<   2007年 06月 ( 11 )   > この月の画像一覧

けやきがついに

c0019551_190083.jpg


「けやきの見える家」の足場が外れました。
バルコニーデッキからは大きなけやきが真正面に見えています。
開口は借景を邪魔しないワイヤーによる手摺りが付きます。
c0019551_1901064.jpg

緑道側からけやき越しに見た外観
弊社では人気がある、シルバーのスパンドレルタイプ
ガルバリウム鋼板の外装です。





昨年の5月にOZONEで初めてお客様にお会いしました。
6月17日に三社コンペでプレゼンテーション
弊社の都合でだいぶお待たせしてしまいましたが
やっとここまできました。




「けやきの見える家」完成見学会のお知らせ
日時:7月28日(土)、29日(日) 10:00~16:00
場所:江戸川区南篠崎
構造:木造3階建て OMソーラーの家
設計・施工:田中工務店
設計協力 : k+y アトリエ

予約制の見学会になります。詳細・お申し込みはこちらから。
by tanaka-kinoie | 2007-06-28 18:46 | 建築、仕事 | Trackback | Comments(10)

ashes and snow

c0019551_1382957.jpg
c0019551_15385492.jpgc0019551_15343898.jpg

行こう行こうとそのままになっていた
お台場ノマディック美術館で開催中だったashes and snowは気付いた時には最終日となっていました。
多分凄い人だろうな~と思いながらもお台場へ向かったのですが・・・・・・



c0019551_15424265.jpgc0019551_15424947.jpg
予想通り、とぐろを巻いた恐ろしい行列が・・・・・・諦めました(涙)
と言う事で鑑賞を断念してノマディック美術館の建築探索に切り替え。
建築家 坂茂の設計の仮設美術館です。 ニューヨーク、サンタモニカから、お台場で3ヶ所目となります。
坂さん得意の紙管を利用した構造体に152個の現地調達されたレンタルの貨物コンテナで構成された壁面 
斜めに張られたコンテナ上部の白いシートは夜は行灯になります。



c0019551_13481036.jpgc0019551_13481826.jpg
チケットが無くてもミュジアムショップには入れました。 結局、高価な写真集を買ってしまいました。
最終日限定で映像のDVDやしおり、携帯ストラップ、シールなどウン千円相当がおまけだったのがせめてもの救いでした・・・・・・・



「けやきの見える家」完成見学会のお知らせ
日時:7月28日(土)、29日(日) 10:00~16:00
場所:江戸川区南篠崎
構造:木造3階建て OMソーラーの家
設計・施工:田中工務店
設計協力 : k+y アトリエ

予約制の見学会になります。詳細・お申し込みはこちらから。
by tanaka-kinoie | 2007-06-25 13:02 | 見学会、住まい教室、他 | Trackback(1) | Comments(8)

お隣は選べません。

八千代台で工事中の「中庭のある家」は基礎工事が終了して
7月初めの上棟を待つばかりとなりました。

c0019551_1953699.jpg

南側で工事中だった○○ホームの賃貸用の輸入住宅も
完成しましたが中々強烈な色で仕上げてくれました。 
あずき色とはどうも違います。 カシスレッドという色だそう・・・・・

「時代や流行に左右されない洗練されたデザイン。」
「入居者の感性に強くアピールした木造賃貸住宅。」
○○ホームのキャッチコピーです。
いくらなんでもここまで強くアピールし無くても・・・(笑)
アパートの通路になる事がわかり南側の開口は少なめに
しましたがこの色までは想定外でした。
お隣の外壁までは選べませんものね。



「けやきの見える家」完成見学会のお知らせ
日時:7月28日(土)、29日(日) 10:00~16:00
場所:江戸川区南篠崎
構造:木造3階建て OMソーラーの家
設計・施工:田中工務店
設計協力 : k+y アトリエ

予約制の見学会になります。詳細・お申し込みはこちらから。
by tanaka-kinoie | 2007-06-22 19:42 | 建築、仕事 | Trackback | Comments(14)

