<   2014年 12月 ( 12 )   > この月の画像一覧

仕事納め・・・

あまりにも慌ただしく、ブログの更新もままならずでした。
本日は船橋で地鎮祭のあとに現在工事中の現場を二軒だけ回って会社にて事務仕事でした。

c0019551_1944840.jpg

船橋での地鎮祭
木造2階建ての住宅ですが新しい試みも多くあり楽しみです。
まずは擁壁からの工事となります。
かれこれ1年以上のお付き合い?になるお客様
地鎮祭当日にわかったのが奥さまが私と同じ小学校出身だったことです。
厳密に言えば先輩が後輩の家をつくるという事になります。(笑)


c0019551_19491997.jpg

東小松川の家Ⅱ
母屋と隣接する家
空地と庭だったスペースに子世帯の家を建築しています。
c0019551_19492742.jpg

大工は正月休みに入っていますが現場は整理整頓されていました。
休み明けに断熱材の充填
構造見学会を17日に開催します。
c0019551_1949361.jpg

空地のスペースも広いとは言えず
間口は1.5間に掛ける部分もありますが狭くならぬように
伸びやかなプランニングになっています。
規則正しく、美しい登り梁が見えなくなるのが残念です。
c0019551_19494497.jpg

敷地境界が真っ直ぐでは無く、母屋との距離の調整も
あるので北側斜線を避ける為に複雑な屋根になっています。

c0019551_19495366.jpg

南小岩での改修工事
こちらの現場は30日まで工事を行います。
新たに拡幅される斜めの道路線に沿って建物を
改造している難易度の高い工事
現在の道路より2m広くなります。

ほぼカットが終った状態で屋根の工事に来年から
掛かります。
弊社には珍しい、瓦と銅版一文字葺きの組み合わせ
c0019551_1950038.jpg

1階のリビング、ダイニングという用途の和室
柱、梁の入れ替えと耐震補強があります。
c0019551_1950879.jpg

鉄骨も利用しながら木部で不可能な部分を可能にしています。
c0019551_19501583.jpg

新旧入り混じった2階の和室
仕上がっているのが既存部分です。
c0019551_19502462.jpg

新人社員大工の富川も屋根工事中です。


○1月17日(土)に「東小松川の家Ⅱ」の構造見学会を開催します。(申込み制)


「日本の木のいえ情報ナビ」造作キッチン特集で弊社が取り上げられています。

○WebマガジンA House of Colla:J22号「工務店と建築家」が発刊をされました。

○WebマガジンA House of Colla:J19号「住まい手バス見学会」が発刊をされました。

○WebマガジンA House of Colla:J3号「東京に暮らす心地よさを求めて」が発刊をされました。

○WebマガジンA House of Colla:J8号「家をたてる家をまもる」が発刊をされました。

○WebマガジンA House of Colla:J11号「土地の意識を変えた3:11」が発刊をされました。

○WebマガジンA House of Colla:J15号「大工のつくる家具」が発刊をされました。

by tanaka-kinoie | 2014-12-28 19:48 | 建築、仕事 | Trackback | Comments(0)

都心の屋根改修

施工した会社が既に無く、メンテナンスを委ねる先がわからず管理をされていない家を無管理住宅と呼ばれています。
弊社でも施工をしていないメンテナンスからのお付き合いが始まるお家が増えています。
先日、屋根の改修が終わったこの現場も同様でした。
工事は太陽光発電の傷などのチェックとOMソーラーの点検、一部雨漏りの修繕、トップライトのパッキンの交換と屋根全般にわたる工事でした。
壁の吹き替えなどのメンテナンスは行われていましたが屋根は新築当時のまま。
勾配もきつく、気軽に上がれるような形状でも無く、屋根足場を設置しました。

c0019551_16381341.jpg

屋根からの景色は抜群です。
代々木公園の緑も新宿の高層ビルも見えます。
c0019551_163834.jpg

そんな都会にありながらお茶室と庭園もあります。
たまに美味しいお茶をたてて頂きました。

c0019551_16384711.jpg

17年前のOMソーラーの集熱ガラスと
アモルファスの太陽電池一体型金属屋根
脳天打ちの笠木(棟包み)の留め方がちょっと不安
c0019551_16385974.jpg

