カテゴリ:見学会、住まい教室、他( 256 )

大杉の家 完成見学会終了

大杉の家の完成見学会が終了しました。
不便な場所にも関わらずご来場者が引きも切らずにあって盛況な見学会となりました。
こちらは弊社社員の家ですが完全予約制でモデルハウス的に公開をしていきます。
詳細は後日、ホームページに掲載を致します。

2月13日(土)、14日(日)も連続して『青戸の家』の見学会が開催されます。
こちらは弊社での最小の建築面積6.87坪と延床面積18.53坪の木造3階建です。
設計での工夫も活き、施工の出来栄えも自信ありの住宅です。
こちらにも足をお運びください。
お待ちしております。


2/13、2/14葛飾区区青戸で狭小地3階建の完成見学会を開催します。

c0019551_20423834.jpg

OMソーラーの家
外壁はタニタハウジングウェアのZIGです。
今回は7mの長さの長尺ものを特注して継手の無い外壁と
なりました。

c0019551_204377.jpg
c0019551_2043216.jpg
c0019551_2043367.jpg
c0019551_20435262.jpg

by tanaka-kinoie | 2016-02-07 20:44 | 見学会、住まい教室、他 | Trackback | Comments(0)

住宅医スクール浜松

昨年の住宅医スクール東京に続き、浜松でも講師を務めさせて頂きました。
今回の受講者には優秀工務店の知り合いも多く私ごときがお話をするのは気が引けましたが、このスクールを通して新たな交流と情報交換が生まれ、
弊社の仕事に活かしていけるチャンスだとも思っています。
聞きかじったことでは無く、様々な実践をしている工務店達の生の情報は確かですぐに活かせます。
今回も私自身も多いに学ばせて頂きました。

c0019551_17345161.jpg

40人程度の受講者は設計事務所と工務店と半々と
聞きました。
c0019551_1735052.jpg
c0019551_17351064.jpg

出番が終われば、実はその後の講義は受講生です。(笑)
TO-IZの仲間でもある池田さんの2時限目は貴重な情報が
聞ける講義です。

『木造住宅関連施策の動向とその対応』

この話を聞けば最新の官民の動向が殆どわかります。
難しい話もわかり易く伝わり、我々工務店、設計者の対応策まで
教えてくれる頼もしい講義です。
c0019551_1735196.jpg

そしてマンションリノベーションの巨匠? 巨笑?
マスタープランの小谷さんの講義
聞き慣れ過ぎていても・・・・(笑)
まったく飽きずに新たな気付きがあります。
うちの会社も現在2軒のマンションリフォーム工事を
していますので都市部ではどんどんと増えてくると
思います。

今回は校長の三澤文子さんに王子と名付けられ
マンション王子と言うあらたな称号、ニックネームが
与えられました。(笑)
c0019551_17352860.jpg

4時限目はインスペクション業務を関西、東京で行っている(株)南勝の
印南社長からのお話し『ストックビジネスの今後』
中古住宅を良質なストックとするべく工務店としての長期修繕計画と
メンテナンスの履歴情報の需要性をわかり易く解説されていました。
c0019551_1735368.jpg

懇親会の締めは若手と一緒にラーメンと浜松餃子
締めラーメンはまず断るのですが、これも良いメンバーでの
楽しいお付き合いです。
深夜の1時半に食べる餃子は格別でした・・・・・(笑)
c0019551_17354427.jpg

浜松来たらこれを食べないとでしょ!!!
半年ぶりの鰻です。
翌朝は↑で胃もたれなので朝食抜きました
その分、昼は奮発してうな重のうなぎ大を美味しく頂きました。

c0019551_17355345.jpg

午後は静岡木の家ネットワーク主催の温熱教室にお誘い頂き
参加をさせて頂きました。
岐阜の森林アカデミーの辻先生の講義
準備教室としているので初歩、基本を学び程度から学ぶのかと
思いきや、こんなわかり易い温熱授業はありません。
理解をしていたつもりの内容がただ数値だけを並べて意味合いの
深いところまで説明も出来て無かったと反省。
きちんとお客様にお伝え出来る温熱知識を学ぶことが出来ました。

次回も心底参加をしたいと思いましたが・・・・・既に予定が

有意義な二日間を過ごす事が出来ました。


2/6、2/7江戸川区大杉でOMソーラーの家の完成見学会を開催します。

2/13、2/14葛飾区区青戸で狭小地3階建の完成見学会を開催します。



by tanaka-kinoie | 2016-01-30 17:20 | 見学会、住まい教室、他 | Trackback | Comments(0)

