カテゴリ:地鎮祭、上棟( 105 )

『日暮里の家』 上棟

先日上棟しました『日暮里の家』
都内では特に珍しくは無い15坪を少し切る位の敷地です。
当然のごとく、準耐火構造の木造3階建て
それでも道は狭く、斜線制限も厳しくおいそれとは3階になりません。
天空率計算に緻密な構造計算や設備配管の計画、階高の調整を行ったことで実現出来た3階スペース
設計はかっこいいデザイン力も必要ですが、一般的な発想では成し得ないことを地味なことの積み重ねと独自な手法を駆使して行う事も設計力の1つです。
これは難度の高い、敷地条件での長年の経験から成し得ることだと思っています。
また今回は台形型の敷地に合わせた平面計画も構造的にも難度の高いものとなりました。
プレカット頼りには出来ず、手加工も駆使して成り立っています。
まずは建て方時にわかる、その部分もご覧ください。

12月24日(土)には構造見学会を開催しますのでお時間ある方はお申込み下さい。

c0019551_8493071.jpg
c0019551_8494296.jpg

斜めの部分の接合部は当然手加工です。
c0019551_8494884.jpg

斜線制限により切妻屋根は難しく
寄棟です。
隅木の加工も手加工です。
c0019551_910599.jpg

何とか小屋裏スペースも確保したいと
工夫をしましたが構造の複雑になりました。
c0019551_8495479.jpg

小さいながら小屋裏スペースは
こんな感じで確保出来ました。
c0019551_85005.jpg

屋根の上からの眺め
都心では珍しくない木造住宅の密集地です。


by tanaka-kinoie | 2016-12-13 08:50 | 地鎮祭、上棟 | Trackback | Comments(0)

日暮里の地鎮祭

本日は日暮里で地鎮祭、八千代で上棟、そして契約もあり滅多にないおめでたい日でした。
わたくしは日暮里の地鎮祭へ
敷地面積14.92坪
延床面積25.9坪 木造3階建て
一般的には小さな規模と言うのでしょうが我々にとっては都内では普通の条件です。
普段からの設計手法を用いながら自分らの手で作り、工夫をすれば、少しだけ余裕をもって4人が暮らせるような家だと思います。
ZEHは無理、長期優良住宅も40㎡の面積は当然満たせずで弊社初めての低炭素住宅です。
土地からのご購入となればローン減税のインセンティブも大きいはずです。

来年の3月末に完成見学会を行います。
こうご期待ください。

c0019551_1872550.jpg
c0019551_1873179.jpg
c0019551_1873825.jpg

by tanaka-kinoie | 2016-10-29 18:07 | 地鎮祭、上棟 | Trackback | Comments(0)

仮称 『八千代の家』 地鎮祭とカウンター選び

雨降って地固まると申しますので・・・・(笑)
地鎮祭には雨天は決して悪い日ではございませんが晴れているに越したことはありません。
本日の予報は雨・・・・・テントを設置して地面にもシートを敷きこんで備えましたが良い意味で予報に反して
曇天の中で式を行うことが出来ました。

c0019551_1956946.jpg


仮称 『八千代の家』

環境の良い、比較的新しく区画された50坪の敷地に
建つ2階建ての住宅
道路側の切妻屋根の妻側には一部に下屋を持ち圧迫感無く
ひとを迎えられるようなプロポーション
恵まれた敷地とはいえ盛土のある隣地南側からの採光は期待
できずリビングには小さな吹き抜けを設けました。
また対面キッチンの多かった最近ですがご希望もあって独立した
キッチンとしています。
その分、リビングがすっきり納まり、その他の水回りとの同線も
まとまりました。
その他は改めてご紹介します。

c0019551_19562190.jpg

地鎮祭の後の材料の打ち合わせ

リビング正面のTV台
雛人形も置ければと奥行きは500mm
長さは2100mmと少し大きめです。

それでも無垢材で用立てたいと会社のストックの中から
探すとちょうど良いウォールナットが見つかりました。

正直あてもなくタイミングが合えば買っていますがこんな風に
上手くはまるとストックしていた甲斐があります。
c0019551_19563113.jpg

木表で白太も少なそうです。
小節程度です。



c0019551_19564066.jpg

真中に板目も合っていて力強いナットです。
出番はまだまだ先ですが仕上がりが楽しみです。

by tanaka-kinoie | 2016-09-14 19:57 | 地鎮祭、上棟 | Trackback | Comments(0)

