<   2017年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

天然木突板とは?


無垢材で全てが賄えれば良いのですが建具など大きな物では価格や大きさ、重さ、反りムクリなどの狂い、統一感の難しさなど様々な問題もあり使いきれない現状があります。

そこで使われるのが突板とか練り付けという言い方をされる昔からある天然木を薄くシート状にスライスして使う方法です。
たいていは0.5mm以下の厚み、厚くても1mm以下ですので無垢の1枚板と違い、1本の樹から綺麗な目の良材を数多く採ることが出来ます。
そのままでは薄くて使い勝手が悪いので通常はベニヤに圧着してパネル状にした突板ベニヤが主流です。
建具、家具、壁の仕上げなど幅広く使われています。
但し、突板のスライスの幅がせいぜい300mm程度まで
それらが数枚連続した板目のベニヤとなるので継手はわかり無垢の1枚板とは全く違った雰囲気です。
柾目の突板は連続してもつなぎ目は目立ちにくいです。
天然木ですので突板の取り扱い業者ごとに物は違ってきますので見本と違う物になる可能性もありますので注意が必要です。

針葉樹、広葉樹と樹種も多く板目、柾目、杢目など揃っていますので価格差はあれど、たいていの材は手に入ります。
とはいえ現代では上級の部類として捉えられ一般的物とは言えません。
無垢材で無くても上質な建具はたいてい突板ベニヤをフラッシュと言う手法でサンドイッチしてつくられたものです。

昨今の建具は印刷技術でつくられたシートが貼られたものが主流です。
プリントの技術は発達してプロでも遠目には天然木との区別が付き難いものも登場しています。

我々は建具、家具に天然木突板のベニヤを使って製作建具を自由に作っていますがこれは一部の工務店のみの仕様
印刷技術でプリントされたシート張りのベニヤを使うのが現在の主流です。

床材の世界では少々事情が違っています。
弊社は床材に天然木無垢材のフローリングを使っていますが
かたや、かつら剥きをした突板に近い物をベニヤに貼った合板フローリングが現在の主流です。


c0019551_21525961.jpg


最近弊社に納品された
3種類の上質な突板ベニヤ
c0019551_21532012.jpg



タモ柾
突板ベニヤ

3分艶ウレタン塗装
艶を7割程度消しています。
3割程度の艶具合です。
c0019551_21534258.jpg



ブラックウォールナット板目
突板ベニヤ
板目の突板の幅により3枚を連続して
繋いだものになっています。
c0019551_21540426.jpg



アメリカンチェリー板目
突板ベニヤ
こちらも3枚を繋いだものです。
c0019551_21551599.jpg



これらは江戸川区にある堀口切子様からの
ご注文でした。
盃選びをする飲食業の方がお店でどんな感じに
見えるかを判断する為の敷き板として使います。
c0019551_21553128.jpg


これはプリント技術による
P社の天然木風のプリント合板
パッと見は天然木とわかりませんが
そばに寄れば上質感は無いとわかります。

c0019551_21554569.jpg




天然木による独自の風合いを
印刷技術で再現した物とあります。

ようは精巧な偽物ですよとの
アピールです・・・(笑)

弊社では真っ白に仕上げるなどの
条件が無い限りは天然木以外は使用
しません。

c0019551_21555851.jpg



こちらの扉は楢板目フラッシュのドア
板目の幅が300mm前後で3枚連続して
いるのがわかると思います。



設計:いろは設計室

c0019551_21561486.jpg




家具の建具に使われた
タモ柾ベニヤフラッシュ扉
こちらも数枚のシードが連続していますが
継手はわかり難くなります。

c0019551_21562371.jpg




吊り引戸
タモ柾ベニヤフラッシュ扉

c0019551_21563363.jpg




左は家具の扉に使われた
米松ベニヤ柾の扉
タモと同様で柾目は連続性があります。






シナベニヤはロータリーといわれるカツラ剥きで
つくるので少し違う部類ですがこの天然木突板の
カテゴリーです。


by tanaka-kinoie | 2017-05-26 13:27 | 建築、仕事 | Trackback | Comments(0)

植栽の効能?

3月末に完成をしました『日暮里の家』
昨日、お客様からのメールでちょっとした不具合への対応依頼と快適に暮らしていることへの報告を頂きました。
そのメールに添えられていたのがこのアオダモの写真です。
様々な条件を加味して見つかった土地は都内で利便性が良い分だけに高額です。
建築費にシワ寄せがくるのはいつもの事なのですが一般的には建築本体にお金が優先してしまい、植栽などは後回しとなってしまいます。
とはいえ小さな土地でもなんとか植栽1本でもいれたいと気持ちはお客様も我々も同じでした。
そこで造園屋にも協力をお願いして金額を抑えながら、予算の捻出して植えたのがこのアオダモでした。

