iphone8のケース


iphone6が急に動かなくなって修理も難しく仕方が無くiphone8に替えました。
(ディスプレーが大きく本体の大きさが変わらないXも迷いましたが価格的に断念・・・・・)
6と8とは、ほぼ同じ大きさなのでケースもそのままだと思いきやカメラの位置が違うことに気付きました。
6から使っている『MAGPUL Bump Case』はアメリカのMAGPUL社の製品でポリマーを用いた銃器の設計および製造で知られる銃器メーカーだそう。
当然ミルスペックなので現場でも安心ですし、デザインもそれらしくて気に入っています。
同じものにしてもせめて色ぐらい変えようかと思いましたが、やはり何かと目立つオレンジがにしちゃいました。


c0019551_19103254.jpg







バンパータイプはディスプレーを包み込む様に
してあるので落としても割れる事は少ないと思います。
伏せてもディスプレーには傷がつきません。























c0019551_19104818.jpg












『MAGPUL Bump Case』新旧
裏側はミリタリーの雰囲気があります。

左が6s用で全く洗浄もせずに3年使用で汚い・・・(笑)
右が8用の新品です。
レンズの位置が違わなければ旧品でも8で使えました。

このリブがよく手に馴染み滑りません。



c0019551_19300404.jpg
















MAGPULの銃器
弾倉のこんな風合いからインスパイアされた
ケースらしいです。
銃器の製造などは好ましいとは思いませんがミリタリースペック
によりガラス割れなどが起きておらず助かっています。




by tanaka-kinoie | 2018-06-22 18:23 | 小物 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://sandaime.exblog.jp/tb/29587466
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< タモのテーブルとちゃぶ台 会社の雑木スペースの剪定 >>