木造住宅納まり図鑑 2題



c0019551_08142300.jpg





3年前に発売されました優秀工務店・田中工務店の標準仕様書
木造住宅の実用 納まり図鑑

i-worksスクールの資料を建築家の伊礼智さんの後押しもあって
エクスナレッジ初の工務店本の発刊となりました。
まずまずの売れ行きで面目躍如というところですがお陰様で一部を改訂して
増版をする予定になっています。


























c0019551_08142819.jpg







こちらはつい先日に発刊された新潟のサトウ工務店さんの物
表紙のレイアウトやカラーリング、題名まで似ていますがエクスナレッジからの発刊が同じことはもちろん、同じ担当者のYさんの手によるものです。
佐藤さんとも先日、お会いしましたがこちらは兄弟本のようで親近感がわきます。
私の本は改訂版としてまた少しは売れていくかもしれませんがまずはサトウ工務店の
本が売れていくことを願っています。


全棟耐震等級の
スーパー工務店 サトウ工務店の標準仕様書
デザイナーズ工務店の木造住宅の木造住宅納まり図鑑

# by tanaka-kinoie | 2019-09-19 08:10 | 本、雑誌 | Trackback | Comments(0)

木製扉の薦め

弊社では大半の敷地が準防火地域内にあり準耐火構造の建築が多いです。
外壁はもちろん開口部の制限設けるので防火認定品しか使えないことが大半です。

とはいえ隣地境界や道路の中心などから一定以上の離隔距離を取れば防火制限をうけなくなります。
また離隔距離がとれなくとも防火の壁を設けることで同様の扱いとなります。
そんな防火制限あるなかで一般の窓は樹脂サッシや樹脂アルミ複合などとしています。
木製サッシもありますが価格的に採用が難しいのでせめて玄関扉だけでも木製を使いたいと思っています。
似非的な木製柄などは出来る事なら使わずに木製の防火戸を使うか上記の方法で防火制限をクリアーして木製扉を使うなどしています。
性能も良いですし、玄関が木製ですとそれだけで家の格が上がったように感じるのは私だけでしょう?
アルミ製品に比べれば価格差はありますが木製扉はお薦めです。

c0019551_19072839.jpg





ガルバリウム鋼板など金属外装には
木製の扉が良く合います。

ここは新防火地域なので隣地からの距離からしても
通常は木製防火戸しか使えない場所です。










c0019551_19072523.jpg



それでも木製防火戸が使えるのは右側にある
防火壁です。
この壁があることで隣地から3m以内であって
玄関扉は防火対象内から外れて自由に使えるように
なります。

# by tanaka-kinoie | 2019-09-11 19:07 | 建築、仕事 | Trackback | Comments(0)

ムカデ収納 改めて

畳下の全部を収納に出来ませんか?
『足立の家』の奥様の一言がきっかけで生まれた実用的な弊社自慢のディテールがムカデ収納

小上がりの和室はリビング使いにおいては段差がベンチに代わり、場の変化も生まれて好んで提案していましたが
せっかく床を上げたんだから手前1列ぐらいは収納に使おうという程度でした。
スライドレールを付けたり、キャスターを下部に付けたりと特に工夫らしい工夫もしていませんでした。
それがお客様のご要望によって使い易い、畳下収納を考えるきっかけになりました。

収納ありきで30㎝も床をあげるのは天井高とのバランスからも好ましいとは思っておらず25㎝程度にとどめています。
その高さでも多くの収納量が確保出来るようにキャスター位置や連結の工夫を考えました。
ここが皆が納まりを真似してくれているただの畳下収納で無い所以です。
この小上がり和室、ムカデ収納をただ希望されてプランに関係なく取り入れたいという方もおられます。
とはいえ平面計画上、平らな和室が良い場合もあり必ずしも小上がりにするのが良いとは限りません。
先日の見学会で建築雑誌の編集長に感動して頂いたのをきっかけに改めてのご紹介します。



