<   2017年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

崇秀さんのお別れ会

10数年来、構造材でお世話になっている山長商店11代目の榎本崇秀社長が7月7日にお亡くなりになりました。

昨年10月に社長に就任をされ、1月の社長就任披露パーティーから半年足らず
享年37歳と私よりも20歳も若い年齢でのご逝去にとても驚き、しばらくは落ち込んでいました。

1月の社長就任のご挨拶の中で山を守り、品質の高い紀州材を育てきた先人への感謝とその材を選び、使っている我々工務店、建築家へのお礼の言葉を述べられていました。
紀州材の未来を切り開くと言う彼の決意、力強い言葉にはわくわくしました。
少子化、家の長寿命化で萎んでいくであろう、逆風の住宅産業界にどう太刀打ちするか、彼の采配を我々だけでなく製材、森林業界が注目していたであろうと思います。

業界全体にとって大きな損失であるのは間違いありませんが一番悔しい思いをしているのはご本人自身に間違いありません。
奥様、4歳と1歳の幼子を残し、さぞかし無念だったと察してあまりあります。
歳が近い子供を持つ親として自分をかさねると涙が止まらなくなります。

2004年の6月に和歌山の山長商店の山林ツアーにお邪魔した、副社長時代が初めての出会いでした。

優しい語り口で柔らかい物腰
聞き上手でもあって話しもつきず、東京でまたお会うと約束しましたが、その後に病が発覚して治療に専念すると言う連絡を頂きました。
しばらくしてから良い治療法で病状も回復に向かっていて仕事も普通にされていると知り、すっかり安心をしていました。
この数年はi-worksやその他の会合でもお会いする機会も多々あり、健康そうで精力的に全国を回られていたようです。

ご葬儀は近親者で行なわれたようですが8月7日に和歌山でお別れの会が行われてそこに参列をしてきました。

おりしも大型の台風5号(NORU)が屋久島と種子島を直撃し、日本列島にも上陸すると言われていました。
飛行機は前日に欠航したので新幹線と在来線を乗り継いで会場に向かう予定にしましたが新大阪手前で在来線も運休となっている事を知りました。
これで行く手段は無いと思いきや山長商店さん手配の伊丹空港への迎えのバスが新大阪に回ってくれる事となって田辺に向かうことが出来ました。
後から聞いた話によれば崇秀社長は雨男だったそうです。
それでも参列者は1200名にものぼったと後で知りました。

新大阪から田辺の紀南文化会館まで1150キロを台風の暴風雨に向かってバスが走る形になりましたが行きは、ほぼ順調でおおむね2時間半程度だったと思います。

お別れ会は彼の半生を思い起こして顧みるが出来、詳しくは知らなかった合唱団での活躍や
彼の一面も窺い知ることが出来ました。

もう少し色々と話をしたかった
正月の挨拶回りは社長とじっくりお話が出来る貴重な機会でしたが今年からは長治さんから崇秀さんに変わり、相対が出来ると楽しみにしていました。

田辺は前回の訪問以来2度目です。
まさか再訪がお別れ会など思いもしませんでしたが、次回は短い間でも11代社長として関わったあの広大な山林を巡る事が出来ればと思いました。
植樹されるであろう樹も見届けたいです。



ご冥福をお祈りします。

下二つの写真は北村建築工房の北村さんの写真を拝借しています。



c0019551_1618924.jpg
c0019551_16181964.jpg
c0019551_16183699.jpg


懇意にされていたと言う音楽法話される南紀白浜の
聖福寺の関守研吾住職による中島みゆきの『糸』の
歌のご披露もありました。

この歌詞はこの場に響き、透き通ったお声は心の歌でした。


c0019551_16185338.jpg

















お父様の榎本長治様と奥様の絢子さん
志歩ちゃん、帆花ちゃんにより植樹
涙がとまりませんでした。

この樹が家族に見守られながら彼の思いを継いで
田辺の地ですくすくと育つことだと思います。


by tanaka-kinoie | 2017-08-17 12:45 | 建築、仕事 | Trackback | Comments(0)

