<   2007年 04月 ( 13 )   > この月の画像一覧

東京町家 町角の家 一周年

c0019551_22224258.jpg

昨日は町角の家の一周年パーティー
美味しいお料理に楽しい会話で大盛り上がりのパーティになりました。
そのまま2次会にまで突入して今度はご夫婦と本音で語り合い、
またこれが尽きない話になり・・・・・ 
結局は午前1時過ぎに帰宅(反省)
by tanaka-kinoie | 2007-04-30 21:43 | 見学会、住まい教室、他 | Trackback(2) | Comments(4)

「家づくり工務店」サミット

昨日「あたり前の家」NETWORK主催の「家づくり工務店」サミットが開催されました。
盛り沢山の内容でちょっと食傷気味の方もいらっしゃった様ですが概ね方向の確認、出来たように思いました。
仕掛け人、お二人も熱く語られましたが、お二人任せにしていればそれこそ、建材商社雑誌社の紐付きだと言われかねません。   
これからの運営が問題です・・・・・

この会の主旨は工務店の家づくりをユーザーに伝えると接点である会だと言う事で一致しています。
この工務店NETWORKによる家づくり工務店の情報発信です。
ここからは私見になりますがそれは大手メーカーとは違う、工務店らしい家づくりあってこそ伝える価値になるのだと思います。
彼らに出来ない事を普通に「あたり前」にやって行くことに工務店としての意味があると思います。
そこがまずはスタートラインでは無いでしょうか?
かと言ってハードルが高い訳でも無く、これからでも工務店としての独自性を持とうと言う意思、気持ちががあればそれで良いと思います。
かつての私がそうであったように私の廻りなどにも次の世代の工務店ジュニア達が将来の方向性に悩んでいます。
(今でも色々悩んでいますが・・・・)
ユーザーへ工務店の家づくりを伝えるだけで無く、同じ工務店にも刺激を与えて、仲間になりたたいと思わせられる。
そして諸々の最新情報が得られる会になれば最高です。


c0019551_18504984.jpg
「住宅のコストの透明性」を考えると題したパネルディスカッションには私と
迎川さん、岸田さんがパネラーとして参加させて頂きました。
(迎川、田中二人は同じだから駄目だと言う意見もありました全然違います・・・・・笑)
普請の経験が豊富な吉水の女将がユーザーとしての立場で価格表示のわかり難い部分を我々に問い、三者がそれぞれの考えでお答えすると言う形でした。
さすがに鋭い質問、突っ込みがありましたが概ね理解して頂いたようです。
このディスカッションで感じた事は工務店の情報発信の少なさと大手の価格表示があたり前に世間一般に浸透している事です。
中里さんのブログにお借りした画像です)
家づくりが違うのに価格表示は同じである事が問題なのです。
その為にはまず工務店の家づくりを知っていただく事、見て頂き理解して行く事
工務店独自の家づくり、情報発信、価格表示この三つがポイントとして見えてきました。

いや~とにかく終わったって言う感じです。
この一週間は上棟、来客、原稿締め切り、打合せなどでへとへとでした。
と続きは次回に・・・・・
by tanaka-kinoie | 2007-04-28 13:43 | 見学会、住まい教室、他 | Trackback(5) | Comments(15)

けやきの見える家 上棟

c0019551_16445729.jpg



けやきの見える家が上棟しました。
借景である親水緑道のけやきの新緑も鮮やか。
リビングから見えるこの景色が楽しみです。

c0019551_164526100.jpg

c0019551_16475422.jpg

今回も斜線制限が厳しく、北側は垂直で壁のようです。
屋根も複雑になり隅木が振れています当然手加工の部分も
多いのですが今回は自社製作でのパネルを多く使い新たな
合理化を図っています。

設計企画/施工:田中工務店
設計協力:k+yアトリエ
by tanaka-kinoie | 2007-04-26 16:40 | 地鎮祭、上棟 | Trackback(1) | Comments(2)

近作計画 二題

c0019551_15183123.jpg

模型は基本設計が終わり実施設計中のものです。
なぜか最近は細長い建物が多いのです。
間口1に対して奥行きが2以上ある建物もあります。
敷地の形状によるものですがこんな場合に悩むのが斜線制限
とOMソーラーの集熱屋根との関係です。
屋根の形状も複雑になるばかりか平面計画でも構造での大きな
検討が必要となります。
こんな形が多いのも元々矩形だった土地を二つに割った事
ですが土地価格の高い近辺では余裕を持った土地の広さを
購入出来ない事情からです。



c0019551_15243274.jpg

狭小地のノウハウはたっぷりありますが今回はかなり手強いです。
斜線制限が敷地半分に掛かる複雑な条件です。
そんな理由で北側の屋根半分が積層の屋根形状に・・・・・
模型はともかく実物となると諸々の検討が必要です。
でもこの数年で蓄積した施工技術があればなんのその(笑)