やっと義務化 でも2年先

数年前に秋田県等が出資した秋田県木造住宅(株)が多数の欠陥住宅問題を起こした事が大きな社会問題となりました。
それがきっかけで平成12年に住宅品質確保促進法が施工され新築住宅の売買契約や請負契約による売主、請負人に対し、
住宅の基本構造部分と雨漏りについて瑕疵担保責任の10年義務化がされました。
それから5年後に構造偽装事件が発覚し、それに対して6月20日に法律が改正され確認申請の更なる厳格化、建築士の資格問題、
罰則規定などが盛り込まれます。
結局は欠陥住宅の責任を問う手段であった瑕疵担保責任も売主、請負人がつぶれたらどうにもならない事はヒューザーの被害者を
見れば明らかとなりました。そこで今度は2年後に住宅瑕疵担保法がスタートします。

c0019551_2151557.jpg

朝日新聞の「やっと義務化 でも2年先」の記事です。
瑕疵保証があっても保険の加入義務もなかった売主、請負人に車の自賠責的にあたる
制度が義務付けられると言う住宅瑕疵担保法の記事です。
しかしこれでユーザーは安心と思いきや地盤は保証対象にならず工事中の業者倒産に
よる事故については何の保証もありません。
これら地盤保証・完成保証・瑕疵保証を併せた総合保証に加入している業者は、大小規模問わず、まだまだ少数です。
こんな普通でない心配をせずにユーザーの皆様には家づくりを楽しんで頂きたいのです。
我社では4年前から全ての建物で総合的な保証制度に加入しています。
余計な心配をせずに思いっきり住まいづくりを楽しんで下さいね!!

しかし色々な事件がおきます・・・・・・
構造偽装なんて考えもしなかったし、新聞にあるようにアバウト業者が多過ぎます。
これ以上建築業界で変な事件が起きない事を望んで止みません。



「けやきの見える家」完成見学会のお知らせ
日時:7月28日(土)、29日(日) 10:00~16:00
場所:江戸川区南篠崎
構造:木造3階建て OMソーラーの家
設計・施工:田中工務店
設計協力 : k+y アトリエ

予約制の見学会になります。詳細・お申し込みはこちらから。
by tanaka-kinoie | 2007-06-19 21:20 | 建築、仕事 | Trackback | Comments(6)

東京湾海上エコツアー

本日、「あたり前の家」ネットワーク後援の東京湾エコツアーが開催されました。
毎日天気予報を気にしてた一週間ですが梅雨の晴れ間で最高のイベント日和となりました。
主催は大和工務店田中工務店 東京湾に隣接する江戸川区内にある家づくり工務店同士です。
大和工務店 後関社長は釣りバカ(失礼)、私は波乗りバカでお互いある意味で海の男(笑)
船橋市漁業協同組合の漁師、本物の海の男、大野一敏の協力を頂き、船橋漁港より三番瀬に繰り出しました。
30年以上も船橋に住んでいたのに実は漁港の存在はおろか三番瀬の事も殆ど知りませんでした。

c0019551_21202449.jpgc0019551_21203364.jpg
漁港では丁度フッコ、鱸(すずき)の水揚げ作業中、1m近い鱸も見られました。 跳ねているのはフッコ?
右は漁協にあったスタンプ ここで捕れる江戸前の代表的な魚たちなのですね。


c0019551_21302143.jpgc0019551_21303215.jpg
船橋漁港は東京湾の最北に位置します。
出発前に大野さんより東京湾内の三番瀬の位置の説明です。 
19tの魚船に参加者50名を載せて出航です。


c0019551_21343449.jpgc0019551_21344115.jpg
風や波の影響で貝殻が堆積して出来た貝殻島に上陸です。
船から島に上陸なんて始めての経験、冒険気分になりました。


c0019551_21595294.jpgc0019551_220117.jpg
潮干狩りなども出来ますがクラゲ、アサリ、バカガイ、カニ、ヤドカリ、エビ、ワカメなどその他にもこの浅瀬には沢山の稚魚も見られました。
干潟の散策で見つけた大物はタイヤに隠れていた大きな蟹です。 今夜はワタリガニのパスタかと思いきやイシガ二だそうです。
手を広げれば30cm以上もあり、挟まれたら大変です。 彼らの抵抗も凄くて大人3人掛かりで捕獲しました(笑)


