ジャパン建材フェア

建材商社の大手 ジャパン建材が毎年開催している建材フェア
大手住設建材メーカーはもちろん 小さな会社まで数百社とその場で価格折衝して購入することが出来ます。
2日間の売り上げが100億になるというお話もありますがあれだけの人出であればそれも可能だと思います。
その売り上げにも驚かされますがこの建材フェアはただの物販フェアでは無く『住まい方暮らし方コーナー』として入口に時代背景を鑑みた大きなテーマを掲げた展示を行っています。
これがなかなかの見ものなのです。

2年前は弊社もお手伝いをさせて頂き、伊礼智さん設計の高岡の家の実物大モデルを建てさせて頂きました。

開催日の前々日から徹夜にて建て方を行い、日中は造園家の荻野さんの手による植栽も施されて少しでもリアルな状態に近づけるような大掛かりな設営も致しました。
2日間の展示としては計画から設営までありないほどの手の掛け方でした。

そんなスケールの大きな建材フェアなのです。
今回の『住まい方暮らし方コーナー』のテーマはVR(バーチャルリアリティー)の体感
建築家 西方里美さんの自邸でもあるQ1住宅能代を体感できるという試み

実は弊社が前々回でお手伝いをする前はこのフェアの事など殆ど知りませんでした・・・・汗
昨年の暮らしに与える温熱環境のテーマも興味があったのですが結局、伺えずで今回が2回目の来場でした。
目的はエクスナレッジがヒッソリと行っているセミナーです。
ビルダーズの特集でスーパー工務店として取り上げられているオーガニックスタジオの相模さんと須藤建設の須藤会長のお話しを伺いに行ってきました。





会場にはセミナーの2時間前に到着
一通り会場を回りましたが少し気になった建材と設備があった程度
どうしても気になるのが木材のコーナーです。(笑)

c0019551_14164987.jpg


今回は木材類はまったく買うつもりは無かったので
流して見ていたのですが知り合いの材木屋さんに
声掛けられちゃいました。
そこで薦められたのがこの材料です。


3枚口のアメリカンチェリー 殆ど節無し
うちでもブラックウォールナットより人気がある材料
幅が450ぐらいから600程度まであります。
長さも3M弱で長尺








かなり迷いましたが、まずまずのお値段を出して頂いたので
思い切って買いました。
幅も長さもあるのでダイナミックに使えそうですが3枚のみ
人気のある材料ですので早い者勝ちです。


c0019551_1416289.jpg



ブビンガの大盤
乾燥材 幅1m 長さは2.4mぐらいかな 乾燥材
買うつもりは無かったのですがチェリーの指値をのむには
合わせてこれはいかがでしょうか?と・・・・(笑)
昔からの在庫と言う事で得値で手に入れることが出来ました。
2つに割いても使えますしが、出来るだけこの大きさにちかい
ままで使えればそれは凄いものになるでしょうね。
狂わない事を祈ります。


c0019551_14162548.jpg


これを見てもかなりの迫力です。
これも1枚早いもの勝ちです。








良い買い物したけど置く場所苦労しそうです。
供給多し、需要はやや負けてる感じです。


c0019551_14173788.jpg

懇意にさせて頂いているオーガニックスタジオ新潟
の相模社長

彼のセミナーを聞くのももう4回目だと思います。
経営分析を行い、それ露わにして語るのは
彼ぐらいしか出来ないし、しないと思います。
独特の語り口と毒舌ぶりを相模節と言っています。

30分程度で短時間でしたが先日聞いた新建ハウジングの
セミナーとはまた違った題材で表には出せない強烈な物
でした。
c0019551_16583833.jpg


初めてお会いしたSUDOホームの須藤会長

千葉で5社の工務店ネットワーク 『千葉good工務店会』
まとめ役でもあります。
工務店の協業していく意味と私も唱える工務店の地位向上
はしっくりきました。

本社が北海道と言う事もあって高性能な温熱性能はお手の物
最近でこそ語られる性能とデザインの両立は昔から当たり前に
やっている工務店です。


c0019551_1417219.jpg


VRを初めて体験しました。

今回の『住まい方暮らし方コーナー』のテーマは
VR(バーチャルリアリティー)の体感
建築家 西方里美さんの自邸でもあるQ1住宅能代を体感できるという試み
操作に慣れませんでしたが塀を、壁を突き抜けての体験
あそこまで体感出来れば完成後のイメージギャップなど
無くなるでしょうね。