設計企画/施工:田中工務店
設計協力:k+yアトリエ
by tanaka-kinoie | 2007-04-22 14:27 | 建築、仕事 | Trackback(2) | Comments(12)

人間ドック

c0019551_0254130.jpg

一昨日は、数年ぶりに人間ドックで一日検査でした。
元々健康な体に生まれ、病気に掛かる事など滅多にありませんが中年と言われる年齢になり随分と体力、気力が落ちた気がします。
特に最近は運動不足でもあり、体内でどんなことが起こっているかもちょっと、不安でしたので
知人から進められた最新検査機器を持つ、医療期間でのドックに行って見ました。
ここは外来も完全予約制ですのでとても静かでホテルのような院内でした。
PET-CTと言う、がん診断なども初めて体験しました。
当日の結果説明ではコレステロール値や体脂肪率などに多少の注意があり、その他は
後日の結果待ちです。


c0019551_0444776.jpg

驚いた事に、ここにはあの三國シェフプロデュースの院内フランス料理レストランがあるのです。
検査終了後はここでお食事となります。
アルコール無しはちょっと残念でしたが、カロリーを抑えたヘルシーなお料理を美味しく頂きました。
by tanaka-kinoie | 2007-04-19 12:49 | その他 | Trackback | Comments(8)

あたり前の家

c0019551_22144296.jpgひょんな事から「あたり前の家」network主催の工務店セミナーのパネラーを引き受ける事
になりました。あたり前の家の仕掛け人は塩地博文さんと大菅力さんのお二人。
塩地さんは三菱商事建材㈱モイス事業部、大菅さんは建築雑誌の出版社エクスナレッジ社の編集をしている方です。
建材商社、雑誌社勤務の両者の企画となればそれなりの思惑があると訝る方もあり、心配して下さる仲間も多いのですが私自身はあまりそのことは気にしていません。
住宅産業の根幹は「工務店」だと言ってくれた思いを真摯に受け止め、頑張っている町場の工務店の個々のあり方を認めてくれた彼らと単純に気が合った、ただそれだけなのです。 
(これでも感と勘は鋭い方なのです・・・笑)
最近、身近では新たな工務店ネットワーク設立などの動きがありますが、むしろ工務店業界の活性化の為には喜ばしい事です。
工務店がやるべき家づくりは、大規模のところができないことをやることだと思います。
小規模だからこそできることがあるのだと・・・・・・

そこが共通の認識であれば、それぞれの力、形で伝え方は違えど、一般の方々に工務店の家づくりが伝われば、それで良いことです。
「あたり前の家」ネットワークが今後はどんな形で進んでいくかは、まだ全くわかりません。
野池政宏さん(住まいと環境社)の言葉をお借りすると「家づくりは諸条件を踏まえた上で『最適化を図る』『ベストバランス』を探る、
という作業にほかならないとあります。
このネットワークも同様の視点で最適化を図りながらバランスを欠かない形で進んでいければと思います。
材料頼み、工法頼みに偏るような集まりであれば垣根の無い工務店ネットワークなど出来ません。
下記の宣言を信じて、今はお手伝いをしていこうと思っています。

「あたり前の家」ネットワークでは、「これがあたり前の家だ」という、決まった家のつくり方(材料や工法など)を提案していくことは考えておりません。もちろん、住み手にも地球環境にもやさしく、各種の居住性能を満たし、施主の要望を反映した間取りで、適切なコストで建てられるべきだとは思いますが、その具体的な内容や優先度合いは住宅ごとに違いがあって当然であり、それを反映して工務店ごとにも違いがあって当然だと考えます。

4月27日にはちょっと盛り沢山過ぎると思える家づくり工務店サミットがあります。
工務店向けの内容ですが一般の方々の参加も可能なようです。
ご興味があれば参加下さい。
(参加費もこれより安くなっています)
by tanaka-kinoie | 2007-04-17 12:20 | 見学会、住まい教室、他 | Trackback | Comments(6)

初乗り

日曜ですがフルに休みにも出来ずでちょっと仕事をしてから海へ向かいました。
やはり波乗りは気軽です。

c0019551_17365757.jpg
腰、胸サイズの吉崎浜で入水 
堤防脇からアウトしてすんなり沖に出れ、初っ端から形の良い
レギュラーに乗れて、これは幸先良いぞ~何てニンマリして
いたらいきなりのセットと流れにはまり、いくらパドルしても
前に進まず沖に出れずでへとへとに・・・・・
トレーニング不足がたたりました(涙)
パドルしっ放しで結局、その後はいい波にも乗れず、パドル
トレーニングの初乗りとなりました。
名前もしらないけど、ポイントで顔見知りの若者達に
今年もよろしくと挨拶 
波乗り始動しました。


c0019551_17404775.jpg

高校時代の同級生、純のライディング
彼は40才前後から波乗りを始めました。
ロングボーダーです。
by tanaka-kinoie | 2007-04-15 17:30 | 波乗り | Trackback | Comments(6)