北側斜線をクリアーする為のR型の屋根と天窓3か所です。

c0019551_1639289.jpg

OMソーラーの風量チエック
c0019551_16393788.jpg

屋根足場を設置して旧笠木に新しい板金を被せました。
今度は釘を上から打つようなことはしません。
接着と両端からの留め付けです。
c0019551_1639453.jpg
c0019551_16395552.jpg

最近は東京も積雪があるので雪割設置と雨押さえも新設
c0019551_1640151.jpg

ベルックスの天窓の水密材をすべて交換しました。

これで雨漏りも無くなると思います。
また20年近くはメンテナンスが不要かと思われます。
○1月17日(土)に「東小松川の家Ⅱ」の構造見学会を開催します。(申込み制)


「日本の木のいえ情報ナビ」造作キッチン特集で弊社が取り上げられています。

○WebマガジンA House of Colla:J22号「工務店と建築家」が発刊をされました。

○WebマガジンA House of Colla:J19号「住まい手バス見学会」が発刊をされました。

○WebマガジンA House of Colla:J3号「東京に暮らす心地よさを求めて」が発刊をされました。

○WebマガジンA House of Colla:J8号「家をたてる家をまもる」が発刊をされました。

○WebマガジンA House of Colla:J11号「土地の意識を変えた3:11」が発刊をされました。

○WebマガジンA House of Colla:J15号「大工のつくる家具」が発刊をされました。







by tanaka-kinoie | 2014-12-21 16:34 | 建築、仕事 | Trackback | Comments(0)

会社のツリー

c0019551_18551695.jpg


数年前に手に入れたフィンランドのLOVI社のクリスマスツリーとトナカイ
今年もお目見えしました。
薄いフィンランドバーチの板を組み合わせて立体的にするこの会社
独自のものです。
時期が過ぎれば畳めるのでそんな意味では家庭でも便利だと思いますが
ちょっと地味だし、薄い板は強いとは言えず、小さなお子様のいる家庭には
不向きかもしれませんね。





今年の題材も変わらず
小さな集落にトナカイが訪れたというシチュエーションです。(笑)
by tanaka-kinoie | 2014-12-16 18:55 | 小物 | Trackback | Comments(0)

赤塚の家 見学会終了

週末に見学会を開催した「赤塚の家」
ご来場のお客様は少な目とは言え、皆様には上々の評価を頂きました。
8.5帖程度のLDと3畳程度のスペースにあるキッチン、4.5畳の和室が併設された1階は痒いところに手の届く、ほど良い大きさ。
TV、ソファーなど置くべきものをしっかりと位置づけして、動線と居場所を導いてあげれば面積の大小だけで広さの感覚をはかれないと思います。

c0019551_2159113.jpg
c0019551_2159208.jpg
c0019551_21592834.jpg
c0019551_21593795.jpg
c0019551_2159445.jpg
c0019551_220543.jpg
c0019551_22020100.jpg
c0019551_2203093.jpg
c0019551_2204093.jpg

by tanaka-kinoie | 2014-12-15 22:01 | 見学会、住まい教室、他 | Trackback | Comments(0)

新幹線車窓から

先日の名古屋からの帰りは久しぶりに綺麗な富士山を見られました。
上りは品川付近から斜めに見えてきて、寒川過ぎた辺りから見えなくなり、静岡に入って頂上が徐々に見えてきて新富士付近で全容が現れます。
下りのシャッターチャンスはほぼ把握していますが日中に東京方面に向かう事は少ないので上り方向の富士山の見え方はまだ良くわかっていません。
この日は車内放送されるぐらいですからかなり綺麗でしたが上りの富士山の見え方はちょっと違っていますね。
早朝の下り新幹線の朝の元気をもらえる富士山もよいのですが帰りの元気をもらえる富士山も久しぶりでした。
夏もよいのですが冬の青く澄んだ空に冠雪のある凛とした富士山がやはり一番だと思いました。

c0019551_22293921.jpg
c0019551_22294652.jpg
c0019551_222954100.jpg

by tanaka-kinoie | 2014-12-13 22:30 | 自分の思い | Trackback | Comments(0)