c0019551_19591829.jpg



元祖
ムカデ収納の『足立の家』
14年目を迎えます。
















c0019551_19594490.jpg



先日お引き渡しをした
『荒川の家Ⅲ』
6畳で9ヶ全ては大きめの畳下収納です。
1.2立方~の収納量はあると思います。












c0019551_20000915.jpg




















c0019551_20002926.jpg



こちらは変則4.5畳で9ヶ














c0019551_20005465.jpg





















c0019551_20011796.jpg








c0019551_20014167.jpg
















c0019551_20020590.jpg



縦長の3畳での珍しい例
































c0019551_20022243.jpg




































c0019551_20024200.jpg



オープンな和室は小上がりが多く床を上げた
分だけ、奥は堀座卓が可能です。

















c0019551_20030931.jpg





















c0019551_20092553.jpg



































c0019551_20100852.jpg



LVLの燃え代梁が連続してあるリビング
小上がり、ムカデ収納、堀座卓
戸袋付きの引き込み建具












c0019551_20101785.jpg





小上がりにすると堀座卓が造り易く
なります。












c0019551_20114206.jpg



引き出し横からウィング的ガイド板が取付け
その下にキャスターを取り付けています。
そうすることで収納高さが稼げます。

ここがまず一つの工夫です。










c0019551_20120735.jpg




ガイド板の下にキャスターが取り付けて
あるのが良くわかると思います。













c0019551_20105075.jpg





ムカデ収納と言われるゆえんは
ムカデの足のごとくキャスターが横についているからだと思います。
(見学者の方から命名されました)
これだと両端合わせて12ヶキャスターが
あります。






















c0019551_20151806.jpg





連結部分のアルミアングル
アングルの内法寸法とランバーコアの板の
厚みがほぼ合っているのでうまく連結固定が可能です。







c0019551_20152244.jpg



アングルを外すと3分割されます。
















c0019551_20152532.jpg



分割した様子。
分割が出来れば手前に障害物があった場合でも
1ケ分の移動だけ済みます。

これが2つめの工夫です。



# by tanaka-kinoie | 2019-09-05 20:05 | 建築、仕事 | Trackback | Comments(0)

荒川の家Ⅲ ほぼ完成

ご興味のある方はホームページからお申し込みください。

現場はほぼ完成していますので週末にご来場者の方々を受け入れる準備はほぼ出来ています。
ビルトインガレージのある都市型木造3階建ての住宅



c0019551_08341858.jpg



玄関土間スペース
c0019551_08343037.jpg




一坪のわずかな中庭(バスコート)
一本立ちのクロガネモチが植えられています。
c0019551_08343673.jpg



ハーフバス+さわら板貼り
c0019551_08343969.jpg




浴室内からバスコートを望む
c0019551_08344227.jpg





人大カウンターの造り付け洗面台



























c0019551_08404195.jpg




2階LDK
キッチンとユーティリティースペースは1段下がっています。










c0019551_08404326.jpg




採光はハイサイドの窓と天窓から確保しています。













c0019551_08405258.jpg



見上げると吹き抜けの
ハイサイドの窓
天窓があります。
























c0019551_08404544.jpg



キッチンと奥はユーティリティースペース















c0019551_08404707.jpg




リビング隣接の小上がりの和室コーナー











c0019551_08405410.jpg



リビング階段















c0019551_08410942.jpg




2階バルコニーから1階のバスコートを望む














c0019551_08410439.jpg




3階の吹き抜け
ブラックチェリーの耳付き1枚板



























c0019551_08410730.jpg



柱は燃え代設計により現しが可能となった150角のヒノキの柱
同じく杉の燃え代梁も見えています。











c0019551_08411256.jpg




3階より2階バルコニーと1階バスコートを望む




# by tanaka-kinoie | 2019-08-27 08:35 | 建築、仕事 | Trackback | Comments(0)

老舗デパートの階段

日本橋三越、日本橋高島屋、新宿伊勢丹、上野松坂屋など歴史のある老舗デパート
創建時から贅を尽くして作られて、きちんと手を入れられ全く古さを感じられずに普通に使われているところが多いです。
エントランス付近や出入り口の重厚な扉はもちろんのことエレベーターも昔の手動操作のまま使われ、真鍮部分はピカピカのままに綺麗に使われているところもあります。
どこも気付かないほど自然なのですが裏方である階段などにはその名残を感じます。
建築家村野藤吾の設計であり重要文化財にもなっていている日本橋高島屋などは館内の建築ツアーも行われ、一般方でも村野流のエレガンスな建築を楽しむことが出来るはずです。
(※同じく村野さん設計の名古屋の丸栄デパートは残念ながら解体中です。)

