<   2005年 06月 ( 11 )   > この月の画像一覧

世界でいちばん自分らしい家

9月に発売される「新しい住まいの設計」別冊、『世界でいちばん自分らしい家3』の撮影がありました。
この雑誌は『OZONE家造りサポート』とのタイアップ本で工務店の設計・施工の家造りを中心に掲載されます。
OZONE=建築家コンペと言う要素が強かったのですが+工務店の家造りにも力を入れていく事への試みの一つです。
予算的な事や家造りへの考え方、時間的な制約などからも全ての方が建築家に設計を依頼して家造りを進める事が良いとは言えません。
施工力だけでなく設計力に優れた工務店もありますし、色々な条件からメーカー住宅を選択する事も悪い事ではありません。
我々工務店も自社独自のカラーを出して行き、それを理解して頂けないと生き残れないのです。

c0019551_1303417.jpg c0019551_1301931.jpg
c0019551_1302741.jpg


とても綺麗にお住まいで大事にされているのがわかります。
造り手として嬉しい限りです。
将来の車庫スペースは当面は芝生の庭となっています。
完成より3ヶ月足らずですが床や階段の色も少しあめ色なってきました。
ロフトは樹くんの絶好の遊びでもあります。

涼しくなったら庭にシンボルツリーも植える予定です。

c0019551_13312859.jpg


樹くんから貰った折り紙は私だそうです。
胴体は懐かしいヤッコさんの折り方、右手に持っているのはゲンノウだそうです。
左は大ゲンノウ。

c0019551_1304194.jpgc0019551_1304860.jpg
左はお隣のお庭の借景、階段、吹き抜け越しに見えています。
手児奈霊堂の池も蓮で一杯でした。
この市川真間周辺は風致地区です。
緑が豊かな住宅街で環境は抜群です。



OMソーラーの家『東京町家』もよろしくお願いします。
by tanaka-kinoie | 2005-06-25 16:08 | 本、雑誌 | Trackback(2) | Comments(16)

SAREXのワークショップ

昨日はSAREXの工務店向上ワークショップに初めて参加しました。
以前より複数の方からSAREX入会のお誘いを受けていましたが今回は偶然OM工務店仲間のお誘いもあり参加させて頂く事にしました。
見学は工務店3社の4軒の住宅を拝見させて頂き、勉強会は工務店の他に林野庁、住宅保証機構、大学教授など様々な立場の方での論議がされました。
品確法、個人情報保護法などこの数年で新しい法律が制定され、工務店を取り巻く環境も目まぐるしく変っています。
知らなかったでは済まされない事柄が沢山あるなかでいち早く情報収集して、社内にどう伝えていくか重要なポイントです。
そんな中、情報の収集、交換、共有を出来るこう言った会の必要性を感じます。


c0019551_20262246.jpgc0019551_20263466.jpg

鈴木工務店の設計、施工のOMソーラーの家
吹き抜け、階段など内部の空間構成が優れた家です。
道路、隣地とは板塀と植栽で緩く遮ってあり戸外へ広がる家造りが印象的でした。


c0019551_2027763.jpgc0019551_20271323.jpg

c0019551_20273272.jpg
吹き抜けの障子より柔らかい光が1階に差していました。
浴室は弊社と同じ、TOTOハーフバスにヒノキの板貼り


ブログランキングに参加しています、人気blogランキングで三代目は何位?
熾烈な競争となっていますが、焦らずいきます。
OMソーラーの家『東京町家』もよろしくお願いします。
by tanaka-kinoie | 2005-06-24 16:20 | 建築、仕事 | Trackback | Comments(12)

ロフト利用の工夫

最近は屋根裏(ロフト)利用が多くなりましたが冬はともかく夏のロフトは暑い!
室内の熱は上にあがり、日射で屋根からの熱も内部に伝わってきます。
少しでも過ごし易い空間にする為には、様々な工夫や方法が必要です。



c0019551_19284227.jpg
1.断熱の配慮をすべし
まずは屋根をきちんと断熱する事です。
これは高性能の断熱材を使った屋根用のパネルを設置した所です。
セルロースファイバーの吹込みなども有効な断熱方法です。

c0019551_19241543.jpgc0019551_19251053.jpg2.屋根に通気層を取る
出来れば屋根のテッペンより自然に暖かい空気を抜く
屋根通気を取りたい所です。
自然通気で暖かい空気は自然に棟より抜けます。
左はその隙間部分です。
右は屋根通気の部分、奥の方に空気が抜ける棟ベンチレーションを設置しています。
この上に板金の棟を取り付けて雨仕舞いも完璧です。



c0019551_1905363.jpgc0019551_1911623.jpg

c0019551_19162.jpgc0019551_1912217.jpg3.室内の通風計画を考える
通風計画も大事な要素です。
開口部の高さ、大きさ、位置などがポイントになります。
ロフト内に対面する南北の窓を設けていますが、その他に階段ホールと繋がる室内の小窓を設けています。
階段は煙突の役目をしますので天窓を開放すると小窓から風が抜けていきます。
あらたな風の流れをつくっています。
階段梯子の吹き抜け側の天窓も同じ役目をします。

c0019551_18594360.jpg


4.屋根の色で違いも出ます。
弊社は金属屋根がほとんどですがガルバリウム鋼板の色を変える事でも日射からの熱の受け方は違ってきます。
場合によりシルバー系、いぶし銀、黒などとカラーを変えます。
左はガルバ素地の屋根、比較的熱を受け難い色です。





