応急仮設住宅

全木協東京と東京都は災害時の応急仮設住宅の協定を結びました。
プレハブメーカーの独占状態であった災害時の仮設住宅建設に工務店が携わる木造により仮設住宅が加わると言う事です。
弊社も応急仮設住宅建設に関する幹事会社としての登録を致しましたが先日、実践的な実習とした講習会が開催されましたので参加をしてきました。
地震が起きない事を祈るばかりですが有事に備えての訓練を行う事はとても大事だと思います。


c0019551_21510148.jpg




午前中は座学
熊本での施工実例のDVDで放映
応急仮設住宅の設計図の解説と施工上の注意など
の講習を受講します。
これは講習前の様子です。
会場は後部までぎっしりと主幹事、幹事工務店で
埋め尽くされました。








午後からは実技講習
足立にある東京都立城東職業能力開発センターの1階にて松杭による束を想定しながらの準備です。
c0019551_21510818.jpg


















c0019551_21511127.jpg



















主幹事工務店からは大工も派遣されていよいよ建て方が始まります。
受講者は100名以上 周りで様子を見守ります。
c0019551_21511520.jpg



















3間×3間での大きさを2軒分の住宅として想定したモデル
c0019551_21511873.jpg


















c0019551_21512007.jpg


















あくまでも実践実技を行い、学び体験する事が目的ですので建て方は人数があまるぐらいの大工がいました。
あっという間に棟上げまで終わりました。
c0019551_21512303.jpg


















c0019551_21512679.jpg


















わかり難いですがこちらは住戸間の重要な仕切り
相互の生活音を遮断して火事などの場合も延焼を防ぐ重要な壁である界壁の設置について学んでいます。
c0019551_21512838.jpg



やっと始動をしたというところ主幹事も幹事も
登録工務店がまだまだ足りません。
4月にまた講習開催となるようです。

by tanaka-kinoie | 2018-02-14 21:50 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://sandaime.exblog.jp/tb/29300263
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 改修工事 2題 田端の家2 完成間際 >>