ここでちょっと一休み

昔、この近辺に住んでいたもようです。
市川現場近くにて発見
c0019551_13373813.jpg
関白宣言してみたいけど無理だろうなー(笑)


ブログランキングに参加しています、人気blogランキングで三代目は何位?
OMソーラーの家『東京町家』も応援お願いします。
# by tanaka-kinoie | 2005-02-01 13:37 | 動植物 | Trackback | Comments(0)

見学会でのポイント

見学会では設計コンセプトや工夫、見所がわかる体感マップをお渡ししております。
皆さんには、これを見ながら現場を廻って頂きました。

c0019551_19181599.jpg
お客様が熱心にご覧になっているのが体感マップです。


c0019551_19191558.jpg
c0019551_1921386.jpg
         2軒の現場の体感マップ(設計コンセプト)


ブログランキングに参加しています、人気blogランキングで三代目は何位?
OMソーラーの家『東京町家』も応援お願いします。
# by tanaka-kinoie | 2005-01-31 19:13 | 見学会、住まい教室、他 | Trackback(1) | Comments(3)

ありがとうございました。

日曜日の見学会の模様です。
大人13人、子供2人の参加人数で大小2軒の住宅の見学です。
当日はOM日和、北風が少し吹いていましたがお日様は十分出ています。
参加者数名の方がこのブログをご覧になって頂いている様で嬉しい限りです。
遠方よりのご参加もあり、この場で御礼申し上げます。

c0019551_8265830.jpg
小型バスで弊社前を出発
c0019551_819505.jpg
最初は江戸川ソーラーキャットの見学です。
この人数が入りきれるかと心配していましたが問題無くご覧頂けました。
1、2階で16坪の面積に計大人16人、子供2人 1坪に1人以上の勘定です。
午後2時で棟温度は40℃前後
小さいけど狭さを感じさせないと皆さん、感心しきりです。
c0019551_8202580.jpg

江戸川ソーラーキャットを出発、バスに揺られて10分埼玉の西川材を使用した真壁のお宅に到着です。
棟温は当初は40℃、3時半で少し陽が陰り気味となり29℃まで下がりました。
それでも室内はOMらしいほんわりとした暖かさでした。
スリッパの要らない程度の低温の暖かさは感じて頂けたと思います。


ブログランキングに参加しています、人気blogランキングで三代目は何位?
OMソーラーの家『東京町家』も応援お願いします。
# by tanaka-kinoie | 2005-01-31 08:21 | 見学会、住まい教室、他 | Trackback(3) | Comments(5)

神田界隈2

この近辺で有名なのは神田やぶそばとまつやです。
今回は神田やぶそば、やぶそば御三家の一つです。
昼時はハイヤー、運転手付きの車が何台も横付けしています。
酒肴の鴨とか板わさとかでうまそうに日本酒飲んで最後にそばでしめるって言う方が結構多いんですよね。
ここの特徴は注文すると勘定場のおばちゃんが「せいろいちまぃいいいー」と厨房にも知らせます。
IT関連、ネットバブルの金持ちは似合わなそうです。
神田界隈はまだ続く・・・・・・・
c0019551_19172591.jpg

この日もハイヤー運転手がお偉いさん待ちでした。


ブログランキングに参加しています、人気blogランキングで三代目は何位?
OMソーラーの家『東京町家』も応援お願いします
# by tanaka-kinoie | 2005-01-30 18:56 | | Trackback | Comments(4)

神田界隈

秋葉原からも程近い、神田郵便局の裏手は町家(店家)がぽつぽつあり好きな場所です。
いくつかの建物を紹介しますが、まずは甘味処、竹むらから
c0019551_18373982.jpg
 
c0019551_18383366.jpg
あわぜんざい、揚まんじゅうなんて札が見えます。

c0019551_18395042.jpg
町家のしつらいの代表的な物の一つ 格子
c0019551_18413031.jpg
障子の組子の様に細く美しい秋田杉の格子。良く見ると縦桟は坊主面にして柔らかく見せています。
江戸の粋は小さく、細くです・・・・・・


ブログランキングに参加しています、人気blogランキングで三代目は何位?
OMソーラーの家『東京町家』も応援お願いします
# by tanaka-kinoie | 2005-01-29 18:26 | | Trackback | Comments(6)

都市とひと

昨日、今日は品川で会議でした。
インターシティーのビル群と人の多さに圧倒されました。
普段はこじんまりとした住宅建築に従事している身、スケール感が合いませんでした。
c0019551_21245217.jpg

c0019551_212517100.jpg

スカイウェイと名付けられた歩道橋を歩く人々が次々にビル内に吸い込まれていく様子です。
オフィス街を過ぎると高層階に大物芸能人、IT関連のお金持ちが住むと言うVタワーがあります。品川からもこの歩道橋で雨に濡れずに行けるそうですが、そういう人達は歩いたりしませんね!