明日から「赤塚の家」見学会です。

13日、14日 明日からの週末は板橋区にて「赤塚の家」見学会が開催されます。
私もしばらく現場に行けていませんでしたがこんな感じに綺麗に仕上がっているようです。
お待ちしております。

c0019551_21371734.jpg
c0019551_21374243.jpg
c0019551_21375433.jpg
c0019551_2138393.jpg
c0019551_21381157.jpg
c0019551_21381940.jpg
c0019551_21382888.jpg

by tanaka-kinoie | 2014-12-12 21:38 | 見学会、住まい教室、他 | Trackback | Comments(0)

食卓の上

c0019551_7503746.jpg


自宅のダイニングテーブルは120㎝角で比較的大きなサイズです。
ダイニングテーブルはスペースが許せば大きな方が重宝します。

雑誌、書籍類はもちろん好きな物を勝手、気ままに置くことが出来ます。
食事にも邪魔にならず、もろもろのコレクションを見ながらの食事も良いものだと思っています。
収拾と言う程でも無いのですが盃とガラスの置物を集めていますがテーブルの上にはガラスの
置物を並べています。

みずのみささん、扇田克也さん、イッタラのバードなどは朝食時には朝日にきらめき
元気も出ると言う方式です。・・・・(笑)
○12月13日(土)、14日(日)に「赤塚の家」の完成見学会を開催します。(申込み制)


「日本の木のいえ情報ナビ」造作キッチン特集で弊社が取り上げられています。

○WebマガジンA House of Colla:J22号「工務店と建築家」が発刊をされました。

○WebマガジンA House of Colla:J19号「住まい手バス見学会」が発刊をされました。

○WebマガジンA House of Colla:J3号「東京に暮らす心地よさを求めて」が発刊をされました。

○WebマガジンA House of Colla:J8号「家をたてる家をまもる」が発刊をされました。

○WebマガジンA House of Colla:J11号「土地の意識を変えた3:11」が発刊をされました。

○WebマガジンA House of Colla:J15号「大工のつくる家具」が発刊をされました。





by tanaka-kinoie | 2014-12-11 07:42 | 小物 | Trackback | Comments(0)

『中庭のある家』 7年目定期点検

c0019551_20191913.jpg


昨日は午後から『中庭のある家』
7年目の定期点検で伺う担当の伊藤に同行して家づくりを計画中のお客様の
ご案内もさせて頂きました。


土地探しからの苦労や現在の土地が見つかった経緯
弊社を選んで頂いた理由から家づくりの経緯までなどもお話を頂きました。

懐かしい思い出と記憶がよみがえり楽しいひと時を過ごす事が出来ました。
ありがとうございました。
c0019551_20202666.jpg

中庭の紅葉は過ぎて落葉し始めていましたが美味しい紅茶を
頂きながらダイニングからの眺めは良かったです。
c0019551_2020115.jpg
○12月13日(土)、14日(日)に「赤塚の家」の完成見学会を開催します。(申込み制)


「日本の木のいえ情報ナビ」造作キッチン特集で弊社が取り上げられています。

○WebマガジンA House of Colla:J22号「工務店と建築家」が発刊をされました。

○WebマガジンA House of Colla:J19号「住まい手バス見学会」が発刊をされました。

○WebマガジンA House of Colla:J3号「東京に暮らす心地よさを求めて」が発刊をされました。

○WebマガジンA House of Colla:J8号「家をたてる家をまもる」が発刊をされました。

○WebマガジンA House of Colla:J11号「土地の意識を変えた3:11」が発刊をされました。

○WebマガジンA House of Colla:J15号「大工のつくる家具」が発刊をされました。





by tanaka-kinoie | 2014-12-10 20:20 | 建築、仕事 | Trackback | Comments(0)

