見学会のしつらえ

『中里の家』 見学会が終了いたしました。

週末の2日間とも猛暑でも断熱性能の良さにより移設する為にリビングがエアコン無しでもサーキュレーターを使って
個室2台のエアコンのみで十分しのぐことが出来ました。

とはいえ音や見た目の感覚的な涼しさの演出もいくつか試みました。

c0019551_19171812.jpg


クリスタルの削り出しの花器SHALLOWS
ダイニングテーブルの上に飾りました。
道端にあったカタバミを挿しただけですが
不思議と様になります。
ガラスならではの涼しげな演出です。
テーブルのアメリカンチェリーに映えます。

c0019551_19173650.jpg


12年前に購入した久保裕子さんの作品
上から見れば水面の中に金魚が泳いで
いるように見えます、
不思議なガラスの文鎮です。

c0019551_19175345.jpg


篠原風鈴本舗の江戸風鈴
近頃はうるさいと言われることもある聞きます
が透き通ったガラスならではの音色は涼しさを
感じますね。

c0019551_19181347.jpg

これはオリジナルの手拭から作った団扇です。
こちらは実用品その物・・・・(笑)
暑い中ご来場者の方々にすぐにお渡しをしました。
もちろん販促で配られているような物ではありません。
竹でつくられている手作りの房州団扇です。
浴衣の帯に差せるように長めの柄でお願いをしています。



# by tanaka-kinoie | 2017-07-11 10:21 | Trackback | Comments(0)

『中里の家』 完成見学会

今週末に開催される『中里の家』完成見学会
路地奥にある木造3階建て準耐火木造
見所は沢山ありますが
・道路、北側の斜線制限をかわしながら複雑な屋根形状を木構造と板金技術により実現し3階空間を確保した事。
・準耐火構造での燃え代柱と梁の現し
・桜系の材料を使ったキッチン、テーブルなど造り付け家具など

まだお申し込みは間に合いますのでご都合のつく方はお出掛け下さい。




c0019551_18231619.jpg

キッチンから東側の借景を望む
c0019551_1823266.jpg

真ん中にあるのが桧の燃え代柱です。
床材は国産唐松 上小節
c0019551_1823364.jpg

東側からキッチンを望む
c0019551_18234459.jpg

杉の燃え代梁
ヒノキの燃え代大黒柱
c0019551_1823506.jpg

食器棚の面材はチェリー材
幅接ぎとはいえ無垢板使いです。
c0019551_18241533.jpg

吊戸棚の面材も同様です。
c0019551_18242365.jpg

テーブルを塗装しました。
チェリーらしい重厚な色合いになりましたが
時間が経て艶などはもう少し落ち着くと思います。
c0019551_18243053.jpg

c0019551_18244239.jpg

# by tanaka-kinoie | 2017-07-06 18:25 | 建築、仕事 | Trackback | Comments(0)

i-works 4.0栃木

i-works4.0の牧田モデルが完成して数ヵ月
公式公開にタイミングが合わずでしたが、仲間のよしみでお願いをして伊礼設計スクール繋がりの工務店仲間2人と共に
お邪魔をしました。

牧田工務店北沢建築富士ソーラーの社長三人とは伊礼設計スクールに殴り込みならぬ、押しかけ講師で参加をして以来のお付き合い。
年令は少し離れていますがきのおけない工務店仲間です。
この4人の仲間の家づくりを1年近くかけて相互に回ったこともありますが、お互い忙しくて最近は中々集まる事が出来ないでいました。

今回は牧田さんのi-works4.0平屋プランを肴に集う事が出来たと言う訳です。
伊礼さんとの設計のやりとり、金額的なこと、工務店を食い物にする輩の話しなど(笑)も含めて
工務店の地位向上に向けて正直に語り合いを持ち、隠し事はありません。

