキー | Trackback | Comments(1)

早速趣味のコーナー

c0019551_1935209.jpg

競技スキーをやっています。ザウスが無くなってから夏のスキーのトレーニングは、これです。デュアルラインスキーと言いますがスキーブーツを履いて斜面を滑りますので感覚はスキーと殆んど同じです。雪と違い下がアスファルトなので転ぶと滅茶苦茶に痛いんです。
多忙に付き1年ぶりです、結構スピードが出て怖いですが楽しいスポーツです。
by tanaka-kinoie | 2004-12-25 19:41 | スキー | Trackback | Comments(3)