『市川の家』定期点検

『市川の家』の5年目の定期点検 OMソーラーの家です。
40坪もある敷地に30坪の延べ床面積の建物恵まれた敷地ながら南側の建物は迫り、けっして採光条件は良いとは言えません。
東南に吹き抜けをつくり東側の高窓からリビングに採光を得ています。
LDと和室は東西に長く繋がり、西側の小庭まで抜けている解放感のあるプランです。
点検項目により部位ごとの点検を行いますが勾配などで無理がなければ屋根にもあがり、床下にももぐります。
定期点検が目的ですがお客様ご家族の最近のご様子が知れる事との久しぶりの出会いも楽しみです。
しばらくは担当者任せで久しぶりに伺った私はご長男が赤ちゃんの頃しか知りません・・・・
そのお子さんも6歳になり、4歳、1歳半のお子さんがいらして5人家族になったことを知りました。

c0019551_21032145.jpg東側面
2つの窓は吹き抜けにありリビングに採光をしています。
植栽も大きくなりました。





c0019551_21032264.jpg



早速
玄関目隠しの手摺のぐらつきの調整
簡単なことは当日直してしまいます。
c0019551_21032282.jpg



5寸勾配(25度を超えます)の屋根
これぐらいの勾配ですとすこし急勾配です。
何とか上がれますが埃などもあるので少し怖いです。
板金の浮きや剥がれはもちろん無し
OM集熱パネルの取り合いも問題ありませんでした。

c0019551_21032340.jpg



懐かしいフローリングです。
5年以上前にストックしていた鬼胡桃のフローリング
広葉樹としては重厚すぎず、少し柔らかめで
足触りは優しい感じ

ダイニングの一番傷つき易い部分も特に大きな傷や
凹みも無く良い状態でした。


c0019551_21032398.jpg



こちらは子供部屋
まだお子様が小さいので殆ど未使用な状態
焼けているだけで殆ど新品に近いです。
この頃はお値段も手ごろで容易に手に入りました。
とても良いフローリングですが残念ながら最近は
殆ど手に入りません。

c0019551_21032314.jpg




吹き抜けのキャットウォーク
お子様たちには危ないので鍵付きの引戸
があります。
このキャットウォークから窓の開閉が可能です。






c0019551_21032420.jpg




キャットウォーク下にはクリスマスの
モビールが下げられていました。

c0019551_21032368.jpg




OMソーラーの風量の測定
点検項目の大事なひとつです。

c0019551_21032463.jpg



防護服を着て
床下点検
お引渡し時に清掃をしているので
綺麗でした。
白蟻の食害が無いか
断熱材の剥がれが無いか
水漏れなどが無いか
普段は見えない場所だけに点検個所としては
大事な場所です。

もちろん白蟻の食害も水漏れなどの不具合は
ありませんでした。


c0019551_21032148.jpg


さわら板張りにハーフユニットバスの浴室カビなども
殆ど無く、良い状態でした。


by tanaka-kinoie | 2017-12-13 21:04 | 建築、仕事 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://sandaime.exblog.jp/tb/28560278
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 家具の修理 『田端の家』構造見学会 >>