小岩の改修

20年前に弊社で施工した和風建築
道路の拡幅により建物の一部が掛かってしまい3尺分建物を縮める計画。
言葉では簡単ですが建物はもちろんのこと、瓦屋根まで詰めることになるので難工事です。
玄関などの一部は増築を行い、数寄屋門も移設します。

c0019551_20181746.jpg

現状よりも2mセットバックしますので右奥が斜めに
あたってしまいます。
左側は増築部分の玄関になります。
c0019551_20182690.jpg

真ん中の基礎は新しい外壁の部分
右側はセットバックする現状の外壁で壊す部分です。
c0019551_2018348.jpg
c0019551_20184373.jpg

サッシの付いている部分が新しい外壁部分
右側が現状の外壁で壊す部分です。

c0019551_2019299.jpg

2階和室の新しい外壁側
内部造作工事が終了しました。


c0019551_20191198.jpg

造作工事の新旧部分
新しい長押と古い長押があります。
c0019551_20191944.jpg

玄関増築部分の構造材を手刻み中です。


by tanaka-kinoie | 2014-12-09 20:16 | 建築、仕事 | Trackback | Comments(0)

住宅医スクール2014

今年で4年目になるかと思いますが昨日は2014年度の住宅医スクールの講師を務めました。
このスクールは全8回、4講義/回で24の必須講義+7つの特別講義
1年にわたりこれらの講義すべてを受講し修了後に施工実例の発表を行って住宅医検定会に合格すれば晴れて住宅医として認定されます。
東京・浜松・大阪の3会場で開かれていますが私の受け持ちは東京の第7回目で『契約実務の留意点』
~瑕疵及び依頼者とのトラブルを回避する方法~

c0019551_18383546.jpg


第1講義は10:45からの1時間半
受講者は40人程度でした。
設計事務所が7割、工務店が2割強、その他は建材メーカー
などだそうです。
パワポは130ページ程度になり眠くなり易い話の中で皆さん、
熱心に聞いてくれていました。
私の話の中心は自社にフィットした契約約款を整えるという事です。
それには何が基本でどんなことをオリジナルで加えれば良いかなど
をお伝えしました。
どちらかと言うと工務店向けのお話ですが設計者の方々も監理者
として業務をするのであれば理解すべく内容だと思います。


c0019551_18385368.jpg

第2講義は岡庭建設の池田専務
木造住宅関連施策の動向とその対応
これは省庁の会合に参加をしている池田さんならではの内容
業界誌にもまだ出ていないような最新情報を池田さんならではの
噛み砕いたわかり易い解説でとても勉強になりました。

c0019551_18391119.jpg

第3講義はマンションリフォームの巨匠設計事務所
マスタープランの小谷さん
マンションを木の家と見間違うばかりに変身させて
マンションに必要な性能アップにもぬかりなし
下階への防音設計を独自の施工方法、技術も確立、
開口部の結露防止や躯体の断熱についても配慮した
設計も行っている第一人者です。
今回は第4講義まで受け持った3時間
講師は大変だったと思いますが受講者としては新たな
知識を得られた充実した時間でした。

c0019551_18392620.jpg

小谷さんが最近手に入れたiphone5に取り付け可能な
サーモカメラFLIRです。
購入を迷っていましたが初めて実物を触ることが出来ました。
c0019551_18394361.jpg


って言うか写真撮ってくれと頼まれたので小谷さんのを
勝手に使って撮ったのがこれです。

なかなかの優れものです・・・・・・
○12月13日(土)、14日(日)に「赤塚の家」の完成見学会を開催します。(申込み制)


「日本の木のいえ情報ナビ」造作キッチン特集で弊社が取り上げられています。

○WebマガジンA House of Colla:J22号「工務店と建築家」が発刊をされました。

○WebマガジンA House of Colla:J19号「住まい手バス見学会」が発刊をされました。

○WebマガジンA House of Colla:J3号「東京に暮らす心地よさを求めて」が発刊をされました。

○WebマガジンA House of Colla:J8号「家をたてる家をまもる」が発刊をされました。

○WebマガジンA House of Colla:J11号「土地の意識を変えた3:11」が発刊をされました。

○WebマガジンA House of Colla:J15号「大工のつくる家具」が発刊をされました。





by tanaka-kinoie | 2014-12-05 18:35 | 建築、仕事 | Trackback | Comments(0)