カテゴリ:展( 9 )

たまには展覧会も・・・・

週末の打合せが多く、休みも無いので先週末にはリフレッシュも兼ねて展覧会を2件はしごしました。

c0019551_224577.jpg

まずは根津のLIBREで開催されている扇田克也展へ
自宅に2つ、会社に1つある鋳造ガラスの家型のHOUSE
硝子の冷たさを消すような表面のテクスチャーに様々な色合い
光のしずみ方も独特で好きな作家さんです。

初日とあって扇田さんも在廊されていて制作方法と意図を
詳しお聞きすることが出来ました。
c0019551_22453115.jpg

この写真には無いタイプ
いわゆる木造3階建狭小地の家のような形のものを
求めました。

c0019551_22453945.jpg

いつか大きな物も欲しいのですが
お値段が・・・・・
c0019551_232485.jpg

そのまま千代田線で乃木坂のギャラリー間
「台中メトロポリタンオペラハウスの軌跡 2005-2014」
ここにも人間の身勝手?な造形への執念と建築の限界を超えるような
技術と根気が盛り込まれていました。
この配筋と一部のコンクリートがそれを物語っていました。
○12月13日(土)、14日(日)に「赤塚の家」の完成見学会を開催します。(申込み制)


「日本の木のいえ情報ナビ」造作キッチン特集で弊社が取り上げられています。

○WebマガジンA House of Colla:J22号「工務店と建築家」が発刊をされました。

○WebマガジンA House of Colla:J19号「住まい手バス見学会」が発刊をされました。

○WebマガジンA House of Colla:J3号「東京に暮らす心地よさを求めて」が発刊をされました。

○WebマガジンA House of Colla:J8号「家をたてる家をまもる」が発刊をされました。

○WebマガジンA House of Colla:J11号「土地の意識を変えた3:11」が発刊をされました。

○WebマガジンA House of Colla:J15号「大工のつくる家具」が発刊をされました。









by tanaka-kinoie | 2014-11-21 22:47 | | Trackback | Comments(0)

ガラスのうつわ

c0019551_1658878.jpg

この時期のガラスは涼しげですね。
自宅では特に透明感の高いガラスの器に切り替えます。
そんなことで青山スパイラルで開催されていた「みずのみさ 夏のガラス支度」を
楽しみにしています。
モザイクガラスの得意なみずのさんのグラスは色合いはもちろんフォルム、質感が
好きでいくつかを愛用しています。
みずのさんの、こぶりなビールグラスはこの時期の必需品です。
c0019551_16594570.jpg

娘の為に購入したのがこの2点
ちいさな頃から美しく、上質な物に触れさせて
おきたいし、身の回りの物で季節感も感じて欲しい
と思い、親馬鹿な?
気持ちからコップとお皿を買い求めました。
少し重いですが彩りも多分、好み?
きっと気に入ってくれると思います。(笑)


○8月9日(土)、10日(日)に木造耐火3階建ての「板橋の家」の完成見学会を開催します。(申込み制)


「日本の木のいえ情報ナビ」造作キッチン特集で弊社が取り上げられています。

○WebマガジンA House of Colla:J22号「工務店と建築家」が発刊をされました。

○WebマガジンA House of Colla:J19号「住まい手バス見学会」が発刊をされました。

○WebマガジンA House of Colla:J3号「東京に暮らす心地よさを求めて」が発刊をされました。

○WebマガジンA House of Colla:J8号「家をたてる家をまもる」が発刊をされました。

○WebマガジンA House of Colla:J11号「土地の意識を変えた3:11」が発刊をされました。

○WebマガジンA House of Colla:J15号「大工のつくる家具」が発刊をされました。






.
by tanaka-kinoie | 2014-08-01 07:10 | | Trackback | Comments(0)

アンディ・ウォーホール展

c0019551_19112235.jpg

アンディ・ウォーホール展に行ってきました。
初期から晩年まで400点の展示は圧巻でした。
シルクスクリーンはもちろんのことドローイング、写真、映像、スタジオの
一部再現など多岐渡る変化にとんだ展示はまったく飽きさせません。
ポップアートの旗手ばかりだと思っていたけどマルチクリエーターぶりが
良くわかりました。
短い生涯は残念・・・・普通に活躍していたらまた違う世界を築きあげたと
思います。

ウォーホールの肉声が流れるTDKの懐かしいCMも流れていました。







帰り際に思わず買っちゃったキャンベル缶貯金箱です。(笑)
by tanaka-kinoie | 2014-04-08 19:11 | | Trackback | Comments(0)

