<   2016年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

重要文化財 小西家住宅

先日の大阪出張時のホテルの前にとての興味深い建物を見つけました。
東京の丸ノ内のような雰囲気のオフィス街に板張りに漆喰と趣をもち、意外に違和感なく溶け込んでしました。
知人のフェイスブックで見掛けていたのでしばらくしたら思い出した重要文化財
皆も良く知る、あの大企業の創業家の住宅。
さっそく表側に回ると 『うだつ』 までありました。

c0019551_20174929.jpg

土蔵造り 黒漆喰と板張りと足元の石張りが
目を惹きます。


c0019551_20175640.jpg

こちらは3階建ての蔵 
白漆喰が使われています。
c0019551_2018451.jpg
c0019551_20181743.jpg

腰の御影石が意匠的に効いています。
3面が道路に面して歩道とも近いので悪戯や
傷などから守られる効果もあるでしょうね。
この石が耐久性を高めていることは間違いありません。

c0019551_20182921.jpg

むくりのある瓦の大屋根と漆喰、木格子など
美しい土蔵造りの民家です。
明治期の薬問屋の店構えが残っています。
c0019551_20183799.jpg

1903年につくられたと言うから驚きです。
3度の戦災もあり、阪神淡路大震災にも
耐えてきたという事です。


手前の大通り通り側は黒漆喰、側道面は白漆喰
手前に黒漆喰の小さなうだつ

奥には大きな意匠を凝らした
大きなうだつ
c0019551_20184453.jpg
c0019551_20185180.jpg

白漆喰の大きなうだつ
c0019551_20185896.jpg

明治期の薬問屋の店構え
ここが入口だったんでしょうね。

今はボンドで有名なコニシの創業家の住宅でした


c0019551_16463192.jpg

wikiから拝借しましたがこれで概要が良くわかります。
by tanaka-kinoie | 2016-07-26 20:12 | 建築、仕事 | Trackback | Comments(0)

東京駅の屋根

たまに東京発の中央線に乗りますが私が知り限りここが新しい東京駅の屋根を間近に望める場所です。
玄昌石で出来た屋根の天然スレート
国内では雄勝しか生産が出来ないという物ですが出荷前に311の津波被害にあって全体の7割がスペイン産になってしまったそうです。
全てを国内産で賄えたかどうかは知る由も無いのですが生活再建もままならぬ時に瓦礫の中から拾い集めたという話は身につまされるお話です。

板金仕事もあり好きな屋根の一つです。

c0019551_946268.jpg
by tanaka-kinoie | 2016-07-21 09:47 | 建築、仕事 | Trackback | Comments(0)

OM総合保証 工務店+担当者のW表彰されました。

先日、軽井沢にて開催されたOM経営者会議
その中のOM総合保証総会で優良工務店表彰と優良担当者のW受賞をうけました。
この制度が出来てから一度を除き、これで10回の表彰をされました。
瑕疵保険法人のハウスGメンと品質管理の提携を行い、事務手続きと検査業務の中で減点の無い工務店と担当者が選ばれるという制度。
現場での指摘事項も無く、事務手続きも円滑に進めているという事になり品質管理に優れた工務店という事です。
これからも高いレベルでの品質管理を目指して全社一丸になっていきたいと思います。

c0019551_17521964.jpg
c0019551_175235100.jpg
by tanaka-kinoie | 2016-07-19 17:52 | 建築、仕事 | Trackback | Comments(0)

引出しの手掛け

前出の大テーブルの下に引出しユニットを6台作ります。
箱自体は在庫していた19mmのソリッドパネルでつくりますが少しでも面白みを出すために引出の手掛けは金属では無く、木でつくる事にしました。
やはり手掛けは使用頻度も高く、毎日人が触れる部分ですので柔らかい木よりも堅木が良いでしょう。
会社にある半端材でそれぞれの樹種が似ないようにセレクトしてメリハリがつくようにしてみました。
そして大工が集めたのがこの7種の堅木です。

c0019551_20423581.jpg

7種の堅木
この写真では樹種の色の濃淡の違いが
わかり難いですが
c0019551_20424285.jpg

アップにするとこんな感じ
左からホワイトアッシュ、楢、ビブンガ、栗、鬼胡桃、チーク、欅
比較的、高級な材で揃えることが出来ました。


c0019551_20424833.jpg

こんな単純な形状ですが引出の前板に取り付ければ
可愛い感じになると思います。
c0019551_811553.jpg

こんなイメージになります。
『大杉の家』

ここではシナベニヤ前板+ブラックウォールナット
にしています。
しました。
by tanaka-kinoie | 2016-07-11 20:45 | 家具 | Trackback | Comments(0)