都心の木質化

プリントや造形の技術でパッと見は木材に見える似非物(えせもの)が使われるのは普通の事ですが、一方で本物の樹木を使った木質化も最近はよく見掛けます。

先日見掛けたのが新宿東南口前のバス発着所バスタ新宿の足元
甲州街道高架下の観光案内所とロッカールームまわりの木質化です。
建物の外周を30~45厚×105幅程度のひのき無垢材で囲み、程よく木質感を出していました。
一部を除き、大半が無垢材
アルミやスチールにプリントした物では無いところが評価できます。
どこの設計かと思いきやsinato(設計事務所)を失礼ながら知りませんでした。

c0019551_2272439.jpg

バスターミナルが出来たことで新設された観光案内所
この木質化で柔らかいフレンドリーな雰囲気。
着色は全くされていないところがまた良いです。
c0019551_2273411.jpg

ディテールは調べませんでしたがスチールかアルミの
横材に板を留める形式のようでした。
工事費も抑え気味に済んでいる気がします。
c0019551_2274834.jpg

雑多な新宿のイメージアップもしそうな木質化だと感じました。
c0019551_228038.jpg

ロッカースペースも同様な囲いがありました。
c0019551_2281267.jpg

植栽スペースも同様な意匠

c0019551_2282064.jpg

防火地域だし不燃処理されているのでしょうか
含侵の不燃処理材は雨に濡れる不燃材の染み出しなどで
こんな感じに白濁する事があります。

c0019551_2282791.jpg

喫煙スペースも同様に木質化と思いきや
そばにいくと金属にシート張りだとすぐにわかります。
喫煙スペースだから汚れる、燃えるから?
なのでしょうか?


劣化、腐朽、燃えるなどの問題もありますが無垢材を超える雰囲気を
出せるものはありません。
高架下という事で雨に濡れない分が大半ですが一部は濡れてしまいます。
数年後にどんな経年変化となり、どんな雰囲気になっているのでしょうか?
メンテナンスもし易い、ディテールのようでしたので安心です。



by tanaka-kinoie | 2017-08-14 22:08 | 建築、仕事 | Trackback | Comments(0)

御茶ノ水駅 工事

週に1度は通り、利用するJR 『御茶ノ水駅』
乗降客も少なくないのにホームは狭く、エレベーターはもちろん、エスカレーターさえもありません。
メジャーな駅でありながら東京で一番優しくない駅だと思います。
JRも設備投資を惜しんでいる訳では無く、単純にそれらをつくる場所が無いからが理由なはず
神田川と崖の間の斜面を切土した狭隘な土地に電車が通っているようなところですから・・・・

2013年からバリアフリー化の工事に取り掛かりましたが神田川からしか工事が出来ない為に川に仮設架台をつくってそこからコンコースを組み、ウルトラ難易度な工事だと思います。
それでも4年経過していつのまにか既存建物が補強され、人工地盤を支える鉄骨や柱、クレーンも2基設置されていよいよ概要が見えてきました。
武道館の設計でも有名な山田守氏の聖橋も残念ながら仮設で覆われて数年経過します。
完成予定の2020年に新しい駅と共にお目見えを楽しみにしています。

c0019551_2118439.jpg

工事前の御茶ノ水駅
c0019551_2119299.jpg

先日はタワークレーンが2基
ホームの乗客はこんな大きな物があるとは
知らないでしょうね。

c0019551_2119829.jpg


ホーム側の工事は終電以降の夜間工事だと
思われますので24時間体制?
c0019551_21191870.jpg
c0019551_21192920.jpg

いつのまにかホーム上にこんな大きな鉄骨柱が
建っていました。
c0019551_21193886.jpg

完成後のイメージパースです。
大変な難工事であることはわかりますが困っている姿も
良く見かけますので完工心待ちにしています。

by tanaka-kinoie | 2017-08-03 20:29 | 建築、仕事 | Trackback | Comments(0)