カテゴリ:家具( 64 )

ブラックチェリー材 テーブルの脚 

弊社で家づくりをされているお客様からご要望の多いテーブルの製作
その家にあった大きさ、素材で自由につくれることや
担当した大工がつくるテーブルは御客様にも喜んで頂けます。
家づくりをしていた方には田中工務店として、お得な価格でのご提供を心掛けています。

天板はJパネル、広葉樹の幅接ぎ材など多種にわたりますが今回はストックのブラックチェリーの幅接ぎ天板に合わせた脚の製作をしています。
針葉樹の脚は容易にありますが広葉樹では60mm角でも無垢材では簡単に見つかりません。
30mm程度の厚みの材を接着して60mm角のテーブル脚用の材をつくる事にしました。


c0019551_22316100.jpg

左側は旗矩で接着中
右側はほぼ完成品
c0019551_2232379.jpg

30mm前後の厚みの板を
こんな感じで圧着しています。
c0019551_2233851.jpg

上のものをカットして角材に仕上げていきます。
c0019551_2232996.jpg

パッと見は2枚の接ぎ合わせには見えません。
オイル塗装をすると杢目のメリハリが出て、少し濃色になり
奥艶のある感じに仕上がります。

こんな感じで時間のある時に家具用の脚の製作をしてます。
ブラックチェリーのテーブルの注文も近々ありそうです。

by tanaka-kinoie | 2017-02-28 22:04 | 家具 | Trackback | Comments(0)

ブラックウォールナット TV台

現在進行中の『八千代の家』
西側の壁に浮いたTV台を製作します。
天板は大判のブラックウォールナットの1枚板
長さが2m 幅が50cm弱の大きさで無地。
数年前から在庫をしていた中の1枚板です。
こんな板が普通に使える工務店は他には無いと思います・・・(笑)
まあ自分が材木好きであるゆえにあても無く仕入れています。
それでも比較的安く仕入れているからこそなせることなのです。
その材をなるべくカットしないで使えるように家具の大きさと材の大きさのバランスを図っています。
まだ3mを超えるものも数枚あるし、その他にも良材が眠っていますので
運と多少なりのご予算があれば? 
お使いいただけると思います。

c0019551_20544626.jpg
c0019551_20551144.jpg


ナットらしい重厚な色合い
塗装すればもって目が引き立ってきます。
c0019551_20552385.jpg

by tanaka-kinoie | 2016-12-27 20:55 | 家具 | Trackback | Comments(0)

アンティークの家具

先日、二世帯住宅のお客様の家に伺った際に古いドレッサーを処分すると聞きました。
11年ほどまでの計画当初にお母さまからは母の嫁入り道具で特注で作ったものだと聞きました。
お母さまの、そのお母さま物なので現在の奥様のお婆様がつくられたということ。(ややこしいですが)
80年以上も前につくられて3代にわたって使われたことになります。
戦前でこのモダンなデザインの洋家具で楢材がふんだんに使われているには驚きます。
お嬢様だったらしく上流家庭でこの家具に合った様な暮らしぶりだったのだと想像されます。
様式は良くわかりませんが、どの部分も細かい細工が施されて、引手の金物なども重厚です。
楢の材料も最近の楢ではあまり見掛けない虎斑が多くある杢目です。
思わず引き取り手を探しますので捨てないでとお願いをした次第です。

後日談:SNS等で呼びかけたところ、ものの数分で引き取り手が決まりました。
私の周辺は目利きが多いようです・・・・(笑)

c0019551_1315867.jpg

鏡は回転します。
c0019551_13151737.jpg


天板には楢の特徴である杢目虎斑)が広がります。

c0019551_1315247.jpg

様式はわかりませんが華美では無い
控えめの装飾が施されています。
c0019551_13153386.jpg

両端にある抽斗
c0019551_13154237.jpg
c0019551_13155094.jpg

回転する鏡の軸の柱にもナックル的な装飾が
丁寧に施されています。
ここにも楢の美しい虎斑が現れています。
c0019551_13161273.jpg

手の込んだ金物です。

by tanaka-kinoie | 2016-11-14 11:55 | 家具 | Trackback | Comments(0)

大工の手『わざわ座』 クッションスツール

今週の26日から28日まで開催されるジャパンホームショー
大工の手『わざわ座』のブースにて展示される38脚のスツールは全国の工務店の手によるもの
地元にゆかりのある布や素材を使った各々で工夫されたものが展示されます。
お時間ある方は是非お出掛け下さい。
事前申し込みで入場が可能です。

弊社では2脚のスツールを作りましたが座の布は4種類
今回の展示ではどれを使うか迷い中です。

c0019551_10322755.jpg
c0019551_103234100.jpg

布の切れ端などリサイクル素材の座布
c0019551_10324290.jpg

帆布のパッチワークの座布
c0019551_10363892.jpg

こんな感じで『わざわ座』の座衆工務店各々の
38脚のクッションスツールが展示されます。
by tanaka-kinoie | 2016-10-24 10:24 | 家具 | Trackback | Comments(0)