東京町家・八広の家 見学会終了

遅ればせながら先週末に開催された「八広の家」の見学会のご報告です。
2日間共にほぼ晴天に恵まれ、OMソーラーの暖気とお客様の熱気で汗ばむ程でした。
午後は土日共に20人以上のお客様でごった返し、お相手が出来なかった方々には失礼致しました。
東京町家OBのご来場の方々からは、沢山の差し入れを頂きましてありがとうございます。
しばらくは社内のおやつには困りません(笑)

c0019551_17585614.jpg

典型的なミニ開発の分譲地の角に位置します。
黒のガルバリウム外壁に不燃木材の戸袋は定番の材料です。
デッキには黒竹のスクリーン、角には蝋梅とイロハ紅葉が
植えられました。
黒土、枕木の隙間はダイカンドラで覆われる予定です。


c0019551_1759367.jpg

2階リビングには小上がりの畳コーナー
畳下は引き出し式の全面収納です。
梯子階段の上には落ち着くと評判の良かった
畳敷きの通称(篭り)部屋があります。



c0019551_17591087.jpg

冷蔵庫や収納スペースがコアになっており回遊性のあるキッチン付近
抜く、透かす、通すと言う広く住む設計の工夫が所々にあります。
天井、壁共に月桃紙で包まれています。


c0019551_17591770.jpg

ロフトからリビングを見下ろす
この3枚の写真でリビングの雰囲気はわかって頂けると
思います。

c0019551_17592580.jpg

ソリッドパネルの端材で作った小さなちゃぶ台は弊社からの
竣工祝いです。
小さな畳コーナー専用の大きさです。




設計:伊礼智設計室(伊礼智 梅田冴子)
施工:田中工務店(監督 伊藤慶夫 大工 二瓶正)
by tanaka-kinoie | 2007-04-11 17:53 | 見学会、住まい教室、他 | Trackback(1) | Comments(16)

沖縄料理

小岩にある沖縄料理「かりゆし」(ホームページがある事を今日知りました)
数回お邪魔した事がありましたが沖縄出身の伊礼さんにも評価の高かったお店です。
今回は沖縄出身者がいたのでメニューに迷う事はありませんでしたが私だけでは、味が形も思い浮かびません。
料理はどれも美味しいいし、泡盛の種類もとても豊富なお店です。
ヘルシーなお料理でしたが体調が万全で無い為か最後の泡盛が効いてしまいました。
朝は頭がガンガンに痛かったです(涙)

c0019551_20391711.jpg

左下はクーブイリチーと言う昆布中心の料理
右上のお好み焼き風の料理は名前忘れました。


c0019551_2040976.jpg

かき揚、これも名前忘れましたが
沖縄の食材でまとめられているヘルシーな天麩羅です。



c0019551_20413754.jpg

沖縄料理と言えばやはりこれ「ゴーヤーチャンプルー」
自分が初めて知った沖縄料理です。
その他には島らっきょう、ゴーヤのシーザードレッシング
サラダなどどれも美味しく頂きました。
残念なのは豚の料理が売り切れだった事です・・・・
by tanaka-kinoie | 2007-04-08 20:37 | | Trackback | Comments(8)

今日の屋根・・・笑

今週の見学会が終了すると3、4月での年度末のお引渡しがほぼ終わります。
基礎工事中、段取り中の現場が数件あり、しばらくは定期点検月間が続きます。
(総出で廻っておりますので、お待たせしているお客様 しばらくお待ちください)
これだけ短期間で床下に潜り、屋根に上がったのは初めてかもしれません。
監督・大工が一組になって動いていますが古くからのお客様や監督の面識が無い、お客様には私も同行します。
十年以上も前とは言え、設計・監督で担当した現場ですので私に見て欲しいとのご指名も多いのです。

c0019551_16305287.jpg
と・ご指名のあった現場の屋根です。(笑)
地元小岩の駅付近にある25年前に弊社で建築した住宅です。
付近は道路も狭く、木造の家屋が密集した地域ですので
災害などあると消防車の進入なども難しい所です。
現在、江戸川区では、この付近の道路の拡幅や避難場所や延焼を食い止める為の
公園の整備などを徐々に進めています。


屋根に上がると気になるのは
by tanaka-kinoie | 2007-04-06 14:47 | 建築、仕事 | Trackback | Comments(4)