『大杉の家』 追込み

2月6日(土)、7日(日)の完成見学会が行われるOMソーラーの 『大杉の家』 足場が外れました。
黒の外壁はタニタZIGです。
いつも使うガルバリウム鋼板ですが三角の形状、突起によりシャープな陰影となっています。
特に今回は特注寸法の7mを超える長尺物を使いジョイントの無い外壁を実現しました。

c0019551_13184952.jpg

コーナー部分は大きなバルコニーを設置します。





2月6日(土)、7日(日)に江戸川区大杉にてOMソーラーの家の完成見学会を開催します。


2月13日(土)、14日(日)に葛飾区区青戸にて狭小地3階建の完成見学会を開催します。



c0019551_13185933.jpg
c0019551_1319754.jpg
c0019551_13192429.jpg
c0019551_13193357.jpg
c0019551_13194292.jpg

左官屋さんがリビング、和室の天壁に珪藻土を塗っています。
初めて使う由布珪藻土 仕上がりが楽しみです。
c0019551_1319524.jpg
2月6日(土)、7日(日)に江戸川区大杉にてOMソーラーの家の完成見学会を開催します。


2月13日(土)、14日(日)に葛飾区区青戸にて狭小地3階建の完成見学会を開催します。
by tanaka-kinoie | 2016-01-19 13:20 | 見学会、住まい教室、他 | Trackback | Comments(0)

『青戸の家』 構造見学会終了しました。

土曜日に開催された青戸の家の構造見学会が終了しました。
完成後には見えなくなる屋根・壁の断熱材充填の様子や気密、防湿処置、設備配管、配線などをご覧頂けたと思います。
構造から設備配管まで緻密に計算をして階高をぎりぎりのおさえたからこそ成り立つ3階の空間。
そんなことで通常では安全面から公開をしない3階も特別にご覧頂きました。

c0019551_2112727.jpg



西側から東側を望む
右側が南側隣地の日照の制限である2種高度と言われる
1:1.25勾配の北側斜線制限の屋根
この制限の為に室内空間の確保が難しくなります。

採光と熱気抜きの為のベルックス天窓が2ヵ所ついています。
西寄りの天窓は2階リビングにも光を落とします。
左手前が階段室です。


正面の窓は非常用進入口と言われる消防活動の為の
窓で大きさが規定があります。

c0019551_2113853.jpg



西側から東側を望む
東側には小さなバルコニーを設けました。
右手前が階段室です。
c0019551_2114763.jpg


高性能フェノールフォーム断熱材を100㎜充填してあります。
室内スペースの確保もミリ単位で検討しています。
登り梁に石膏ボードを貼るとこの断熱材の厚み性能と空間確保の
バランスが良いと判断しました。
c0019551_215939.jpg


リビングから見上げた開閉可能なベルックスの天窓
この吹抜けを通して採光と通風も促し3階子供室とも
つながります。
c0019551_215078.jpg


梁、桁、柱など主要構造部と筋交い、合板利用の構造壁なども
ご覧頂きました。

弊社では袋入りと言われる断熱と気密フィルムが一体になって
いる断熱材は使用しません。
断熱は断熱材できちんと充填して
防湿は防湿フィルムを隙間無く形成します。
高性能16キロのグラスウールに防湿フィルム貼り終わった
状態です。

c0019551_21094542.jpg


キッチン方向からダイニング、リビングを望む
左側が階段室です。

正面はバルコニーです。
c0019551_21094040.jpg


リビング側からキッチン側を望む
c0019551_2127399.jpg
c0019551_21272944.jpg


基礎から現在までの工事写真を貼り出してあり流れがわかる
ようにしてあります。
c0019551_21243625.jpg

配管周りの防湿施工も重要です。
壁の防湿よりも面倒で丁寧な施工が必要です。

c0019551_21244961.jpg
c0019551_21245841.jpg

構造体の小さな隙間やサッシとの取り合いは
発泡ウレタンを充填します。
c0019551_2125737.jpg


現場ブログでこれからの進捗状況もご覧頂けます。
by tanaka-kinoie | 2015-11-15 21:03 | 見学会、住まい教室、他 | Trackback | Comments(0)

大杉の家 構造見学会終了

10月31日に開催されました「大杉の家」の構造見学会が終了しました。
交通の便が良いとは言えない場所でしたが午前中から多くのお客様で賑わい構造見学会としては盛況となりました。
一時は雨も降り、一気に冷え込みましたがご来場の皆様ありがとうございました。

c0019551_8281597.jpg


2階リビング付近
c0019551_8282364.jpg


リビング付近より小屋裏スペースとDK方向を望む
手前は紀州杉の化粧梁です。
c0019551_8283077.jpg

階段よりリビング方向
高性能グラスウール16kの充填状況
これから防湿フィルムを貼ります。
c0019551_8284663.jpg
c0019551_8285285.jpg


