<   2015年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧

HEAT20

弊社の性能ガイドブックの改定に伴い温熱環境性能数値をどう表示するか模索しています。
本日までの旧制度の等級4の取得は自社標準でしたが明日からの新制度では断熱性能等級4と一次エネルギー等級5に関しては数値の併記可となります。
そんなことで最高等級の達成は当然としても数値的な自社標準を決めようとしています。
高断熱仕様の種類選択と高性能サッシ使用で金額的なこと+防火サッシでの選択肢も限られる都市部ならではのデメリットも抱えています。

そんなことで悩みながらも何かの目安や基準を探していましたが何かのヒントが得られるかとHEAT20のシンポジウムに参加をしてきました。

HEAT20とは以下ホームページより
2020年を見据えた住宅の高断熱化技術開発委員会で長期的視点に立ち、住宅における更なる省エネルギー化をはかるため、断熱などの建築的対応技術に着目し、
住宅の熱的シェルターの高性能化と居住者の健康維持と快適性向上のための先進的技術開発、評価手法、そして断熱化された住宅の普及啓蒙を目的とした団体です。
メンバーは研究者、住宅・建材生産者団体の有志によって構成されています。

c0019551_14383078.jpg


基調講演の最初は
高断熱技術の一人者で建築研究所理事長、そして
HEAT20委員長でもある坂本雄三さんから2020年を
見据えた住宅省エネルギーの方向性について

c0019551_1438415.jpg


北方建築総合研究所の鈴木大隆さん、その他
HEAT20 設計WG主査のお二人より、発刊された
設計ガイドブックの主旨と断熱性能推奨グレード案
などのお話し
c0019551_21275394.jpg

温熱4等級以上ではあるとは言え、まだまだ弊社の
性能は推奨グレードに至ってはいません。
と言うかこの推奨グレードをⅥ地域で達成している
会社は皆無に近いと思います。
とはいえ、そんなに掛け離れた数字でもありません
ので目安にして検討していくことにします。
c0019551_14384925.jpg

近畿大学の岩前先生より住宅外皮に関わる評価手法
の現状と方向について
熱容量の高い建物と蓄熱の関係に関しては興味深い
お話が聞けました。

c0019551_21312046.jpg


こちらを参考にしながら自社の性能値を
どう表示するかを検討していきます。



「日本の木のいえ情報ナビ」造作キッチン特集で弊社が取り上げられています。

○WebマガジンA House of Colla:J22号「工務店と建築家」が発刊をされました。

○WebマガジンA House of Colla:J19号「住まい手バス見学会」が発刊をされました。

○WebマガジンA House of Colla:J3号「東京に暮らす心地よさを求めて」が発刊をされました。

○WebマガジンA House of Colla:J8号「家をたてる家をまもる」が発刊をされました。

○WebマガジンA House of Colla:J11号「土地の意識を変えた3:11」が発刊をされました。

○WebマガジンA House of Colla:J15号「大工のつくる家具」が発刊をされました。







by tanaka-kinoie | 2015-03-31 14:39 | 建築、仕事 | Trackback | Comments(0)

たまには読書について

TVを見ていると無駄な時間が流れてしまうので帰宅後はなるべく読書をと心掛けています。
どうせ読むなら楽しく、わくわくする本が読みたいのは誰でも当たり前のこと。
ビジネス書は最後まで読めないタイプでいつも挫折するので最近は買わなくなりました。
昔はこれが男の生き方だと思えるようなもので自分を奮い立たせる意味でも山崎豊子などを読み漁りました。
東野圭吾、池井戸潤、百田尚樹とかは無難に楽しく読めるのですが最近はもう少しジャンルを開拓したいと思っています。

c0019551_18541789.jpgc0019551_18543148.jpg


最近、読み終わったのが「鹿の王」
う~ん 悪く無く まあまあ面白く読みたのですが
前評判が良かったのですが期待していたほどでも
無く、終わり方がイマイチ
とあくまでも個人の感想ですが・・・・
c0019551_18551133.jpg