竣工時の葉も無い姿からここまでなったことの嬉しさも綴られていました。
いつでもこうなる訳ではありませんがお客様、造園屋、我々
3者共通の思いにより実現した小さな植栽ですが改めて大事な部分だと感じた次第です。
この1本のアオダモだけで周囲に与える印象も、建築も良くなりました。

c0019551_09451312.jpg



送ってい頂いた画像
現在のアオダモ
c0019551_09464074.jpg
 


ほぼ2カ月前の竣工時のアオダモ
葉っぱも無く
こんな感じでした。






by tanaka-kinoie | 2017-05-23 09:47 | 建築、仕事 | Trackback | Comments(0)

『三郷の家』10年目の定期点検

三郷の家の10年点検に伺いました。
25坪程度の床面積の比較的コンパクトな木造2階建てです。
集成材とプレセッター金物に断熱パネルを組み合わせた弊社では初めての工法でした。
工期とコストを抑えて性能をアップしたいとフォルクスハウスのシステム化、合理化を真似たいと910モジュールにて試みました。
リビング廻りを真壁にしてモイス張りとし伊礼さんデザインのペレットストーブ+カウンターアローファンを組み合わせて吹き抜け上の暖気を床下に送り、
その他玄関上の金属庇の天井板張りなど様々な試みをしています。

c0019551_13140121.jpg

ガルバリウム鋼板 瓦棒葺き
埃で若干滑りますが段勾配
であれば屋根も上がってみます。


c0019551_13143630.jpg

特に問題はありませんでした。


c0019551_13145052.jpg


せっかく屋根に上がったので天窓の
ガラス拭きをしました。
10年ぶりのガラス掃除です。

c0019551_13150645.jpg



1階LDから吹き抜け上を見上げる。
この天井に溜まった暖気を左上に見える
ガラリから吸い出してダクトで床下に
送る様にしています。
c0019551_13153386.jpg


伊礼さんデザインの信州型ペレットストーブ
これだけで家全体が温まるそうです。
c0019551_13151973.jpg


ご長女の誕生後
階段落下防止の為に後付で
もうけた扉
アクリル棒をかんぬきにして
幼児が開閉できないように
工夫しました。

c0019551_13154543.jpg

ステンレス金属庇の天井を
板張りにしたのはこの現場で
初めての試みでした。
木製ドアの竪羽目と同化して
無機質なガルバリウム外壁を
和らげます。


by tanaka-kinoie | 2017-05-18 12:54 | 建築、仕事 | Trackback | Comments(0)

大谷石 採掘場

だいぶ時間が経ってしまいましたが先日の栃木の工務店の集まりの中で貴重な体験が出来ました。
というか命懸けの体験と言っても過言ではありません・・・・
大谷石の採掘場が観光用に公開されている大谷石資料館もあるらしいですが見学させて頂いたところは
現採掘場であり一般人に見せるような素振りもへったくれもありませんでした。
メンバー工務店とのつながりで無理くりに見学をさせて頂きましたが大の大人もびびるような地下までの
不安定な階段はインディージョーンズさながらの体験でした。
地上に上がった際に本気で生きて帰ってこれたと思ったぐらいでした。

c0019551_18081171.jpg

 事務所が大谷石
 どういった構造かは
 わかりませんがトイレ内部
 の壁は大谷石でした。
 組積造かもしれません。


c0019551_18084419.jpg


ここが地下の採掘場入口です。
c0019551_18090070.jpg

ここから30m程度の深さはある
地下に降りて行きます。
手摺が低く、踏み板は大谷石の粉が
積もっていて足元安定せずで尚更
怖いのです。


c0019551_18092825.jpg


下から見上げるとこんな感じ


c0019551_18095361.jpg

吊られているのが良くわかります。
下まで降りてからのすのこ状の廊下
の様な水平移動がまた怖いのです。


c0019551_18102815.jpg


巨大な地下空間に到着
左上に水平移動した廊下が
見えます。


c0019551_18104747.jpg



切出し場に到着この日は作業は
していませんでしたが話によれば
ベテラン職人が朝この地下まで降りて
夕方まで地上に上がらず作業をする
そうです。


c0019551_18110952.jpg



切出し専用の機械レールを移動して
大谷石の盤を切り出します。


c0019551_18112389.jpg


c0019551_18113962.jpg


大谷石の空間内にいるので床も
天井も当然大谷石です。


c0019551_18115590.jpg



そして地上へ戻ります。
この時点ではまた憂鬱に
なりました。

c0019551_18121248.jpg



大谷石の切断中


c0019551_18123860.jpg


切断したては綺麗な青色を
しています。


c0019551_18125205.jpg



ビシャンと言われる小叩きの仕上げ
c0019551_18130550.jpg


c0019551_18132240.jpg



やっとここから普通の大谷石観光と
なりました。
天狗の投石といわれる転がりそうな
大谷石
落下留めはありました。
c0019551_18133719.jpg




この近辺には普通に大谷石外装の
家があります。 

c0019551_18142002.jpg




大谷石の山を切り出して
つくられた観音様
この平地も全て削られた後
だと思います。

c0019551_18143450.jpg




切り開いたことが明らかに
わかります。

c0019551_18145672.jpg



鳥取にある投入堂の
ように大谷石の塊の
中に埋まっている社寺

by tanaka-kinoie | 2017-05-14 18:15 | 見学会、住まい教室、他 | Trackback | Comments(0)

