『町屋の家』進行中 7月7日土構造見学会開催

町屋にて建築中の木造3階建て間口は6m少々で奥行きは15m足らず 建築する建物が北東側に隣接するご実家の採光を妨げないようにご実家側にライトコートを設けています。
ライトコートをつくることで中心がえぐられてしまった建物は1つの建物として構造計算をするには無理があります。
建物を2つに分けてそれぞれで検討する方法(分割検討)がとられています。
また車庫が前面にあり開口が大きい事もあって構造壁がダブルとなる高強度の耐力壁を設けています。

『町屋の家』の現場ブログが今までの工程がご覧いただけます。


この現場で7月7日(土)に構造見学会を開催します。(予約制)

c0019551_08373601.jpg2階のライトコートを望む
3階は大きなライトコートで2階は半分が
バルコニーです。


























c0019551_08374518.jpg


















c0019551_08374859.jpg




















北東側にあるライトコート
採光通風と3方向にもたらしご実家にもなるべく
陰をつくらない配慮です。


















c0019551_08375535.jpg



















c0019551_08375885.jpg









右手がお客様のご実家です。
このライトコートにより大きく陰にならずに
採光が得らると思います。


















c0019551_16310780.png






















c0019551_16311517.png

















c0019551_08380040.jpg











































土台敷き時点での写真です。

c0019551_08380428.jpg























奥行きに連続した構造壁が設けられないので
構造用のW壁を設けています。
基礎の厚みはもちろん、土台もWです。






















c0019551_08381154.jpg


















こちらも同じダブル壁です。
隣り合わせに並行して土台が敷き込んであります。













c0019551_08381568.jpg


















c0019551_08382224.jpg









ダブル壁の部分は筋違もたすき掛けのダブルです。























c0019551_08382504.jpg






















車庫内は高強度の構造壁です。
柱と筋違もWです。





c0019551_08382711.jpg

by tanaka-kinoie | 2018-06-26 08:41 | 建築、仕事 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://sandaime.exblog.jp/tb/29598424
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 危険なブロック塀 タモのテーブルとちゃぶ台 >>