とこれから読み始めるのが山本兼一の「夢をまことに」
残念ながら昨年、逝去されましたがこの数年でどの
本が一番良かったかと聞かれれば「利休にたずねよ」です。
「火天の城」はスケールが大きく過ぎて映画化は無理があった
と思いますが利休は映画も良かったです。

「命もいらず名もいらず」
「信長死すべし」

なども良かったのでこれも期待しています。
この次は「村上海賊の娘」かと思っていますが宮部みゆきは
まだ読んだことが無いので興味があります。
by tanaka-kinoie | 2015-03-30 18:55 | 本、雑誌 | Trackback | Comments(0)

四ツ木の家

葛飾区の四ツ木にてOMソーラーの家が上棟しました。

c0019551_20453892.jpg


敷地は22坪とけっして広いとは言えませんが付近では
一般的な広さ。
東南に開いた日照条件の良い角地です。

c0019551_2193728.jpg


敷地形状が斜めであることから建物もそれに合わせ
ています。
厳しい北側斜線をクリアーする為に少し複雑な屋根
形状となっています。
c0019551_2045517.jpg
c0019551_20455850.jpg
c0019551_204658.jpg

準耐火建築物であり梁の現しが難しいですが
こちらには防火規制をクリアー出来るように防火壁と
縁を切り、化粧の丸太梁を掛ける予定です。

現場ブログもご覧ください。


by tanaka-kinoie | 2015-03-27 20:46 | 建築、仕事 | Trackback | Comments(0)

「東小松川の家」完成見学会終了

週末に開催された「東小松川の家」の完成見学会が終了しました。
ご実家の母屋まわりの変形空地に計画をされた特殊な条件下での建築となりましたが完成した家は
設計、施工の苦労は感じさせぬいつもの弊社の家となりました。

c0019551_20585166.jpg



母屋の土庇を抜けて玄関へ向かう路地的な通路
c0019551_2059298.jpg


元々あった土庇が新旧の玄関を結んでいます。
c0019551_20591810.jpg
c0019551_20592926.jpg

弊社でも珍しいタタミリビング
どんな使われ方にどんな暮らしとなるのかが楽しみです。
c0019551_20593982.jpg



○3月28日(土)に船橋市飯山満で構造見学会を開催します。(完全予約制)




「日本の木のいえ情報ナビ」造作キッチン特集で弊社が取り上げられています。

○WebマガジンA House of Colla:J22号「工務店と建築家」が発刊をされました。

○WebマガジンA House of Colla:J19号「住まい手バス見学会」が発刊をされました。

○WebマガジンA House of Colla:J3号「東京に暮らす心地よさを求めて」が発刊をされました。

○WebマガジンA House of Colla:J8号「家をたてる家をまもる」が発刊をされました。

○WebマガジンA House of Colla:J11号「土地の意識を変えた3:11」が発刊をされました。

○WebマガジンA House of Colla:J15号「大工のつくる家具」が発刊をされました。






by tanaka-kinoie | 2015-03-22 20:43 | 見学会、住まい教室、他 | Trackback | Comments(0)

南小岩の改修工事

21年前に設計施工により完成をした南小岩の和風住宅
小岩南口再開発による道路拡幅で立ち退きを迫られましたがお客様は道路後退後の敷地に大規模改修をして住み続けることを選択されました。
土庇と玄関部分の増築、東側壁面後退後の新規外壁、10畳和室が8畳に8畳和室が6畳に部屋が小さくなるような変更でとても難度の高い工事になりましたが
先日足場が外れて現在は外構工事を行っています。


c0019551_10184149.jpg


土庇があるような現場は珍しいですが元のイメージを崩さぬように
しています。
但し、防火規制があるので野地板の厚みは36mm
面戸厚みは50mm
燃え代設計で実現をした木の意匠です。


c0019551_10185156.jpg

母屋は山長商店の紀州杉

柱は桧の磨き丸太

垂木も杉

野地板はJパネルです。


c0019551_1383934.jpg


銅板の一文字葺きも最近では珍しい仕事です。
まだ特有の光沢がありますが少しづつ落ち着いてきています。

c0019551_101902.jpg

当時と同じ意匠にするという事で普段は使わぬアルミ製品
などもありますが和風住宅の意匠にはなったと思います。
c0019551_10191064.jpg

縁甲板は桧無地

上がり框はミズメ

式台は黄肌

c0019551_10191968.jpg
○3月21日(土)と22日(日)に江戸川区東小松川で完成見学会を開催します。(申込み制)