ブログランキングに参加しています、人気blogランキングで三代目は何位?
熾烈な競争となっていますが、焦らずいきます。
OMソーラーの家『東京町家』もよろしくお願いします。
by tanaka-kinoie | 2005-06-21 21:04 | 建築、仕事 | Trackback | Comments(14)

名古屋のお土産

先日の名古屋出張のお土産です。
セントレアの銘品館で何気に選んだ大口屋の餡麩三喜羅(あんぷさんきら)です。
日持ちはしませんが、とっても美味しい麩まんじゅうでした。
地元名古屋出身の妻も義母もこれは美味しいと言っていましたので地元の銘菓でもあるようです。


c0019551_1938445.jpg

老舗の和菓子屋らしい風格のある箱です。
桜の葉っぱかと思いきや山帰来(ユリ科のサルトリイバラ)と言う丸い葉に包まれています。
柔らかくて、もっちりの食感と上品な餡でかなりお奨めの和菓子です。





c0019551_19385570.jpgc0019551_1939488.jpg





ブログランキングに参加しています、人気blogランキングで三代目は何位?
OMソーラーの家『東京町家』
もよろしくお願いします。
by tanaka-kinoie | 2005-06-19 19:29 | | Trackback(1) | Comments(16)

名古屋に出張でした。

名古屋でOMソーラーの経営者会議があり3日間ほど出張でした。
年に1回ですが全国の特色のある工務店経営者とお会いする事が出来るので交流会も楽しみにしています。
会議の内容も、建物見学会も充実していて、あっと言う間の3日でした。
会議の模様は写真に撮りませんでしたので最終日の建物見学会の合間に行った中部国際空港セントレアです。
ここは見る、食べる、買うの3拍子の揃った複合施設で空港利用の旅客と言うより観光としての利用が出来る所でした。
飛行機が見れる展望風呂までありました。

c0019551_2046786.jpgc0019551_20461669.jpgc0019551_20462515.jpg


c0019551_20481162.jpg
最近の流行なのか設計事務所が同じなのか羽田と雰囲気は似ています。
あまり見慣れない航空会社のような・・・・

c0019551_20502678.jpgc0019551_20504345.jpgc0019551_20505266.jpg


c0019551_20524519.jpg

観光目的のお客様の方が多いようです。
平日なのに結構な混雑ぶりでした。



ブログランキングに参加しています、人気blogランキングで三代目は何位?
OMソーラーの家『東京町家』もよろしくお願いします。




by tanaka-kinoie | 2005-06-17 20:01 | 旅、出張 | Trackback | Comments(6)

ロフトへの階段梯子

ロフトを作る事が多くなりました。
地域により若干違いますが建築法規は以前より緩和されてつくり易くなっています。
(通常は直下階の1/2以下、天井は1.4m以下、固定階段は不可などが多いです)
夏の暑さの問題もありますが解決法は後日述べるとして今回は階段梯子についてです。
法的な問題やスペースの制約により急な階段(梯子)になるケースが多いので今回はちょっとした工夫をしました。

c0019551_7541683.jpg


ロフトとは言え、急勾配の階段梯子です。
その上、手摺りが設け難いので側板に溝をつくり手掛けがわりにしました。
c0019551_7543311.jpgc0019551_7544052.jpg


ルーター用丸ビットφ20㎜で少し深めの掘り込みをしています。
子供でもつかめる感じになりました。



ブログランキングに参加しています、人気blogランキングで三代目は何位?
OMソーラーの家『東京町家』もよろしくお願いします。
by tanaka-kinoie | 2005-06-14 07:57 | 建築、仕事 | Trackback | Comments(7)

見学会開催します!

江戸川区内で見学会の開催致します。
今回は予約制とさせて頂きますのでご希望の方は下記までお問い合わせ下さい。


c0019551_2171956.jpg

そとん壁掻き落とし仕上げの外壁と不燃木のバルコニー、米松木製防火戸
小さな庭ですがヤマボウシがシンボルツリーとなりソヨゴ、オカメツタが植えられます。
c0019551_2174037.jpgc0019551_2174993.jpg

天窓の光による明るい階段ホールと唐松の踏み板
c0019551_2175995.jpg

木目の綺麗な唐松フローリングの子供室、ロフトスペースもあります。


・家族5人が暮らす30坪の木造2階建て住宅です。
防火地域内にある事で内外装共に制約がありますが出来る限りの自然素材を使い、木造らしい雰囲気を多く残しています。
ほど良い硬さと木目が綺麗な唐松材の床、開放感のある明るい階段ホールが見所です。


