<   2016年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

大テーブル納品

昨日、娘の幼稚園から依頼されたテーブルと引出しユニットを納品しました。
先生達も楽しみにしていてくれたようで、喜んで頂きほっとしています。
園長先生にも入園当初は色々とお世話になって少しは恩返しが出来たかもしれません。

元々は小さな机6台が縦横に固まって配置されていた3m×1m程度のスペースを大きなテーブル1台で賄おうというもの

長さが3m 幅が1mを超える過去に経験が無い大きさに当初はかなり頭を悩ませました。
娘の幼稚園は深い軒先のある木造建築で、ふんだんに良材のピーラーが使われフローリングも
無垢のカエデ、木製のサッシなども多用されてプロとしても好ましい建築と思える素敵な幼稚園です。

そんなの空間にどんな樹種が合うのか・・・・・

うちに依頼があった以上は集成材など意地でも使いたくない・・・・・

三層クロスパネルも悪くないけどもう少し重厚な風合いを出したい・・・・・

そもそもこんな大きなテーブルをどういう材料でどうつくるのか・・・・・・

出来る限り良材を提供したいけど予算も多くはかけられないし・・・・・

可能な限り、外部に委託せずに自社内での製作にこだわりたい・・・・・


そんなことで悩みに悩んでいたのですが、偶然にもマンションのリフォームで仕入れていたチェリー(洋桜)の大判の幅接ぎ板が1枚ありました。
これを天板に使う事にしたのですが厚みが30mmでは少し貧弱だし、幅も少し足りません。
そこで登場したのは秘蔵のストックである同じ樹種系統のミズメ
3m以上の長さあり厚みも50mmあるもの。
在庫で材料を揃えている強みがここで活きました。
これを四方に回して接ぎ付ければ希望の大きさになり、そのうえ厚みも45mm程度になります。
とはいえこれだけで大きさの物がうちで製作が可能なのか?

心配は杞憂に終わり、渡辺大工は難なく、構想通りに作ってしまいました。




c0019551_2033386.jpg

会社に1枚あった幅接ぎのチェリー(洋桜)
これを天板にすることにしました。
c0019551_20332783.jpg

弊社の秘蔵ストックのミズメ・・・・(笑)
長さはもちろんですがチェリーの天板との
色合わせが重要です。
c0019551_20334375.jpg

そして選んだのがこの3本です。



製作途中はこんな感じです。



c0019551_18543486.jpg

下小屋で
仕上がったばかりのテーブル
蛍光灯で少し白っぽい感じですが・・・・・


c0019551_18544230.jpg

こちらが桜系らしい
ほんとうの色合いです。

c0019551_185538.jpg
c0019551_18551085.jpg

by tanaka-kinoie | 2016-08-30 18:00 | 家具 | Trackback | Comments(0)

外部手摺り

玄関先や階段には当然のこと
手摺を取り付けますが高さはもちろん握りやすい形状の木製としています。
パナソニック、大建工業などの丸棒のシステム手摺を使うことが一般的に多いと思います。
しかし、それでは味気無いし、その他の無垢造作材とのマッチングも良くありません。

出来る限り使いやすく、奇をてらう事の無いデザインもした手摺を設置したいと考えています。
先日取り付けたのが9年前に完成した 『けやきの見える家』 の外部手摺です。
道路より土地が30cmほど高いこともあって玄関前に階段があります。
ご高齢のお母さまには少々危ないこともあって手摺を付けることになりました。

c0019551_20245319.jpg

設置前
上部のバルコニーを支えるための2本の
構造柱との取り合いに気を使いました。
ドアも木製ですし、デザインも形状にも気を使いたい
ところ。
c0019551_2019104.jpg

スチールのフラットバーを加工し
溶融亜鉛鍍金を施しました。

鉄よりも耐久性が高いステンレス製が理想なの
ですが溶融亜鉛鍍金(通称 どぶ付け)は
リーズナブルに鉄の耐久性を高められます。
c0019551_20191710.jpg

手摺付近は柱に留め付けて
下部はアンカーにて固定
c0019551_20192371.jpg

フラットバーのままで良いのですがデッキ材の
あまりのセラガンバツをかぶせました。
水にも強い耐久性のある木材です。
c0019551_20193014.jpg

アルミやステンレスの既製品が決して悪い
訳ではありませんが、これはこれで良い感じに
納まりました。
c0019551_20193662.jpg

時間が経つとシルバーグレーに変化します。
10年以上経過して仮に腐朽があっても容易に
交換出来るようにしてあります。


c0019551_20194352.jpg

こんな感じのディテールです。
最近はこんな小物を作ってくれる町の鍛冶屋も
少なくなりました。
錆の問題は鍍金で解決出来るし、鉄は安く加工も
容易な材料です。



by tanaka-kinoie | 2016-08-24 20:09 | 建築、仕事 | Trackback | Comments(0)

夏休み

今年はなぜか
あっという間に明けてしまった夏休み・・・・・
あまり家族サービスも出来ず、娘の喜びそうな海にもつれていけませんでした。
とはいえ波乗りは二日連続で千葉へ
まずまずの波を掴み、ストレス発散は出来ました。

c0019551_161023100.jpg

滅多に波は立ちませんが
日本のドーバー海峡と言われる銚子の屏風ヶ浦
混雑必須ですが・・・・・
ロケーションはどこにもない美しさです。
c0019551_16103596.jpg