操作ミスで吹き抜けの手摺無しの前に立った時は
動けませんでした。
とはいえどのくらいの手間と金額が掛かるのか・・・・・


c0019551_16585955.jpg


番外編

講演者の方々の慰労会に合流させて頂きました。
セミナー以上に濃い、建築談義とオフレコ話が聞けました。
工務店5社 設計事務所1社 編集長・統括2社など豪華メンバー

左からビルダーズの美人編集長木藤さん、SUDOホーム須藤会長、
日経BPの小原さん、田中、、i+i設計事務所の飯塚さん、
オーガニックスタジオ新潟の相模社長、ベガハウスの設計 幸野所長、
エコワークスの小山社長
あすなろ建築工房関尾さんが撮影でした。

大盛り上がりで紹興酒 ひとり1本以上は開けたと思われます。
# by tanaka-kinoie | 2017-08-26 13:22 | 建築、仕事 | Trackback | Comments(0)

八ヶ岳 秘密基地訪問

防火仕様のご相談など懇意にさせて頂いている桜設計集団の安井さんの秘密基地が完成したと言う事で八ヶ岳まで行ってきました。
秘密基地はサテライト事務所としても使われるだろうと思いますが普段使いの定番材料はもちろん、経過を見る為にまずは試験的に使用された材料を使うなど
実証実験住宅的につくられた山荘です。
自立電源を確保したオフグリッド(電気を引かない)とするなど思い切ったこともされています。
施主であるからこそ自己責任的に出来ることを行っています。

建築関係者にありがちな普段使えない最高級の良材づくしと言う事も無く、逆に普通に使われる一般材にこだわったという事でした。

今回はこの山荘づくりに関わった施工者がご招待を受けたお披露目会
工務店、大工、基礎屋、材木屋、建材屋、造園屋、薪ストーブ製作者、畳屋など地元に限らず全国から集まっていました。、
弊社はというと不定期に行われる田中工務店材木市で安井さんが購入されたブラックウォールナット、花梨の板の加工などを行いました。

お迎えの貸切バスをご用意頂き、新宿を12時に出発して総勢15名程度で中央道を出発しました。
お酒も軽食もご用意を頂くというおもてなし



c0019551_20583754.jpg

15時前に到着
小高い丘の上に上に見えてきました。
c0019551_20584660.jpg


自立電源と聞いてすっかり屋根に太陽光パネルが
載っていると思いきやあれ載ってない・・・・・?

それでもそれが山荘らしい良いプロポーション
だと思いました。

c0019551_20585479.jpg

手前側に最初に作られた小さな小屋があり
奥が母屋です。
この小屋をつくられた目的をお聞きするのを
忘れてしまいましたがまずはモックアップ的な
形での製作だったのでしょうか?

c0019551_205917.jpg


北側
母屋と小屋が隣接しているのがわかります。
北側の窓からは赤松林が望めます。

南側を覗いてYkkの430 トリプルガラス
高性能の樹脂サッシが使われています。
c0019551_2173613.jpg


外壁は焼き杉
改めてご紹介します。
c0019551_2059916.jpg


南側の斜面
造園、石積み中でしたが見せられる竹林と
なるそうです。
写真には写っていませんが右の山の左手に
富士山が見えます。
c0019551_20593659.jpg


良い写真がありませんが南側のデッキ
30厚の桧ですが当初は1間以上飛ばした
たわむデッキを試みていたそうです。
あまりにもたわみ過ぎると後付で根太を入れた
と聞きました。
c0019551_2102898.jpg


南の大きな開口のみ現場づくりの木製サッシ
性能は樹脂サッシより落ちますが断然こちらの
方が見た目も気持ち良さも違います。
c0019551_10271189.jpg


良い写真が無いので
安井さんからの暑中見舞いを拝借
c0019551_2101329.jpg


石積み、植栽中です。
c0019551_2059572.jpg


安井さんからこの秘密基地の概要の
ご説明
c0019551_211516.jpg

半地下的な高さのある基礎下のご案内

c0019551_2111565.jpg


蓄電用の鉛バッテリーが設置してあるスペースです。
このシステムのコンサルティング、設計施工を行った
SHOKAN designの大塚さんからのご説明です。
確か18kw 程度の容量の蓄電が可能とか
フルで蓄電されていれば6日ぐらいは暮らせるそうです。
c0019551_2113190.jpg

