ブラックウォールナット加工

まだ2回目ですが春に開かれている田中工務店材木市
その時にある建築家に買って頂いた長さが2600mm×幅800mmのブラックウォールナット
しばらくお預かりをしていましたが八ヶ岳の秘密基地と称した小さな小屋?に使われることになりました。
せっかく弊社にあるのでフラット出し(平滑に仕上げること)とキッチン用シンクの切込みを行うことになりました。

c0019551_9111265.jpg

節はありますがこの大きさは希少です。
特にここまでの幅があるものは滅多に
ありません。

c0019551_9112222.jpg

ベルトサンダーで仕上げ中
c0019551_9112988.jpg

耳絶ち(角の丸面を切って)をして真四角にしました。
耳絶ち前は800mm程度
それでも740mmの幅があります。

c0019551_9113667.jpg

シンクの切込み中
ちょうど良い具合に節を切り抜くことが出来ました。
c0019551_9114265.jpg

シンクのはめ込み
c0019551_9114935.jpg

シンクの仮置き
これでも問題ありませんがさらに綺麗に
納めるためにもう一加工します。
c0019551_911557.jpg

シンクの厚み0.8mm分をしゃくります。
c0019551_912114.jpg

まずはルーターで四角く薄くしゃくりました。
c0019551_9121063.jpg

隅のR加工は手で仕上げます。
c0019551_912169.jpg

かなり細かい仕事ですが丁寧に


c0019551_9122694.jpg

こんな感じて面一(平らに)にシンクが納まりました。

c0019551_9142174.jpg

たった1mm足らずのことですがただ載せてはめ込みより
とこちらの方が圧倒的に綺麗に納まっています。
by tanaka-kinoie | 2016-09-09 09:13 | 家具 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://sandaime.exblog.jp/tb/25966538
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 『木造住宅の実用納まり図鑑』 ... 栗の式台と框 >>