真間周辺散策2

見学会場のすぐ横に手児奈霊堂があります。
手児奈は絶世の美少女でしたが彼女をめぐっての男達の争いに悩み、身の置き所に窮し真間の入り江に入水した悲劇のヒロインだそうです。
(その他諸説あります)
その手児奈を偲んで建てられたのがこの霊堂です。
『われも見つ人にも告げむ葛飾の真間の手児奈が奥津城処(墓)』
と奈良時代のはじめに現在のこの地である下総国府に山部赤人が手児奈の伝承を聞き
詠ったものです。
万葉集にも収録されています。

霊堂の北側の亀井院には手児奈が水を汲んだと言われる井戸「真間の井」があります。

お帰りには是非お立ち寄り下さい。




c0019551_1343965.jpg

c0019551_13432463.jpg

c0019551_13433762.jpg

c0019551_13434690.jpg


参道入口に立てられている手児奈にちなんだ万葉集の歌々



ブログランキングに参加しています、人気blogランキングで三代目は何位?
OMソーラーの家『東京町家』もよろしくお願いします。
# by tanaka-kinoie | 2005-03-11 13:21 | 見学会、住まい教室、他 | Trackback | Comments(9)

真間周辺散策1

見学会開催の市川真間周辺は散策のお奨め所がいっぱいあります。
この現場周辺は昔は海だったそうで入り江があったそうです。
この真間山 弘法寺は石段を上がった市川を一望出来る丘の上にあります。
古代下総国府と言われた万葉の昔には海が一望できたのでしょうか。


c0019551_20332681.jpg

石段を上がると仁王門が見えてきます。

c0019551_2035454.jpg

c0019551_20382734.jpg


梅も満開で見所を迎えていました。



c0019551_20423714.jpg
c0019551_20424890.jpg



  樹齢400年のしだれ桜、樹霊の叫びが聞こえるかのような姿
  一人だとちょっと怖い気もします。
  しだれ桜は人の手による支え木が無いと生き続けてはいけないようです。



ブログランキングに参加しています、人気blogランキングで三代目は何位?
OMソーラーの家『東京町家』もよろしくお願いします。
# by tanaka-kinoie | 2005-03-09 11:01 | 見学会、住まい教室、他 | Trackback | Comments(0)

見学会開催します!

スノコ状のバルコニーは止水から言えば多少の欠点もありますが軽やかに見えます。
手摺り柱を外側に付ければ奥行きのあるバルコニーにもなります。
軒先が出ていますが手摺りと羽目板は耐久性のある米杉、柱は山長商店のヒノキを使っています。
このヒノキは角に丸みが残っている程度ですが構造材などでは敬遠され使われません。
目は詰まり真直ぐでとおりの良い材料なのですが!
最近はこれをまとめて送ってもらい外構工事の塀やデッキの大引きに利用しています。
良い部分を抜き出せばテーブルの足に使えるような無地も出てきます。



c0019551_2141191.jpg

米杉とひのき柱のバルコニー




c0019551_21394346.jpg

3尺の奥行きながら幅のあるバルコニー
この柱が山長商店の柱です。


c0019551_21382675.jpgc0019551_21385923.jpg




はね出しの梁にヒノキ柱と米杉板の取付け



c0019551_22253974.jpg


柱に使った山長商店のヒノキ
目の詰まった良質の材料です。
小口割れは端部だけで乾燥している証です。


ブログランキングに参加しています、人気blogランキングで三代目は何位?
OMソーラーの家『東京町家』もよろしくお願いします。
# by tanaka-kinoie | 2005-03-08 21:33 | 見学会、住まい教室、他 | Trackback | Comments(5)

見学会開催します!


c0019551_18553643.jpg

ガルバリウム鋼板波板と米杉のバルコニーがマッチしています。
(ガルバリウム鋼板は木との相性が良い材料です)



ゼネコン設計部にお勤めの施主と弊社のコラボレーションで住宅が完成しました。
弊社のスタイル+i-worksのディテールを取り入れながら、コストを抑えています。

○家族3人の為の木造2階建て 29坪の家
ガルバリウムの外壁、シナベニヤ、ウッドチップ壁紙など比較的リーズナブルな材料を使っていますが、OMソーラー、梁あらわしの天井、さわら羽目板貼りのハーフユニット浴室、良材を使った透かし階段、吹き抜けに面した大開口など要所をおさえて見所満載です。

