<   2013年 05月 ( 18 )   > この月の画像一覧

我が母校

c0019551_18422317.jpg

こちらは今は無き、我が母校都立秋川高校のメインストリートのメタセコイア並木です。
現在、保存運動が起きておりあきる野市も東京都に要望書を出しているそうです。
樹齢50年以上300mも続く、こんな並木があきる野市にあるなんて殆ど知られては
いないと思います。
近日中に見に行こうと思っています。
by tanaka-kinoie | 2013-05-31 18:34 | 自分の思い | Trackback | Comments(0)

大工がつくるサイコロ

c0019551_9282292.jpg

大工がつくる小物もいろいろ増えていますが今回はサイコロです。
4cm角の大きさでタモ材にブビンガを埋木してあります。

置物としても無垢の材料からつくると存在感がありますね。
なかなか手間が掛かるので量産は出来ませんが暇になったらまた違う
材料で作ってみたいです。
by tanaka-kinoie | 2013-05-28 09:29 | 小物 | Trackback | Comments(0)

Jパネル ネストテーブル

c0019551_18465931.jpg

Jパネルのネストテーブルのストック
単純ながらも手間がかかる家具です。
時間がある時に作っているのでいつも数台の在庫があります。
弊社でも人気のある家具です。

左:唐松  
右:ヒノキ

c0019551_1848232.jpg

家具は端部が大事、大工がつくっているとは言えエッジを効かせた
納まりでぐっとよくなります。
小泉誠さんのディテールです。
手間は掛かりますが単純な家具なればこそ、こんなところがポイントに
なります。

この大きさでは36㎜では厚いので両面プレンナー掛けして30㎜にして
バランスを計っています。
こんなところもポイントです。
by tanaka-kinoie | 2013-05-23 18:51 | 家具 | Trackback | Comments(0)

Flora vase

c0019551_17294292.jpg

最近購入したデンマーク王室御用達のガラスウェアブランド
Holmegaard のFlora のvase
大ぶりですが口がせまいので一輪でも大丈夫だし芍薬を活けても良く合いました。

底は広いので安定感も抜群で枝の長い花でも安定感抜群で
使いやすいです。
これは24㎝ですが小ぶりな12㎝も購入しました。



○WebマガジンA House of Colla:J19号「住まい手バス見学会」が発刊をされました。

「日本の木のいえ情報ナビ」造作キッチン特集で弊社が取り上げられています。

○WebマガジンA House of Colla:J3号「東京に暮らす心地よさを求めて」が発刊をされまし
○WebマガジンA House of Colla:J8号「家をたてる家をまもる」が発刊をされました。
○WebマガジンA House of Colla:J11号「土地の意識を変えた3:11」が発刊をされました。
○WebマガジンA House of Colla:J15号「大工のつくる家具」が発刊をされました。br clear=all>


by tanaka-kinoie | 2013-05-21 17:30 | 小物 | Trackback | Comments(0)

赤松床材 入荷

先日の「阿佐ヶ谷の家」でも使った希少な国産赤松の無地柾目のフローリング
白柾は現品限りで残りは数坪の残りしかありませんがリクエストもあって数十坪を買い足しました。
今回は赤白混じりの源平柾目ですが、これだけ脂っ気があれば数年で目立たなくなるはず

c0019551_15495659.jpg

この目の詰まり具合からも針葉樹としてびっくりの重硬な松です。
一般的な床材よりはお高めですが、お値打ちな材料だと思います。
by tanaka-kinoie | 2013-05-21 15:52 | 建築、仕事 | Trackback | Comments(2)

物干し台 3題

c0019551_20381493.jpg

根津近辺で見つけた物干し台3題です。
左下のものは珍しい屋根付きだったようですが風の影響でしょうか
屋根材はありませんでした。
たいていが密集地にあるので見上げでうまく撮るのは難しいです。
塔屋(屋根や屋上に出る飛び出た建屋部分)と物干し台とそれを結ぶ通路や階段
、屋根の関係がうまく撮れればパーフェクトですがそれには鳥瞰的な高さが必要
になりそこまでは難しいです。
今回も2題には物干し台と塔屋は何とか写りましたが1つは無理でした。
高いビルから望遠などで撮れば良いと思いますが気軽にやっていきます。

c0019551_2039260.jpgc0019551_20382916.jpg

○WebマガジンA House of Colla:J19号「住まい手バス見学会」が発刊をされました。

「日本の木のいえ情報ナビ」造作キッチン特集で弊社が取り上げられています。

○WebマガジンA House of Colla:J3号「東京に暮らす心地よさを求めて」が発刊をされまし
○WebマガジンA House of Colla:J8号「家をたてる家をまもる」が発刊をされました。
○WebマガジンA House of Colla:J11号「土地の意識を変えた3:11」が発刊をされました。
○WebマガジンA House of Colla:J15号「大工のつくる家具」が発刊をされました。br clear=all>


by tanaka-kinoie | 2013-05-19 20:38 | 物干し台 | Trackback | Comments(0)