桜大テーブル

洋桜の大型パネルにミズメ桜を接いで大きなテーブルを作成しました。
幅が1150mm×長さが2950mm×厚みが48mmと弊社でつくったテーブルとしては過去最大。
娘の幼稚園に先生達の大きな事務机として納めます。

c0019551_2183919.jpg

まずはパネルでは幅が足らないのでミズメを両側面に
接ぎ合せています。

c0019551_219164.jpg

30mmの洋桜のパネルとミズメの接合部です。
c0019551_219884.jpg
c0019551_2191711.jpg

幅接ぎは完了です。
c0019551_2193072.jpg
c0019551_219378.jpg

つづいて短辺部分の接ぎ付けです。
c0019551_2194391.jpg
c0019551_2195251.jpg
c0019551_2195928.jpg

強度のある18mmのベニヤを圧着しています。
c0019551_2110764.jpg
c0019551_21101411.jpg

裏側も仕上がりました。
c0019551_21102322.jpg

角は大きめのRとします。
c0019551_21103268.jpg

接ぎ付け材との段差を無くす為に
再度仕上げています。
c0019551_21104046.jpg
c0019551_2110484.jpg

角は大きめのRをとっています。
c0019551_21105647.jpg

残りは塗装のみです。

by tanaka-kinoie | 2016-07-07 21:11 | 家具 | Trackback | Comments(0)

木造住宅の実用納まり図鑑 発売

先週、エクスナレッジ社から発売された田中工務店本と言っても良い『木造住宅の実用納まり図鑑』

i-worksセミナーの施工や納まりの講義を担当した時に作ったパワポを基本として加筆修正をしたものが111ページでまとめられています。
オリジナルのディテールあり、伊礼智さんを主として建築家との仕事での納まりを応用したものあり、お客様の要望を具現化して生まれたものあり
それらを工務店としての観点で施工のし易さ、メンテナンスのし易さ、金額的な部分で採用している納まりが多数掲載されています。

力不足で正直、満足出来るような内容にはなっていませんが・・・・・
発売された以上は売れて欲しいのでこれからは少し宣伝をしていこうと思っています。

c0019551_20501789.jpg


エクスナレッジとしては初めての工務店専門の
ムック本だそうです。



c0019551_20502574.jpg


こんな感じで造作納まりから、家具まで掲載されています。

c0019551_20503114.png


伊礼さんからお知らせ頂いたアマゾン1位のプリントスクリーン
今は10位以下ですが・・・・・(笑)

by tanaka-kinoie | 2016-07-04 20:50 | 本、雑誌 | Trackback | Comments(0)

『杉並の家』 

『杉並の家』 は木工事が終わり、内装工事と建具工事中
足場も外れてお目見えです。
お隣にある母屋と意匠を合わせる為に上部漆喰、下部が杉板張りです。
この近辺ではまったく見掛けませんが違和感なく、町に溶け込んでいます。

設計:いろは設計の橋垣さんです。
  

c0019551_18335939.jpg

準防火地域ですので下地との組み合わせて防火構造と
しています。
杉板は秋田杉の赤身板で耐久性も高いです。
c0019551_1834772.jpg

手前の平屋が母屋
生け垣と入口付近の赤松が良い雰囲気を
出しています。
c0019551_18341383.jpg

化粧垂木の小庇
防火地域の延焼ライン内は一般的には木化粧
軒裏は不可能です。

今回は防火の告示仕様を用いて杉Jパネル30mmと
面戸45mm以上で化粧垂木を見せています。
この庇がは燃えないわけではありませんが燃焼しても
防火構造の外壁を介して屋内へは火が入らず外壁より
外側で燃え抜きてしまう形です。


c0019551_18341941.jpg

外壁は母屋に合わせて着色で塗りましたが
軒天はクリアー塗装です。
c0019551_18342583.jpg

c0019551_18343122.jpg

角コーナーも綺麗に収めてありました。
c0019551_18343727.jpg

LDKの天井の一部は化粧梁現しです。


by tanaka-kinoie | 2016-07-01 18:35 | 建築、仕事 | Trackback | Comments(0)