<   2014年 10月 ( 12 )   > この月の画像一覧

わざわ座 準備委員会

先日、わざわ座の準備委員会があいばこにて開かれました。
ジャパンホームショーでの正式発表の準備に向けて最終の打合せです。
11月12日(水)の
トークセッション①小泉誠×伊礼智 は既に満席で立ち見もいっぱいとのこと
トークセッション②わざわ座×工務店・大工の申し込みも多数あるそうです。
わたくしも竹平大工と共に登壇して15分ほどのお話をさせて頂きます。

c0019551_1034037.jpg

伊礼さんから
相羽建設さんとのおおくの仕事で造り付け家具も含めた標準化を図り
工務店との仕事の中からオリジナルの置き家具が産まれた経緯が
伝えられました。

c0019551_10341332.jpg


伊礼さんの置き家具
サイドキャビネットとちゃぶ台



c0019551_10342193.jpg

天板に違う3種類のちゃぶだい
c0019551_10343155.jpg

柾目取りの杉パネルや広葉樹パネルの検証
c0019551_10352984.jpg

通常の会議は朝練と言われ 午前8時からスタート
今回は夜練と言われる・・・(笑) 夕方からの会議です。
残りは飲みながらでも・・・・
地のもの持ち寄りとありましたが、まさか小松菜ともいかず
従妹のお店LIVESのスペアリブを持参致しました。


c0019551_10354992.jpg

山梨からは煮貝といわれる鮑
静岡からは桜海老にシラス、珍しく超甘いキウィ
目白からは美味しいパン
相羽会長ご出身の新潟のコシヒカリのおにぎり
c0019551_10361024.jpg

煮鮑を切るところにみんな注目です・・・(笑)
小泉さんのスタッフのOさんの手も震えておりました。(爆)
c0019551_10362487.jpg

茨城からは葵の御紋の入った
100年梅酒です。
まろやかで常温で割らずともとてもおいしかった。
c0019551_10363716.jpg

久しぶりに相羽会長も参加して遅くまで建築談義が続きました。


by tanaka-kinoie | 2014-10-31 10:36 | 建築、仕事 | Trackback | Comments(0)

出張四日目 京都

出張四日目 
京都郊外に宿泊していましたがニ条に今年オープンしたリッツカールトン京都へ。
ちょっとした縁があって内部を見学させて頂きました。

以下写真は私が撮ったものでは無く、同行したメンバーのものを拝借しております。(^^ゞ

c0019551_10405046.jpg

エントランス付近の写真

高さ制限により日本料理のレストランやバンケットルーム、スパは
地階にあります。
大きなドライエリアを設けてあるのでレストランの採光はもちろん
その他の地下エリアへの光に入り方に工夫が見られます。

c0019551_10405769.jpg

ロビーラウンジ
アフタヌーンティーが楽しめるそうです。
以前来たときにもハイソなご婦人方で溢れていました。
c0019551_1041340.jpg

地階への階段吹抜けを挟んでレセプションロビー
横にはピエールエルメのブティックがあります。
c0019551_10411033.jpg

イタリヤ料理のレストランの個室
ここにあった藤田男爵の京都別邸跡を移築したで物です。
京都迎賓館の施工も手掛けた名工の安井杢工務店によるものです。
c0019551_10413087.jpg

こちらはその続き間です。
c0019551_10413841.jpg

最上階にあるザ・リッツ・カールトン・スイート
212㎡の広さがあり一泊100万円だそうです。
現実離れしたこの部屋を語ろうとすると返って安っぽくなるので
差し控えます。
お泊りになる方も少なくないようです。



とこれで関西方面の出張も終わりました。
京都で少しは名刹巡りとも思いましたが諸々の用事で
名古屋に立ち寄って東京に深夜に到着しました。
今回は30人近くの方々とお会いして名刺交換をさせて頂きました。
比較的若手の方々が多く、一人一人とじっくりとお話しすることが
出来ませんでしたが多くの情報交換が出来た充実した出張でした。
お世話になりました皆様方には改めて御礼を申し上げます。



by tanaka-kinoie | 2014-10-29 10:42 | 建築、仕事 | Trackback | Comments(0)