桜上水で地鎮祭

c0019551_2021042.jpg

本日は雨の予報もずれ込み、気持ちの良い青空の下で地鎮祭が行われました。
桜上水の静かな住宅街ですが東側は畑も残り、大きく開いたのどかな場所です。
木造2階建ての比較的小さな家
6月から着工して10月末に竣工予定です。

○WebマガジンA House of Colla:J19号「住まい手バス見学会」が発刊をされました。

「日本の木のいえ情報ナビ」造作キッチン特集で弊社が取り上げられています。

○WebマガジンA House of Colla:J3号「東京に暮らす心地よさを求めて」が発刊をされまし
○WebマガジンA House of Colla:J8号「家をたてる家をまもる」が発刊をされました。
○WebマガジンA House of Colla:J11号「土地の意識を変えた3:11」が発刊をされました。
○WebマガジンA House of Colla:J15号「大工のつくる家具」が発刊をされました。br clear=all>


by tanaka-kinoie | 2013-05-19 15:16 | 地鎮祭、上棟 | Trackback | Comments(0)

「根津の家」足場が外れました。

「根津の家」の足場が外れました。
隣地を借りて工事の出来る期間が限られていましたので突貫で外装工事を終わらせました。

c0019551_21205825.jpgc0019551_2121913.jpg
c0019551_21211590.jpg

路地に面した正面はガリバリウム鋼板の一文字葺きです。
手摺は道路斜線があたるために透過性の高い物に限定されるので
ドブ付鍍金のスチールの手摺です。

その他の3面は小波のガルバリウム鋼板です。
7月に見学会を行います。
詳細はまた

○WebマガジンA House of Colla:J19号「住まい手バス見学会」が発刊をされました。

「日本の木のいえ情報ナビ」造作キッチン特集で弊社が取り上げられています。

○WebマガジンA House of Colla:J3号「東京に暮らす心地よさを求めて」が発刊をされまし
○WebマガジンA House of Colla:J8号「家をたてる家をまもる」が発刊をされました。
○WebマガジンA House of Colla:J11号「土地の意識を変えた3:11」が発刊をされました。
○WebマガジンA House of Colla:J15号「大工のつくる家具」が発刊をされました。


by tanaka-kinoie | 2013-05-17 21:21 | 建築、仕事 | Trackback | Comments(0)

寂しくなりました。

c0019551_109037.jpg

昨日の午前中まで何とか持ってくれた芍薬
華やかなお花だけでに事務所は一気に寂しくなってしまいました・・・・

これは少し前に散ってしまった珍しい黄色のお花です。
しばらくはカウンターの上でも楽しませて頂きました。
来年の5月には芍薬を家族3人でめでることが出来ると良いと
思っています。
by tanaka-kinoie | 2013-05-15 10:09 | 動植物 | Trackback | Comments(0)

週末の現場

週末はお客様との打ち合わせが殆どです。
先週は午前中から「根津の家」の打合せ
c0019551_21345248.jpg

路地側のガルバリウム鋼板一文字葺きの外壁がそろそろ終わります。
今週中に足場が外れますので楽しみにしています。

夕方からは「葛西の家」の建物のお浄めととお客様と大工顔合わせ会
c0019551_21363812.jpg

OMソーラーの木造3階建て 5人家族のお家です。
南側の畳スペース付近からキッチン側を望む
2階のリビング、ダイニングはとても広く20畳はあります。
キッチンは一段下がりますがキッチンカウンターとダイニングテーブル
が一体となります。


c0019551_21371972.jpg

キッチン側から南側バルコニー側を望む
キッチンスペースが20㎝下がっています。
c0019551_21365566.jpg

1階の柱 山長商店のJAS材のヒノキ柱
c0019551_21373682.jpg

準耐火構造で被覆をされてしまう胴差ですが十分に化粧材になり得る
良質な杉梁も見られました。
c0019551_21371232.jpg

梁桁の中にもこんな綺麗な物が混じっています。
隠れてしまうのがもったいないです。

by tanaka-kinoie | 2013-05-14 21:35 | 建築、仕事 | Trackback | Comments(0)