<   2007年 05月 ( 18 )   > この月の画像一覧

O'neill wetsuits

オーダーしていたO'NEILLの最新モデルのフルスーツが届きました。
そうとなれば当然、いてもたまらずに海へ
日本のウェットスーツは世界一と言われるだけあって暖かく、全身の伸縮性が抜群に良いです。
グレーベースにネイビー、カラーステッチも気に入りました。 3mm×3mmです。

波質もまずまず、波乗りも調子良くて最高の一日でしたが・・・・・・・・・・・・

c0019551_21261053.jpgc0019551_2127586.jpg
モデルは本人(笑)

家庭に大波が押し寄せたのはほぼ予想通りでした(汗)
by tanaka-kinoie | 2007-05-30 21:26 | 波乗り | Trackback | Comments(16)

小松菜焼酎・発泡酒

八代将軍徳川吉宗(五代将軍綱吉説もあり)が命名したと言われる地元江戸川(小松川)名産の小松菜。
江戸の雑煮にも欠かせない、東京が生産量日本一を誇る野菜です。

c0019551_2258322.jpg
先日、偶然通り掛かった酒屋さんで目に付いた小松菜焼酎にビール(他に小松菜アイスもあります)
区内の酒屋さんとJA江戸川の企画で生まれた物だそうです。
近辺に酒蔵はありませんが宮崎の蔵元でお米と米麹のモロミに、二次仕込みとして小松菜を
入れて甕で仕込んでいる焼酎です。
一本に二束以上の小松菜を使用しているそうなので香り、味に小松菜の青っぽさ、甘み、
苦みがありますが美味しいお酒です。

小松菜発泡酒はエール系の地ビールではっきり小松菜の味が感じられますが
中々の深みがある味わいです。
賞味期間は3ヶ月ですが、期限が過ぎた熟成させても良いそうですの一本取ってあります。

これも立派な地のお酒です。
地鎮祭や上棟式には地元にまつわるお酒を探していたので良いものを見つけました。
by tanaka-kinoie | 2007-05-28 22:51 | | Trackback | Comments(10)

Memo7月号に掲載されています。

4月に完成しました、東京町家・八広の家が7月号の「MEMO」男の部屋(ワールドフォトプレス社 550円)
特集は無理をしないエコハウス「自家発電の家」ですがその中のOMソーラーの家として紹介されています。
八広の家は自立運転型ハンドリングY型を使っており太陽光でOMファンを駆動しています。
夜間や日照不足には商用電力が供給されますが非常に少ない消費電力で運転可能です。
お客様からも、この家をつくるまでの過程、住んでからの快適性に付いて 語られています。
手頃な価格ですのでお近くの書店やコンビニで是非お求め下さい。
(他の記事も盛り沢山で楽しく読む事が出来ます。)

c0019551_18501097.jpgc0019551_1850315.jpg
by tanaka-kinoie | 2007-05-27 18:40 | 本、雑誌 | Trackback | Comments(2)

先週の諸々

現場、お客様打合せはもちろん来客、SAREX総会、ワークショップで何かと会社を空ける事が多かった先週は収穫も沢山あり
充実した一週間でしたが疲れました~ 
体力的な部分より頭への疲れって、これが結構自分には辛いのです。 
友人からはチョー良い波で人も少なく最高なんてメールが入るといてもたってもいられなくなります。
今週も何かと予定が詰まっていますが新しいウェットスーツも来た事だし平日海に行って体力的なお疲れモードになりたいと思っています・・・・・
つぶろぐ始めました!
by tanaka-kinoie | 2007-05-27 16:50 | 見学会、住まい教室、他 | Trackback | Comments(0)

テクノロジー VS 手技

先日、建て方が終わりましたBe-h@us・hanawa_h@usは工業化された住宅システムです。

c0019551_1948847.jpg
今日の弊社作業場では大工達が逆に手技、伝統的な継手加工に
取り組んでいました。
でも実はこれhanawa_h@us、外部パーゴラの梁の加工なのです。
金輪継ぎは手間が掛かりますが強固な継ぎ手となります。

正直、腰掛け鎌継ぎなどの簡単な継ぎ手で十分ですがBe-h@usだからこそ、伝統的な継ぎ手にしようと大工と相談しての遊び心と
手技の印を残そうと言う洒落っ気です。

さしずめBe金物VS金輪継ぎと言うところです。(笑)

c0019551_1951349.jpg

米松は切れが悪い、地松(国産赤松)は脂っ気があり鑿が良く
切れるとかブツブツ言っていましたが・・・・・

c0019551_19514876.jpg

叩き鑿と今は殆ど使わない突き鑿です。
長い物は全長2尺以上もありました。



by tanaka-kinoie | 2007-05-22 18:20 | 建築、仕事 | Trackback(1) | Comments(10)

hanawa_h@us上棟式

c0019551_2014452.jpg

アトリエフルカワの古川泰司さんの仕事で施工中のBe-h@us・
hanawa_h@usの上棟式がお客様のご好意で行われました。
ここ東船橋は3年前、昨年と伊礼設計室の仕事で住宅2軒を弊社で施工して
おり、これで3軒目とご縁のある場所です。

c0019551_2015571.jpg

弊社がOMソーラー協会に加盟するきっかけになったのがBe-h@usの前身である
VOLKS HAUSの朝日新聞の広告「木造打ち放しの家」でした。
いつかはと思っていましたがBe-h@usとして8年目にやっとご縁に恵まれました。
今回はBe-h@usらしい施主も家づくりに参加すると言う、ハーフビルド
によるものです。
我々は主要構造部と内部造作の主な部分をお手伝いさせて頂きます。
壁は綺麗過ぎるとの声もあった節無しのとど松ベニヤ打ち放し
木製サッシはBe-h@us専用サッシBe-windows
アイランドプロファイル社製です。