出張三日目 奈良~京都

大阪MOKスクールの懇親会が終り、阪口製材所の阪口専務に運転して頂き夜遅くに奈良に向かいました。
お酒も入っているし前日の疲れもあって五条市内のホテルまでの車中は寝てしまい失礼を致しました。
翌日は早朝にお迎えを頂き、阪口製材所に向かいました。

c0019551_2150206.jpg

阪口さんのご自宅に前で目についたのがこれ
何だとろうと聞けば、割り箸用の材料とのこと

以前、割り箸を作る為に森林が伐採されている
ような笑い話しがありましたが丸太を四角に製材をして
その外側の余った部分が割り箸に使われています。
中国産のシナについては知りませんが・・・
c0019551_21503078.jpg


綺麗な柾目の材料でした。
これで吉野杉の高級なお箸が生まれます。



広大な敷地内には吉野材を活かした2つのモデルルームがあります。
材木屋としてモデルを持つ会社は少ないと思います。
材木を売る為には良材がどう家に使われるべきかを示したものです。
スタイルの違う設計者を起用して比べてもらおうという真似の出来ない形の提案です。

c0019551_2152984.jpg

平屋の木の展示館
吉野サロン
設計:三澤康彦
c0019551_21522420.jpg

c0019551_21524857.jpg

吉野STYLE
c0019551_2153155.jpg

c0019551_855945.jpg

前日にMOKスクール大阪でお世話になった桜設計集団の
安井さん、佐藤さんと日影アトリエの日影さんに同行
安井さんは葛飾区で始まる住宅の構造材の検品
目の積んだ赤身勝ちの綺麗な梁桁材で殆ど揃えられていました。

c0019551_21531789.jpg

吉野本社から五條市の事業所に移動
珍しい構造材から板材まで手に入り難い材木に
圧倒されます。
4,000㎥のストックがあると聞きました。
c0019551_21532770.jpg
c0019551_813353.jpg

関東ではあまり流通していない高野槇
節が多いのですが腐朽、耐水性に優れた材料です。

午後からは京都に移動
c0019551_21534278.jpg


京都サロン
設計:伊礼智設計室

阪口製材所よりの吉野材が活用されたモデルハウスです。
c0019551_21535265.jpg

伊礼色と言われるW-129 のそとん壁よりも薄い色
羽目板とのコントラストでメリハリのある外観です。
c0019551_2154371.jpg

室内もいつもの伊礼さんの設計手法でまとめられているとは
言え、吉野材活用が普段より和の雰囲気、京都らしさを感じさせます。

c0019551_13162165.jpg






この日はまた工務店仲間数人と京都の町で懇親会がありました。
祇園近くのbarは中々素敵な内装でカクテルも美味しかったです。
詳しくはありませんがバカラやアンティークのグラス類も素敵な物が
多かったです。
すっかりご酔っぱらってしまいました。

四日目に続く・・・・・

by tanaka-kinoie | 2014-10-27 21:42 | 建築、仕事 | Trackback | Comments(0)

出張二日目 大阪~奈良へ

初日は北新地で遅くまで盛り上がりましたが早起きして心斎橋のアーキツアーに出掛けました。
前出の建築MAP大阪/神戸を手にしてホテルを出発、徒歩で20分ほどで心斎橋付近に到着
村野藤吾と出江寛の目当ての建築をと思いきや見当たりません。
道を間違えたとうろうろしますがどう考えてもあっています。
が~ん 既に解体されて新しいビルになっていました。

この本の帯にある迷わずスイスイ 建築見学のキャッチが恨めしい・・・・・
それでも気を取り直して目当てで無い、いくつかの建物を回りました。

c0019551_20325855.jpgイタリヤ人建築家
知らんな~
c0019551_20333696.jpg

大丸
ヴォーリズ建築事務所
c0019551_20335415.jpg

大成閣
村野・森建築事務所


c0019551_20341089.jpg

GALLERIA
安藤忠雄


c0019551_20342231.jpg

そして綾瀬はるかのこれ・・・・・(笑)
キリンプラザ大阪はもちろん無くなっていました・・・

10月23日には6代目グリコになっていますので見られて良かった。

この日の夜に道頓堀に何十人も飛び込むとはこの時は
知る由もありませんでした。
その後はホテルに戻り、橘商店へ



c0019551_20365983.jpg

前日もお邪魔した橘商店にて会長によりMOKスクールの
名栗加工の実演がありました。
名栗をすることで材により独特の風合いが出ます。


名栗に漆を拭けば材によってはクロコダイルの皮の
様な風合いにもなります。




手前がなぐられたピーラー材です。






c0019551_20373550.jpg

6角形の栗材の名栗
手摺などに使われます。
弊社にも同じ見本があります。


c0019551_20374938.jpg

名栗加工用のレバーのある突きのみです。
c0019551_2038790.jpg

橘商店前での記念撮影
後ろで極道のごとく見えるのが(笑)
大阪の弟ことコボットのてっちゃん
前左が店舗デザインから住宅設計まで売れっ子の
建築家SWINGの小泉さん
隣が防火設計の一人者でもある桜設計集団の安井さん