先日行ったのが日本のデパートの5本に指に入る老舗である日本橋三越の本館(こちらも重要文化財)
ここの階段を初めて上がり、クラシックな雰囲気の残る階段としては都内ではここが一番だと感じました。
大理石は壁、手摺、仕切りに使われて重厚な雰囲気を残しているところは多いのですが床と蹴込は塩ビタイルに替えられている事が実は殆だと思います。
※割れが入ってしまったのか手入れが楽だからなのか理由はわかりません。
階段はどこも人影まばら
とある国のマナーの宜しくない観光客の方々に椅子のように占拠されて通れないこともままあるぐらいですから・・・苦笑

c0019551_15490323.jpg




1929年の建築ですが豪華絢爛なデパート建築という様相
階段でありながら華美な意匠で大理石と真鍮がふんだんに使われています。
ここの当時のエレベーターも面影残るクラシックな雰囲気

残念なのが床材と蹴込が塩ビタイル
鼻先の滑り留めはアルミ製

















c0019551_15491849.jpg




日本橋三越の階段です。
1934年の建築で重要文化財
松坂屋ほどの派手さはありませんがほぼ当時のままに
使われているようです。

あえて言えば現在のステンレスの手摺は真鍮から替えられている
ような気がします。















c0019551_15495705.jpg

c0019551_15500128.jpg







曲面の取り方も大理石の割り付けも納まりも美しい
c0019551_15500978.jpg






真鍮の滑り止め
床も蹴込の立ち上がりも大理石です。
c0019551_15501260.jpg






端部のデザイン、納まりも美しく
石工の手間もかかっていると思います。


# by tanaka-kinoie | 2019-08-18 15:23 | 建築、仕事 | Trackback | Comments(0)

積層合板の飾り棚

眺望の良い高層マンションのリビングに飾り棚の設置を行いました。
積層の小口が綺麗なエコシラ合板を使い、全体では間口が2.8m、高さ2.5mの大きさを4分割に製作。
単純な四角い飾り棚では無く、両端は側板を無くした跳ねだしの棚をもうけ軽やかに見せるようにデザインをしています。
その分、製作難度が高くなりましたが本体の精度もよく、また現地での壁、床、天井の誤差の調整も
上手く行い隙間なくピタッと収めることが出来ました。