太陽光パネルは南斜面に設置してあります。
賛否両論あると思いますがここの場合は
屋根で無い方が断然良かったと思います。
c0019551_2114822.jpg

太陽熱温水器
浴室はありませんが立派なシャワーブースが
ありました。
まわりは温泉もある地域ですので内風呂は必要
無さそうな地域です。
c0019551_212830.jpg

キッチンカウンターは弊社で加工した
ブラックウォールナットです。
漆が拭いてあります。
こういった材料に手を加えると言う作業は
実験的なことなんだと思います。
立派な大きさの1枚板です。
c0019551_2122146.jpg


このシンクを切り抜いたことでそこに一つだけあった
大きな節が無くなり、見事な無節の板になりました。
c0019551_2152921.jpg
c0019551_2154278.jpg
c0019551_2124291.jpg

そして集まった施工業者全員で乾杯

内部の梁は意匠的に梁成を抑える為に桧が
使われていました。
c0019551_215587.jpg
c0019551_21123916.jpg
c0019551_2161428.jpg
c0019551_2112866.jpg


栗の階段材など木材コレクション?も多いらしい
安井さんのストック材が多く使われています。
c0019551_21121831.jpg



# by tanaka-kinoie | 2017-08-23 17:56 | 建築、仕事 | Trackback | Comments(0)

崇秀さんのお別れ会

10数年来、構造材でお世話になっている山長商店11代目の榎本崇秀社長が7月7日にお亡くなりになりました。

昨年10月に社長に就任をされ、1月の社長就任披露パーティーから半年足らず
享年37歳と私よりも20歳も若い年齢でのご逝去にとても驚き、しばらくは落ち込んでいました。

1月の社長就任のご挨拶の中で山を守り、品質の高い紀州材を育てきた先人への感謝とその材を選び、使っている我々工務店、建築家へのお礼の言葉を述べられていました。
紀州材の未来を切り開くと言う彼の決意、力強い言葉にはわくわくしました。
少子化、家の長寿命化で萎んでいくであろう、逆風の住宅産業界にどう太刀打ちするか、彼の采配を我々だけでなく製材、森林業界が注目していたであろうと思います。

業界全体にとって大きな損失であるのは間違いありませんが一番悔しい思いをしているのはご本人自身に間違いありません。
奥様、4歳と1歳の幼子を残し、さぞかし無念だったと察してあまりあります。
歳が近い子供を持つ親として自分をかさねると涙が止まらなくなります。

2004年の6月に和歌山の山長商店の山林ツアーにお邪魔した、副社長時代が初めての出会いでした。

優しい語り口で柔らかい物腰
聞き上手でもあって話しもつきず、東京でまたお会うと約束しましたが、その後に病が発覚して治療に専念すると言う連絡を頂きました。
しばらくしてから良い治療法で病状も回復に向かっていて仕事も普通にされていると知り、すっかり安心をしていました。
この数年はi-worksやその他の会合でもお会いする機会も多々あり、健康そうで精力的に全国を回られていたようです。

ご葬儀は近親者で行なわれたようですが8月7日に和歌山でお別れの会が行われてそこに参列をしてきました。

おりしも大型の台風5号(NORU)が屋久島と種子島を直撃し、日本列島にも上陸すると言われていました。
飛行機は前日に欠航したので新幹線と在来線を乗り継いで会場に向かう予定にしましたが新大阪手前で在来線も運休となっている事を知りました。
これで行く手段は無いと思いきや山長商店さん手配の伊丹空港への迎えのバスが新大阪に回ってくれる事となって田辺に向かうことが出来ました。
後から聞いた話によれば崇秀社長は雨男だったそうです。
それでも参列者は1200名にものぼったと後で知りました。

新大阪から田辺の紀南文化会館まで1150キロを台風の暴風雨に向かってバスが走る形になりましたが行きは、ほぼ順調でおおむね2時間半程度だったと思います。

お別れ会は彼の半生を思い起こして顧みるが出来、詳しくは知らなかった合唱団での活躍や
彼の一面も窺い知ることが出来ました。

もう少し色々と話をしたかった
正月の挨拶回りは社長とじっくりお話が出来る貴重な機会でしたが今年からは長治さんから崇秀さんに変わり、相対が出来ると楽しみにしていました。

田辺は前回の訪問以来2度目です。
まさか再訪がお別れ会など思いもしませんでしたが、次回は短い間でも11代社長として関わったあの広大な山林を巡る事が出来ればと思いました。
植樹されるであろう樹も見届けたいです。



