玉川堂のぐい吞

連休中に寄ったデパートの展示会で玉川堂のぐい吞を買いました。
実はこれが2つ目です。
展示会では硝子切子のぐい呑と、この銅製のぐい呑の試飲があります。
玉川堂のぐい呑で飲むと日本酒は口当たりがきりっとして味もとてもまろやかになるのです。
昨今の事情から最近はコーヒーでの試飲に変わっていましたが、同じ感覚でした。

玉川堂のぐい吞_c0019551_1331725.jpg
左:最初に買ったもの
右:今回買った平口のもの
玉川堂のぐい吞_c0019551_13311616.jpg
叩き模様?が意匠として現れています。

お酒がすすみそうですが、諸々であまり飲んでいません。
とても美しく眺めていてもあきない、ぐい呑です。
ゆっくり飲める時がくるまで、しばらく我慢します。(笑)
by tanaka-kinoie | 2009-05-15 09:04 | 小物 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://sandaime.exblog.jp/tb/11541280
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by studio-tsumugi at 2009-05-15 17:49
引寄せられる美しさですね。
さぞや美味しくなることでしょう。。。
Commented by tanaka-kinoie at 2009-05-15 19:49
紬さん
是非 実物を手にして下さい。
本当にお酒の味がよくなります。
これで何度飲み過ぎたことか・・・・・(笑)
<< 長期優良住宅先導的モデル事業に... 現場廻り >>