巣鴨の地鎮祭

巣鴨での地鎮祭
いつもの都心部での現場が始まります。
防火、狭小、細街路など工事には良い条件ではありませんがもっとも弊社の得意とする処
ご指名を頂きましたからには弊社也の材料使い、出来栄えと全力投球で頑張ります。
神主様からは地域の案内と周辺のグルメ情報も頂きましたので、現場へ行く楽しみも増えました。
現場ブログも始まりますのでお楽しみに!!!

c0019551_2014094.jpg

c0019551_202598.jpg
by tanaka-kinoie | 2016-06-21 20:02 | 地鎮祭、上棟 | Trackback | Comments(0)

杉並の家 上棟

「杉並の家」が先日、上棟しました。
設計はいろは設計室の橋垣史子さん
私が12年前に監督として担当した加藤武志建築設計室の「中山の家」を担当されていました。
独立されてから初めて一緒の仕事となります。

c0019551_20163668.jpg
c0019551_20164555.jpg
居間、食堂上の化粧梁が5本並びます。
c0019551_20165341.jpg
久しぶりの寄棟です。
c0019551_2017335.jpg
お亀の幣串を南に上げます。
c0019551_20171153.jpg
ブルーシートで濡れぬようにすべて包みます。
c0019551_20455813.jpg
お隣の庭が借景として望めます。
c0019551_2046870.jpg
シートで全体を包んでいる様子です。
外周部が終り、屋根の施工中の画像です。

by tanaka-kinoie | 2016-03-15 20:18 | 地鎮祭、上棟 | Trackback | Comments(0)

『大杉の家』 上棟

地元の江戸川区大杉にて木造2階建ての家が上棟しました。
川沿いでロケーションが良く、近辺では比較的大きめの敷地にあります。
新中川を望める、吹抜けもある開放的なLDKには見上げれば母屋にも桁にも杉の化粧材が多く使われています。
OMソーラー、薪ストーブなどもある見所が満載のお家です。
10月31日には構造見学会を開催しますのでご興味のある方は是非お申込み下さい。

c0019551_911426.jpg

大杉の地名由来はわかりませんが地名に準える様にこの家では
紀州産の良質の大きな杉の梁材がふんだんに使われています。

2階リビングから小屋裏を見上げると梁成300mmを
超える化粧の杉材が見えています。



c0019551_912254.jpg

小屋裏からリビングを見る
綺麗な化粧母屋が見えています。
c0019551_912998.jpg

小屋裏内
今だけの在来木造ならではの架構の美しさ。

野地ベニヤが張られて断熱材が充填されれば垂木も
隠れてしまいますがセルローズ断熱材が180㎜充填
されて快適な空間となります。


c0019551_913619.jpg

L型の平面計画
コーナー部分にバルコニーがあります。
c0019551_914453.jpg

8mを超える長い屋根はOMソーラーの集熱面になります。
手前側の母屋と桁は山長商店製の杉の化粧梁です。





・10月31日にこの家の構造見学会を開催します。


11月14日に葛飾区青戸にて狭小地3階建の構造見学会を開催します。



by tanaka-kinoie | 2015-10-15 09:02 | 地鎮祭、上棟 | Trackback | Comments(0)

『青戸の家』 地鎮祭

朝から雨模様で風が吹く、悪天候の中での地鎮祭
天気はどうにもならないとはいえ正直、好天で行いたいのが祭事です。
テントを張って準備をしていましたが不思議な事に式が始まる直前にピタッと雨が止み、みるみるうちに青空に変わりました。
雨降って地固まるとも言いますが好転した天候に、これから始まる工事には幸先が良いと事柄でした。

11.6坪の狭小地での木造3階建
敷地よりも厳しい条件が2種高度という厳しい北側への高さ制限でした。
それをクリアーする為に3階室内空間が潰されそうなぐらい屋根が斜めになってしまいます。
それでも天井高さと梁懐を極限まで抑えてなんとか3階空間が成り立ちそうなぎりぎりの設計です。
ちいさな家だからこそすこしでも有効に空間を活かす為、テーブルはもちろん造り付け家具もつくりこんでいきます。

c0019551_1742725.jpg
c0019551_1743631.jpg


c0019551_1744441.jpg


c0019551_1745335.jpg



by tanaka-kinoie | 2015-09-24 17:05 | 地鎮祭、上棟 | Trackback | Comments(0)