芍薬が届きました。

毎年、お願いしている大谷芍薬園の芍薬が昨日会社に届きました。
例年ですと5月の連休前に送って頂くことが多いのですが今年は注文をするのが遅れてしまいました。
それでも今年は春の寒さもあったのか例年と変わらないものを送って頂きました。
今朝は万回にちかく花弁が反り返るくらいの勢いで大輪を咲かせています。
残念ながら普段の生活の中では身近でこんな大きな花に接することは滅多にありません。
その分、毎年楽しみであり、これが届くと夏が始まるのだと毎年感じています。

c0019551_10350874.jpg
会社の社訓と並ぶこの位置が
最近のベストポジション
漆の額と良く合います。




c0019551_10343863.jpg
板金屋さんの手業による
銅板の壺です。
芍薬の大輪に良く合います。
胴のイオン効果なのか?
ガラス花瓶よりも長持ちします。
大きさも色合いもまた良く合うのです。





by tanaka-kinoie | 2017-05-12 10:35 | 動植物 | Trackback | Comments(0)

会社の雑木スペースの今

会社の雑木スペース
植樹してから5年半が経過しました。
一番目立つ場所でありながら殺風景なここを何とかしくて5×緑を植えたりしたけど枯れてしまい・・・・

たまたま、ご縁の出来た高田造園さんに相談するとこんな小さなスペースでも雑木を賑わすことが可能との返事。
数年で2階窓まで伸びるとの言葉に半信半疑でしたが、いよいよ自分のデスク前の窓を遮光出来るぐらいまで
に成長してきました。
冬は落葉して淋しいですが春からの芽吹きの勢いは強いです。
花は桜と車輪梅が咲き サクランボも鳴ります。
コナラのドングリもいつか実れば嬉しいです。


c0019551_19022071.jpg 
 
 これが当初の姿です。
 貧弱な苗が10数本

c0019551_19160824.jpg  

 根入れは30センチ程度
 奥行きも45センチ程度しか
 ありません。


c0019551_18555872.jpg


 現在の様子
 立派な雑木スペースです。
 木陰が出来ます。
 大島桜の幹の太さは7㎝ぐらいに
 なりました。



 
 






c0019551_18560688.jpg


 デスクを振り返って窓の外を見れば
 こんな感じ


c0019551_18561219.jpg 



 ちいさくて酸っぱく
 美味しくはありませんがこんな
 スペースにサクランボが鳴るとは
 思っていなかったです。
c0019551_18562028.jpg



 だいぶ熟した実もあります。













c0019551_18562688.jpg



 シャリンバイの花も咲き始めました。
 
 
 次はコナラにドングリが鳴るのでは
 と期待しています。
































by tanaka-kinoie | 2017-05-10 18:58 | 動植物 | Trackback | Comments(0)

連休の海と浜辺の植物

連休中は初回面談の打ち合わせが2回と地鎮祭などの仕事をこなし、事務処理も溜まっていましたがそれらはせずに自由に過ごしました。
遠出もしなかったので茨城と千葉北の海にそれぞれ1回づつ出掛けました。
比較的、波にも恵まれて冬に衰えた感覚が徐々に戻ってきたのでこれからのフルシーズンに向かい、良いスタートが切れたと思います。

c0019551_18180611.jpg



どこのポイントも波が無い連休の終盤
予想に反してここはまあまあ出来ました。
入水間際にリーシュコードが無いことに
気付きましたがローカルに借りることが
出来て無事に波乗り出来ました。













c0019551_18181743.jpg


このポイントに通い始めて10年以上
は経っていますが浜辺が『浜ヒルガオ』
の緑でうっすら覆われたこの風景は毎年
変わりません。

変わったのは
昔は人が少なく良いポイントだったのに
残念ながら最近は混雑気味です。
昔は怖かったローカル達もこれだけ
通うと優しいです。(笑)






















c0019551_18182570.jpg


この時期の浜を代表するような花
『浜ヒルガオ』
これが咲き乱れると本格的な波乗り
シーズンが始まる感覚になります。

左側は『コウボウ麦』
この時期に結構目立つ植物なのです。









c0019551_18183224.jpg



 『小待宵草』
 夕方に咲く花なので朝には萎み
 気味です。
 レモンイエローの小さな花です。











c0019551_18184016.jpg



『浜エンドウ』の鮮やかな紫

『野いばら』の葉っぱと茎も見えます。
夏には数は控えめですが小さな白いバラ
が咲きます。













c0019551_18184756.jpg



 『蔓日々草』
 5弁の紫の可憐な花ですが
 外来種で繁殖力が強いそうです。
 浜には咲きませんが浜から少し
 離れた道路際、民家脇には
 沢山咲いています。

 
 波乗りも植物観察も楽しめた
 休日でした。



by tanaka-kinoie | 2017-05-08 18:21 | 波乗り | Trackback | Comments(0)