大テーブル納品

昨日、娘の幼稚園から依頼されたテーブルと引出しユニットを納品しました。
先生達も楽しみにしていてくれたようで、喜んで頂きほっとしています。
入園当初は色々とあって園長先生にはご面倒をお掛けしましたが少しは恩返しが出来たかもしれません。

元々は小さな机6台が縦横に固まって配置されていた3m×1m程度のスペースを大きなテーブル1台で賄おうというもの

長さが3m 幅が1mを超える過去に経験が無い大きさに当初はかなり頭を悩ませました。
娘の幼稚園は深い軒先のある木造建築で、ふんだんに良材のピーラーが使われフローリングも
無垢のカエデ、木製のサッシなども多用されてプロとしても好ましい建築と思える素敵な幼稚園です。

そんなの空間にどんな樹種が合うのか・・・・・

うちに依頼があった以上は集成材など意地でも使いたくない・・・・・

三層クロスパネルも悪くないけどもう少し重厚な風合いを出したい・・・・・

そもそもこんな大きなテーブルをどういう材料でどうつくるのか・・・・・・

出来る限り良材を提供したいけど予算も多くはかけられないし・・・・・

可能な限り、外部に委託せずに自社内での製作にこだわりたい・・・・・


そんなことで悩みに悩んでいたのですが、偶然にもマンションのリフォームで仕入れていたチェリー(洋桜)の大判の幅接ぎ板が1枚ありました。
これを天板に使う事にしたのですが厚みが30mmでは少し貧弱だし、幅も少し足りません。
そこで登場したのは秘蔵のストックである同じ樹種系統のミズメ
3m以上の長さあり厚みも50mmあるもの。
在庫で材料を揃えている強みがここで活きました。
これを四方に回して接ぎ付ければ希望の大きさになり、そのうえ厚みも45mm程度になります。
とはいえこれだけで大きさの物がうちで製作が可能なのか?

心配は杞憂に終わり、渡辺大工は難なく、構想通りに作ってしまいました。




c0019551_2033386.jpg会社に1枚あった幅接ぎのチェリー(洋桜)
これを天板にすることにしました。
c0019551_20332783.jpg弊社の秘蔵ストックのミズメ・・・・(笑)
長さはもちろんですがチェリーの天板との
色合わせが重要です。
c0019551_20334375.jpgそして選んだのがこの3本です。



製作途中はこんな感じです。



c0019551_18543486.jpg下小屋で
仕上がったばかりのテーブル
蛍光灯で少し白っぽい感じですが・・・・・


c0019551_18544230.jpgこちらが桜系らしい
ほんとうの色合いです。

c0019551_185538.jpg
c0019551_18551085.jpg

by tanaka-kinoie | 2016-08-30 18:00 | 家具 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://sandaime.exblog.jp/tb/25940757
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< DOORIN 外部手摺り >>