c0019551_16193362.jpg

一部小屋裏がありますが基本的には平屋で
西に水回り、東にポーチ屋根の2つの下屋が
ついた平面計画
c0019551_16194510.jpg

正面から見れば下屋は大屋根の平屋
綺麗なプロポーションです。
外壁は杉板押し縁留め 黒塗装
c0019551_16195544.jpg


c0019551_1620628.jpg

道路から玄関へのアプローチ
c0019551_16201481.jpg


屋根の掛かる大きなポーチ
栃木ならではの大谷石使いが素敵です。
外部収納もたっぷりです。
c0019551_1620215.jpg


デッキのある南側の大きな開口部
アイランドプロファイルの大型の引込み木製サッシ

c0019551_16202811.jpg

南側でも大きな開口はここだけに
絞っています。
その分メリハリがある採光と白い壁が
効いた落ち着いた空間です。
c0019551_16203547.jpg

小屋裏から見下ろす南開口
c0019551_1620422.jpg

伊礼さんの設計では珍しい
垂木現しの天井で野地板は
Jパネルです。
c0019551_16213455.jpg

小屋裏の1間の間口が高さとの
バランスが良くて心地よい空間でした。


c0019551_16214840.jpg

元シェフ?の大澤さんが料理中
伊礼さんのキッチンはどこも
使い易いそうです。
c0019551_16215795.jpg

パスタ2品

c0019551_1622594.jpg

美味しく頂きました。
残念ながら最終での日帰りと相成りました。

# by tanaka-kinoie | 2017-07-03 16:22 | 建築、仕事 | Trackback | Comments(0)

田中工務店の材料使い

工務店の家づくりはものづくりであるべき!!!
いつも言っている事ですが、そのものづくりの為の材料は主に木材です。

そんな木材(良材)の仕入れと使い方も工務店ごとの特徴であり、初めてお会いする方にはアピールのポイントとしています。
良材を仕入れるチャンスがあれば出掛けますし、うちがそんな工務店と知って様々な材木業者から声が掛かります。
正直、木の事がわかるずにぼられてしまった材料もありますが現在は良材を比較的安価で仕入れられていると思います。
プランが決まり、お客様との打ち合わせによって探すこともありますが誰の為でも無く、あても無く木材を仕入れて
それをお客様にお奨めしてお使いいただく事が多いです。
それが弊社の進め方です。現在進められている『中野坂上の家』の現場で使う材料を先日弊社の加工場にて加工をしていました。

c0019551_19173064.jpg


茶室の入口の敷居として用意した
脂松の長尺材は銘木と呼ばれる価値の
あるものです。
隣接するリビングの床材がラオス松なので
材料を合わせてみました。
 
 













※脂松(肥松)
脂松と言う種類の松はありません。
一般的には高樹齢の赤松や黒松の脂気の
強い赤味の部分。
c0019551_19184237.jpg



 力強い柾目
 鉋切れは良いようですが鉋台に
 脂がつくので拭き取りながらの
 作業になると聞きます。

c0019551_19185495.jpg



触ると脂っ気が強いのが
すぐにわかります。

c0019551_19192358.jpg



こちらも赤松見切り材として使う框で赤身材です。
脂松ほどでは無いにしても十分に美しい木目の
出た良材です。
c0019551_19191025.jpg



松材の板目は力強いです。
c0019551_19193172.jpg


 こちらは玄関框に使う
 ミズメ桜です。

c0019551_19194901.jpg




 赤身と白太がはっきりして
 います。
 かなりの硬さと重さがあります。
 こちらも貴重な材料です。






# by tanaka-kinoie | 2017-06-24 19:20 | 建築、仕事 | Trackback | Comments(0)

三澤康彦さんのこと

建築家の三澤康彦さんが5月に急逝されて先日、千里にてのお別れ会に参列してきました。
独自の民家型構法を確立され国産材の材料使いにも長けており、国内のどこにどんな材料があるかを知り尽くしていた方でした。
バタ臭くなりがちな木視率 (室内表面に現れている木の割合) の高い建物をモダンに魅せる手法は中々真似が出来ませんでした。
材種の選択、寸法のバランス、インテリアのセレクトの良さだったと思います。

今でこそ誰もが性能を謳っていますがデザイン重視、性能は二の次の設計が蔓延っていた時代にあって耐震、温熱、防火においても重視をされた設計をされていました。

思えば初めてお会いした時から10年前後になると思います。
とある会で産地の視察旅行のでMOK大阪の『行列が出来る工務店』として講演依頼を受けて6年前にお話をさせて頂きました。(行列は殆どありませんが・・・・笑)
その講演がきっかけとなり現在の関西方面とのおおきな繋がり、人脈が出来て仕事にいかせています。

康彦さん設計の建築工事を請負ようなご縁がありませんでしたが鳥取県のイベントにおいて西新宿のパークタワー1階ホールへの設営と室内の家具作りを依頼されました。
東日本大震災の311の3日後に予定をされていたこのイベント
東京の状況がわからずやる気満々だった康彦さんに東京は意気消沈して灯が消えたようだと伝え延期を要請したのは私でした。
そして7月末の再開も翌日の展示に追われる作業
早朝7時前からスタートしてビルが閉まる11時近くまで掛かった多くの仕事量でしたが無事に終えられた達成感で高揚してその日は眠る事が出来ませんでした。
現在は胡桃山荘として懇意にしている北沢建築の社屋の隣にあります。
胡桃山荘のオープン時のご招待へのお礼としてお送りした大谷芍薬園の芍薬をお気に召して頂き、ご自身で贈答用に使われていると知って嬉しく思っています。