○日時:6月19日(日) 10時~16時 1日だけの開催です。
会場:江戸川区内 JR総武線小岩駅下車 徒歩10分弱

詳細は㈱田中工務店へお問い合わせ下さい。
メール info@tanaka-kinoie.co.jp
電話  03-3657-3176  担当:田中、伊藤



ブログランキングに参加しています、人気blogランキングで三代目は何位?
OMソーラーの家『東京町家』もよろしくお願いします。
by tanaka-kinoie | 2005-06-13 20:48 | 見学会、住まい教室、他 | Trackback(2) | Comments(7)

取っ手、引き手、つまみ、手掛け

たまに使う短冊下がり、誰に教えてもらった訳でも無く建築を始めた頃から良いと思い使っていました。
私は和室の仏壇廻りなど、主に開きの時に使います。

伊礼さんの江戸川ソーラーキャットでも使用した赤坂の清水商店製のWB仕上げの短冊下がり。
ステンレスHL仕上げ調のWBはシンプルですが趣きがあり上品な質感です。
清水商店は月、水、金の10時から15時までが営業時間

c0019551_20184775.jpgc0019551_2019036.jpg

月桃紙の戸ふすまと短冊下がり
清水商店製の短冊下がり1.5寸、2寸、2.5寸の3種類があります。
仙徳の小ねじは無くすと大変です。
左は1.5寸のWB仕上げ、真ん中は仙徳1.5寸、右は2寸のWB仕上げ





ブログランキングに参加しています、人気blogランキングで三代目は何位?
OMソーラーの家『東京町家』もよろしくお願いします。
by tanaka-kinoie | 2005-06-09 20:22 | 建築、仕事 | Trackback | Comments(10)

掻き落とし

最近の天候の為に延び延びになっていた外壁の上塗り。

白州そとん壁
の掻き落としです。
建築家 伊礼智さんの仕事から使い始めましたが風合い、性能は上々です。
材料は余裕を持って多めに取るので余りも出ますが保存状態が良ければ他の現場に転用出来ます。
よって今回も転用させて頂き江戸川ソーラーキャット成田東の家に利用した伊礼さん定番色T-3です。
その分、お手頃な価格でご提供しています。
月桃紙、土佐和紙、ウッドチップ壁紙、赤松床、レッドパイン、なども同じです。
定番商品が余っていればそれらの一部をサービスしたりお手頃な価格で提供しています。


c0019551_18343291.jpgc0019551_1834419.jpgc0019551_18344976.jpg

左が上塗りのコテ押さえ、多少水分が引いて乾いてきたら剣山(ブラシ)で掻き落としていきます。
掻き落とすと凹凸が出来て陰影の深い独特の左官壁になります。


c0019551_18392945.jpgc0019551_18394335.jpgc0019551_18412164.jpg

掻き落とし作業は回す様にブラッシングします。


c0019551_18425050.jpgc0019551_18425962.jpg

最後にブラシ刷毛とコテで細かい部分を整えていきます。


c0019551_18451947.jpgc0019551_18452950.jpgc0019551_18453641.jpg
天気予報では不安定だという事でシート養生が大変でした。
やっと終わりました、これで足場が外せます。




OMソーラーの家『東京町家』もよろしくお願いします。
by tanaka-kinoie | 2005-06-05 17:29 | 建築、仕事 | Trackback | Comments(14)

クラス会がありました。

墨田区立錦糸中学校 21期のクラス会が先々週末にありました。
(区立ながら越境通いも多く、この頃は名門中学でした)
私は3年6組、このクラスは仲が良く結構頻繁に小クラス会(飲み会)をやっています。
今回は全体のクラス会ですので約30年ぶりに顔を合わせる面々もいました。


c0019551_2131569.jpgc0019551_21311550.jpg
皆が持っているのはIDカードならぬ卒業アルバムの切り抜きと名前です。
声を掛けられても全くわからない程の変りよう(笑)の方が数名いらっしゃいましたが、これを見せてもらえばすぐわかりました。
現在の顔で思い出せなくとも昔の顔は覚えているんですね。
幹事のグッドアイデアです!

c0019551_2132727.jpgc0019551_2133157.jpg
6組集合写真と恩師の三木先生
この頃は平気で手をあげる教師が多い中、三木先生は優しい先生でした。


スイスに嫁に行った同級生と話をしていたら彼女のマンション(レジデンシャル、アパート?)は木造5階建て、ペレットによるセントラルヒーティングにソーラーシステム(太陽光発電?)あり、もちろん木製サッシでとっても快適だそうです。
スイスってハイジのイメージで田舎なのかと思われてるけどデザインも環境への配慮もとても進んだ国だと改めて感じました。
クラス会でスイスの住宅に付いて質問攻め、ついつい仕事の癖が出てしまいました!
でも彼女が凄いのはこの為にスイスより帰国した事です。
(最後に理由を付けないと里帰りし難いとも言っていましたが)





ブログランキングに参加しています、人気blogランキングで三代目は何位?
OMソーラーの家『東京町家』もよろしくお願いします。
by tanaka-kinoie | 2005-06-03 21:20 | 見学会、住まい教室、他 | Trackback | Comments(23)