楢材の1枚板

数年前に手に入れた楢材の1枚板 長さは2m程度ですが幅が60cmもとれる幅広の板です。
楢材は年々高騰しており手に入り難い材料
特にこの幅が取れる材料は滅多に手に入らないと思います。
いつも勿体無いからと使わずにきたのですがストックも多くなってきたので『杉並の家』で使わせて頂くことにしました。
良材をリーズナブルにご提供するのも工務店の特色であり実力であると思っています。
金に物を言わせればたいていの材は手に入ると思いますが、この数年で養った材木関係者との繋がりにより良い物が比較的安く手に入っています。
出来る限りカットしないでそのままの板の大きさを使えるようにするのが、これだけの大きさに育ってくれた木に対する気遣いです。
50枚程度はある1枚板をどう有効に使い、お客様に喜んで頂けるのかどうか材料使いも工務店としての腕の見せ所であります。



加工前の楢材の木表(木の外側)
c0019551_13332821.jpg














































加工前の楢材の木裏(木の内側)
c0019551_13333396.jpg












































裏表を削って平滑にして手触り良いように研磨します。
加工後の木裏
スライスした貼物のベニヤの綺麗で小さな節が1つあるだけでした。
c0019551_13333662.jpg











































加工後の木表
c0019551_13334271.jpg


































c0019551_13335563.jpg


















































楢特有の虎斑と言われる杢目は無く、荒々しさには少し欠けますがそれでもこれだけの大きさですので
価値のある材には間違いありません。
c0019551_13340193.jpg









高額な物は買えませんが楢材はチャンスがあれば
また買い足したいと思います。
小さめのレッドパイン板とこの材より大きなホワイト
オークを先日も仕入れています。

楢(オーク)好きな方をお待ちしております。


by tanaka-kinoie | 2018-05-01 13:26 | 家具 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://sandaime.exblog.jp/tb/29467311
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 銀座中央通りの街路樹がカツラに 芍薬 >>