蔵書

c0019551_2029487.jpg

弊社の蔵書の一部です。
宮脇壇の『住宅設計ノウハウ』は平成元年に買いました。
当時は建築設計を始めたばかりで毎日見ていたらカバーがボロボロになりカバーを紛失してしまいました。
この本は当時でも相当、高価な本でしたね、そんな事でも有名な本だったと思います。
宮脇さんは椅子のコレクターでも有名ですよね、私も名品でも無いですが数種類の椅子を使っていますので機会があれば公開します。
吉村順三、中村好文共著『住宅作法』などもたまに読み直すと新鮮です。
おっと左端にはやはり見慣れたN先生の本が・・・・・・・


ブログランキングに参加しています、人気blogランキングで三代目は何位?
OMソーラーの家『東京町家』も応援お願いします。
# by tanaka-kinoie | 2005-01-19 20:29 | 建築、仕事 | Trackback(2) | Comments(7)

たまには趣味も大事ですが・・・

ブログでは私的部分を多く出そうと思っていましたが仕事が忙し過ぎて趣味のスキーも禄に出来ません。
自分的にもつまらないのでマテリアル編でスキー登場させました。

c0019551_10565117.jpg
板、ストック、ブーツ類 
右の2台が選手用のGS(ジャアンントスラローム)の板、左の短いのがSL(スラローム)です。1分以上のコースを滑る事もあるので技術、体力(筋力)の勝負ですが年齢の衰えを道具に頼ろうとしています。
一番弱いのは限定〇〇本、製造なんて言葉です。(笑)
道具一流、腕三流と言えるかもしれません。
量販店では手に入らない物が殆んどですので浅草橋のプロトタイプで購入しています。

ブログランキングに参加しています、人気blogランキングで三代目は何位?
「OMソーラー」「東京町家」も応援して下さい。
# by tanaka-kinoie | 2005-01-19 11:12 | スキー | Trackback | Comments(2)

見学会開催します!

見学会の2軒は柱、梁を要所にあらわしています。
江戸川ソーラキャット(本一色の家)はロフトに西小岩の家は吹抜けに梁材(杉)を見る事が出来ます。
芯持ち材の悩みは室内の乾燥による捩れ、反りなどの変形と割れです。
「東京町家」工務店はこういった悩みを解決するべく和歌山の山長商店の乾燥材を使っています。

c0019551_1932974.jpg梁に割れがあります。
強度は極端に落ちる事は無く問題ありませんが割れない方が良いのは言うまでもありません。


c0019551_193453.jpg割れ難い梁材
最近上棟したOMソーラーの家 吹抜けを通して熱と空気を家全体に廻します。
樹齢60年以上良質の梁材(杉)が見えます。
# by tanaka-kinoie | 2005-01-16 19:11 | 見学会、住まい教室、他 | Trackback | Comments(1)

見学会開催します!

c0019551_19402762.jpgc0019551_19405981.jpg 
OMソーラーの家「東京町家」+Tanaka StyleのOB見学会を開催致します。
(一般ユーザーの方が対象です)
すでにお住まいの築1年、3年のOMソーラーの住宅をご覧頂けます。
小さく広く住める家として数々の建築誌で高い評価を得ている伊礼智氏設計の江戸川ソーラーキャットも含まれております。

詳細は㈱田中工務店へお問い合わせ下さい。
# by tanaka-kinoie | 2005-01-14 19:42 | 見学会、住まい教室、他 | Trackback(4) | Comments(3)