ご冥福をお祈りします。

下二つの写真は北村建築工房の北村さんの写真を拝借しています。



c0019551_1618924.jpg
c0019551_16181964.jpg
c0019551_16183699.jpg


懇意にされていたと言う音楽法話される南紀白浜の
聖福寺の関守研吾住職による中島みゆきの『糸』の
歌のご披露もありました。

この歌詞はこの場に響き、透き通ったお声は心の歌でした。


c0019551_16185338.jpg

















お父様の榎本長治様と奥様の絢子さん
志歩ちゃん、帆花ちゃんにより植樹
涙がとまりませんでした。

この樹が家族に見守られながら彼の思いを継いで
田辺の地ですくすくと育つことだと思います。


# by tanaka-kinoie | 2017-08-17 12:45 | 建築、仕事 | Trackback | Comments(0)

都心の木質化

プリントや造形の技術でパッと見は木材に見える似非物(えせもの)が使われるのは普通の事ですが、一方で本物の樹木を使った木質化も最近はよく見掛けます。

先日見掛けたのが新宿東南口前のバス発着所バスタ新宿の足元
甲州街道高架下の観光案内所とロッカールームまわりの木質化です。
建物の外周を30~45厚×105幅程度のひのき無垢材で囲み、程よく木質感を出していました。
一部を除き、大半が無垢材
アルミやスチールにプリントした物では無いところが評価できます。
どこの設計かと思いきやsinato(設計事務所)を失礼ながら知りませんでした。

c0019551_2272439.jpg

バスターミナルが出来たことで新設された観光案内所
この木質化で柔らかいフレンドリーな雰囲気。
着色は全くされていないところがまた良いです。
c0019551_2273411.jpg

ディテールは調べませんでしたがスチールかアルミの
横材に板を留める形式のようでした。
工事費も抑え気味に済んでいる気がします。
c0019551_2274834.jpg

雑多な新宿のイメージアップもしそうな木質化だと感じました。
c0019551_228038.jpg

ロッカースペースも同様な囲いがありました。
c0019551_2281267.jpg

植栽スペースも同様な意匠

c0019551_2282064.jpg

防火地域だし不燃処理されているのでしょうか
含侵の不燃処理材は雨に濡れる不燃材の染み出しなどで
こんな感じに白濁する事があります。

c0019551_2282791.jpg

喫煙スペースも同様に木質化と思いきや
そばにいくと金属にシート張りだとすぐにわかります。
喫煙スペースだから汚れる、燃えるから?
なのでしょうか?


劣化、腐朽、燃えるなどの問題もありますが無垢材を超える雰囲気を
出せるものはありません。
高架下という事で雨に濡れない分が大半ですが一部は濡れてしまいます。
数年後にどんな経年変化となり、どんな雰囲気になっているのでしょうか?
メンテナンスもし易い、ディテールのようでしたので安心です。



# by tanaka-kinoie | 2017-08-14 22:08 | 建築、仕事 | Trackback | Comments(0)

御茶ノ水駅 工事

週に1度は通り、利用するJR 『御茶ノ水駅』
乗降客も少なくないのにホームは狭く、エレベーターはもちろん、エスカレーターさえもありません。
メジャーな駅でありながら東京で一番優しくない駅だと思います。
JRも設備投資を惜しんでいる訳では無く、単純にそれらをつくる場所が無いからが理由なはず
神田川と崖の間の斜面を切土した狭隘な土地に電車が通っているようなところですから・・・・

2013年からバリアフリー化の工事に取り掛かりましたが神田川からしか工事が出来ない為に川に仮設架台をつくってそこからコンコースを組み、ウルトラ難易度な工事だと思います。
それでも4年経過していつのまにか既存建物が補強され、人工地盤を支える鉄骨や柱、クレーンも2基設置されていよいよ概要が見えてきました。
武道館の設計でも有名な山田守氏の聖橋も残念ながら仮設で覆われて数年経過します。
完成予定の2020年に新しい駅と共にお目見えを楽しみにしています。