c0019551_15501053.jpg




エコシラ合板24㎜の表側
表面は淡い飴色で一見無垢材のように
見えるほど綺麗な突板です。

c0019551_15501036.jpg



裏側は少し
かすりや斑がありますが問題
ありません。











c0019551_15501194.jpg




この材の特徴である綺麗な
積層の小口面











c0019551_15501142.jpg



両端の跳ねだし棚の為の
スリット加工
c0019551_15501156.jpg







これらをはめ込んで接合していきます。
c0019551_15501150.jpg


跳ねだしの横板と側板の交差する
部分。
c0019551_15501174.jpg




慎重に側板を落としていきます。
c0019551_15525590.jpg


はめ込んでしまうと一体となって
スリットなどわかりません。
白い背板を入れて完成


c0019551_15525716.jpg



2列両端を並べて3ケ目を上に載せた
ところです。
重量が重いので3人がかりで持ち上げました。
数mmの隙間で天井をすること無く
上手く収まりました。

c0019551_15525775.jpg




全て納まりました。
4台それぞれを接合していきます。
壁側に留めなくても4つが一体になれば
倒れません。

c0019551_15525728.jpg



跳ねだしの棚がデザイン的に効いています。

c0019551_15525790.jpg






小口面が美しいです。






















c0019551_15525757.jpg



クリスタルボールと言われる
日本のおりんのようなものが
飾られるようです。











c0019551_15525789.jpg



製作難度と設置難度が高く
上手く納まってホッとしています。











































# by tanaka-kinoie | 2019-08-02 15:39 | 家具 | Trackback | Comments(0)

良材使いも良い工務店の特徴

以前もお伝えしたと思いますが工務店の特徴に良材使いがあると思います。
指定されたからだけでなく、良質、上質な材料を場面場面に応じてお客様に自主的にご提供すること。
その為にある程度の材料を常にストックしておき、ここぞという時に引っ張り出して使います。
我が社のポリシーとして集成材の造作材は極力使わず、幅接ぎか無垢の1枚板を使います。
今回も『流山の家』の式台を探していたらおおきな栗の良材を見つけました。
この外周部の耳の曲がりも上手く利用して上手く使っていきたいと思います。
これから荒木の表面を一皮めくり、仕上げていけば良材の栗らしい目細の材が現れてくるはずです。


c0019551_19401237.jpg



# by tanaka-kinoie | 2019-07-28 19:40 | 建築、仕事 | Trackback | Comments(0)

カラー鉄板小波 外壁

荒川区、台東区などの住宅密集地を歩いていると良い具合? に錆びているカラー鉄板(鋼板外装)の古い仕舞屋や住宅を見かけます。
これと思うものに出会うとつい写真を撮ってしまうのですが古さ、ボロさ(失礼)だけを面白がっている訳ではありません。
劣化具合がさまになっているというのか
経年で鉄らしい錆の浮き方が1枚ごとに違い、そのコントラストが独特の風合いを醸し出している事を良しとして写真を撮ってしまいます。
もちろん一般論で言えば錆が侵食すればいずれ穴が空き雨水の侵入にもつながります。
張替や塗装が必要なことが言うまでもありません。

現在は一般的な住宅の外壁はサイディングと言われるセメント板が主流です。
表面塗装の耐久性はどんどんあがり、タイルと見間違うばかりの彫りの深い形状もある。
似非的でもそこそこ見栄え良くまとまり、経年劣化も少なくそれが売りになっています。
それ故に劣化することが良き風合いを生む事などはありません。

弊社は鋼板外装をよく使いますが形状はほぼ同じでも主流はガルバリウム鍍金でカラー鉄板とは違い耐久性が高い鋼板です。
このような錆は生じません。
この建築当時は木の下見板張りか、モルタルか、鉄板張りだったと思いますが火事の事や隣家との隙間の狭さからこれが選択されたと想定されます。

モルタルや木板張りは経年変化も現れるのですが現在のガルバリウムの鋼板外装では多少の色抜け程度で大きな変化はありません。
それでもサイディングのような醜い劣化では無いことは確かです。
耐久性を保ちながらも経年の劣化と共に風合いが良くなるような材料は無いに等しいでしょうね。