最後にお会いしたのが3月の岐阜の銘木市でした。
市場では花梨と欅を狙っている私に田中さん、それ狙ってるなら僕は買わんでおこう・・・(笑)
木に関しては好のみがよく似とるからね~と
確かに金沢での銘木販売でも競い合ったことを思い出しました。


岐阜の夜の食事会でのこと
田中さんブログのようにモノづくりの姿勢をこれでもかと訴えている所、それがいいよ 自分も同じだと
言ってくださいました。
まさか康彦さんが見てくださっていたとは思いもしませんでしたが正直嬉しかった。
そしてその夜が最後になってしまいました。

c0019551_13543619.jpg


お別れ会は450名を超える多くの
方が参列されました。

c0019551_13555267.jpg



Ms出身の弟子でもある家具作家の
大橋朋晃さんの手による仏壇

c0019551_13564459.jpg



康彦さんがお好きだった言う
チェリーとブラックウォール
ナット材による上質な物でした。
 

c0019551_13570550.jpg



初めて訪問しました。
千里のMsの事務所

c0019551_13571424.jpg


康彦さんのデスク
仕事そのままで残っていた手書きの
トレペに矩計がありました。

c0019551_13574124.jpg



思いでの『鳥取みどりの力』
8角の棟木を10人ががりで
あげています。

c0019551_13575475.jpg


ここが一番の山場でしたがこの時点で
進捗6割で多くの作業が残っていました。
この後の化粧垂木に吊りバルコニー
内部家具などが大変でした。


c0019551_13580384.jpg


展示ブースも手抜き無しでしっかりと
つくりました。
完成は11時近くパークタワービルのクローズ
20分前でした。

康彦さんの残したMs流設計術の基盤は奥様である
三澤文子さん、多くの弟子達が引き継いでくれると
思います。


ご冥福をお祈りします。





# by tanaka-kinoie | 2017-06-19 11:10 | 建築、仕事 | Trackback | Comments(0)

『日暮里の家』 竣工画像

『日暮里の家』の竣工画像をホームページに掲載しました。

狭小地の木造3階建て
何とか車が入れる路地に面した15坪弱の敷地ですが都心では特に珍しい条件ではありません。
路地奥でやり易い工事とは言えませんでしたが東南の角地である分、恵まれていたと思います。
少し難度が高かったのは台形の敷地なりに平面計画を行ったことです。
斜め部分が余裕のあるアプローチとなり、小さなバルコニーもリビングにつくる事が出来ました。
屋根は寄棟の複雑な形になりましたがそれでもそんな架構には慣れっこですしプレカット工場も大工も構造事務所も力を合わせて実現出来ています。
板金屋さんの技術は高度ですので耐久性のある屋根となり雨漏れの心配は全くありません。
敷地形状によるプランニングから屋根が複雑になりますが雨漏れの心配の無い耐久性の高い屋根を形作りるのも工務店の技術だと思います。
ドローンを使って上空からの写真など撮れたらそこもアピール出来ると思うのですが・・・・・


c0019551_18542364.jpg





























c0019551_18544772.jpg















c0019551_18551999.jpg
















c0019551_18555078.jpg





































# by tanaka-kinoie | 2017-06-13 17:49 | 建築、仕事 | Trackback | Comments(0)

中里の家

7月8日(土)、9日(日)に完成見学会を開催する『中里の家』の進捗状況です。
木工事がもう少しで終わり、足場も外れます。
この複雑な屋根は足場が無いと地上から見ることは出来なくなるので上がってみました。
これを実現する、木造の架構の技術と板金の技術
絵に描いた餅にならぬようにならずに実現できるのは己の技術レベルを知った上での設計施工であるからです。