○3月28日(土)に船橋市飯山満で構造見学会を開催します。(完全予約制)




「日本の木のいえ情報ナビ」造作キッチン特集で弊社が取り上げられています。

○WebマガジンA House of Colla:J22号「工務店と建築家」が発刊をされました。

○WebマガジンA House of Colla:J19号「住まい手バス見学会」が発刊をされました。

○WebマガジンA House of Colla:J3号「東京に暮らす心地よさを求めて」が発刊をされました。

○WebマガジンA House of Colla:J8号「家をたてる家をまもる」が発刊をされました。

○WebマガジンA House of Colla:J11号「土地の意識を変えた3:11」が発刊をされました。

○WebマガジンA House of Colla:J15号「大工のつくる家具」が発刊をされました。






by tanaka-kinoie | 2015-03-19 10:19 | 建築、仕事 | Trackback | Comments(2)

おかめ桜が満開です。

c0019551_2033479.jpg


コレド室町の真裏の道を偶然通り、こんな桜並木があったことを初めて知りました。
日本橋とは言え、この通りはまだまだ昭和を感じる、趣のある建物が並んでいる地域です。
イベント用の造花と思わせるほどの濃いピンクは初めて聞く「おかめ桜」とのこと
染井吉野の淡い色に慣れているととても桜のようには見えません。
日曜日で満開なのに人通りもまばらでひっそりとしていました。


c0019551_203715.jpg

通りの名は「あじさい通り」だそうです。
あじさいの時期にもまた訪れてみます。
○3月21日(土)と22日(日)に江戸川区東小松川で完成見学会を開催します。(申込み制)



○3月28日(土)に船橋市飯山満で構造見学会を開催します。(完全予約制)




「日本の木のいえ情報ナビ」造作キッチン特集で弊社が取り上げられています。

○WebマガジンA House of Colla:J22号「工務店と建築家」が発刊をされました。

○WebマガジンA House of Colla:J19号「住まい手バス見学会」が発刊をされました。

○WebマガジンA House of Colla:J3号「東京に暮らす心地よさを求めて」が発刊をされました。

○WebマガジンA House of Colla:J8号「家をたてる家をまもる」が発刊をされました。

○WebマガジンA House of Colla:J11号「土地の意識を変えた3:11」が発刊をされました。

○WebマガジンA House of Colla:J15号「大工のつくる家具」が発刊をされました。



by tanaka-kinoie | 2015-03-18 20:30 | 動植物 | Trackback | Comments(0)

「飯山満の家」進捗状況

1ヶ月程前に上棟をした「飯山満の家」の進捗状況です。
屋根の一文字葺きがそろそろ終わり、外部下地が終っています。
内部は断熱材の充填がほぼ終わって気密シート張りの真っ最中
フローリング張りや造作工事も始まろうとしています。
この現場で3月28日(土)に構造見学会を開催します。
予約制ですがお時間あればお申込み下さい。

c0019551_19193591.jpg

比較的、交通量のある道路ですが角地で2方向に開いている土地です。
c0019551_19194653.jpg

古い大谷石の土止めを壊して打ちっ放しの擁壁にしました。
c0019551_19195693.jpg

屋根はガルバリウム鋼板一文字葺き
c0019551_1920656.jpg

バルコニー上部の屋根には開口があります。
幹線道路側の閉じ気味のインナーバルコニーですがリビングの
大きな窓を通じて少し絞られた光がそそぐはずです。
c0019551_19213232.jpg