c0019551_21492976.jpgc0019551_21493897.jpg
自由時間の後は銀座 吉水提供の自然食のお弁当です。
ここのお食事は三回目ですが不思議な事にしっかり噛み締めて食べようと言う意識が働きます。
一つ一つの食材にしっかりした味を感じ、美味しく頂きました。


c0019551_2214057.jpgc0019551_221496.jpg
貝殻島を出発して浦安ディズニーランド横を通って羽田沖の滑走路埋め立て現場を遠方から望みました。 
立派な漁場ですが漁に影響があるのは必至です。
梅雨の晴れ間は強烈な日差しでしたが風は涼しく快適なクルーズとなりました。



東京近郊の参加者は私も含めて殆どが東京湾の内情を知らずいました。
実際に大野さんのお話を聞きながら、東京湾の浄化作用を持つ三番瀬の現状の問題などが身近になった事では無いでしょうか?
行政の埋め立てはもちろん、我々の捨てるゴミや生活排水が結局はこの湾にも少なからず影響を及ぼし、排水溝に捨てた煙草が海に流れることを肝に銘じてこれからの生活に生かして頂ければと思います。
我々工務店は木材を使い、家を作っていますが今や国産木材の自給率が20%を切ると言われており、80%以上の木材が輸入に頼られている現実があります。
それでも国土の2/3を森林が占める日本に木材が無いはずがありません。
その2/3の森林のうち、ヒノキ、杉の人工林がそのうちの40%を占めており、うまく使えば日本の住宅の90%以上が賄えると言われています。
それでも材料として出ないのは2代、3代に渡り山を手入れしてもまともな収入が得られないので林業をやめて山からの切り出しをしないからです。
人工林をつくり森を支配してしまった以上、手入れは人間がするべきです。
もう少し身近(国内、国産)な所に考えをおき、意識を持って頂ければ日本は豊かな美しい国として存続し行けるのだと思います。
「人間が住んでいるのに豊かな自然が残っている」なんて言葉をたまに耳にしますがそれは人間の生活が自然を破壊する事を意味しています。
山、川、海がありその間に人間がいて余計な事をしていることも考えて頂ければと思います。




「けやきの見える家」完成見学会のお知らせ
日時:7月28日(土)、29日(日) 10:00~16:00
場所:江戸川区南篠崎
構造:木造3階建て OMソーラーの家
設計・施工:田中工務店
設計協力 : k+y アトリエ

予約制の見学会になります。お申し込みはこちらから。
by tanaka-kinoie | 2007-06-17 20:52 | 見学会、住まい教室、他 | Trackback(1) | Comments(14)

SAREX ワークショップin岡庭建設

昨日はSAREX「工務店力向上」ワークショップで岡庭建設へ
OM会員同士で気の合う仲間でもある岡庭建設は施工力、設計・デザインセンスを持ち、構造設計、品質監理にも
長けている総合力を持つ工務店です。
自分の目標にしている工務店の一つでもあります。
特に池田さんは1998年のOM入会セミナーからお世話になっている良き相談相手でもあります。
今回1時間半に及んだ、池田さんの設計業務に対するポリシーを聞いて全く脱帽です・・・・・・
次世代への対応が読み込まれ、既に実践されている素晴らしい内容でした。

c0019551_2125713.jpg
岡庭建設施工の鷺宮 空手道場が会場
・青木理事長の一口化学講座はシリカがテーマ
身近にあるシリカゲルについて、知識を得ました。
・野辺さんのお話しは、「工務店の読み替えをどうするか」
確かに私自身、代表になって今日までやって来た事とがそれこそ
自社の読み替えなのです。
5年でやっとそれが形になってきた所ですが、とにかく自分も含めて
建築馬鹿が廻りに多い・・・(笑)
可変性を持ち、視野を広くする為にもやはり建築どっぷりは
いけませんね! (海にも山にも行きましょう。・・・笑)