c0019551_2118439.jpg

工事前の御茶ノ水駅
c0019551_2119299.jpg

先日はタワークレーンが2基
ホームの乗客はこんな大きな物があるとは
知らないでしょうね。

c0019551_2119829.jpg


ホーム側の工事は終電以降の夜間工事だと
思われますので24時間体制?
c0019551_21191870.jpg
c0019551_21192920.jpg

いつのまにかホーム上にこんな大きな鉄骨柱が
建っていました。
c0019551_21193886.jpg

完成後のイメージパースです。
大変な難工事であることはわかりますが困っている姿も
良く見かけますので完工心待ちにしています。

# by tanaka-kinoie | 2017-08-03 20:29 | 建築、仕事 | Trackback | Comments(0)

『コンフォルト』 に取り上げられています。

隔月刊のインテリア雑誌 『コンフォルト』 №157Augustに掲載されています。

空間をコントロールする木製建具の手法で弊社の実例を取り上げて頂きました。
弊社では室内で既製品の木製建具を使う事は滅多にありません。
理由はいたって単純で使いたいものが無いからです。
素材、デザイン、幅・高さなどの大きさはもちろん現場合わせの引き込み戸など我々が好ましい物を設計に組み込もうとすれば作るしかありません。
建具枠を現場に合わせて大工造作でつくり、建具屋が採寸してつくるという、どちらかというと昨今では珍しいつくり方かもしれません。
その分、手間も掛かりますがその分、既製品の建具では出来ない、多様性と可変性が生まれ空間が豊かになることも多いです。
そのような既製品の建具では出来ない、造作と製作建具による手法を取り上げて頂きました。

特集 『石の野生』もわかりやすく魅力的な石使いの手法がよくわかります。
また何度かお世話になっている『高田造園さん』も次特集的に大きく取り上げられています。

c0019551_9461323.jpg
c0019551_946221.jpg
c0019551_9462991.jpg
c0019551_20575753.jpg


『八広の平家』

小上がりの和室は普段はリビング繋がりで解放的に
使い、閉じれば和室になります。

c0019551_20582545.jpg

引き込み戸3本は壁内に収納されてパッと見は
建具があるとは気付きません。

大工造作と製作建具でしか成し得ない納まり
既製品の建具では不可能な手法です。


c0019551_2114961.jpg

こちらの和室は障子においても
引き込めるようになっています。
c0019551_2114165.jpg


時には半分しか開かない煩わしさもあります。
全開放できるようになっています。
上記に同じく大工造作と製作建具の成せる業です。
c0019551_9463915.jpg


高田造園さん
大きく取り上げられています。
c0019551_9464731.jpg
c0019551_21321610.jpg

高田造園さんの植栽による弊社物件です。










撮影
垂見写真事務所
垂見 孔士
c0019551_21322217.jpg











撮影
垂見写真事務所
垂見 孔士

# by tanaka-kinoie | 2017-07-31 09:38 | 本、雑誌 | Trackback | Comments(0)

マンションリノベ見学会

懇意にしているマンションリノベーションの達人、関西でマスタープラン設計事務所を主宰する小谷和也氏
久しぶりに東京での物件が完成したと聞き、社員共々オープンハウスに参加させて頂きました。
マンションリノベは水回り、内装の模様替えが主であると思っている方は大間違いです。
小谷氏が手掛けるのはフルリノベのみ
スケルトンにして断熱性能、下階への防音性能、結露防止、通風、採光なども含めた性能向上リフォームも行っています。
今回の現場もリビングだけ最初に見れば一瞬、戸建?
と思う程の、マンションらしからぬ開放的な間取りと材料使いに感心
柱、梁型を上手に取りこんで板張りとした平らな天井の抜け方がパースペクティブな広がりを生んでコンパクトな部屋も解放感抜群でした。
多様な建具使いによる可変性も上手い。

昨年まで講師をしておりました『住宅医ネットワーク』で講義では毎年日程が同じで1時限目が私、2時限目が岡庭建設の池田さん、そして3時限目が小谷氏でしたので講師の役得で最後まで残って講義を受講しておりました。

そんなこともあって勉強させて頂きながら弊社でもマンションリノベを手掛けていまます。



c0019551_2133744.jpg

上吊りの回転障子の実演をして下さる施工者の
ひまわり建築工房の山本さん
c0019551_21331985.jpg


c0019551_21332950.jpg

障子が回転するコーナーが見せ場です。
これが全て閉まると小上がり和室が行燈の様相に
なります。
c0019551_21333894.jpg

比較的コンパクトな住戸ですが抜く、透かす、通すと
いう工夫を積み重ねた空間です。

c0019551_2133486.jpg

オープンなキッチン
多用されている無垢材の内装にあってスタイリッシュな
ステンレスの素材感が引き立って返って新鮮です。
c0019551_21335729.jpg

内装をいくら頑張っても本当の見せ場は水回りだと
思います。
キッチンはもちろんのことハーフバス使いの浴室で
ここまで行うのは漏水対策などの裏付けも必要です。
施工はもちろん設置時のディテールも重要です。
c0019551_2134618.jpg
c0019551_21341284.jpg