c0019551_17545244.jpg


神田の仕舞屋
間口が無いので元は長屋だったの
かもしれませんね






















c0019551_17544865.jpg








鳥越にて
パッチワーク的な鉄板に錆も加わり
渋めながらも鮮やかな色合いです。
2階建てを増築して3階にした形跡も
あります。



# by tanaka-kinoie | 2019-07-14 17:57 | 建築、仕事 | Trackback | Comments(0)

瓦の葺き直し

地元の西小岩にある弊社が手掛けた築30年前後の住宅です。
屋根外装工事の真っ最中で梅雨の影響もあって工事は遅れ遅れですがまずは瓦の載せ替えが終わりホッとしています。
瓦下の防水紙が縮まってしまい、瓦の下を通る雨水が室内に侵入していたことでの対応です。
(瓦は構造上 多少の雨水が侵入します)
今まで一度も改修を行っていないとはいえ、瓦はヒビや割れの症状は全くありませんでした。
既存の瓦をそのまま使い再施工をしています。
瓦をひっかける瓦桟への留め付けも悪く、瓦桟への新たな釘打ち、棟全般の積み直しはもちろん
屋根の瓦の一部を移動して、新しい防水紙を敷き込んで葺き直すなど天候を睨みながらの工事となりました。
葺き直しとはいえ塗装と違い瓦工事は比較的、高額となります。
とはいえ30年近く、ほとんど何もしなくても問題無かったことを考えると決して高いものではありません。
弊社の屋根は殆どが金属葺き
新築での瓦の施工経験も数十年ありません。
屋根が重いと地震に弱いと瓦が悪者扱いされますが重いなりに耐震性を高めればよい事です。
瓦は焼き物ですので耐久性が高い事は間違いないです。
お客様からのご要望は殆どありませんが軒先やけらばが出せるような条件であれば使ってみたいです。
瓦屋さんも少なくなっていますので今回のような改修工事でも瓦屋さんの段取り次第で調整するようなことになっています。



c0019551_10445087.jpg



棟瓦を外すと土がこんなに盛ってあります。

















c0019551_10445385.jpg



棟の取り直しと言われる棟瓦の積み直し

















c0019551_10445576.jpg




これらをすべて撤去して現代の新工法
乾式にて瓦を載せ直します。

左下に古い防水紙が見えていますが雨が流れた
後も見えます。
防水紙も破れたり縮んでしまっていて雨水の侵入を抑えるという役目も果たしていません。








c0019551_10451108.jpg



新しい防水紙です。
上部には凸面が沢山あって瓦を引き掛ける
瓦桟の下を水が流れるようになっています。















c0019551_10450638.jpg



既存の瓦を剥がして移動して新しい防水紙を
被せるという作業の繰り返しです。















c0019551_10451593.jpg



一気に行いたいのですが天候を見ながら
行っています。
















c0019551_10451979.jpg




だいぶ上まで作業が進んできました。















c0019551_10452203.jpg



今度は土を使わずに乾式工法で行います。
土で高さを上げるのではなく高さのある金物を固定して
上部に木材を挟んでそこに棟瓦を取り付けます。













c0019551_10452626.jpg




こんな感じで上部は完全に乾式で土は使いません。
屋根も軽くなります。















c0019551_10453098.jpg



冠瓦の隙間だけ湿式で納めます。
















c0019551_10453407.jpg


















c0019551_10454091.jpg




天窓の雪割など周辺の板金も交換しました。
こちらは板金屋さんの仕事です。














c0019551_10455481.jpg



以前よりもすっきり納まりました。
この周辺からの雨水の侵入も多かったことがわかったので
これで改善されると思います。

# by tanaka-kinoie | 2019-07-10 10:32 | 建築、仕事 | Trackback | Comments(0)

外構工事も得意です。

江戸川区内で外構工事を行っています。
当初のご希望は古いブロックとフェンス、門扉の撤去、やり直しと駐車場の整備など
敷地は広く、外周廻りも長いのですが一部には盛土があってブロック全てをやり直すことは困難と判断しました。
一部は上部のみの部分補修として正面の道路側を主に整えています。
既存の門柱はブロック積みに塗装を施した一般的な物でしたが少し存在感のあるコンクリート打ち放しとしました。
杉板型枠の打ちっ放しも検討をしましたが雁行した形状もあって普通の打ち放しで良かったと思います。
まだ色むらがありますが脱型したばかりなのでこれから水分が抜けて少しづつ白くなるはずです。
コンクリート打放しは脱型までは綺麗に仕上がっているかどうかがドキドキですが綺麗に仕上がってホッとしています。


c0019551_15494577.jpg




打ちっ放しの門柱は存在感あります。













c0019551_15494860.jpg


















c0019551_15495198.jpg




低い部分の上部はハードウッドの木塀になります。
灰色化して打ちっ放しとも良く馴染んでくると
思います。

# by tanaka-kinoie | 2019-06-29 15:24 | 建築、仕事 | Trackback | Comments(0)