<   2007年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧

京都へ行ってきます!

インフルエンザ明けでまだ体調は優れませんがOMゼミナール京都へ行ってきます!
地域建築賞の発表もありますのでひょっとしたら・・・・・
by tanaka-kinoie | 2007-02-27 06:47 | 旅、出張 | Trackback | Comments(4)

習志野家 見学会終了しました。

週末に開催されました「習志野の家」の完成見学会が終了しました。
北風の吹く、寒い週末でしたが太陽の恵みを受けて室内はポカポカ、
絶好のOM日和となりました!!
実は週末の予報を見て顔はニンマリでした・・・(笑)
OM初体験の方々もOM導入に迷いのある方も大きな吹き抜けのある
22帖のリビングの暖かさにはOMの良さを感じて頂けたと思います。

c0019551_1845355.jpgc0019551_1845423.jpg
久しぶりに見る霜柱 -2℃になりました。

c0019551_1848137.jpgc0019551_1848829.jpg
c0019551_18481860.jpg

アパートの外壁を視線に入れない様に計画された
配置です。
集熱面は多少東に振れている分だけ朝の立ち上がり
が早く、10時でも20℃程度になりました。



c0019551_18554576.jpgc0019551_18561487.jpg

c0019551_18562952.jpg

南東吹抜けの大開口より日差しが奥まで伸び、リビングの明るさは抜群です。
ダイレクトゲインとOMも暖かさが吹抜けを通して家全体に広がっていました。
ご来場の皆様方、ありがとうございました。

まだまだ「東京町家」の見学会は続きます。
・3月24日(土)、25日(日)に江戸川区瑞江でOMソーラー「台形の家」
・4月7日(土)、8日(日)に墨田区八広でOMソーラー「八広の家」
見学会開催予定です。
詳しいご案内は改めてさせて頂きます。

by tanaka-kinoie | 2007-02-25 18:49 | 見学会、住まい教室、他 | Trackback(4) | Comments(8)

雑誌 天然生活に掲載されています。

c0019551_19541891.jpgc0019551_2014174.jpg

2月20日に発売の雑誌「天然生活」4月号に
弊社施工の「足立の家」が掲載されています。



c0019551_20202292.jpg

某大手電気メーカーにお勤めのご夫婦が
太陽光発電では無くOMソーラーを取り
入れて下さったのも嬉しい事です。
by tanaka-kinoie | 2007-02-21 19:54 | 本、雑誌 | Trackback(1) | Comments(12)

復帰致しましたが・・・・・

体調を崩しており5日程、寝込んでおりました。
机の上には山のような書類、郵便物、電話の数々、メールなども沢山
明日までに処理を致しますので、お待たせしておりますお客様、その他の
方々順次ご返事を致します。
よろしくお願い致します。
by tanaka-kinoie | 2007-02-21 11:13 | 自分の思い | Trackback | Comments(14)

フランク・ロイド・ライト

帰宅して何気なくTVをつけると「落水荘」の映像が飛び込んできました。
土曜日に放映の美の巨人はフランク・ロイド・ライトを取り上げた番組でした。
16年前に当時シカゴ在住であった弟を訪ねて渡米した事を思い出します。
シカゴのオークパークはライトの初期の作品が残る街です。
自宅兼アトリエと彼設計の現役の住宅の数々、ユニティ教会と少し離れたロビー邸などを見て廻りました。
その他にはレークシュア・ドライブアパートメント、イリノイ工科大学などミースの作品も多く
残る街シカゴは2月末は日中でも-5℃にもなった事もあり、とても寒い所だったと記憶しています。
「落水荘」の見学は冬季の閉館中で諦め、NYで見たかったグッゲンハイム美術館も改修中
で見れなくて残念な思いをしました。

c0019551_13571393.jpg

1ヶ月ほどの滞在の中で数々のアーキツアーに参加しましたがその間に
ミュジアムショップで見つけたのがこの本です。
厚さが3cmもあり、200$以上もしたので散々迷いましたが思い切って買い求めました。
デッサンやカナバカリ、工事中の写真や四季の「落水荘」の風景がおさめられた
写真集でもあります。


c0019551_1355531.jpg


c0019551_13551112.jpgc0019551_13551775.jpg


c0019551_13553097.jpgc0019551_13553629.jpg
by tanaka-kinoie | 2007-02-11 19:14 | 建築、仕事 | Trackback | Comments(6)

「台形の家」 舳先屋根

瑞江「台形の家」の屋根が終了しました。
複雑な小屋組みであるのは先日お伝えした通りですが屋根も同じです。
それでも板金技術を駆使して綺麗に納まっています。

c0019551_20111133.jpgc0019551_20111881.jpgc0019551_20112588.jpg
台形型屋根に北側斜線が掛かった為に舳先のように尖った屋根です。
黒の部分に斜め加工したOM集熱ガラスが載ります。


c0019551_20392717.jpgc0019551_20393535.jpg
見た目、雨掛かりなど色々と検討した結果、蓑甲的に納める事になった部分です。
普通、蓑甲はけらば側ですが特殊形状の為に軒先側がこんな感じです。


c0019551_20514982.jpg


屋根の舳先とも言える尖った鼻先です。
私も一緒に検討してもっとも苦労した部分ですがこの複雑な形状をこれだけ
綺麗に納めた板金屋に拍手です。
OMソーラーの集熱部分を長く取る為に北棟ダクトを付けています。