新作テーブル

ジャパンホームショーに展示する『わざわ座』の新作テーブルがほぼ完成しました。
塗装を施すことと引出しを入れ込めば完璧です。
さすが小泉誠さんのデザイン 単純な構成ですが上質なテーブルになっています。

今回は中々難度の高いテーブルでしたが、原因はこちらの材料選択にも原因があったと思います。
脚の材料が針葉樹であれば加工も組み立ても容易だったと思いますが弊社のストックである、みずめ(かば桜系材)
の材料を選択したために、この材の硬さに手間取りました。
それでもJパネルの杉とのコントラストがこの材の良さを引き立てています。


c0019551_921331.jpg

Jパネルとみずめ
塗装を施せばメリハリが出ると思います。
c0019551_9211152.jpg

隙間にはkitokiトレー(引出し)が6ヶ入ります。


c0019551_9211897.jpg

脚が天板より飛び出していることもデザインの
肝ですね。
c0019551_9212518.jpg

みずめ桜同士の接合部
ホゾ差しでくさびで締めています。
c0019551_9213370.jpg
c0019551_9214029.jpg
by tanaka-kinoie | 2016-10-15 09:22 | 家具 | Trackback | Comments(0)

わざわ座 クッションスツール

ジャパンホームショーの大工の手「わざわ座」のブースに展示をするクッションスツールとテーブルを作成しています。
クッションスツールは布を巻きますがまだそれについては検討中です。
材料はブラックチェリーの端材でつくりました。

c0019551_135462.jpg


このスツールの脚であるフレームを
製作中の竹平大工

c0019551_1355226.jpg


塗装前のブラックチェリーは少し赤みを
おびた程度の色合い
c0019551_136121.jpg


オイル塗装をするとあっというまに深みのある
赤褐色に変わります。
c0019551_1361940.jpg


桜系の広葉樹ならではの色合い
黒いのは布をかぶせる前の下地のクッション材です。


ジャパンホームショーに全国から集まるそれぞれの
クッションスツールを見るのが楽しみです。
c0019551_15164096.jpg


完成形の写真です。


徳島の座衆「山田工務店」さんが
製作した「阿波しじら織+徳島桧」スツールです。

各地の座衆(メンバー)が地元の木材、生地で
製作した物が集まります。

c0019551_1516593.jpg
by tanaka-kinoie | 2016-10-10 13:06 | 家具 | Trackback | Comments(0)

ブラックウォールナット加工

まだ2回目ですが春に開かれている田中工務店材木市
その時にある建築家に買って頂いた長さが2600mm×幅800mmのブラックウォールナット
しばらくお預かりをしていましたが八ヶ岳の秘密基地と称した小さな小屋?に使われることになりました。
せっかく弊社にあるのでフラット出し(平滑に仕上げること)とキッチン用シンクの切込みを行うことになりました。

c0019551_9111265.jpg

節はありますがこの大きさは希少です。
特にここまでの幅があるものは滅多に
ありません。

c0019551_9112222.jpg

ベルトサンダーで仕上げ中
c0019551_9112988.jpg

耳絶ち(角の丸面を切って)をして真四角にしました。
耳絶ち前は800mm程度
それでも740mmの幅があります。

c0019551_9113667.jpg

シンクの切込み中
ちょうど良い具合に節を切り抜くことが出来ました。
c0019551_9114265.jpg

シンクのはめ込み
c0019551_9114935.jpg

シンクの仮置き
これでも問題ありませんがさらに綺麗に
納めるためにもう一加工します。
c0019551_911557.jpg

シンクの厚み0.8mm分をしゃくります。
c0019551_912114.jpg

まずはルーターで四角く薄くしゃくりました。
c0019551_9121063.jpg

隅のR加工は手で仕上げます。
c0019551_912169.jpg

かなり細かい仕事ですが丁寧に


c0019551_9122694.jpg

こんな感じて面一(平らに)にシンクが納まりました。

c0019551_9142174.jpg

たった1mm足らずのことですがただ載せてはめ込みより
とこちらの方が圧倒的に綺麗に納まっています。
by tanaka-kinoie | 2016-09-09 09:13 | 家具 | Trackback | Comments(0)

大テーブル納品

昨日、娘の幼稚園から依頼されたテーブルと引出しユニットを納品しました。
先生達も楽しみにしていてくれたようで、喜んで頂きほっとしています。
園長先生にも入園当初は色々とお世話になって少しは恩返しが出来たかもしれません。

元々は小さな机6台が縦横に固まって配置されていた3m×1m程度のスペースを大きなテーブル1台で賄おうというもの

長さが3m 幅が1mを超える過去に経験が無い大きさに当初はかなり頭を悩ませました。
娘の幼稚園は深い軒先のある木造建築で、ふんだんに良材のピーラーが使われフローリングも
無垢のカエデ、木製のサッシなども多用されてプロとしても好ましい建築と思える素敵な幼稚園です。