c0019551_202524.jpg

「集成材・金物・パネル」にベニヤ仕上がりで住宅をつくるシステムに当事は
かなりの衝撃を受けました。
工業化と言う部分を感じさせず設計・デザイン力を併せ持った新しい木造
VOLKS HAUSのむしろ物づくりに近い部分に共感したのです。
その精神を少しでも参考にしたいと弊社の今日の考え方に至っています。
合理化や現代のテクノロジーを利用しながら手技を残す弊社のやり方は私なりに
はVOLKS的だと思っていますが・・・・・


c0019551_1363898.jpg

夕方の土砂降りにもここまで仕上がっていれば全く問題無し
祝宴が続きました。
運転手でしたのでお酒を飲めなったかったのがちょっと残念・・・・


c0019551_20381583.jpg

うちの大工7人衆勢ぞろい
勤続47年になる吉田大工の「よいとまけ節」でいつもの通り中締めです。


by tanaka-kinoie | 2007-05-21 19:33 | 地鎮祭、上棟 | Trackback(3) | Comments(8)

私の目指す工務店

c0019551_1394457.gif

   地域マスター工務店WEB上に連載されている「いい工務店との家づくり」コラムの第5回
   「私の目指す工務店」について私なりに述べさせて頂きました。
   最近、同じような事を別のweb上でも書いており似通った内容ですが少し短くまとめたつもりです。
   この数年で努力してきた独自の付加価値を持つ家づくりが何とか形になってきました。
   今はそれを地域で知って頂きたく、様々な情報発信をしていくべきだと思っています。
   弊社がいい工務店であるかは、お客様が判断すれば良い事ですが「何でもやります」「安いです」には絶対しません。
   田中流の家づくりが好ましいと思って頂けるお客様をお待ちしています。
   

   
by tanaka-kinoie | 2007-05-19 19:28 | 建築、仕事 | Trackback(1) | Comments(2)

海への入口

先日はちょこっと時間をつくり、久しぶりに平日の波乗りです。
週末はポイント、道も混み易い太東付近は避けていますが平日なので
数年ぶりにサンライズポイントで入水

c0019551_16135127.jpg
ポイントへの入口
松林を抜けるとどんな波が・・・・
このシチュエーションではわくわくします。

噂に聞いていましたが・・・・
by tanaka-kinoie | 2007-05-18 15:52 | 波乗り | Trackback | Comments(2)

江戸前「ヘミングウェイ」

一昨日は「あたり前の家ネットワークエコツアー」の打合せで船橋の漁師 大野一敏さん宅へお邪魔しました。
今回のエコツアーのテーマは「海」です。
小岩で生まれ、船橋で育った私自身でも身近にある東京湾の事を殆ど知りません。
移り変わる東京湾を見続けてきた大野さんに船の上から三番瀬の環境問題、漁師の生活など実情を聞きながら、ご案内頂きます。
私達工務店は家づくりの中で木を使い、活かす事で自然の循環の成り立ちの中にいる仕事をしています。
山と海は川を通して繋がっておりかつては荒川支流を通して秩父、飯能の西川材などの良質の杉、ヒノキが江戸湾に運ばれて
いた時代もあったのです。
もう一度身近な海から自然の循環を考えてみたいと思っています。

c0019551_17493578.jpg

大野一敏さん 
68歳とは思えぬ筋骨隆々で江戸前ヘミングウェイなのです。
現在の三番瀬を説明して頂きました。
東京湾の浅瀬、干潟の一つである三番瀬は習志野~浦安までの
巾6K 奥行き3Kと思ったより狭い範囲ですが「海のゆりかご」です。
砂泥の中には貝類、干潟にはエビやアナゴ、ボラ、スズキ、ヒラメ
などの稚魚がいて小さな生き物たちが生れ育っていきます。
そのため干潟の減少は、東京湾の豊富な魚介類を減らす重要な
要因になっているそうです。

c0019551_17494515.jpg
江戸時代の三番瀬の海図です。
これにより漁師同士の縄張りを決めていたようです。



c0019551_1864887.jpg
正真正銘の江戸前の肴 ボラとスズキ
東京湾の魚と言えば今はスズキだそうですが、かつてはボラ
だったそうです。
風評で東京湾の汚染と共に臭い魚の代表にされてしまった
らしいのです。
刺身と天麩羅はボラ、スズキ 甲乙付けがたい美味しさでした。
とてもスズキの10分の一の値段とは思えません。
ボラを食べないと言うのは資源の上からでも無駄だと大野さん
多くはなぜか浜松に行ってしまうのだそうです。



c0019551_187167.jpg

ボラの塩焼きはまた絶品でした。
江戸城詰めの武士の宿直弁当はボラの浜焼きだったそうです。
最高級の江戸前の海苔もごちそうになりましたが、色艶も良く
味は言うまでもありません。
しばらくは他の海苔が食べられそうも無いです・・・・
by tanaka-kinoie | 2007-05-16 20:54 | 見学会、住まい教室、他 | Trackback | Comments(4)

大盛り、子盛り

c0019551_1735513.jpg
まだまだ不安定な天候が多い5月ですが、夏に向かい暑さが増して来ました。
残業の夜食にも冷やし中華が登場です。(食べ物ネタばかりでスイマセン)
右の大盛りはコイワびと。の分
その分、がっちり仕事をこなしてくれる事でしょう。(笑)

そういえば今週より新入社員 大盛り、もとい大森が入社しました
しばらくは見習いですので皆様、よろしくお願い致します。
by tanaka-kinoie | 2007-05-13 17:34 | | Trackback | Comments(6)