台形型のFIXのサッシ左上に屋根開口があります。
c0019551_19202047.jpg

高性能グラスウール
気密シート張り前の充填状況です。
弊社では袋張りの断熱材を使う事を止めました。
c0019551_19202971.jpg

隙間無く綺麗に充填されています。
c0019551_19203975.jpg

気密シートを張った状況です。
隙間無く、ピンと張ります。
c0019551_19204990.jpg

屋根の充填状況です。
高性能グラスウール100㎜をWにしています。
c0019551_1920583.jpg
c0019551_1921870.jpg
c0019551_19211848.jpg

スイッチ、コンセント廻りは裏側に気密ボックスを入れ
テープ張りとしています。
○3月21日(土)と22日(日)に江戸川区東小松川で完成見学会を開催します。(申込み制)



○3月28日(土)に船橋市飯山満で構造見学会を開催します。(完全予約制)




「日本の木のいえ情報ナビ」造作キッチン特集で弊社が取り上げられています。

○WebマガジンA House of Colla:J22号「工務店と建築家」が発刊をされました。

○WebマガジンA House of Colla:J19号「住まい手バス見学会」が発刊をされました。

○WebマガジンA House of Colla:J3号「東京に暮らす心地よさを求めて」が発刊をされました。

○WebマガジンA House of Colla:J8号「家をたてる家をまもる」が発刊をされました。

○WebマガジンA House of Colla:J11号「土地の意識を変えた3:11」が発刊をされました。

○WebマガジンA House of Colla:J15号「大工のつくる家具」が発刊をされました。








by tanaka-kinoie | 2015-03-17 19:16 | 建築、仕事 | Trackback | Comments(0)

モザイク板貼り

本日は「飯山満の家」玄関ホールのモザイク板貼り?の打合せでした。
私設や商業ビルなどで見たことはありましたがうちでも初めての試みです。
お客様からイメージの画像や図面をお預かりして事前に弊社の下小屋で材料探し
細い、太い、普通の3つの幅で長短あるまちまちの長さ、10㎜、15㎜、30㎜厚の板
樹種は桧、杉、唐松、赤松、米松、米杉、欅、栂、能登ひば、メープル、ブビンガ、鬼胡桃、楢、ホワイトアッシュの14種類

お客様とも相談しながら 凹凸も考えてバランスよくランダムに配置をしていく楽しい仕事でした。

この配置でパネル化をして玄関横の壁に取り付けます。
弊社には板、フローリングなどで30種類程度の樹種があると思います。
他にも栗、栃、ミャンマーチーク、栓、ブラックウォールナット、タモ、サワラ、サクラ、米ヒバ、雲杉、桑、キハダ、ミズメ、アサメラなどなど いくあても無く 良縁を求めて良材が沢山揃っております。


材料はもちろん、それを活かす技術と設計でお仕事のご依頼をお待ち申し上げております。(笑)


c0019551_21233888.jpg


お客様にも手伝って頂きながら設計担当と私で
木配りです。
c0019551_21234683.jpg

色の濃淡、幅などから選んだ14種類の樹種です。
c0019551_21235642.jpg

オイルを塗れば樹種ごとの色のメリハリはもう少しつくはずです。
c0019551_2124645.jpg

凹凸でのメリハリもあります。
c0019551_21241429.jpg

本日、お客様に気に入られて嫁にいくことが決まった
長尺の楢、栗、タモ材の3種類
反ったり、むくったり、割れたりしないでねと言い聞かせて嫁に出します。(笑)


○3月21日(土)と22日(日)に江戸川区東小松川で完成見学会を開催します。(申込み制)



○3月28日(土)に船橋市飯山満で構造見学会を開催します。(完全予約制)




「日本の木のいえ情報ナビ」造作キッチン特集で弊社が取り上げられています。

○WebマガジンA House of Colla:J22号「工務店と建築家」が発刊をされました。

○WebマガジンA House of Colla:J19号「住まい手バス見学会」が発刊をされました。

○WebマガジンA House of Colla:J3号「東京に暮らす心地よさを求めて」が発刊をされました。

○WebマガジンA House of Colla:J8号「家をたてる家をまもる」が発刊をされました。

○WebマガジンA House of Colla:J11号「土地の意識を変えた3:11」が発刊をされました。

○WebマガジンA House of Colla:J15号「大工のつくる家具」が発刊をされました。







by tanaka-kinoie | 2015-03-15 09:13 | 建築、仕事 | Trackback | Comments(0)