前日も深夜まで飲んでいたメンバーも背筋伸ばして
とっても良い写真が撮れました。



c0019551_2105657.jpg

昼食はお寿司
関東の人にはなじみの少ない粕汁ですが
以前、大きなタッパーでお土産にも頂いたこの多み寿司の粕汁
魚のあらと野菜が沢山
舌の肥えた? 大阪人もうなる旨さです。



c0019551_2124260.jpg

大阪木材仲買会館
大型の耐火木造3階建
MOKスクール大阪がここで開催されました。
僭越ながら4年前には行列が出来る工務店として講義をしたこと
がありますがその頃語ったことは今や普通の事柄

新たな学びを求めて舞い戻ってまいりました。


c0019551_2125781.jpg
c0019551_21272585.jpg


第一講義:佐藤孝浩(桜設計集団)
第二講義:安井昇(桜設計集団)
第三講義:日影良孝(日影良孝建築アトリエ)

お世話になっている桜設計集団の構造家の佐藤さんと
安井さんと日影さんのお話し

講義の内容はこちらを



懇親会も参加してその夜には阪口製材の阪口専務の運転で
奈良へ移動しました。

続きはまた・・・・・





by tanaka-kinoie | 2014-10-23 20:11 | 建築、仕事 | Trackback | Comments(0)

久しぶりの出張でした。

金曜日から関西方面に出張で大阪、奈良、京都、名古屋と4都を巡ってきました。
材木屋さんを周り、旧知の工務店仲間と久しぶりに交流を持つことも出来ました。
私の為に多くの時間をさいて頂き、歓迎をしてくださった方々に改めて感謝を致します。
ありがとうございました。

c0019551_20495826.jpg


建築mapまで購入して気合が入っていたのですが
この時はこんな重たくて高い本が役に立たずとは
思いもしませんでした。・・・・涙
c0019551_2117259.jpg


売店でこんなの見つけてしまいましたがしたが
車内では仕事していて読む時間も無しでした。
まあ数年に一度は同じ内容のものが出て、その度に
買っているので元々パラパラとめくる程度です。)^o^(
c0019551_21222966.jpg

久しぶりの富士山 寒川付近
初冠雪です。
c0019551_21224486.jpg

うとうとしていてもこんな日はシャッター音で
目が覚めます。
新富士付近ではシャッター音鳴りやまず
綺麗な富士山が見られて幸先も良かったです。

c0019551_2128026.jpg

新大阪にはお昼前に到着
いつもフローリングに接ぎパネル、その他木材でも
お世話になっている大阪の弟こと田中てっちゃんの
お店バッファローマン

c0019551_21283053.jpg

念願のステーキハウス「バッファローマン」での
石焼きステーキ
お肉はもちろん、野菜、ご飯、味噌汁どれも旨い。
ご飯がすすみお替りすることなど滅多に無い自分が
2杯のご飯を平らげました。

c0019551_21442378.jpg

午後からは大阪の街中にある名栗加工と銘木カウンターを
扱う橘商店さんを訪問。
弊社にも橘商店仕入れの良材カウンターのストックがあります。
会社だけでなく、平林の倉庫などもご案内を頂きました。
c0019551_21561913.jpg

栗の丸太など製材前のものもありました。
こんなに大きな栗があるんですね。
c0019551_21452564.jpg

栗や栃、ウォールナットなど橘商店の得意の材の
他に花梨や欅などもあり、使い道も無いのに欲しくなるのは
工務店として良材を使った家をつくりたいという性でしょうか?

