『谷根千の家』定期点検


『谷根千の家』も築5年となり定期点検に伺いました。
産まれたばかりだったお子さんが5歳ですから子供の成長に時の速さを感じます。
敷地面積は12坪少々、延べ床面積は24坪と狭小住宅と言われる部類になりますが駅近で利便性の高いとても良いところです。

c0019551_19095356.jpg




住宅密集地で飲食店やギャラリーなどもある観光地化している
場所に近いですが路地奥に入ればとても静かです。
路地奥ですが軽トラックも入れる幅がなんとかあります。

車が入れない路地が多い近辺では建築屋にとって工事的にも
好ましい環境でした。




















c0019551_19100192.jpg















現在は手に入らない鬼胡桃の床材です。
堅過ぎず
柔らか過ぎず
色合いも程よい茶褐色

5年経過してよい風合いになっていました。








c0019551_19114897.jpg


























脱衣室にある
床をくり抜いた点検口
目立たずにスマートな納まりです。

もちろん断熱欠損にならぬように断熱材を密着するように
工夫をしています。



c0019551_19115013.jpg

















c0019551_19115389.jpg























厳しい斜線制限もあり基礎高は300mmに抑えていますが
基礎内の高さは370mmは確保しています。




c0019551_19120024.jpg
































はらむ位にパンパンな状態の断熱材はセルローズファイバーです。

c0019551_19120557.jpg
























床下は竣工当時に土間全てに掃除機を掛けています。
木屑などは全くない、塵ひとつない、大げさでなくとても綺麗な状態です。

c0019551_19120975.jpg




















浴室下部も竣工当時と変わらずとても綺麗です。

c0019551_19121357.jpg

















c0019551_19121831.jpg

















c0019551_19122166.jpg





























屋根も点検をしました。
急勾配もあるので必ずしも屋根に上がれるとは限りませんが可能であれば
あがります。

ここの屋根はガルバリウム鋼板の瓦棒葺き
昔からある葺き方ですが今回のような幅で流れ長さもある時に使います。
弱点であった芯木も木製から特殊な樹脂複合材にしています。

また3方を囲まれた密集地なので採光、通風に天窓が2ヵ所あります。
南側ですので遮光も可能なタイプです。
ベルックスの広告にも掲載されました。


c0019551_19122669.jpg











雨樋のつまりなども確認します。
ここは3階なので樹木や雑物の詰りはありませんでした。

雨樋はタニタスタンダード
ガルバリウム製です。
大半は樹脂製ですが劣化は少なく耐久性があります。
屋根も外壁もガルバリウム鋼板ですので雨樋も入れて
耐久性的にも三方よしというところでしょうか・・・(笑)


2時間程度で点検は終了
特に問題は無く、細かい修補だけ後日行います。

by tanaka-kinoie | 2018-07-27 19:14 | 建築、仕事 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://sandaime.exblog.jp/tb/29656004
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 小倉アイス発祥のお店 雑誌2題 >>