ぐりとぐら展

ぐりぐら
何となく知ってはいたけど年代的なことなのか?殆ど縁がありませんでした。
絵本はもちろん読んだことも無く、何の動物なのかも知らないほどです。
松屋で開催中の「ぐりとぐら展」を見て、やっとネズミだという事と双子だと知りました。(汗)
以前だったら何の興味もありませんでしたが娘の為に参考までに見ておこうと、ひとりで入ってみました。
会場内は大人だけでなく小さな子供達でいっぱい
展示のスケッチなどの順番に見ていたら何時間も掛かりそうなので流して5分で見学終了・・・(笑)

c0019551_17241338.jpg

ちまたの評判は良いので興味のある方は是非(笑)

会場内の展示のディレクションはどうも
小泉誠さんらしい
杉のJパネルを使った展示台はエッジの効いた
デザインで良かったです。
それだけでも入場した価値がありました。

あっ 一応販売コーナーで娘の絵本を2冊買いましたよ。
3月29日(土)、30日(日)に葛飾区高砂で完成見学会を開催します。(申込制)

「日本の木のいえ情報ナビ」造作キッチン特集で弊社が取り上げられています。

○WebマガジンA House of Colla:J22号「工務店と建築家」が発刊をされました。

○WebマガジンA House of Colla:J19号「住まい手バス見学会」が発刊をされました。

○WebマガジンA House of Colla:J3号「東京に暮らす心地よさを求めて」が発刊をされました。

○WebマガジンA House of Colla:J8号「家をたてる家をまもる」が発刊をされました。

○WebマガジンA House of Colla:J11号「土地の意識を変えた3:11」が発刊をされました。

○WebマガジンA House of Colla:J15号「大工のつくる家具」が発刊をされました。

by tanaka-kinoie | 2014-03-09 17:24 | | Trackback | Comments(0)

タツノコプロ創立50周年

c0019551_1201331.jpg

マッハGOGOGO、ハクション大魔王、みなしごハッチ、ガッチャマン、
いなかっぺ大将など数多くの漫画で楽しませてくれた「タツノコプロ」
創立50周年を記念イベントが松屋で開催されています。

貴重な資料もたくさんあって中々楽しい展覧会でしたよ。
手塚治虫も好きだったけどよくよく考えればタツノコプロの漫画の方が身近に感じます。
世田谷区松原で構造見学会を開催します。(申込み制)
開催日時:8月25日(土)10:00~16:00
開催場所:世田谷区松原 小田急下高井戸駅徒歩7分

「日本の木のいえ情報ナビ」造作キッチン特集で弊社が取り上げられています。

○WebマガジンA House of Colla:J3号「東京に暮らす心地よさを求めて」が発刊をされました。
○WebマガジンA House of Colla:J8号「家をたてる家をまもる」が発刊をされました。
○WebマガジンA House of Colla:J11号「土地の意識を変えた3:11」が発刊をされました。
○WebマガジンA House of Colla:J15号「大工のつくる家具」が発刊をされました。

c0019551_1474984.jpg
田中工務店
「Forward to1985 energy life」
に賛同しています。


by tanaka-kinoie | 2012-08-13 08:00 | | Trackback | Comments(0)

銀座MATSUYA 水野幸一展

c0019551_8213643.jpg

銀座 松屋で開催中の水野幸一展に行ってきました。
とてもよかったのですが、私がやすっぽく語るよりも実際にご覧頂きたいです。
7月10日まで開催しています。

銅彩の金属のような質感は好みなのですが
今回の萩焼きはフォルムなのか差し色のせいなのか今までの自分の感覚とは
違う良さを感じました。

その他にも灰色の釉の物で気になる作があったのですが名前がよくわかりません。(^_^;)
新作のターボシリーズ、Kidsシリーズと杯を購入しました。





「OBの住まい」を2軒訪問する見学会を開催します。
開催日時:7月28日(土)13:00~16:30終了予定
訪問場所:葛飾区金町、市川市

<お問合せ、申込みは下記へ>
Eメール info@tanaka-kinoie.co.jp
TEL   03-3657-3176
FAX   03-3657-3110

「日本の木のいえ情報ナビ」造作キッチン特集で弊社が取り上げられています。

○WebマガジンA House of Colla:J3号「東京に暮らす心地よさを求めて」が発刊をされました。
○WebマガジンA House of Colla:J8号「家をたてる家をまもる」が発刊をされました。
○WebマガジンA House of Colla:J11号「土地の意識を変えた3:11」が発刊をされました。
○WebマガジンA House of Colla:J15号「大工のつくる家具」が発刊をされました。

c0019551_1474984.jpg
田中工務店
「Forward to1985 energy life」
に賛同しています。




 

 
 

 
 
by tanaka-kinoie | 2012-07-05 08:21 | | Trackback | Comments(0)

茶会への招待

日曜日の撮影後に三井記念美術館に行ってきました。
茶会への招待 ―三井家の茶道具― が開かれています。
4時半のタイムアウト寸前に入場が出来たのが幸いして、人が少なく鑑賞が出来ました。