c0019551_2212851.jpg

大阪の巨匠でもあり
TVのビフォーアフターの匠でもある木村工務店
木村社長を訪問
4年前のMOK大阪のセミナーで講師として
ご一緒させて頂きました。
同じ三代目同士で地域は違えど、共通項のある
尊敬できる工務店の先輩です。
c0019551_2213856.jpg

木村工務店さんのある場所は小路という住所だけ
あって小岩周辺にも似た町でした。
そこにあるのが「まちのえんがわ」と称して町に開かれた
ライブラリースペースです。
趣味の良い小物と本が置かれていて気軽に入れる場所
でした。
ワークショップなども定期的に開催されています。
c0019551_2221726.jpg

ご自宅にもお邪魔をしました。
写真はありませんが改修を重ねられたご自宅は外見からは
想像できない大きく中庭に開かれていました。
インテリアのご趣味とセレクトも素敵でした。
そのご自宅のリビングでの橘さんと木村さんどの写真です。

c0019551_2223833.jpg

夜はあの有名な二度漬け禁止のだるま
北新地の新らしい店は5階建てのビルです。

今回は個室で仲間だけだったので二度漬けOKでした。(笑)


c0019551_2262075.jpg

大阪近辺の建築仲間が
大集合してくれました。
津軽三味線の演出もあり初日から大歓迎の夜でした。

c0019551_2263783.jpg

その後は若手の方達との交流会
カウンターは橘商店で納材された栃です。

大したことも教えられないのですが多少は
先輩経営者としてお答えできることもありました。
以前逆の立場で諸先輩方に教えを乞うたことを
活かしてショートカットが出来て今日の弊社と
私があります。








建築談義も夜中まで続きましたが初日はここまで
2日目に続く・・・・・・


by tanaka-kinoie | 2014-10-22 20:49 | 建築、仕事 | Trackback | Comments(2)

Stool60 red&blue

c0019551_204335100.jpg


Artek 社のStool60の鮮やかな青、コーンフラワー色を会社で購入しました。
赤は私物で20年以上前に購入した物で弊社の竣工画像にも数多く登場しています。
1933年にデザインされたというから既に80年以上も前の家具という事になります。
色のバリエーションも豊富だしスタッキングした姿も良いです。
比較的手頃な価格なのでもう1脚欲しくなります。
次に買うとしたらバーガンディ(ワインレッド色)かな~
c0019551_2044379.jpg

3本脚と4本脚
バランスの良いフォルムは3本脚
それでも3本脚は安定感無く踏み台には使えず
バランスが悪い・・・(笑)
安定性があるのはやはり4本脚ですね。

今は真っ白ですが20年経てばこんな感じに飴色になってきます。
by tanaka-kinoie | 2014-10-16 20:44 | 家具 | Trackback | Comments(0)

丁寧な造作仕事

大工は何も言いませんが造作工事で木の小口(切り口)が見えそうな部分ではそれを見せ無い様に細工しています。
様は鉋が掛からないような木の断面を見せないようにするんだと自然に教わっているという事です。
最近は無垢材の枠など殆どの家で使われないし塩ビのノックダウン品を使えば切り口は無く、すべて塩ビで巻かれ包まれています。
それなので無垢材ならではの流儀、作法?なのです。

c0019551_2232681.jpg


先日お引き渡しが終りました「習志野の家2」の造作工事
障子が高い位置にあるので縦枠材の下端が見上げると
見えてしまいます。
c0019551_2232173.jpg


そんなわけで下から見上げるとこんな風に
なっています。







c0019551_22322989.jpg


2年半前に完成した伊礼智設計室との仕事
「阿佐ヶ谷の家2」
こちらは窓の家具と障子の敷居も絡む部分です。



c0019551_22324415.jpg


ランバーコアと挽き板と敷居に目透しと複雑な納まりと部位が絡む部分。
面倒な仕事ですが綺麗に納めてくれています。
当然、詳細図にはこうしてくれとは書いてありません。(笑)

こんな丁寧に仕事をしていると正直儲けが・・・・(^_^;)
でも普通にこんな仕事をしてくれている大工に感謝です。

by tanaka-kinoie | 2014-10-14 07:53 | 建築、仕事 | Trackback | Comments(0)