その後は岡庭建設 設計施工の居酒屋「のんき」で建築談義に花を咲かせながら楽しいひと時を過ごしました。
そこでチーム岡庭のT君、O君がサーファーであり海で会っている事が判明。
急遽 「波乗り鍛錬塾」を開催する事になりました。(笑)
申し込みはSAREXでは無く、私まで。
会費無料、各自九十九里の飯岡付近に集合
生命の責任は持ちません。
初心者大歓迎と行きたい所ですが自分が楽しみたいのでちょっと無理かも(笑)


「けやきの見える家」完成見学会のお知らせ
日時:7月28日(土)、29日(日) 10:00~16:00
場所:江戸川区南篠崎
構造:木造3階建て OMソーラーの家
設計・施工:田中工務店
設計協力 : k+y アトリエ

予約制の見学会になります。お申し込みはこちらから。
by tanaka-kinoie | 2007-06-15 20:35 | 建築、仕事 | Trackback | Comments(10)

電球と蛍光灯

c0019551_12363567.jpg
先週の朝日新聞の記事です。
東京都が温暖化対策の為の作戦として一般家庭に普及している白熱電球を
電球型蛍光灯に替えるようにキャンペーンをするようです。
場所によっては均一に照らす蛍光灯は良い部分も多いのですが今回は電球で十分な
所にも蛍光灯を持ってこうようとする考え方です。
エコ、節約が叫ばれる昨今ですが暮らしの豊かさまで損なわれていくのはいかがなものかと思っているのですが・・・・・
by tanaka-kinoie | 2007-06-08 08:19 | その他 | Trackback(1) | Comments(4)

四谷 外濠公園

c0019551_9493776.jpg
5月晴れの一日
四谷で用事を済ませた後にちょっと外濠公園を歩いてみました。
ここは公園と言うよりも飯田橋から紀尾井町までの緑の散策路です。
私が好きなのは四谷から紀尾井町までの少しの間
お花見スポットでも有名ですが地上から赤坂迎賓館の頭が見える
随一の場所です。


c0019551_950405.jpg
残念ながら迎賓館は改修中で足場が掛かっていました。
平成20年度からは安藤忠雄氏設計により和風施設拡充工事も
行われるようです。


c0019551_950488.jpg
鳳凰に囲まれた球形上の巨大な屋根飾りも
ここからは良く見えます。
by tanaka-kinoie | 2007-06-07 09:30 | その他 | Trackback | Comments(6)

借 景

「けやきの見える家」の進捗状況です。
セルロースファイバーの断熱、フローリング貼りも終わり、ガルバリム外壁貼りと内部の建具枠やその他の造作工事に入っています。
6月一杯で木工事は、終了予定ですので、うまくいけば7月末に見学会を開催致します。
名前のとおり、正面にある親水緑道のけやきを室内に取り込む事が設計段階からの大きなポイントでした。
バルコニー腰壁の開口はスチールのフラットバーにワイヤを通して開放的にして内部からの眺めを優先しました。
緑道からの視線も多少は考慮して、すだれなどの目隠しも出来るように工夫する予定です。

c0019551_18403622.jpg

リビングから望める借景
親水緑道とけやきです。
by tanaka-kinoie | 2007-06-04 10:28 | 建築、仕事 | Trackback | Comments(4)

「エッサッサ」

c0019551_14262728.jpg
本日は前の中学校の運動会です。
徒競走、綱引きなどの代表的なものとソーラン節やJ-popでの踊りなど我々の頃とは違った催しもあります。
懐かしいのが私の中学時代にもあった「エッサッサ」です。
日体大独自の応援スタイルですが彼らににとっては神聖な物のようで笑っているとどなられました。
体育教師に日体大卒が多いからだと思いますが、確かに男らしい演技です。
後輩の日体大卒の結婚式でも披露されましたが、一糸乱れぬ彼らの物は全く違いました。
練習の為に毎日騒がしかったのですがやっと来週から静かになりそうです。
by tanaka-kinoie | 2007-06-02 14:18 | 見学会、住まい教室、他 | Trackback | Comments(6)