お蔵

c0019551_123581.jpg









                                   お世話になっている方の立派な蔵です。昔は質屋を営んでおられました。一時修繕のお話もありましたが諸々の事情によりいずれ壊される事になったようです。東京では蔵も珍しくなりました、近辺でもあのお蔵のある家で通っていたはずなのにとても残念です。

c0019551_13223329.jpg
c0019551_12365584.jpg








扉(とびら)の丁番です。500mlの缶をひと回り小さくした程度の大きさです。これではわかりませんが一部に砲金を使い意匠的にも中々です。


お蔵の扉(とびら)、今でも時代劇に出てくるような鍵で開け閉めしていました。鍵を撮ろうしたらデジカメのバッテリー切れで残念!
# by tanaka-kinoie | 2005-01-12 13:28 | 建築、仕事 | Trackback(1) | Comments(5)

撮影日和

c0019551_2235060.jpg昨年8月に完成した佐藤重徳さん設計の都市型住宅3階建てです。昨日は暖かく撮影日和でした。私物のたためる椅子も活躍です。
新建築 住宅特集2005 03号に掲載

c0019551_22175422.jpg
「たためる椅子」2脚 佐藤さんと私の物です。「たためる椅子」のたたんだ姿、たたむ方法に興味を持っている方が多いようなので今度公開してみます。ちなみに手前はYチェアー 
# by tanaka-kinoie | 2005-01-08 22:11 | 見学会、住まい教室、他 | Trackback(5) | Comments(6)

猫自慢

以前は犬派で猫は苦手でしたが妻の実家のスコッテッシュフォールドのタマに出会ってから考えが変わりました。やわらかく白い毛に包まれた黒と薄茶の水玉模様でおとなしい性格です。家族からも早く載せろとの催促もあり登場です。仲間のブログにも猫自慢が多いですね!

c0019551_2013637.jpg
Yチェアーではありませんが椅子のペーパコードにも猫の爪跡が沢山あります。しつけが悪いのか?猫だからしょうがないと考えるのか?猫に慣れていない初心者にはよくわかりません!
c0019551_2032681.jpg
              よくこんな仕草しています

c0019551_2035438.jpg
             妻のお気に入り 携帯の待ち受け画面

c0019551_207062.jpg
          この椅子のペーパコードにも爪跡が沢山です。

c0019551_2083477.jpg
        これもかわいいポーズで猫らしいと言えるのでは?
# by tanaka-kinoie | 2005-01-08 21:22 | | Trackback(3) | Comments(7)

新春のご挨拶

c0019551_20423167.jpg
おめでとうございます。
これから始まる現場前の公園に、日本庭園と数奇屋建築の源心庵があります。白鷺も飛来して酉年に相応しい風景でした。

c0019551_20432762.jpg

羽子板は新春の縁起物の一つです。
年始のご挨拶にお伺いしたお宅では立派な押絵羽子板が飾ってありました。
藤娘、め組などの歌舞伎の狂言の型を図柄にした物が多いようです。
15年経つこのお宅の和室の注文は羽子板を飾れる天井高でした。
# by tanaka-kinoie | 2005-01-04 20:59 | その他 | Trackback(2) | Comments(2)

正月お飾り(日本の伝統的なリース)

c0019551_012413.jpg
お世話になってる鳶の面々、真ん中が頭、右が私と同じ三代目
お飾りつくり、直売は町鳶には暮れの大事な仕事でしたがスーパー、コンビ二でも安く販売されている今、儲けも無い近所の人の為に続けている義務的な事です。

c0019551_095667.jpg地方によって多少形は違いますが東京ではこんな形が多いのでしょうか?これは2尺5寸の少し大きい物ですが住宅には2尺の物が丁度良い様です。
クリスマスの電飾、リースは珍しく無くなりましたが門松はもちろん正月飾りは以前より少なくなった気がします。
# by tanaka-kinoie | 2004-12-30 00:16 | その他 | Trackback | Comments(5)

我社のノベルティーグッズ?

c0019551_8371156.jpg

手拭いと杉の割り箸、我社のノベルティーグッズ的(粗品)な物です。
完全なオリジナルではありませんがお客様にはおおむね好評です。
# by tanaka-kinoie | 2004-12-28 08:42 | 建築、仕事 | Trackback | Comments(7)