JBN全国大会in横浜

中小工務店をサポートする全国組織であるJBNの全国大会が横浜で開催をされました。
SBSで交流があっても普段は会えない全国の地域工務店との交流と分科会での学びも大きく充実した2日間となりました。

c0019551_21283760.jpg

青木会長の地域工務店を支えていくと言う力強い
お言葉に元気をもらいました。

c0019551_2128532.jpg

基調講演は小泉進次郎議員
え~ あ~ っていうようなつなぎの言葉が全く無く
全てが真っ直ぐに明確でわかり易いお話しでした。
我々中小工務店が興味を持つ話に持ち込んで
引き込まれましたが、そこにご自身が考える政策とを
うまく絡めたきっちり1時間のお話し。
政治家の講演を聞くのは初めてでしたが好感度が高い
理由がよくわかりました。



c0019551_212921.jpg

2日目の分科会 午前

徹底討論
2020年省エネ基準適合義務化に工務店は
いつから準備するべきか
新建ハウジング三浦社長のコーディネートの元
それぞれの特色を持つ、私も良く知る?工務店ごとの
考え方が良くわかりました。
確かにこれからの準備で法的適合は問題ないですが
特色、アドバンテージ付加した独自の性能を構築する
のは難しいことだと思います。
基準適合の準備なしの工務店はパネラーにも自分の
周りにも皆無なのでどう+αな仕様提示と基準作りを
するかだと思います。
それぞれの意見はどれも納得出来るものばかり
改めて進む方向のヒントを頂き、活を入れられました。


c0019551_21291248.jpg

2日目の分科会 午後
不動産連帯であらたな受注につなげる

中古住宅の長期優良化への流れや、インスペクション
制度など不動産業者と工務店の連帯で安心、安全な
住宅に変えて売買する事が求められる時代です。

同じようで全く価値観の違った不動産業と住宅建築業
この2つが手を組んでワンストップで中古住宅流通を
積極的に手掛ける
どちらの業界も実は望んでいることだと思います。
相容れることが難しかった相互の連帯をどう進めて
いくべきかの話のヒントがありました。




c0019551_21292773.jpg

思い出に残る写真です。
JBN青木会長
今回の実行委員長 山田建設 山田社長
JBN理事でもあり盟友でもある岡庭建設の池田専務
みんな良い笑顔してます。

by tanaka-kinoie | 2014-10-11 21:29 | 建築、仕事 | Trackback | Comments(0)

ヤモリ

c0019551_18365339.jpg


お引き渡し前にヤモリを発見しました。
家守とその名の通り、家を守ってくれる動物とも言われているので
最初から現れたのは縁起の良い証拠だと思います。



c0019551_1837273.jpg


爬虫類を嫌がる方もいますがちいさくて眼も可愛いし
愛くるしい表情をしています。

c0019551_18371188.jpg


とはいえヤモリがメンテナンスをしてくれるわけではありません工務店としての
家守りも家を長持ちさせる為に重要ですね。


by tanaka-kinoie | 2014-10-08 18:34 | 動植物 | Trackback | Comments(0)

i-works 1.0 basic

週末に前橋の牧田工務店施工のi-works 1.0 basicの見学会に伺いました。
アパレルに例えるなら伊礼智さん設計のオートクチュール的な注文住宅を過去の施工例を基準に標準化されたプレタポルテ的な家づくりです。
地域ごとの職人単価の、防火規制の違い、地盤の良し悪し、外壁の違いなどで若干の価格差があると思いますが実力のあるi-works加盟店が高い技術レベルで施工をします。

c0019551_12402898.jpg


タニタハウジングウェアのZIGでシャープな外観
軒先、ケラバの出たそとん壁仕様の民家型とは一味違う
良さがあります。
敷地は大きいですが弊社がいつも手掛けている都市型の
住宅と共通項があります。


c0019551_12403728.jpg


けらば側もZIGが1枚の長さで貼られており綺麗に納まっています。
理想的な張り方ですが都内では運搬と搬入から困難なことが多く
どうしてもジョイントが出来てしまいます。

敷地の広さ以外にも道路幅や建物配置、足場と隣地の余裕に
よっても施工方法、意匠的な違いが出てしまいます。
仕方がない事だとはいえ、羨ましい条件でした。

外構が出来れば、また家の雰囲気も様変わりするでしょうね。


c0019551_12404633.jpg

和室の小窓から吹抜け下のLDを覗いています。
1階に小さな部屋を作れるプランもあります。

by tanaka-kinoie | 2014-10-06 12:33 | 見学会、住まい教室、他 | Trackback | Comments(2)