チーク材


c0019551_12161402.jpg






『荒川の家Ⅱ』の下駄箱天板にチーク材を使うことにしました。
ミャンマーチークは反りむくりも少なく安定性の良い材料
数年もそのままだった材ですが30㎜程度の厚みでも殆どフラットです。
もったいないからとずっとそのままだったのですが、それでは宝の持ち腐れ
材の良さを生かした良い家になるでしょうね。






























c0019551_12161792.jpg






オイルで仕上げると木目が光沢を帯びて
奥艶のある茶褐色(黄金色?)になります。

チークの残りは長尺の狭めの板1枚のみ
有効に使えるところがあるとよいのですが

茶褐色というと
代表的な材は存在感の強いブラックウォールナット
もう少し淡いブラックチェリーもありますがチーク材は
その中間ぐらいに位置した色合いで上品な色合いだと思います。
北欧家具のビンテージにも使われているので和の雰囲気にも良く
あいます。











by tanaka-kinoie | 2018-11-10 12:16 | 家具 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://sandaime.exblog.jp/tb/29841489
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
晴天の日 >>