框と式台

基礎の高さのある民家などでは踏石や式台を使って床レベルまで上がりますが道路と建物が近い弊社のような条件でも式台はあります。
玄関外に階段段差をを少なくして式台により室内で段差を吸収する手法です。
玄関を少し広めにしなければなりませんが趣も出ますし有効な手段です。
そんな式台こその家の初っ端の見せ場となりますので良い材料を使っています。


c0019551_09523855.jpg



こちらは6年目を迎えた『白河の家』
今はもう手に入らないだろう楢材の框となぐり加工を施した
栗の式台を使っています。






















c0019551_09525575.jpg







虎斑といわれる縞模様の杢目のあらわれた良材の楢
式台は栗のなぐり加工と決めていたのですが框は探して
いました。
数年前に購入したこの框が見つかり栗のなぐりに負けないような
存在感のあるものとなりました。


















by tanaka-kinoie | 2018-10-18 09:52 | 建築、仕事 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://sandaime.exblog.jp/tb/29801442
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 草加で上棟しました。 『町屋の家』完成間近 >>