外構改修工事

18年前に、とある大手化粧品メーカーの建築プロデュース事業で弊社が施工をしたお家。
プロデュース会社は解散しましたが現在でも家守りは弊社に行っています。
先日、外構板塀の改修依頼がありました。
お客様はイタリアデザインの巨匠マリオベリーニの事務所にも勤めていたと言うインテリアデザインのプロです。
この家の監督をした当時は、まだまだひよっこではありましたが難度の高いデザインへのご希望への対応もうまくいきました。
お客様とは感性も気もあって工期やお金のことは除き・・・(笑) ご満足を頂ける仕上がりになったと思います。
これで弊社の技術レベルは悪くないことを実感して自信がついたことを思い出します。
以前に外壁の吹き替えなども行っていますが今回は外構についての修繕のご相談。
外構をすべて米杉で行ったので比較的、耐久性があるとは言え、一部では腐朽も進んでおり修繕を行う事となりました。

c0019551_11143232.jpg

玄関の向こう側には中庭がありユッカが植えられています。
このユッカの搬入に苦労した覚えがあります。(笑)
c0019551_11144376.jpg

米杉のラティスを白ペンキで塗っています。
我々が普段はやらない外構デザインですが実物の雰囲気は
中々良いです。
ラティスはジョイフル本田のものです。(笑)

c0019551_11215399.jpg

辛子色の外壁に単純な切妻屋根

内部は日本とは思えません。
by tanaka-kinoie | 2015-03-12 11:18 | 建築、仕事 | Trackback | Comments(0)

OB宅訪問バス見学会

遅ればせながら3月1日(日)に開催をされた「OB宅バス見学会」の報告です。
今回はホームページの掲載時よりお申込みが多数ありましたが同時にご見学を頂くには15名程度が限度だと判断をさせて頂きました。
ご要望に沿えなかった方々にはお詫びいたします。

当日はあいにくの冷たい雨となりましたが大人15名と子供1人のご参加でした。
弊社からバスにご乗車を頂き「高砂の家」「八広の平屋」の2軒を訪問させて頂きました。
ご厚意により見学させて頂きました2邸のOB様に深く感謝申し上げます。

c0019551_19144321.jpg

弊社前から小型バスにて出発です。

c0019551_1915043.jpg

まずは「高砂の家」から見学をさせて頂きました。

c0019551_1915930.jpg
c0019551_19151799.jpg

リビングにて
住まい手からも設計時のご要望や工夫などをご説明があり
参加者各々で自由にご覧頂いています。


c0019551_19152569.jpg

2軒目は「八広の家」
c0019551_19153289.jpg

引き込み戸など空間の仕切り方のご説明です。
c0019551_19153988.jpg
c0019551_19154599.jpg

畳下収納の工夫のご説明です。
c0019551_19155392.jpg
c0019551_1916235.jpg

弊社に戻り、3階にて材料などの詳しいご説明も
させて頂きました。


○3月21日(土)と22日(日)に江戸川区東小松川で完成見学会を開催します。(申込み制)



○3月28日(土)に船橋市飯山満で構造見学会を開催します。(完全予約制)




「日本の木のいえ情報ナビ」造作キッチン特集で弊社が取り上げられています。

○WebマガジンA House of Colla:J22号「工務店と建築家」が発刊をされました。

○WebマガジンA House of Colla:J19号「住まい手バス見学会」が発刊をされました。

○WebマガジンA House of Colla:J3号「東京に暮らす心地よさを求めて」が発刊をされました。

○WebマガジンA House of Colla:J8号「家をたてる家をまもる」が発刊をされました。

○WebマガジンA House of Colla:J11号「土地の意識を変えた3:11」が発刊をされました。

○WebマガジンA House of Colla:J15号「大工のつくる家具」が発刊をされました。






by tanaka-kinoie | 2015-03-05 19:16 | 見学会、住まい教室、他 | Trackback | Comments(0)