<   2014年 06月 ( 15 )   > この月の画像一覧

超高級材のボールペン

c0019551_18414988.jpg


前出の記事にあった御蔵島の桑材で作ってもらったボールペンが大阪の橘商店より届きました。
世界に数本しか無い、貴重な材料です。
近日中にお客様にお渡しをする予定です。
c0019551_1843285.jpg

この奥艶のある光り方は御蔵の桑ならでは?
喜んで頂けると思います。
by tanaka-kinoie | 2014-06-29 18:36 | 小物 | Trackback | Comments(0)

超高級材?

「東小松川の家」で階段に使った御蔵島の桑
御蔵島の桑材は希少価値が高く、買いたくても手に入らない高級材として知られていますが
東小松川の家では奥様のお父様がお持ちだった桑材を弊社で加工して幅接ぎをして贅沢に使いました。
黄色掛かった飴色・・・・・
いや黄金色をした奥艶のある独特の材料でした。
あてっ木で反り、むくりもあって加工も、取り付けも難しい材料でしたが1年経過して良い色合いになっていました。

c0019551_15474630.jpg

ところが先日、ネットでこんなのを見つけてびっくり
超高級材と言う事は知っていましたがここまでの価格とは
思いませんでした。
単純計算で200万超え/㎥です。(汗)
c0019551_15512845.jpg

3階建の小松川の家
1階~2階、2階~3階に使い
踏面も蹴込みも使ったので材積からしても100万を軽く
超えています。
知らなかったとはいえ、こんな材料を使った家づくりが
出来たことを感謝しています。
c0019551_15513877.jpg

黄金色に輝く桑材
by tanaka-kinoie | 2014-06-28 15:41 | 建築、仕事 | Trackback | Comments(0)

今月のパブリシティ3題

今月も多くの雑誌に掲載を頂きました。

c0019551_8322163.jpg

常連掲載でもあるビルダーズ


c0019551_8324153.jpg

同じくエクスナレッジのムック本
造り付け家具について取り上げられています。


c0019551_833454.jpg

都市部で建築をしている以上は防耐火仕様は避けられません。
そんな条件の中での設計、施工の工夫などを取材頂きました。


by tanaka-kinoie | 2014-06-26 17:28 | 本、雑誌 | Trackback | Comments(0)

耐火木造3階建て見学会

8月9日(土)と10日(日)に完成見学会を行う「板橋の家」は防火地域に位置しており鉄筋や鉄骨造に準ずる耐火建築物にする必要があります。
大手住宅メーカーと違い独自の耐火認定工法を持たない我々のような中小工務店や設計事務所は
日本木造住宅産業協会で取得されている認定工法を使って耐火構造に取り組みます。

弊社も初めての経験ですが私はもちろん、設計担当、現場担当の監督などが指定講習会を受講して設計施工で進めていました。
構造の被覆、耐火区画貫通など慣れないことも多かったのですがまずは耐火建築ならではの特殊な防火に関しての部分に触れたいと思います。


c0019551_10401950.jpg

まずは外壁です。
今回は初めてなので普段は使わないサイディングを使う
スタンダードな仕様で施工しました。
とはいえ構造用合板にALC35mmを貼って、その上に
16mm厚のサイディングを貼ると言う外壁2重張りです。
c0019551_10403444.jpg

最初は35mmのALC版を貼っています。
c0019551_10404637.jpg

ALC版の上に16mm厚のリブのあるシンプルなサイディング
を張っています。



c0019551_1041775.jpg

室内
構造材を覆う、石膏ボードは木造で使うことはあり得ない
厚さ21mmの物の2重張り
c0019551_10412275.jpg

1枚目を貼った上に炭酸カルシウム系の接着剤を塗って
その上にもう1枚の21mm石膏ボードを張っています。
1枚目と2枚目の目地はずらして張っています。
c0019551_10414331.jpg

コンセントBOX廻りの切欠きはこんな感じ21mm厚の石膏ボードが
2枚見えます。





c0019551_1041598.jpg

階段は鉄骨で本体を製作して唐松材を取り付ける木質階段
間仕切りも含めて全て鉄でつくっています。


c0019551_10421888.jpg

狭小地で隣家も迫っているので階段で採光と通風の確保の為に
スリット階段にしています。
c0019551_10424544.jpg
c0019551_1043023.jpg


唐松パネルを鉄骨の上に取り付けて耐火階段の木質化をしています。
by tanaka-kinoie | 2014-06-24 09:29 | 見学会、住まい教室、他 | Trackback | Comments(0)