○日時:3月19日(土)~21日(月・祭日)10時~16時 3日間開催
会場:千葉県市川市真間 JR総武線市川駅下車 徒歩12分

詳細は㈱田中工務店へお問い合わせ下さい。
メール info@tanaka-kinoie.co.jp
電話  03-3657-3176  担当:田中宛

※この真間川周辺は万葉集にも歌われた手児奈を祭った手児奈霊堂や真間山などがある由緒ある場所です。
見学ついでに散策にも良い所ですので是非いらして下さい。
# by tanaka-kinoie | 2005-03-07 08:58 | 見学会、住まい教室、他 | Trackback | Comments(4)

ANDO建築

神戸はANDO建築が多いようです。
今回はせっかく明石に行くのであればと予め目を付けてい建物見学です。
NHKのドキュメントでも放映された有名な4m×4mの家ですが昨年、この家の隣に双子の木造が建ったと聞き、余計に興味をそそられていました。
西明石から宿泊先の舞子までの神戸線の車窓から発見しましたので会議終了後に現地へ赴きました。

ANDO建築の美意識、同じ形が反復され、素材のコントラストで構成された双子の展望台です。

何と海側にメタルジョイントのボルトが丸見えになっています、ひぇー
構造的には?
止水は?
建築基準法での木造の最高高さは?
どの工法?
と施工側からの疑問ばかり湧いてきてしまいましたがなるほど美しい住宅です。

ここってビーチも私有地なのでプライベートビーチです。


c0019551_20542648.jpg


c0019551_20485091.jpgc0019551_20491071.jpg


c0019551_2055596.jpgc0019551_20552464.jpg


c0019551_2056585.jpgc0019551_20561525.jpg



c0019551_20565872.jpg



ブログランキングに参加しています、人気blogランキングで三代目は何位?
なるべく毎日更新続けますのでよろしくお願いします。。
OMソーラーの家『東京町家』も応援お願いします。
# by tanaka-kinoie | 2005-03-03 20:28 | 建築、仕事 | Trackback | Comments(11)

ご冥福お祈りします。

以前、ここでも取り上げた元プロウィンドサーファー飯島夏樹さんが昨日亡くなりました。
先程偶然知りました。
末期癌に侵されながらも執筆活動に打ち込み、死に直面しながら前向きに生き抜いた彼の姿勢に
勇気をもらいました。

『死んでいく人ではない、最後まで生きていく人である』
『希望に向かうと力が湧く』
TV放映の中の医師と本人のこの言葉が心に強く残っています。

私も彼と全く同感です、希望に向かうと力が湧きます。
それこそ今、希望が少しづづですが見えてきて力になっている気がします。
ご冥福お祈りします。
飯島夏樹公認ブログ
# by tanaka-kinoie | 2005-03-02 19:38 | 波乗り | Trackback(7) | Comments(2)

神戸に行ってきました。

仕事で神戸に行ってきました。
前泊でしたが観光などは全く無しで、忙しいスケジュール

今回はOM工務店同士での情報交換と強い組織づくりを目指していくと言う趣旨での集まりでした。
第一回目として神戸のパルステージ新社屋にて開催です。
神戸、長野、大分、島根、岐阜、徳島、東京(私)と全国の工務店同士での活発な意見交換でお互いの課題の解決と問題点を考える事で実戦に役立てる事が出来そうす。
第一回目の会議はスムーズに進み、二回目も楽しみです。


c0019551_1594561.jpg


明石大橋の夜景をほとんど親父連中で楽しみました。


c0019551_15102552.jpg


朝方の明石大橋 大型船の行き来も頻繁です。


c0019551_1510473.jpg


晴れて美しい姿に感動です。島、海、橋と絶景


c0019551_15151670.jpg
パルステージ 新社屋
RC造でOMソーラー、風力発電、太陽光発電 震災の教訓もあるのでしょうか、自給自足可能な建物です。
垂水の丘の上にあり環境は抜群です。
外観からは想像出来ない内部は、ヒノキの無垢の床、階段と木の香りに包まれます。
c0019551_15152782.jpg

会議の模様
ドライエリアの光が入り地下とは思えない空間です。



次回は神戸で見たAndo建築を紹介します。


ブログランキングに参加しています、人気blogランキングで三代目は何位?
なるべく毎日更新続けますのでよろしくお願いします。
お陰様で神戸留守中も何とか2位です。
OMソーラーの家『東京町家』も応援お願いします。
# by tanaka-kinoie | 2005-03-02 14:36 | 旅、出張 | Trackback | Comments(0)