白河の家2 地鎮祭

土用入りの間日に行われた地鎮祭
最近はブルーボトルコーヒーが出来たり、お洒落なお店が増えていて東京では注目の場所、白河。
コンパクトなお家ですがうちの会社らしさを活かした家になると思います。

c0019551_14433151.jpg

この暑さでは日差しを遮るものが必要。
神主さんも大変でした。
「日本の木のいえ情報ナビ」造作キッチン特集で弊社が取り上げられています。

○WebマガジンA House of Colla:J26号「暮らしに寄り添う工務店の家具づくり」が発刊をされました。

○WebマガジンA House of Colla:J22号「工務店と建築家」が発刊をされました。

○WebマガジンA House of Colla:J19号「住まい手バス見学会」が発刊をされました。

○WebマガジンA House of Colla:J3号「東京に暮らす心地よさを求めて」が発刊をされました。

○WebマガジンA House of Colla:J8号「家をたてる家をまもる」が発刊をされました。

○WebマガジンA House of Colla:J11号「土地の意識を変えた3:11」が発刊をされました。

○WebマガジンA House of Colla:J15号「大工のつくる家具」が発刊をされました。



by tanaka-kinoie | 2015-08-01 14:45 | 地鎮祭、上棟 | Trackback | Comments(0)

「赤塚の家」上棟

先日は板橋にてお引き渡しが終わったばかりですが、偶然にもまた板橋区内で家づくりが始まりました。
お客様とお会いしてからもう10年程度の歳月が経っていると思いますがこの数年は弊社の全ての見学会に
ご参加を頂き、弊社をお選びいただきました。
お会いした当時よりも弊社の設計力も技術も上がっていることは間違いありませんのでその過程もご覧になって頂いていたことになります。
年内に完成予定です。

c0019551_18475234.jpg
c0019551_18493055.jpg
c0019551_18493548.jpg
c0019551_18504027.jpg
c0019551_18555463.jpg
c0019551_185669.jpg
c0019551_1856121.jpg
c0019551_1924340.jpg
c0019551_1914839.jpg
c0019551_19133383.jpg
c0019551_19134440.jpg
c0019551_1915114.jpg
c0019551_191595.jpg
c0019551_19151782.jpg
c0019551_19181290.jpg
c0019551_1919135.jpg
c0019551_1919981.jpg
c0019551_19191789.jpg
c0019551_18501629.jpg


○9月27日(土)、28日(日)にOMソーラーの「習志野の家」の完成見学会を開催します。(申込み制)



「日本の木のいえ情報ナビ」造作キッチン特集で弊社が取り上げられています。

○WebマガジンA House of Colla:J22号「工務店と建築家」が発刊をされました。

○WebマガジンA House of Colla:J19号「住まい手バス見学会」が発刊をされました。

○WebマガジンA House of Colla:J3号「東京に暮らす心地よさを求めて」が発刊をされました。

○WebマガジンA House of Colla:J8号「家をたてる家をまもる」が発刊をされました。

○WebマガジンA House of Colla:J11号「土地の意識を変えた3:11」が発刊をされました。

○WebマガジンA House of Colla:J15号「大工のつくる家具」が発刊をされました。




by tanaka-kinoie | 2014-08-27 11:51 | 地鎮祭、上棟 | Trackback | Comments(0)

習志野の家 上棟

c0019551_1031105.jpg

船橋市の習志野でOMソーラーの長期優良住宅が上棟致しました。
お客様は伊礼智設計室のファン
プランニングのスケッチまで描かれ、i-worksの素材や箱型のバルコニー、
透かし階段、吉村障子など意匠的なパーツなども取り込んでいます。
弊社で修正、実施設計をおこないました。

7月初旬に構造見学会を行う予定です。
現場ブログも始まりましたのでご覧ください。
by tanaka-kinoie | 2014-06-10 10:30 | 地鎮祭、上棟 | Trackback | Comments(0)