波はこの奥にたっています。
誰も人がいないような場所ですがいきなり多くの
サーファーが現れます。



c0019551_16135173.jpg

1日だけの家族サービス?
妻の要望でホテルのAfternoon Teaへ虎の門ヒルズの
Andaz Tokyoへ

決して安くはありませんがこれ1つで飲み物もフリー
数時間のラクジュアリータイムを過ごせるのなら
高くは無いかと思います。













2段式のティースタンドに彩りも綺麗なたくさんの
スイーツやスコーン
ここはサンドイッチでは無く、軽食としてエクレアが
盛られていました。
味はもちろんですが見た目も楽しめます。



c0019551_16133834.jpg

スコーンって正直特に美味しいものでは無いと
思うのですがクロデットクリームで決まりますね。
あまったクリームは舐めつくしました・・・・(笑)
by tanaka-kinoie | 2016-08-18 16:32 | Trackback | Comments(0)

夏休み親子工作教室2016終了

夏休み親子工作教室も今年で18年目を迎えました。
元来はOBのお客様やご近所への感謝の意味を込めて始めました。
ところが無料という事もあってかホームページに掲載をすると遠方からも多数の申し込みがあり、何の縁もゆかりも無い方の参加も多くなって、もともとの開催の趣旨から外れてしまいホームページでの募集掲載をやめました。
大人気のイベントでろくに宣伝もしてないのに今年も土曜日1日だけで50人以上の親子に参加を頂きました。
キット品から数種類から選んでもらい玄能での釘打ちや鋸などの扱いに慣れてない作業を親がサポートするという形です。
今年も多くの親子に喜んでもらえたと思います。

c0019551_19504018.jpg
c0019551_19504794.jpg
c0019551_19505462.jpg
c0019551_1951471.jpg
c0019551_19511186.jpg
c0019551_19511875.jpg
c0019551_19512612.jpg

c0019551_1951426.jpg
c0019551_19514933.jpg
c0019551_1952654.jpg
c0019551_19533910.jpg
c0019551_19575755.jpg
c0019551_19581171.jpgc0019551_19582285.jpg
c0019551_19583257.jpg
c0019551_19584631.jpg
c0019551_19585545.jpg
c0019551_1959748.jpg
c0019551_19591661.jpg
#IMAGE|c0019551_19592618.jpg|201608/10/51/|left|600|450#]
c0019551_19593725.jpg
c0019551_19594862.jpg

c0019551_2001949.jpg
c0019551_2002820.jpg
c0019551_2003845.jpg
c0019551_20047100.jpg
c0019551_2005522.jpg

by tanaka-kinoie | 2016-08-10 19:54 | 建築、仕事 | Trackback | Comments(0)

けがれのない露

会社の掛軸を掛け替えてみました。
書道家西尾真紀さんの書作展にてもとめた 『雪月花』
どちらかというと冬向きの語句だと思います。

今回はお願いをしてつくりました夏向けの『清露』
夏らしい5つの言葉から私が2つを選び、真紀さんが納得いったという清露に決まったという贅沢な選択。

c0019551_14153033.jpg


会社3階の家具置き場と化している和室
そこの織部床です。
c0019551_1415588.jpg


『清 露』
けがれのないつゆ
涼しげで爽やかな語句ですが書体からも
十分感じられます。
なんか高原でも行ってみたくなりました・・・・(笑)
by tanaka-kinoie | 2016-08-06 14:16 | 小物 | Trackback | Comments(2)

引出しユニット

幼稚園の事務室で使われるテーブルは製作が終わり、今度は引出しユニットを作っています。

単純なものですが箱をつくり、耐久性のあるスライドレールを使った引き出しを取り付けると手間とお金がかかってしまいます。
とはいえ希望する大きさの既製品も無く弊社でつくることにしました。
7ヶの引出しユニットの手掛けは会社の端材からメリハリのある7種類の樹種を選んで取り付けました。
金物を使ったり、前板を彫り込むなどした方がすっきり見えるのは承知のうえで今回はあえて大きめにしてつくってみました。
園児達にも樹種毎の濃淡や特色もわかって欲しいし、家具屋で無く、工務店がつくったような証を残したいと考えたからです。

c0019551_12262985.jpg

こぶりな引出しユニット
この写真ではわかり難いですが
引き出しの手掛け材には左から
チーク、鬼胡桃、楢、ビブンガ、ホワイトアッシュ、
栗、欅の7種の樹種が使われています。
c0019551_12263691.jpg
c0019551_12264358.jpg

小さな角材を単純にL型に加工しただけの形状
c0019551_12265070.jpg

ケヤキ材の手掛け
箱は弊社在庫のソリッドパネルを使っています。
c0019551_12265866.jpg

チークの手掛け
水平に取り付けるのにそれなりに工夫
が必要です。
c0019551_1227591.jpg

by tanaka-kinoie | 2016-08-04 12:16 | 家具 | Trackback | Comments(0)