そんなの空間にどんな樹種が合うのか・・・・・

うちに依頼があった以上は集成材など意地でも使いたくない・・・・・

三層クロスパネルも悪くないけどもう少し重厚な風合いを出したい・・・・・

そもそもこんな大きなテーブルをどういう材料でどうつくるのか・・・・・・

出来る限り良材を提供したいけど予算も多くはかけられないし・・・・・

可能な限り、外部に委託せずに自社内での製作にこだわりたい・・・・・


そんなことで悩みに悩んでいたのですが、偶然にもマンションのリフォームで仕入れていたチェリー(洋桜)の大判の幅接ぎ板が1枚ありました。
これを天板に使う事にしたのですが厚みが30mmでは少し貧弱だし、幅も少し足りません。
そこで登場したのは秘蔵のストックである同じ樹種系統のミズメ
3m以上の長さあり厚みも50mmあるもの。
在庫で材料を揃えている強みがここで活きました。
これを四方に回して接ぎ付ければ希望の大きさになり、そのうえ厚みも45mm程度になります。
とはいえこれだけで大きさの物がうちで製作が可能なのか?

心配は杞憂に終わり、渡辺大工は難なく、構想通りに作ってしまいました。




c0019551_2033386.jpg

会社に1枚あった幅接ぎのチェリー(洋桜)
これを天板にすることにしました。
c0019551_20332783.jpg

弊社の秘蔵ストックのミズメ・・・・(笑)
長さはもちろんですがチェリーの天板との
色合わせが重要です。
c0019551_20334375.jpg

そして選んだのがこの3本です。



製作途中はこんな感じです。



c0019551_18543486.jpg

下小屋で
仕上がったばかりのテーブル
蛍光灯で少し白っぽい感じですが・・・・・


c0019551_18544230.jpg

こちらが桜系らしい
ほんとうの色合いです。

c0019551_185538.jpg
c0019551_18551085.jpg

by tanaka-kinoie | 2016-08-30 18:00 | 家具 | Trackback | Comments(0)

引出しユニット

幼稚園の事務室で使われるテーブルは製作が終わり、今度は引出しユニットを作っています。

単純なものですが箱をつくり、耐久性のあるスライドレールを使った引き出しを取り付けると手間とお金がかかってしまいます。
とはいえ希望する大きさの既製品も無く弊社でつくることにしました。
7ヶの引出しユニットの手掛けは会社の端材からメリハリのある7種類の樹種を選んで取り付けました。
金物を使ったり、前板を彫り込むなどした方がすっきり見えるのは承知のうえで今回はあえて大きめにしてつくってみました。
園児達にも樹種毎の濃淡や特色もわかって欲しいし、家具屋で無く、工務店がつくったような証を残したいと考えたからです。

c0019551_12262985.jpg

こぶりな引出しユニット
この写真ではわかり難いですが
引き出しの手掛け材には左から
チーク、鬼胡桃、楢、ビブンガ、ホワイトアッシュ、
栗、欅の7種の樹種が使われています。
c0019551_12263691.jpg
c0019551_12264358.jpg

小さな角材を単純にL型に加工しただけの形状
c0019551_12265070.jpg

ケヤキ材の手掛け
箱は弊社在庫のソリッドパネルを使っています。
c0019551_12265866.jpg

チークの手掛け
水平に取り付けるのにそれなりに工夫
が必要です。
c0019551_1227591.jpg

by tanaka-kinoie | 2016-08-04 12:16 | 家具 | Trackback | Comments(0)

引出しの手掛け

前出の大テーブルの下に引出しユニットを6台作ります。
箱自体は在庫していた19mmのソリッドパネルでつくりますが少しでも面白みを出すために引出の手掛けは金属では無く、木でつくる事にしました。
やはり手掛けは使用頻度も高く、毎日人が触れる部分ですので柔らかい木よりも堅木が良いでしょう。
会社にある半端材でそれぞれの樹種が似ないようにセレクトしてメリハリがつくようにしてみました。
そして大工が集めたのがこの7種の堅木です。

c0019551_20423581.jpg

7種の堅木
この写真では樹種の色の濃淡の違いが
わかり難いですが
c0019551_20424285.jpg

アップにするとこんな感じ
左からホワイトアッシュ、楢、ビブンガ、栗、鬼胡桃、チーク、欅
比較的、高級な材で揃えることが出来ました。


c0019551_20424833.jpg

こんな単純な形状ですが引出の前板に取り付ければ
可愛い感じになると思います。
c0019551_811553.jpg

こんなイメージになります。
『大杉の家』

ここではシナベニヤ前板+ブラックウォールナット
にしています。
しました。
by tanaka-kinoie | 2016-07-11 20:45 | 家具 | Trackback | Comments(0)