11月14日に青戸で狭小地3階建の構造見学会を開催します。[完全予約3部制]




by tanaka-kinoie | 2015-11-01 08:29 | 見学会、住まい教室、他 | Trackback | Comments(0)

構造見学にもお越しください。

本日、終了しました「白河の家2」の構造見学会
お客様は3組と少なめでしたが構造に関することはもちろん、断熱材の充填状況、設備配管・配線についても十分に説明のお時間を頂き、ご案内が出来ました。
完成見学会と比べて、地味な見学会ですがご熱心なお客様が多い見学会です。
構造見学会を行っている会社は思ったよりも多くはありませんが弊社は必ず行っています。

・構造材の大きさ、種類、接合方法、接合金物
・内外の木下地の状況
・断熱材の種類、充填状況
・電気配線、弱電配管
・給水管、給湯管
・排水管

などなど その他にも勇気があれば・・・(笑)
足場から外壁通気、屋根通気などポイントになる部位もご覧頂けます。

c0019551_18471075.jpg

断熱材の充填状況
今回は水発泡ウレタンを70㎜以上

c0019551_18472131.jpg

配管の施工状況
これも今しか見られません。
c0019551_18473284.jpg
c0019551_18474587.jpg
c0019551_18475684.jpg

今しか見られない天井内
屋根の直下の断熱の充填状況です。
c0019551_1848788.jpg

屋根は150㎜の厚さで吹付け
この裏には屋根通気用の部材が設置されており
軒先から屋根の棟部分まで空気が動きます。
c0019551_18481889.jpg

構造材の種類と構造壁の金物設置状況
などもご覧頂けます。
構造壁の構成も数種類あります。
c0019551_18483122.jpg

着工時からここまでの施工段階を示したパネル

c0019551_18484235.jpg

要所要所の工事写真により進捗状況など流れも
ひと目でわかります。




次回の構造見学会は
・10月31日に江戸川区大杉でOMソーラーの木造2階建て

・11月14日に葛飾区青戸で狭小地の木造3階建て

の2軒がございます。
是非お出掛け下さい。
詳細は後日掲載致します。

by tanaka-kinoie | 2015-09-26 18:18 | 見学会、住まい教室、他 | Trackback | Comments(0)

住まい教室が終了しました。

田中工務店の「設計ルールブックを紐解く」と題した住まい教室が終了しました。
4組7人の方のお集まりを頂きましてありがとうございました。

この住まい教室では田中工務店が普段から意識し実践している家づくりで標準としている設計のルールついてお伝えしました。
なんでもやるのでは無く、何をやらないかも工務店の設計・施工での個性だと考えます。
そんなことから弊社なりの設計スタンスをもち、独自のルールを設けています。
それらをまとめた「設計ルールブック」を作成してから2年が経過したしましたがその中にある11のコンテンツ
について実例を交えながら、採用している理由、コスト、長所から欠点までの全てを紐解いていきました。

以下 11のコンテンツ

1.敷地を読むことから始まる

2.心地良さを設える

3.美しいデザインのための設え

4.広く住むための設え

5.気持ちのいい吹き抜けを設える

6.階段を楽しむ

7.天窓を活かす

8.空間に合わせてつくる家具

9.職人の手技を組み合わせる

10.大工がつくる家具

11.オリジナル造作キッチンをつくる    


c0019551_12571557.jpg

きちんとしたご説明の為にも欲を出して多くの実例写真、図面など
資料作成を行った結果
300ページちかくのパワポの資料をご用意しましたがすべてをお話しする
事が出来ました。
c0019551_12572594.jpg

実際の建材を見て頂きながらのレクチャー

今回は設計手法が中心でしたが次回は性能についての
お話が出来れば良いと考えています。
by tanaka-kinoie | 2015-09-13 12:41 | 見学会、住まい教室、他 | Trackback | Comments(0)

