『町屋の家』と『町屋の家Ⅱ』

10月末に完成する『町屋の家』は造作、家具工事がそろそろ終了して大工もひとまず引き揚げ
重量のあるバルコニー手摺も設置が終わったのでそろそろ足場もはずれて全容が見えてきます。
これから内装、建具工事、住設器具付、電気器具付けなどを進めていきます。

また徒歩2分の並びには『荒川の家Ⅱ』の基礎工事が終わります。
過去にはお隣同士という葛西の家と葛西の家Ⅱもありましたがこれも珍しいケースです。
偶然とはいえ縁もゆかりも無い土地でご近所のお2人の方が弊社お選び下さったのはとてもありがたい事です。
工程がうまくいけば完成見学会と構造見学会の同時開催もあるかもしれません。


c0019551_07432125.jpg



1段下がったキッチンコーナー
大工の手による造り付けのキッチンと収納
手前はブラックチェリーの大カウンターです。
手前は畳敷きのリビングですので座で相対します。











c0019551_07432598.jpg

















c0019551_07432909.jpg













リビングの収納類





c0019551_07442230.jpg






















ハーフユニットバスのさわら貼りの浴室









c0019551_07445019.jpg


























2階のライトコートに隣接したバルコニー
左側がライトコートです。
手摺は溶融亜鉛メッキのスチールの手摺
この後にハードウッドのデッキ材が敷かれます。
c0019551_07452076.jpg























同じくライトコートに面したバルコニー
c0019551_07455821.jpg

































全て屋根では無く、半分程度の屋上をつくっています。
3階ベランダから屋上に上がる階段です。
ここにもハードウッドのデッキ材が敷かれます。
c0019551_07464143.jpg

































屋上から3階バルコニーを見下ろす
c0019551_07493928.jpg






























右手が3階屋上の上がり口です。
c0019551_07501123.jpg


























3階屋上
突き当りから向こうは段勾配の屋根になっています。
吹き抜け上部に位置しているので窓がハイサイドライト的に
光と風を呼び込みます。
ハードウッドのデッキ材を敷き込みます。

c0019551_07514972.jpg
























段勾配の屋根
流れ長さは8m弱ですが瓦棒葺きの部材に継手はありません。



by tanaka-kinoie | 2018-09-15 07:42 | 建築、仕事 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://sandaime.exblog.jp/tb/29743354
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< デパートの階段 『飯山満の家Ⅱ』完成間際 >>