「名碗抄」では二碗しか無い、国宝の一つ志野茶碗「銘卯花墻」よりも長次郎作の黒楽茶碗に感銘を受けました。
手捏ねの柔らかさと無骨な表情ながらも、薄く削り上げられた厚み、そのバランスが絶妙。
ガラスの外からも長次郎の指の感覚が感じられるようでした。c0019551_22202779.jpg

他に良かったのが国宝如庵の内部の再現
本物は2度ほど訪れていますが、にじり口上の
連小窓からの斜の眺めではわからなかった
如庵の良さに気付きました。
客座から茶道口の結界の中柱と板壁にくり抜か
れた火灯形など、この正面からの角度で初めて
如庵を理解しました。
外からとは言え、国宝の茶室が触れられ眺められ
るのはこの如庵だけです。
3度目の正直が楽しみになりました。
by tanaka-kinoie | 2012-03-09 20:47 | | Trackback | Comments(0)

鍋島焼

サントリー美術館で開催中の誇り高きデザイン鍋島に行ってきました。
鍋島とは鍋島焼のことですが有田と違うのは藩が主導して窯をつくり幕府への献上品や大名への贈答品に限られていたそうです。
採算度外視のつくりかたで品質やデザインが磨かれ門外不出の技術として進化したもの。

c0019551_11393453.jpg

染付の発色のよさと白抜きのコントラストが美しい
優れたデザインの数々も堪能しました。

多忙の為に予定が決め難いので東京開催の興味がある
展覧会をピックアップしておき、合間に見ています。
土曜日の午前中に打合せが終わり、夕方の約束まで
の合間でしたが鍋島の迫力を十分に味わいました。

c0019551_17291750.jpgc0019551_17295750.jpg
狭小地木造3階建ての完成見学会を開催(申込み制)
開催日時:10月9日(土)10:00~18:00
      :10月10 日(日)10:00~16:00
開催場所:豊島区雑司ヶ谷


「東京家づくり工務店の会」セミナーを開催(申込み制)
開催日時:第2回 11月6日(土)13:30~15:30
      :第3回 1月29 日(土)13:30~15:30
開催場所:INAX新宿ショールーム
お申込み:TO-IZお問い合わせフォーム


○ザ・ハウス主催 【まじめな家づくりセミナー】
「東京家づくり工務店の会」メンバーのセミナーと相談会を開催(申込み制)
開催日時:10月30日(土)13:00~16:15      
開催場所:INAX銀座
お申込み:ザ・ハウス参加申込みフォーム


<お問合せ、申込みは下記へ>
Eメール info@tanaka-kinoie.co.jp
TEL   03-3657-3176
FAX   03-3657-3110

c0019551_15213038.gif
by tanaka-kinoie | 2010-09-28 07:10 | | Trackback | Comments(0)

銀座目利き百貨街

c0019551_12171758.jpg
松屋銀座で本日まで開かれている「銀座目利き百貨街」
建築家や茶道家、美術家、編集者、デザイナーなどのクリエイティブな仕事を
している様々な方達がセレクトした多彩な一品が展示、即売をされています。
骨董品?、珍品?、稀少品?、変品?
どんなものだと言うジャンルでくくれない物々を楽しく見ることが出来ました。


となりの大催事場では「手仕事直売所」が開催中。
毎年、気にしているのですが、やっと来ることが出来ました。
布、硝子、陶器、木、皮、金属などの素材を活かした手仕事で
作られた暮らしにかんする様々な品物が集まっています。
どれも飽きのこない、長く使い続けられて味の出るような物々
対面販売が殆どでデザイナー、老舗、職人などから話を聞いて求める
ことが出来ました。


実は松屋訪問の目的は 森岡希世子 陶展  -光の呼吸-
光の呼吸とは森岡さんの透けた白磁をあらわします。
とても薄くてシンプルなのですが凛とした強さがある。
盃は大きさからなのか、九谷の質感なのか?手によく馴染む。
器の口あたりが良くお酒が美味して、すすみ過ぎるのが難点です・・・・・
また一つ盃コレクションが増えました。
こんどは少し深めのサラダボールが欲しいと思っています。
「東京家づくり工務店の会」セミナーを開催(申込み制)
開催日時:第2回 11月6日(土)13:30~15:30
      :第3回 1月29 日(土)13:30~15:30
開催場所:新宿INAXショールーム
お申込み:TO-IZお問い合わせフォーム


狭小地木造3階建ての完成見学会を開催(申込み制)
開催日時:10月9日(土)10:00~18:00
      :10月10 日(日)10:00~16:00
開催場所:豊島区雑司ヶ谷

<お問合せ、申込みは下記へ>
Eメール info@tanaka-kinoie.co.jp
TEL   03-3657-3176
FAX   03-3657-3110

c0019551_15213038.gif

東京家づくり工務店の会 ホームページ
by tanaka-kinoie | 2010-09-14 12:15 | | Trackback | Comments(2)