第17回 夏休み親子工作教室

OBや近所の方々に子供の工作の材料が欲しいと頼まれたことがきっかけで始めた夏休み親子工作教室は
17回を迎えました。
親でさえ玄能や鋸の扱いを殆ど知らないと言う方もいる中で、ここで木工の楽しさを初めて知ったと言うお子さん達も少なくないと思います。
今年も2日間でお父さん、お母さん、お祖父ちゃん、お婆ちゃん、ちびっ子達で延べ100人近くの参加がありました。
正直、仕事には全く繋がりませんが・・・・(笑)
ちびっ子達の楽しそうな笑顔を見るとまだまだ続けていこうと思います。

c0019551_2053932.jpg

OBのお客様のご参加も多いです。
c0019551_20531747.jpg
c0019551_20532536.jpg

弊社でご用意しているキット品の数々
c0019551_20533396.jpg

つくりたいキット品の前に並んで頂きます。
人気があるのはどれでしょうか?
c0019551_20534087.jpg

一番人気のスツールです。
c0019551_20535829.jpg

田中工務店の家に住む
いっちゃんも大きくなりました。
c0019551_2054585.jpg

うちの娘も初めて参加しました。
ひとつの事に中々集中出来ない事が多いですが
木工には一生懸命でした。
松下大工のサポートも良かったと思います。(笑)

by tanaka-kinoie | 2015-08-04 20:54 | 見学会、住まい教室、他 | Trackback | Comments(0)

四つ木の家 見学会終了

7月11日、12日に開催されたOMソーラーの「四つ木の家」の見学会が終了しました。
2日間とも晴天に恵まれて多くのお客様にご来場を頂きましてありがとうございました。

c0019551_14492387.jpg

そとん壁の外壁が目をひきます。
c0019551_1450855.jpg

不正形の敷地に合わせた建物形状なので道路側は斜めです。
屋根の形状も不正形となって雨樋も勾配がついてしまいます。
水下で水が溢れないように工夫が必要です。

c0019551_14502174.jpg

ちまたでは人口木が多用されていますが面格子と木塀の板は
普通に木材を使っています。
腐り難い工夫もされています。
c0019551_14502992.jpg

リビング繋がりの小さなデッキと和室です。
c0019551_1450379.jpg
c0019551_14504412.jpg
c0019551_145109.jpg
c0019551_1451436.jpg
c0019551_14515276.jpg
「日本の木のいえ情報ナビ」造作キッチン特集で弊社が取り上げられています。

○WebマガジンA House of Colla:J26号「暮らしに寄り添う工務店の家具づくり」が発刊をされました。

○WebマガジンA House of Colla:J22号「工務店と建築家」が発刊をされました。

○WebマガジンA House of Colla:J19号「住まい手バス見学会」が発刊をされました。

○WebマガジンA House of Colla:J3号「東京に暮らす心地よさを求めて」が発刊をされました。

○WebマガジンA House of Colla:J8号「家をたてる家をまもる」が発刊をされました。

○WebマガジンA House of Colla:J11号「土地の意識を変えた3:11」が発刊をされました。

○WebマガジンA House of Colla:J15号「大工のつくる家具」が発刊をされました。











by tanaka-kinoie | 2015-07-14 14:52 | 見学会、住まい教室、他 | Trackback | Comments(0)

「四つ木の家」構造見学会終了

OMソーラーの「四つ木の家」構造見学会が終了しました。
今回は4組のご参加がありましたが、ご質問も多く構造見学会にも関わらず滞在時間が長くてご熱心な方ばかりでした。
構造性能と構造材、断熱性能では断熱材とサッシ、設備配管についての給排水、電気配線などご説明をたっぷりとさせて頂きました。
構造見学会へのご参加を頂いた方は完成見学会にご参加を頂くことが殆どですのでまたお会い出来るのが楽しみです。
7月末の完成の予定ですはまたホームページ上などで告知を致します。

c0019551_18555014.jpgc0019551_18555984.jpg
c0019551_1856620.jpgc0019551_18561331.jpg
「日本の木のいえ情報ナビ」造作キッチン特集で弊社が取り上げられています。

○WebマガジンA House of Colla:J26号「暮らしに寄り添う工務店の家具づくり」が発刊をされました。

○WebマガジンA House of Colla:J22号「工務店と建築家」が発刊をされました。

○WebマガジンA House of Colla:J19号「住まい手バス見学会」が発刊をされました。

○WebマガジンA House of Colla:J3号「東京に暮らす心地よさを求めて」が発刊をされました。

○WebマガジンA House of Colla:J8号「家をたてる家をまもる」が発刊をされました。

○WebマガジンA House of Colla:J11号「土地の意識を変えた3:11」が発刊をされました。

○WebマガジンA House of Colla:J15号「大工のつくる家具」が発刊をされました。







by tanaka-kinoie | 2015-04-25 18:56 | 見学会、住まい教室、他 | Trackback | Comments(0)