ブログランキングに参加しています、人気blogランキングで三代目は何位?
OMソーラーの家『東京町家』も応援お願いします
# by tanaka-kinoie | 2005-01-28 21:04 | 建築、仕事 | Trackback | Comments(2)

どら焼き

小さい頃から食べてる、うさぎやのどら焼き 甘党の私の大好きな物です。
お土産に良く買いますがひっきり無しでお客さんが入るのでさっと数を言って買わないとだめです。
うさぎやは沢山ありますが、ここが元祖のようです。
下屋の上にうさぎが載ってます。
c0019551_20224667.jpg
昔は風情のある木造のお店だった記憶があります。
現在はビルになっています。
c0019551_20294485.jpg
画像が悪いですがふっくら感が伝わると思います。
c0019551_2030886.jpg
割るとこんな感じです、餡と皮の感じが中々です。


ブログランキングに参加しています、人気blogランキングで三代目は何位?
OMソーラーの家『東京町家』も応援お願いします
# by tanaka-kinoie | 2005-01-28 20:22 | | Trackback | Comments(7)

屋根からの風景

皆さんは、屋根に上った事ありますか?
建築関係の方は経験あると思いますが、それ以外の方はほとんど無いと思います。
〇〇は高い所が大好きなんて言いますが、これが結構気持ちが良いんです。
作業の指示、確認の為に上がりますが景色が良いと寒さも忘れて長居になります。
住まい手も見れない付近の様子が広がります。
お奨めはしませんけど建築中であれば屋根の様子と廻りの景色を見る事も良い経験にはなると思いますが・・・・・・・
c0019551_004839.jpg
この画像ではわかりにくいですが富士山が遠くに望めます。
この現場近くに住む大工でさえ富士山が見えるのを知りませんでした。
c0019551_0123100.jpg
近くのお寺の屋根も高い所からだと風情が違います。
c0019551_02536.jpg
現場屋根より画家・東山魁夷邸を望む
1953年吉村順三先生設計のアトリエ、自邸です。
この家は『住む』3号に特集記事がありました。
c0019551_025068.jpg
地上からですがこれから始まる住宅の前には素敵な公園があります。
リビングからはもちろん屋根からの景色はさぞかし絶景、楽しみです。


ブログランキングに参加しています、人気blogランキングで三代目は何位?
OMソーラーの家『東京町家』も応援お願いします
# by tanaka-kinoie | 2005-01-26 23:44 | 建築、仕事 | Trackback | Comments(5)

たためる椅子 

建築仲間でたためる椅子をお持ちの方が何人かいるのでブログに掲載もされています。
その影響からかどうやって、たたむの?
たためる姿を見たいとのリクエストが多いのでここで紹介します。
たたまれる過程は実は吉村事務所のホームページにも出ていますがここでは詳細に説明します。
c0019551_1323168.jpg
たためる椅子 米松と牛革のシンプルな形の物ですがこのタイプの他に材料、色、大きさの違うタイプが数種類あります。


c0019551_13231712.jpg
座を持ち上げます。
c0019551_13234480.jpg
座が全て持ち上がった状態
c0019551_13235594.jpg
右袖からたたみます。
c0019551_13241423.jpg
左袖をたたんで完了 持ち運びは座の下の框が手掛けかわりになります。
c0019551_1324309.jpg

ヒンジの部分は赤樫です。
堅いだけで無く粘りがある木として利用されているようです。
初期型ですので今は多少の改良が加えられているはずです。
とこんな感じですがいかがでしょうか?
# by tanaka-kinoie | 2005-01-26 13:14 | 家具 | Trackback(4) | Comments(10)

安全、安心、快適

現在の建築工事でも勘に頼る事は多々ありますが、やはりお客様に安全、安心である、きちんとした根拠を示したい。
今回は弊社の標準仕様の屋根パネルについてです。
屋根パネルとは通常現場で垂木、野地板と取り付けていく物を工場で作り現場で取り付けするパネル状の物です。
断熱材も高性能の物を使用しているので夏の暑さにも有効となるばかりでなく、屋根の強さを増す事も可能です。
吹き抜けやロフトなどで大きな空間を取りたい時にも有効です。
上棟の当日に屋根まで終わらせる事も可能ですので内部を濡らす事も無く、工期の短縮にもつながります。
c0019551_14241886.jpg
現場での屋根パネル吊り込み
c0019551_14255663.jpg
位置を合わせて設置します。上に見えている横長の孔は屋根の通気をとります。
c0019551_14275099.jpg
ジョイント部は気密パッキンとパネル同士が繋がる工夫があります。
c0019551_14285284.jpg
150mmのパネルビスで強固に取り付けます。
c0019551_1429549.jpg
軒先の出がある場合はパネルは特に丈夫です。風による吹き上げに備えて、捻り金物の取り付け
c0019551_14445929.jpg
上棟日にでここまでの空間が出来ます。
防水紙を敷き、トップライトも取付けしています。
白い部分は高性能断熱材スーパーフォームです。
c0019551_14295431.jpg

屋根パネルの強度を確かめる為に強度試験を行い、製作時の釘の長さ、ピッチ、取付け方法などを決めています。
試験結果は良好でパネル自体の強度と屋根の剛性を高める事が証明されています。


ブログランキングに参加しています、人気blogランキングで三代目は何位?
OMソーラーの家『東京町家』も応援お願いします。
# by tanaka-kinoie | 2005-01-25 14:05 | 建築、仕事 | Trackback | Comments(2)