c0019551_20083791.jpg




玄関前のポーチ天井は杉板です。
延焼ライン内で防火制限がありますが
下地を不燃にして板張りを可能にしています。











c0019551_20091800.jpg




3階の子供室は屋根そのものの複雑な
形状です。























c0019551_20103736.jpg




3階廊下からリビング側の吹き抜けを見る。

屋根の一部になるので開閉式の天窓を
設置しています。




















c0019551_20105922.jpg



3階への階段
屋根勾配内でぎりぎりにあがって
いきます。























c0019551_20112109.jpg



ガルバリウム鋼板一文字葺き
 
北側、道路と2面の斜線に掛かるために
ピラミッドのような形状の屋根です。

右手の北側は天窓
左手には非常用進入口があります。






c0019551_20114182.jpg




 3階なので非常用進入口が必要です。












c0019551_20115586.jpg



屋根は2段になっています。
こちらは上部の屋根
寄棟形状は屋根換気がとり難いですが
新型の換気棟を使っています。
 









c0019551_20121047.jpg



 上部の屋根から下部の屋根を見る




c0019551_20123100.jpg こんな感じで急激に屋根が折れます。























# by tanaka-kinoie | 2017-06-07 20:13 | Trackback | Comments(0)

定期点検 2件

週末に定期点検を2件行いました。
9月で10年目を迎える『けやきの見える家』と7年目の『根岸の家』
どちらもOZONE家づくりサポートの中の工務店コンペで弊社を選んで頂いたものです。

私の代になり、現在のような家づくりを始めてから10年少々
お客様からのご意見、定期点検時に気付いたこと、新製品の登場などで施工方法も使う素材も少しづつ変えてきました。
この2軒の家を比べてもたった3年の違いで定番部材の種類や素材を変えています。
これから10年一区切りを迎える家々が多くなってきますので定期点検で新たな気付きがあると思います。


c0019551_20293513.jpg



『根岸の家』

台東区の根岸は住宅密集地
路地に面した角地で比較的恵まれた
条件とはいえ狭小地での木造3階建て
の建築でした。

3階には個室とサンルームに
ここにも見える小さな花台があります。
屋根上での耐久性を考えて人口木を
使いました。

















c0019551_20315916.jpg



玄関は路地側にあります。
元々セットバック前では自転車が
すれ違い出来る程度の道幅でした。

c0019551_20361401.jpg



屋根は瓦棒葺き
この頃から芯木は人口木にした為に釘抜け
は無し
雨樋もタニタスタンダードで当然の事
劣化はありません。
雪止め、雨樋、棟 問題なし
ここは3階建てとは言え比較的上がり易い
勾配です。
狭小地では空間をぎりぎりに取るので
きつい勾配の屋根も多くなります。
とはいえメンテナンスを考えれが上がれる屋根
が理想です。


c0019551_20362840.jpg



下屋に設置された花台
人口木で製作されています。
金物やビス類は全てステンレス
溶融亜鉛鍍金も悪くないのですが
ステンレスが安心です。
c0019551_20364608.jpg



階段下まで有効に使える
引出し式の収納

c0019551_20370084.jpg



ロシア唐松の床は色濃く
なりいい経年変化をしています。

c0019551_20371494.jpg


畳下の点検口から床下のチェック
白蟻がいないか
漏水がないか
腐朽はないか



c0019551_20372826.jpg


床下は掃除機も掛けているので
竣工当初の綺麗な状況でした。


c0019551_20185294.jpg
午後からは『けやきの見える家』

バルコニーの正面には欅の大木があります。
これをリビングの借景にしない手は無い
敷地条件でした。






















c0019551_20190045.jpg




 ケヤキ側から見る
















c0019551_20190739.jpg





























c0019551_20192887.jpg



 太陽光駆動のOMソーラーを
 搭載しています。
 関節痛であった奥様には足元の
 冷えが大敵と言う事で導入して
 喜んで頂いています。

この頃の雨樋はパナソニックのアイアン丸
全て塩ビ製品の物よりも耐久性はあると
思います。









c0019551_20192156.jpg




 床下は根岸の家同様に綺麗でした。













c0019551_20194494.jpg




見積もり時に予算オーバー
子供室の床をフローリングを貼らずに
唐松化粧合板を使いました。
ベニヤと侮るなかれ違和感なく馴染んで
経年変化も良い感じです。





















c0019551_20193677.jpg



大型建具の調整をしています。
吊りの引戸は調整が楽ですが1.5間の
引違い建具の鴨居が下がっていました。



# by tanaka-kinoie | 2017-06-06 08:23 | Trackback | Comments(0)

ブラックチェリー材 テーブル

7月8日(土)、9日(日)に完成見学会が行われる『中里の家』
そのお家の為におつくりしたブラックチェリーのテーブルがほぼ完成しました。
本日はそのテーブルの高さと塗装の種類、脚や天板の出隅のRの角度などの打ち合わせを行いました。
弊社では家づくりをされて頂いた方には徳値でテーブルをご提供しています。
家づくりにかかわった大工がつくるテーブルはお客様にも喜んで頂いています。
完成見学会でお披露目となりますので是非お越しください。

c0019551_17560630.jpg


幅は92cm 長さは182cmと大きなテーブルです。
脚が天板外側に位置するので内寸が大きく、
椅子が3脚入ります。
周辺が空けば8人掛けとして使えます。

















c0019551_17574395.jpg



天板と周辺の框には目透しと言う手法で隙間があります。
デザイン的な部分と万が一木の反りむくりで隙間が空い
ても目立たないという利点があります。

















c0019551_17580677.jpg



小泉誠さんデザインのR定規です。
材の出隅(角)をR加工する際のにRの大きさを
決める目安がこれでわかります。
0.5R~6Rまであります。













# by tanaka-kinoie | 2017-06-04 17:58 | Trackback | Comments(0)

天然木突板とは?