究極の都市型住宅は弊社にお任せ下さい!
自信あります・・・(笑)
by tanaka-kinoie | 2007-02-10 20:09 | 建築、仕事 | Trackback(3) | Comments(14)

「象の店」

打ち合わせで下高井戸へ
甲州街道沿いには象の店として有名な竹工芸の「竹清堂」があります。
孟宗竹で出来たこの象は、この店のシンボルで7代目だそうです。
最近は生活道具で使われる事が少なくなった竹細工、店先には趣味や装飾の物が多かったように思います。
こちらの三代目の田中さんは(私と同じ)、職人と言うよりも作家としての高い技術をもたれています。
だからこそ樹脂の工業製品におされずに時代を生き抜いて行く事が出来たのだと思います。
業種は違えどシンパシーを感じました。
そう言えば東京には竹林が少なくなって地鎮祭用の真竹も簡単には手に入らなくなりました・・・・

c0019551_22362359.jpgc0019551_22363925.jpg



「習志野」の家完成見学会
日時:2月24日(土)、25日(日) 10:00~16:00
場所:習志野市袖ヶ浦
構造:木造2階建て OMソーラーの家
設計・施工:田中工務店
設計協力 : k+y アトリエ

・水廻りは一つですが大型の二世帯住宅です。
・大きな吹抜けと大型サッシがある光に溢れた開放感のあるリビング
・各部屋が孤立せずに、世帯間で互いの気配が感じられるオープンなプラン
予約制の見学会になります。お申し込みはこちらから。
by tanaka-kinoie | 2007-02-07 22:31 | その他 | Trackback(1) | Comments(10)

「台形の家」 進捗状況

瑞江 「台形の家」は3月末の完成に向けて大工3人で進行中です。
セルロース断熱が終わり階段とその他の造作工事中
ボードも貼り始めました。
1月10日の上棟ですのでかなりのハイペースです。

c0019551_20205635.jpgc0019551_2021474.jpg
階段は30㎜の薄さの中間仕切りで納めた得意の階段です。
3階建では、かなり納まりの検討と大工の技術が必要ですが「わ」大工はこの
階段は手馴れた物、3階建ても2回目なので普通に進めています。
土地の形状、その他で3尺=900の寸法ですので少しでも階段が広く使えます。
踏み板、蹴込み板はソリッドパネルです。




c0019551_20343447.jpgc0019551_20352424.jpg
J-スタンダードのハーフバスも設置済み
2階浴室は漏水対策や設置方法などこちらも色々な納まりの検討が必要ですが
この辺りも随分手馴れてきました。




c0019551_20444890.jpg


台形には台形を(笑) 台形型の吹抜けです。
普通は収納にしたい部分ですがこれだけの大きさでも
十分に採光と通風が補えます。




「習志野」の家完成見学会
日時:2月24日(土)、25日(日) 10:00~16:00
場所:習志野市袖ヶ浦
構造:木造2階建て OMソーラーの家
設計・施工:田中工務店
設計協力 : k+y アトリエ

・水廻りは一つですが大型の二世帯住宅です。
・大きな吹抜けと大型サッシがある光に溢れた開放感のあるリビング
・各部屋が孤立せずに、世帯間で互いの気配が感じられるオープンなプラン
予約制の見学会になります。お申し込みはこちらから。
by tanaka-kinoie | 2007-02-05 20:21 | 建築、仕事 | Trackback(1) | Comments(6)

「東京町家・八広の家」

墨田区の「八広の家」の工事もだいぶ進んでいます。
外壁工事も半分程度、内部造作は枠廻りがほぼ終わりました。
そろそろ大工は家具工事に掛かります。

c0019551_1310146.jpg

足場が外れるのは2月末~予定ですが
完成のお披露目は4月になりそうです。
八広「町角の家」と言えるのでは無いでしょうか。



c0019551_1316126.jpg

この地域は2階建てでも省令準耐火構造が義務付けです。
天井・壁の角にフィアーストップ用の裏当て材を貼るか石膏
ボードを貼り上げて懐の隙間を塞ぐ必要があります。
石膏ボードも15㎜ですし、こんな作業も結構大変なのです。
セルロース断熱は空気も入らないし難燃処理もされていますので
これらも防火に大いに役立ちます。



c0019551_13162136.jpg

外壁は定番のピッチブラックのガルバリウム小波です。
3階建てのサィディングに囲まれた緑少ない町並みに現れる
「町角の家」はどんな風に受け止められるのでしょうか?


設計:伊礼智設計室(伊礼智 梅田冴子)
施工:田中工務店



「習志野」の家完成見学会
日時:2月24日(土)、25日(日) 10:00~16:00
場所:習志野市袖ヶ浦
構造:木造2階建て OMソーラーの家
設計・施工:田中工務店
設計協力 : k+y アトリエ

・水廻りは一つですが大型の二世帯住宅です。
・大きな吹抜けと大型サッシがある光に溢れた開放感のあるリビング
・各部屋が孤立せずに、世帯間で互いの気配が感じられるオープンなプラン
予約制の見学会になります。お申し込みはこちらから。
by tanaka-kinoie | 2007-02-02 12:21 | 建築、仕事 | Trackback | Comments(8)