引出しの手掛け

前出の大テーブルの下に引出しユニットを6台作ります。
箱自体は在庫していた19mmのソリッドパネルでつくりますが少しでも面白みを出すために引出の手掛けは金属では無く、木でつくる事にしました。
やはり手掛けは使用頻度も高く、毎日人が触れる部分ですので柔らかい木よりも堅木が良いでしょう。
会社にある半端材でそれぞれの樹種が似ないようにセレクトしてメリハリがつくようにしてみました。
そして大工が集めたのがこの7種の堅木です。

c0019551_20423581.jpg

7種の堅木
この写真では樹種の色の濃淡の違いが
わかり難いですが
c0019551_20424285.jpg

アップにするとこんな感じ
左からホワイトアッシュ、楢、ビブンガ、栗、鬼胡桃、チーク、欅
比較的、高級な材で揃えることが出来ました。


c0019551_20424833.jpg

こんな単純な形状ですが引出の前板に取り付ければ
可愛い感じになると思います。
c0019551_811553.jpg

こんなイメージになります。
『大杉の家』

ここではシナベニヤ前板+ブラックウォールナット
にしています。
しました。
by tanaka-kinoie | 2016-07-11 20:45 | 家具 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://sandaime.exblog.jp/tb/25782510
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< OM総合保証 工務店+担当者の... 桜大テーブル >>