無垢材で全てが賄えれば良いのですが建具など大きな物では価格や大きさ、重さ、反りムクリなどの狂い、統一感の難しさなど様々な問題もあり使いきれない現状があります。

そこで使われるのが突板とか練り付けという言い方をされる昔からある天然木を薄くシート状にスライスして使う方法です。
たいていは0.5mm以下の厚み、厚くても1mm以下ですので無垢の1枚板と違い、1本の樹から綺麗な目の良材を数多く採ることが出来ます。
そのままでは薄くて使い勝手が悪いので通常はベニヤに圧着してパネル状にした突板ベニヤが主流です。
建具、家具、壁の仕上げなど幅広く使われています。
但し、突板のスライスの幅がせいぜい300mm程度まで
それらが数枚連続した板目のベニヤとなるので継手はわかり無垢の1枚板とは全く違った雰囲気です。
柾目の突板は連続してもつなぎ目は目立ちにくいです。
天然木ですので突板の取り扱い業者ごとに物は違ってきますので見本と違う物になる可能性もありますので注意が必要です。

針葉樹、広葉樹と樹種も多く板目、柾目、杢目など揃っていますので価格差はあれど、たいていの材は手に入ります。
とはいえ現代では上級の部類として捉えられ一般的物とは言えません。
無垢材で無くても上質な建具はたいてい突板ベニヤをフラッシュと言う手法でサンドイッチしてつくられたものです。

昨今の建具は印刷技術でつくられたシートが貼られたものが主流です。
プリントの技術は発達してプロでも遠目には天然木との区別が付き難いものも登場しています。

我々は建具、家具に天然木突板のベニヤを使って製作建具を自由に作っていますがこれは一部の工務店のみの仕様
印刷技術でプリントされたシート張りのベニヤを使うのが現在の主流です。

床材の世界では少々事情が違っています。
弊社は床材に天然木無垢材のフローリングを使っていますが
かたや、かつら剥きをした突板に近い物をベニヤに貼った合板フローリングが現在の主流です。


c0019551_21525961.jpg


最近弊社に納品された
3種類の上質な突板ベニヤ
c0019551_21532012.jpg



タモ柾
突板ベニヤ

3分艶ウレタン塗装
艶を7割程度消しています。
3割程度の艶具合です。
c0019551_21534258.jpg



ブラックウォールナット板目
突板ベニヤ
板目の突板の幅により3枚を連続して
繋いだものになっています。
c0019551_21540426.jpg



アメリカンチェリー板目
突板ベニヤ
こちらも3枚を繋いだものです。
c0019551_21551599.jpg



これらは江戸川区にある堀口切子様からの
ご注文でした。
盃選びをする飲食業の方がお店でどんな感じに
見えるかを判断する為の敷き板として使います。
c0019551_21553128.jpg


これはプリント技術による
P社の天然木風のプリント合板
パッと見は天然木とわかりませんが
そばに寄れば上質感は無いとわかります。

c0019551_21554569.jpg




天然木による独自の風合いを
印刷技術で再現した物とあります。

ようは精巧な偽物ですよとの
アピールです・・・(笑)

弊社では真っ白に仕上げるなどの
条件が無い限りは天然木以外は使用
しません。

c0019551_21555851.jpg



こちらの扉は楢板目フラッシュのドア
板目の幅が300mm前後で3枚連続して
いるのがわかると思います。



設計:いろは設計室

c0019551_21561486.jpg




家具の建具に使われた
タモ柾ベニヤフラッシュ扉
こちらも数枚のシードが連続していますが
継手はわかり難くなります。

c0019551_21562371.jpg




吊り引戸
タモ柾ベニヤフラッシュ扉

c0019551_21563363.jpg




左は家具の扉に使われた
米松ベニヤ柾の扉
タモと同様で柾目は連続性があります。






シナベニヤはロータリーといわれるカツラ剥きで
つくるので少し違う部類ですがこの天然木突板の
カテゴリーです。


# by tanaka-kinoie | 2017-05-26 13:27 | 建築、仕事 | Trackback | Comments(0)