昔と今の知恵

以前改修工事でお世話になったお客様から古い建具を処分するので、もらって欲しいとの電話を頂きました。
近頃では稀に料理屋などでしか見かけない簾戸でした。
簾戸は季節感のある風情豊かな建具です。
旧宅では縁側に面した和室の紙障子を夏になるとこれに入れ替えていたそうです。
(夏障子とも言われます)
腰に無双が付いている珍しい形の物。
こう言った先人の知恵を利用して伊礼智さんが『江戸川ソーラーキャット』で試みているのが遮光、通風、目隠しにも利用出来る外付けの現代簾戸です。
他には『逗子の家』でもモルザのスクリーンを利用した目隠し、通風簾戸を見た事があります。

c0019551_19475277.jpg

少し汚れていますが大切に使われきたようです。

c0019551_19475947.jpg

無双の詳細です。無双窓は無双板が奇数になるように割り込みします。
坊主面で柔らかさを出しています。

c0019551_1948591.jpg

格子は以前の投稿で紹介した甘味処 竹むらと同じでした。
蒲鉾面に五平の横桟


c0019551_2010637.jpg


現代簾戸

c0019551_20102033.jpg

ホームセンターで1,000円以内の簾を利用していますが製作時が10月だったので在庫が無く探し回りました(笑)
破れても簡単に交換出来る様にしてあります。



ブログランキングに参加しています、人気blogランキングで三代目は何位?
月曜から神戸出張ですので留守にします、帰ってきたら神戸ネタ更新しますのでよろしくお願いします。
OMソーラーの家『東京町家』も応援お願いします。
# by tanaka-kinoie | 2005-02-26 20:51 | 建築、仕事 | Trackback(2) | Comments(5)

屋根遠望

昨日、屋根にOMの集熱硝子が載りました!
建築地は市川の瀟洒な住宅街、南に真間川、北に真間山を控える環境がとても良い所です。
天気が良かったので真間山の丘の上から現場屋根を遠望です。
手持ちのカメラでも何とか写す事が出来ました。
敷地が南北に長いので集熱面を長く取るためにも北棟集熱ダクトを設置しています。
c0019551_2343211.jpg

c0019551_234476.jpg

c0019551_23441527.jpg

越屋根の様に見える部分が屋根の熱を集める北棟集熱ダクトです。
風致の法の遵守だけで無く、北側の方への日照の配慮と天井高、空間のバランスを考えて階高を低めに設定しました。
左隣の住〇林〇の家(緑色の瓦屋根)と比べると60cm以上低いのがこの画像からもわかります。


ブログランキングに参加しています、人気blogランキングで三代目は何位?
なるべく毎日更新続けますのでよろしくお願いします。
OMソーラーの家『東京町家』も応援お願いします。
# by tanaka-kinoie | 2005-02-24 23:42 | 建築、仕事 | Trackback | Comments(5)

浴室を快適に!

TOTOハーフバスを利用した浴室のさわらが貼り終わりました。
自社物件ではありますがi -worksのディテールを引用した物です。
ドアはTOTOの標準品を使うなど簡単にしている部分もありますが普通のユニットバスを使うよりはずっと気持ちよく、快適になります。
OMの空気も床下と壁内を通り、冬でも暖か、さわらも乾燥します!

天井扇の木製ガラリも慣れてしまえば楽な物、大工も嫌な顔一つせずに普通にやってしまいます。
最初はめんどくさがっていましたが今は手馴れた物です。
標準化もある程度の数をこなす事でいつの間にか職人にも標準の納まりとなってしまいます。

c0019551_19552459.jpgc0019551_19553292.jpg



さわらのガラリも良く見ると切った部分を使い、色合わせしていますねー
ここまでやらなくても良いと言っているんですが怒るわけにもいかず(笑)
INAXのハーフユニットと比べると一長一短ありますがTOTOは白さすっきりでピュアーな感じがします。




ブログランキングに参加しています、人気blogランキングで三代目は何位?
なるべく毎日更新続けますのでよろしくお願いします。
OMソーラーの家『東京町家』も応援お願いします。
# by tanaka-kinoie | 2005-02-23 19:48 | 建築、仕事 | Trackback | Comments(14)