緻密なディテール図面
間違えそうな部分、納まりを写真付きで
解説しています。
惜しげも無く図面も公開してくれました。


# by tanaka-kinoie | 2017-07-29 16:34 | 建築、仕事 | Trackback | Comments(0)

SEIKO ダイバー レディース

主に波乗り時に使っている30年ぐらい愛用しているレディースサイズのSEIKOダイバーが修理から戻ってきました。
今は無きレディースサイズ
学生時代にはオレンジの文字盤でこのサイズが流行っていました。
購入してからまったく手入れもせずに普通に海に入っても何の問題もなかったのですが先日、突然動かなくなりました。
SEIKOダイバーの安いものなら1万円台で購入できちゃうので修理代1万弱出すぐらいなら・・・・・
迷いましたが、昨今のデカ時計ブームには抵抗もあるし、このサイズは貴重だし、思い出もあり修理に踏み切りました。
問題は防水メンテまでが出来なかったこと
海に入っても大丈夫かどうか・・・・・・・


c0019551_22101866.jpg
# by tanaka-kinoie | 2017-07-28 22:10 | 小物 | Trackback | Comments(0)

著書ランキング

『木造住宅納まり図鑑』が発売されて早1年

初回発売の1589冊は売り切れて増版になったことは間違いないのですが久しぶりに売れ行きが気になってAmazoneランキングを覗いてみました。



c0019551_1975398.jpg

『木造住宅納まり図鑑』
住宅建築・家づくり の 売れ筋ランキングで28位
上々です。



c0019551_1982429.jpg


何気にその右下を見ると人気ギフトランキングで
なんと1位です。
ギフトでこの本が贈られている?
誰の為に誰が・・・・・(笑)

出版社に問い合わせをすると4000冊以上が
売れているとの事
まわりからは印税ガッポリとか言われますが伊礼さんの
本みたいに1万冊売れないとそうたいした金額ではありません。




c0019551_19105374.jpg




常に安定して上位にいる16位 『建物できるまで図鑑』
この本のランキングもいつも気になります。
実は巻頭の4ページから12ページまでの柱、梁、他の
構造材の写真は編集者に相談されて木構造をわかり易く
示すアイデアから材料の選定まで担当しました。


c0019551_19112173.jpg
c0019551_1945299.jpg

和歌山の山長商店にも協力をお願いをして
造作材のように綺麗な材料を提供して頂きました。
c0019551_19454671.jpg
c0019551_19455344.jpg
c0019551_1946161.jpg

# by tanaka-kinoie | 2017-07-24 19:12 | 建築、仕事 | Trackback | Comments(0)

連休中

中小企業の社長には多いと思いますが基本的には私に定休日はありません。
家族には可哀想ですがお客様との打ち合わせが最優先です。
世間一般の休祭日が普通に休めるとすれば、良い事ですが逆に不安になります。
先週末の連休も仕事が続きましたが、1日だけの休みでも充実した時間を過ごせました。

c0019551_1572219.jpg


『大杉の家』 構造見学会


土曜日の構造見学会は数組ではありましたが猛暑日の
中でもご来場を下さる方々はご熱心なお客様です。
来場した価値があったと言って頂き、私共の説明に耳を
傾けて頂きました。


耐震性能、断熱性能、維持管理、劣化性能などを
構造体の段階でお伝えするのは容易です。
性能について疑問にある方は構造見学会に
ご参加を頂くのが一番です。

c0019551_15134985.jpg

日曜日
午前中は新規のお問い合わせの方との打ち合わせ
夕方はスキークラブの仲間とのBBQとなりました。
新宿の高層ビル街が見渡せる屋上
雨雲に覆われましたが夕立もぎりぎりかわすことが出来て
夜遅くまで盛り上がりました。

先シーズンは10数年ぶりにスキーに復帰しました。
競技復活は無理だと思いますがこの仲間たちに支えられ
2週間ほど滑る事が出来ました。


c0019551_15141414.jpg

海の日の月曜日は、その名の通りで海へ(笑)
土曜日から波が上がってきたので期待していましたが
茨城でもサイズダウン
その上 混雑でした。


とはいえ
久しぶりに腰腹サイズでそこそこ良い波を掴めて満足です。


c0019551_15144216.jpg


短パンに白いスニーカー





c0019551_15145752.jpg


朝っぱらから物産店でスイカを振舞って頂きました。

# by tanaka-kinoie | 2017-07-19 11:09 | 波乗り | Trackback | Comments(0)