MATSUYA GINZAで2展

MATSUYA GINZAに立ち寄り偶然にも知ったグレースケリー展を娘と見ました。
ハリウッド女優からモナコ公妃となったシンデレラストーリは誰もが知るところですが50年以上前の
世の中ではかなり大変なことだったに違いありません。
中学時代に映画マニアであった私も大ファンでしたが現役時代はまだ生まれていません。
今は無き、渋谷の全線座の2本立てにて鑑賞したような覚えがあります。
真昼の決闘、ヒッチコックの裏窓、喝采でした。

c0019551_1345867.jpg



再現されたウェディングドレス、シャネル、ジバンシー、ディオールの
オートクチュールの洋服とドレス、愛用されたカルティエやバンクリなど
宝石の数々、アカデミー賞のオスカー像、趣味の押し花など見ごたえ
のある展示でした。
入場を嫌がっていた娘も途中からは綺麗、素敵と感じてくれたようです。
自動車の転落事故で亡くなるまでですが永遠のエレガンスを体現
した彼女の半生を知りました。






MATSUYAのエレベーターもこんな感じ
c0019551_1761018.jpg

そしてデザインギャラリーで見つけたのが
「How to 銅 能作の銅の用い方」

Jパネルを使ったデザイン
会場構成は小泉誠さん間違いないでしょ・・・・(笑)

様々なデザイナーによる鋳物によって成形された風鈴
それぞれの形がありますが金属らしい澄み切った音色
鑑賞出来ました。

c0019551_1754794.jpg

と見つけたのが小泉誠さんの風鈴
丸さが小泉さんらしいデザイン
c0019551_1755558.jpg

いたずら娘は音が不思議らしく何度も飛び跳ねて
鳴らしていました。
小泉さん手荒でごめんなさい<(_ _)>
c0019551_176216.jpg

歪曲した真鍮が触れるものなど金属の音色に娘も楽しめたと
思います。

相変わらずMATSUYAの展示は見逃せませんね。

by tanaka-kinoie | 2016-09-24 13:06 | 小物 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://sandaime.exblog.jp/tb/26007172
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 高井戸の家 完成見学会 町工場 >>