「北国分の家」1回目の見学会終了

「北国分の家」の見学会が終了しました。
一般のお客様と設計事務所の方々の見学者も多く訪れて盛況な見学会となりました。
お足元の悪い中、ご来場を下さりました皆様に感謝を致します。
お客様のご厚意によりお引き渡し後の7月26日(土)と27日(日)も2回目の見学会を開催することになりました。
お申込みをお待ちしております。

c0019551_20472762.jpg
c0019551_20545363.jpg
c0019551_20483445.jpg
c0019551_2047352.jpg
c0019551_20474224.jpg
c0019551_2047506.jpg
c0019551_20475887.jpg
c0019551_2048629.jpg

by tanaka-kinoie | 2014-06-22 20:49 | 見学会、住まい教室、他 | Trackback | Comments(0)

田んぼの真ん中は

c0019551_1822598.jpg

潮来インターから見下ろした水郷の水田の様子です。
周囲が田んぼに囲まれた農家だと思われます。
それこそ職住接近の代表的な例です。(笑)

それにしても周辺がこんな環境の場所は日中晴れていれば
放射冷却現象が起こり易く、夜でも涼しいでしょうね。
一度お住まいの方にお聞きしたいです。
by tanaka-kinoie | 2014-06-20 18:02 | 動植物 | Trackback | Comments(2)

屋根から見えるもの

c0019551_22573821.jpg


本日は2年前に改修工事を行った笹塚の家の定期点検を行いました。
金属瓦に改修した屋根ですが雨降りに前に上がってみました。

屋根の上から見える風景は地域ごとに様々です。
ここでは新宿副都心の高層ビル群が見えていました。
わたくしどもの施工範囲は主に都会
自然の山並みや海や湖が見えることはありません。
せいぜい富士山程度

スカイツリー
東京タワー
高層ビル

などの人工物が多いのですがそれも地域の大きな特徴です。
またどう対応して良いのかと言う物も見てしまいます。(笑)

いずれにしても定期点検も工務店の大事な仕事のひとつです。
by tanaka-kinoie | 2014-06-18 22:58 | 建築、仕事 | Trackback | Comments(0)

「北国分の家」完成見学会 今週

「北国分の家」の完成見学会が今週末に開催されます。
クリーニングも終了して一部の工事を残すのみとなりました。
7月26日(土)、27日(日)にも開催されますが是非ご覧ください。

c0019551_11164528.jpg

2階のLDKの様子
竿縁天井が特徴的で造り付け家具も多くあります。
右隅にある黒いのは調理も可能な薪ストーブ


c0019551_1117221.jpg

コーナーにある薪ストーブのスペース
大谷石敷きとなっています。
c0019551_11171783.jpg

定番のハーフユニット+さわら板貼り









設計:田中敏博設計室
施工:田中工務店

by tanaka-kinoie | 2014-06-17 11:17 | 見学会、住まい教室、他 | Trackback | Comments(0)

worldcupの初戦の日の鹿島

c0019551_893175.jpg

土曜日の波がよかったと聞いて昨日は午前4時起きで鹿島の海に
向かいました。
南西の風が吹く前に到着と思ったら午前6時前で既にサイドの
オンシュア気味の風が・・・・・・

午後も予定があったので諦めて入水
海面がすこしざわつき気味でしたが腰胸程度のサイズ
そこそこ遊べましたが8時前からは風も止んで形も綺麗になって
久しぶりに良い波!!!
worldcupの初戦とあって人もいきなり減ってかなり遊べました。
9時には波が無くなり、出水
いつもの時間帯で入水したら波はなかったと
早起きは三文の徳と思えた日でした。
by tanaka-kinoie | 2014-06-16 08:32 | 波乗り | Trackback | Comments(0)

最高の家具をデザインする方法

c0019551_11563962.jpg


エクスナレッジ ムック
最高の家具をデザインする方法が発売されました。
私が数年前に書いた建築知識の記事が転載されています。
「優秀工務店の㊙造作家具ディテール」と題して
シナランバーの箱組の様々な方法をお伝えしています。
工務店と言えども良い大工がいたとしてもこう言った箱組の
経験が無い大工は多くいます。
そんな経験が無い方々にいつも質問されているようなことをまとめてあります。

我ながら良い内容だと思いますので是非お買い求めください!!
印税は入りませんが売れてくれば苦労して書いた甲斐があります。(笑)
c0019551_11533721.jpg
by tanaka-kinoie | 2014-06-13 11:54 | 本、雑誌 | Trackback | Comments(0)